車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型X4最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!X4M、サイズやスペック、価格、燃費は?

f:id:carislife:20180215092341j:plain

BMWが、クロスオーバーSUV「X4」のフルモデルチェンジモデルの日本発売を発表しました。

 

最新世代となった新型X4やハイパフォーマンスモデルX4Mのデザインやスペック、価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次 

【最新情報】BMW新型X4にフルモデルチェンジ日本発売!

▼BMW新型X4の画像

f:id:carislife:20180215092338j:plain

BMWは2018年9月6日、クロスオーバーSUVとして販売しているX4の日本仕様フルモデルチェンジを発表しました。

 

BMW X4は、リアをクーペスタイルとし、スポーティなデザインが人気になっているミドルクラスSUVです。

 

初代だった前モデルの登場は2014年で、通常5年から6年のモデルライフを考えるとフルモデルチェンジには早いですが、基礎を共有するX3が全面改良を受けていたことから、X4も新世代モデルになりました。

  

BMW新型X4は、高い人気を確実なものにするために最新の技術を搭載しています。

 

▼BMW新型X4の動画

▼BMW X3

【BMW新型X3最新情報】X3M設定!サイズやスペック、価格、燃費は?

 

BMW新型X4の【主な変更点】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型X4の変更点

  • 最新のBMWデザインを採用し、グリルを大型化
  • リアスタイルを見直し、さらにスポーティなスタイルに
  • 車体サイズを拡大し、クーペSUVの実用性を向上
  • アルミ素材の使用部位を増加し、車体剛性を効率的に向上

新型X4では、クーペSUVの特徴的なリアスタイルがさらにスポーティなものに変化しました。

 

フルモデルチェンジしているX3に準じた改良も行われ、グリルはブランドデザインの変化にあわせてより大きくなり、力強く。

 

車体はホイールベースを延長することで室内空間が拡大されています。

 

BMW新型X4の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180215092413j:plain

BMW新型X4の外装には、グリルを大型化し迫力を増した最新のBMWのSUVデザインが採用されています。

 

f:id:carislife:20180215092416j:plain

f:id:carislife:20180215092407j:plain

あわせて、ラゲッジドアが車体の後端から直線的にルーフにつながるスタイルに変化。

 

これにより、ラゲッジドアに向かって絞り込まれたサイドラインとワイドタイヤを覆うフェンダーとのボリュームの違いがさらに強調され、タフなリアスタイルになっています。

 

▼BMW新型X4の動画

 

BMW新型X4を前モデルと比較!

▼BMW X4(前型)

 

f:id:carislife:20180206093349j:plain

f:id:carislife:20180206093354j:plain

BMW新型X4を前モデルと比較すると、デザインの変更がわかりやすくなります。

 

新型X4のリアはトランクを意識した現行モデルのデザインから変更され、よりボリューム感あるスタイルとされています。

 

BMW新型X4のボディサイズは?

f:id:carislife:20180215092410j:plain

▼BMW新型X4のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4760×1920×1620mm
    (M40iの全幅は1940mm)
  • ホイールベース:2865mm
  • 参考
    ・BMW X4(前モデル)
     全長×全幅×全高:4680×1880×1625mm
     ホイールベース:2810mm

BMW新型X4のボディサイズは、クーペSUVスタイルながら高い実用性を確保するため、前モデルから全長+80mmと拡大されています。

 

車体剛性は最新プラットフォームにより強化され、走りは軽快に仕上げられています。

 

BMW新型X4の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180215092344j:plain

BMW新型X4の内装は運転席周りの設計が見直され、インストルメントパネルを低く、座席の位置を高くすることで前方の視界が広くなっています。

 

f:id:carislife:20180215092350j:plain

インフォテインメントシステムには10.25インチのタッチスクリーンを採用し、75%表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイも設定。

 

操作はジェスチャーとボイスコントロールに対応し、機能を快適に使用することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180215092355j:plain

f:id:carislife:20180215092352j:plain

車体サイズの拡大により後席のレッグルームは27mm拡大され、より自然な体勢をとれるように。

 

f:id:carislife:20180215092358j:plain

ラゲッジスペース容量も前モデルから25L大きくなり、クーペSUVである新型X4の実用性を向上しました。

 

▼BMW新型X4の室内サイズ

  • トランク容量(通常時):525L
  • トランク容量(リアシート収納時):1430L

 

BMW新型X4のパワートレインとスペックは?

▼BMW直列4気筒2Lターボエンジン

f:id:carislife:20171107142945j:plain

▼BMW新型X4のパワートレインラインナップとスペック

  • 【X4 xDrive30i】
    エンジン:直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:252ps/35.7kgm
  • 【X4 M40i】
    エンジン:直列6気筒3Lガソリンターボ
    出力:360ps/51.0kgm
    0-100km/h加速:4.8秒
  • トランスミッション:パドルシフト付き8速AT
  • 駆動:4WD「xDrive」

BMW新型X4には、直列4気筒2Lと直列6気筒3Lのガソリンターボエンジンがラインナップされました。

 

これらのエンジンに、パドルシフトによりスポーティな走りを楽しむことができる8速ATを組み合わせ。

 

ハイスペックなM40iでは51.0kgmの大トルクを発揮し、0-100km/h加速を4.8秒まで短縮しています。

 

BMW新型X4のオフロード性能は?

f:id:carislife:20180215092404j:plain

▼BMW新型X4の悪路走破性能

  • 最低地上高:204mm
  • 渡河水深:500mm
  • アプローチアングル:25.7°
  • ランプブレークオーバーアングル:19.4°
  • ディパーチャーアングル: 25.7°

BMW新型X4はオンロードでの走行をメインターゲットとし開発されていますが、オフロード性能も高い数値が確保されています。

 

渡河水深は500mmとされ、対障害角度も車体前後が25.7度、車体中心からタイヤへの角度を表すランプブレークオーバーアングルも19.4度と、オフロードで障害物を越える際にも余裕がある設計になっています。

 

BMW新型X4にはプラグインハイブリッドモデルも!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

BMW新型X4には、BMWが設定を拡大しているプラグインハイブリッドモデルがラインナップされる予定です。

 

プラグインハイブリッドモデルは、先に新世代になっているX3にも設定が予告されており、小排気量ガソリンエンジンに電気モーターが組み合わせられることになります。

 

BMW新型X4Mのプロトタイプ公開!イメージCG画像も

▼BMW新型X4MのイメージCG画像

f:id:carislife:20180216091708j:plain

▼BMW新型X4Mのプロトタイプ

f:id:carislife:20180910101241j:plain

f:id:carislife:20180910101243j:plain

▼BMW新型X4Mのエンジンとスペック

  • エンジン:直列6気筒3Lツインターボ
  • 出力:470ps
  • トランスミッション:パドルシフト付き8速AT
  • 駆動方式:4WD「xDrive」

BMWは2018年9月、新型X4に設定するハイパフォーマンスモデル「X4 M」のプロトタイプを公開しました。

 

新型X4 Mは、BMW Mが手がける他モデルでも人気の最上級スポーツグレードとなりますが、前モデルでは用意されておらずトップグレードは「X4 M40i」となっていました。

 

新型X4Mでは、X4 M40iにも搭載された直列6気筒3Lターボエンジンのチューニングをさらにすすめ、最高出力を360psから470psにまであげて搭載すると見られています。

 

重量があるSUVモデルの走りを支える専用のサスペンションやブレーキ、専用のエアロパーツが装備され、ベースラインから大幅に性能が強化されます。

  

BMW新型X4の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型X4の燃費

  • xDrive30i(2Lガソリン):13.4km/L
  • M40i(3Lガソリン):10.9km/L

BMW新型X4の燃費は、2Lガソリンモデルで13.4km/Lとなっています。

 

前モデルの日本仕様では2Lガソリンエンジン搭載モデルが13.7km/Lとなっていましたが、ボディサイズを大型化しながら燃費の低下が抑えられています。

 

BMW新型X4の安全装備は?

f:id:carislife:20180906174740j:plain

BMW新型X4の安全装備には、ルームミラー内にステレオカメラを内蔵し、ミリ波レーダーセンサーを前方に3基、後方に2基装備する先進システムが採用されています。

 

安全システムは、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断して警告するとともに、夜間や悪天候下の性能も確保。

 

「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」「ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」「レーン・チェンジ・ウォーニング」など、高速走行時や渋滞時に走行をサポートする機能を備え、安全性と利便性が向上しています。

 

BMW新型X4の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型X4の価格

  • X4 xDrive30i:7,640,000円
  • X4 xDrive30i M Sport:8,140,000円
  • X4 M40i:9,770,000円

BMW新型X4の価格は、日本で764万円からに設定されました。

 

前モデルのX4は742万円からに設定されていましたが、上級化しながら価格アップが小さくなっています。

 

BMW新型X4の日本発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型X4は、日本で2018年9月6日に発売されました。

 

ハイパフォーマンスモデルのX4Mはベースモデルから遅れ、2018年後半に公開される予定です。

 

BMW・X4を「おさらい」 

▼BMW・X4(初代)

BMW X4 xDrive35i M Sport (F26) front.JPG

BMW X4(エックスフォー)は、BMWが製造しているクロスオーバーSUVです。

 

上位のX5がX6に派生したのと同じくX3をベースに製作され、米国で大人気になった特徴的なクーペSUVスタイルが採用されています。

 

初代となる前モデルは、コンセプトを2013年の上海モーターショーで公開。2014年4月のニューヨーク国際オートショーで市販型を発表。

 

当初は、2Lのガソリンとディーゼルを中心にしたベースラインのみが販売されていましたが、2016年1月のデトロイトモーターショーにて「M Performance」モデルで360馬力の出力を持つ「M40i」を披露し、日本でも間を置かず発売しました。

 

新型BMW X4については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!