New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ルーテシア】「E-TECHハイブリッド!」2022年6月30日日本発売!最新情報、燃費、価格は?

ルノーが、コンパクトカー「ルーテシア」の新モデルとなる「E-TECHハイブリッド」の日本発売を発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップしたルノー新型ルーテシアについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ハイブリッド!ルノー「新型ルーテシアE-TECH」日本発売!

▼ルノー新型ルーテシアE-TECHハイブリッドの画像

ルノーが「ルーテシア」の新モデルとなる「ルーテシアE-TECHハイブリッド」の日本発売を発表しました。

 

ルノー・ルーテシアは、ブランドのコンパクトカーとしてラインナップされ、現行モデルは2020年11月にフルモデルチェンジし、新世代となっていました。

 

新設定されたルーテシアE-TECHハイブリッドはSUV「アルカナ」に続き、パワートレインにF1の技術を参考に設計し、ドッグクラッチ式トランスミッションを組み合わせた最新の1.6Lストロングハイブリッドシステム「E-TECH」を採用することで、燃費はWLTCモード値25.2㎞/Lを実現。

 

専用装備として、エネルギーフローの表示に対応した7インチデジタルメーターのほか、車線の維持をアシストする「レーンキープアシスト(車線逸脱防止支援)」を採用。

 

▼レザーパック

加えて、メーカーオプションとして「レザーパック」(レザーシート+前席シートヒーター)も設定されています。

 

新型ルーテシアE-TECハイブリッドは2022年6月30日に日本発売。価格は329万円~344万円となっています。

  

▼ルノー新型ルーテシアE-TECHハイブリッドの試乗動画

▼ルノー・アルカナ

  【ルノー新型アルカナ】「クーペハイブリッドSUV!」日本発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

▼ルノー・メガーヌ

 【ルノー新型メガーヌ】「新顔!」マイチェン日本発売!最新情報、メガーヌRS/スポーツツアラー、価格は?

 

ルノー新型ルーテシアの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの変更点

  • ストロングハイブリッド「E-TECH HYBRID」を設定

▽2020年11月フルモデルチェンジ時の変更点

  • ボディサイズを縮小しながら、室内空間を拡大
  • コンパクトカーに最適化した「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」プラットフォームを使用し、車重を50kg軽量化
  • 新世代の1.3Lターボエンジンを搭載
  • 6速から7速に多段化した最新のデュアルクラッチトランスミッションを採用
  • 最新安全システムを搭載
  • デジタルメーターを装備

 

266.9万円から!ルノー新型ルーテシアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの価格

  • インテンス:2,669,000円
  • インテンス テックパック:2,899,000円
  • E-TECハイブリッド:3,290,000円【新設定】
    レザーパック装着車:3,440,000円

ルノー新型ルーテシアの価格は、266万9000円からとされています。

 

新設定された「E-TECハイブリッド」は、ガソリン車の上位グレード「インテンス テックパック」から39万1000円のアップとなっています。

  

先進的!ルノー新型ルーテシアの外装(エクステリア)デザインは?

▼ルノー新型ルーテシアの画像

f:id:carislife:20190130090634j:plain

f:id:carislife:20190130090646j:plain

ルノー新型ルーテシアには、先に全面改良を受けていた上位モデル「メガーヌ」からくる最新のデザインが採用されています。

 

f:id:carislife:20190130090231j:plain

f:id:carislife:20190130090640j:plain

デザインラインは、ブランドの象徴である「ロザンジュ」エンブレムを中心に左右に伸びるものに。

 

f:id:carislife:20201015064105j:plain

ヘッドライトは100%LED化とされ、ブランドデザインのCシェイプデイタイムランプを装備。 

f:id:carislife:20190130090637j:plain

リアでもヘッドライトと同じく、ワイド感とシャープな印象をプラスするC型のグラフィックをもったテールライトが採用されています。

   

ルノー新型ルーテシアを前モデルと比較!

▼ルノー・ルーテシア(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170202/20170202145632.jpg

▼ルノー・ルーテシアRS(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170706/20170706143043.jpg

ルノー新型ルーテシアを前モデルと比較すると、ブランドの統一性を意識した、上質なデザインに仕上げられています。

 

新型ルーテシアは最新のヘッドライトなどにより引き締まったスタイルとされ、スポーティな印象も引き上げられています。

 

コンパクト化!ルノー新型ルーテシアのボディサイズは?

f:id:carislife:20190130090643j:plain

▼ルノー新型ルーテシアのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm
  • ホイールベース:2585mm
  • 車重:1190kg
  • ※参考
    ・ルーテシア(前モデル)
     全長×全幅×全高:4095×1750×1445mm
     ホイールベース:2600mm

ルノー新型ルーテシアのボディサイズは、前モデルから全長とホイールベースが縮小されています。

 

しかし、最新のプラットフォームを採用することで室内空間は拡大され、前モデルのユーザーの要望にもこたえた仕上げに。

 

あわせて、剛性をアップしながら車重は50kg軽量化され、さまざまな路面での静粛性やエンジンルームの遮音性、ボディ下面を覆うパネルによる空気抵抗の軽減などが実現されています。

 

最新装備!ルノー新型ルーテシアの内装(インテリア)は?

f:id:carislife:20201015064041j:plain

ルノー新型ルーテシアの内装は、最新のデザインや装備を採用することで上質なデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20201015064044j:plain

f:id:carislife:20201015064054j:plain

f:id:carislife:20201015064051j:plain

インテリアは、波のような曲線と水平基調の造形を融合し、コクピットの操作系は人間工学に基づきドライバー側に傾けて配置。

 

センターコンソールもドライバーの手が届きやすいよう高い位置に設置され、ダッシュボードやドアパネル、センターコンソールの側面など、乗員が手を触れるところには高品質なソフト素材が採用されています。

 

f:id:carislife:20201015060913j:plain

メーターは、従来のアナログ式に代え、7インチデジタルインストルメントパネルを採用。

 

エンジン回転数や速度をわかりやすく表示し、運転モードを選択できる「ルノー・マルチセンス」と連動して、選択した運転モードに応じたイルミネーションカラーに変化。

 

レザーステアリングホイールは、前世代からエアバッグシステムを小型化したことで、センターパッド部をコンパクトとし、メーターの視認性を向上。

 

スポーク上には運転支援システムやインフォテインメント機能の音声入力が操作できるスイッチを配置することで、ドライバーは前方から目を離すことなく各種操作を行うことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190129085634j:plain

フロントシートは座面長を長く取るとともにサポート性を向上させ、シートバックの形状を工夫することで、後席のレッグルームが26mm拡大されています。

 

f:id:carislife:20201015064048j:plain

その他、グローブボックスは大きく使いやすくされ、荷室容量は391Lとクラス最大のスペースを確保。

 

音響には、Boseが開発した「Fresh Air Speaker」システムを採用し、小型サブウーファー、低域を再生する4つのウーファー、高域を再生する4つのトゥイーターの9スピーカーから、立体的な音響効果を実現。

 

小型サブウーファーは、ラゲッジスペースを損なうことなく車外からの空気を取り入れることで、豊かでパワフルな低音を再生することができるようになっています。

  

パワフル!ルノー新型ルーテシアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190130091947j:plain

▼ルノー新型ルーテシアのパワートレインとスペック

▽日本導入

  • 直列4気筒1.3Lターボ
    出力:131ps/24.5kgm
    トランスミッション:パドルシフト付き7速DCT「7EDC」
  • 【E-Tech(ハイブリッド)】【新設定】
    直列4気筒1.6L+電気モーター×2
    エンジン出力:91ps/14.7kgm
    メインモーター出力:49ps/20.9kgm
    サブモーター(HSG)出力:20ps/5.1kgm
    トランスミッション:エンジン4速AT/モーター2速AT
  • 駆動方式:FF

ルノー新型ルーテシアのパワートレインには、直列4気筒1.3Lターボエンジンに加え、F1のパワートレインを参考に設計された1.6Lハイブリッドシステム「E-TECH」が採用されています。

 

「E-TECH」ハイブリッドは、メインモーターのほか、発電と走行のアシストを行うサブモーター「HSG(ハイボルテージ・スターター・ジェネレーター)」を搭載。

 

これに、エンジン4速、モーター2速のドッグクラッチ式トランスミッションを組み合わせることで効率を高め、走行シーンにあわせモーターやエンジンの駆動力を効率よく発揮することで、スムーズで力強い走りを実現しています。

 

ガソリン車に搭載される1.3Lターボエンジンは小排気量ながら2.5L自然吸気エンジンに匹敵する大きなトルクを発揮し、新型ルーテシアを軽快に加速。

 

組み合わせるトランスミッションは、前モデルの6速から7速に多段化されたデュアルクラッチ式「EDC」とされ、ダイレクト感のある走りを楽しむことができるようになっています。

 

ルノー新型ルーテシアを試乗動画でチェック!

 

大幅アップ!ルノー新型ルーテシアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの燃費(WLTCモード値)

  • 1.3Lガソリンターボ:17.0km/L
  • 1.6Lハイブリッド「E-TECH」:25.2㎞/L

ルノー新型ルーテシアの燃費は、「E-TECHハイブリッド」が設定されたことで改善しています。

 

ガソリン車はWLTCモード値で17.0km/Lとされていましたが、「E-TECHハイブリッド」では走行性能を高めながら25.2km/Lまで燃費をアップしています。

 

最新機能!ルノー新型ルーテシアの安全装備は?

f:id:carislife:20180209142110j:plain

ルノー新型ルーテシアの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されています。

 

システムには、フロントガラス上部のカメラとフロントバンパー内のレーダーによるアダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンセンタリングアシストを組み合わせて運転をサポートする「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」を搭載。

 

また、フロントバンパー、両側ドアミラー、リアゲートに取り付けられた4つのカメラが車両の周囲の状況を撮影し、真上から見下ろしたような俯瞰映像を合成する「360°カメラ」、衝突被害軽減ブレーキなどが採用されています。

 

いつ?ルノー新型ルーテシアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ルノー・ルーテシアに新設定された「E-TECHハイブリッド」は、2022年6月30日に日本で発売されました。

  

ルノーは、主力コンパクトカーであるルーテシアのラインナップを拡大することで、高い質感や走行性能をアピールしていく予定です。

 

ルノー・ルーテシアを「おさらい」

▼ルノー・クリオ(初代)

Renault Clio I Phase II Dreitürer RN.JPG

ルノー・ルーテシア(LUTECIA)は、初代が1990年に登場したコンパクトカーです。

 

海外ではルノー・クリオ(Clio)のモデル名で販売されていますが、日本では「クリオ」の商標をホンダが所有(過去にディーラー「ホンダクリオ」として使用)していたことからモデル名が変更されています。

 

ルノーのモータースポーツ部門が手がけるホットハッチ「ルノー・スポール(R.S.)」は、初代でラリーのホモロゲーション獲得のためにF1に参戦するレーシングチーム「ウィリアムズ」とコラボした「クリオ・ウィリアムズ」が人気になったことから、1998年に登場した2代目からラインナップ。

 

ハイスペックな2Lエンジンを搭載したほか、後席空間に3LのV型6気筒エンジンを搭載し後輪駆動(MR)とした「クリオ・ルノー・スポール V6」も販売しました。

 

前モデルは4代目として2012年に登場。過去にマツダでデザイン本部長を務めたオランダ人デザイナー「ローレンス・ヴァン・デン・アッカー」が手がけた大胆なデザインや、デュアルクラッチトランスミッションによる軽快な走りが人気になっていました。

 

新型ルノー・ルーテシアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。