New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【メルセデス新型GLEクラス】「AMG GLE63S」発表!最新情報、3列シート7人乗りやPHV、価格、燃費は?

f:id:carislife:20191121073702j:plain

メルセデス・ベンツが、上級SUV「GLEクラス」の新モデルを発表しました。

 

新モデルにより魅力を伸ばす新型GLEクラスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】AMG2モデル!「AMG GLE63」「AMG GLE63S」発表!

▼メルセデスAMG新型GLE63Sの画像

f:id:carislife:20191121073717j:plain

メルセデスAMGが、メルセデス・ベンツブランドの上級SUV「GLEクラス」のハイパフォーマンスモデルとなる「AMG GLE63」と「AMG GLE63S」を発表しました。

 

f:id:carislife:20191121073711j:plain

「AMG GLE63」と「AMG GLE63S」はともに、V型8気筒4Lツインターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」組み合わせ搭載。

 

出力は「AMG GLE63」で571ps/76.5kgm、「AMG GLE63S」では612ps/86.7kgmの高出力となっています。

 

f:id:carislife:20191121073715j:plain

装備には、9速AT、アダプティブダンピングシステム、アクティブロールスタビリティコントロールを採用。

 

0-100km/h加速タイムは、GLE63で4.0秒、GLE63Sでは3.8秒とされています。

 

f:id:carislife:20191121073708j:plain

エクステリアにはAMG専用グリルやエアロを採用し、GLE63に20インチ、GLE63Sに21インチホイールを装備。

 

f:id:carislife:20191121073705j:plain

インテリアにも、AMGナッパレザーシートやAMGバッジ、アルミ製シフトパドル付きパフォーマンスステアリングホイールなどが装備されています。

 

▼メルセデスAMG新型GLE63Sの動画

▼メルセデスベンツGLEクーペ

【メルセデス新型GLEクーペ最新情報】フルモデルチェンジ!PHV、発売日や価格、燃費は?

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型GLEクラスの変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「AMG GLE63」「AMG GLE63S」を設定
  • プラグインハイブリッド「GLE 350de」を設定。
    ディーゼルエンジンと最新PHEVシステムを組み合わせ、高い環境性能を発揮

▽2019年6月フルモデルチェンジ時の変更点

  • コードネーム「W167」として開発
  • 全モデルに3列シートを標準装備し、7人乗りに対応
  • メルセデス・ベンツの新世代SUVプラットフォーム「MHA」(モジュラー・ハイ・アーキテクチャー)を採用
  • ホイールベースを延長しクラス最大級の居住空間を確保
  • 最新世代の運転支援システムを全モデルに標準装備。
    国内初導入となる「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」を採用
  • 空気抵抗係数Cd値を0.29へ改善
  • マイルドハイブリッド3Lエンジンのほか、新世代ディーゼルモデルもラインナップし燃費を向上

メルセデス・ベンツGLEクラスは、前世代の前期型まで「Mクラス」のモデル名で販売され、クーペSUVとなる「GLEクーペ」の新規投入にあわせた改良で、GLEクラスにモデル名が変更されました。

 

現行モデルは2019年6月に日本でフルモデルチェンジし、新世代となっています。

 

▼メルセデスベンツ新型GLEクラスの動画

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの外装(エクステリア)デザインは?

▼メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの画像

f:id:carislife:20180912091549j:plain

f:id:carislife:20180912092054j:plain

f:id:carislife:20180912092052j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの外装には、先進的印象を持つ新しいメルセデスSUVデザインが採用されています。

 

f:id:carislife:20190305171908j:plain

滑らかなボディは空気抵抗係数(cd値)を低減する設計とされ、前モデルの0.32から、新型GLEクラスではSUVトップクラスの0.29まで改善。

 

風切り音を減らすほか、燃費向上にも貢献するスタイルになっています。

 

f:id:carislife:20180912092056j:plain

f:id:carislife:20180912092042j:plain

f:id:carislife:20180912092059j:plain

前後に装備されるランプは最新のブランドデザインとし、グリルは配置するラインを太くすることでタフな印象に仕上げられています。

 

▼新型AMG GLE53の画像

f:id:carislife:20190305172303j:plain

f:id:carislife:20190305172308j:plain

ハイスペックモデルとなる新型AMG GLE53は、専用のエアロパーツやホイールなどを採用し、高いパフォーマンスが表現されています。

 

新型GLEクラスを前モデルと比較!

▼GLEクラス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150326/20150326210117.jpg

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスを前モデルと比較すると、オーソドックスなSUVとしての設計を維持しながら、大きく印象をかえていることがわかります。

 

前モデルでは角を強調することで力強さが表現されていましたが、新型GLEクラスではボディのボリュームが感じられるようになっています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180912093037j:plain

▼メルセデスベンツ新型GLEクラスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4924×1947×1772mm
  • ホイールベース:2995mm
  • ※参考
    ・GLEクラス(前モデル)
     全長×全幅×全高:4825×1935×1795mm
     ホイールベース:2915mm

新型GLEクラスのボディサイズは、プラットフォームが最新世代とされ、ホイールベースが前モデルから80mm延長されました。

 

これにより、2列目シートで足元空間が最大69mm、ヘッドルームを33mm拡大し快適性をアップ。

 

7人乗り3列シート仕様でも充分な室内空間がつくられています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190619115753j:plain

f:id:carislife:20190619115755j:plain

新型GLEクラスの内装には、さまざまな情報が提供される「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が搭載されています。

  

▼MBUXコネクティビティシステム

MBUXコネクティビティシステムは、先に最新世代になった「Aクラス」から採用されたシステムで、ボイスコントロールやAR(拡張現実)ナビゲーションに対応し、「ヘイ・メルセデス」の呼びかけから会話をするように自然に話すことで各機能を簡単に使うことができるようになっています。

   

f:id:carislife:20180912093924j:plain

加えて、新型GLEクラスでは、拡大した室内空間を利用する3列目シートが全車標準装備とされ、7人乗りSUVとして使用できるようになっています。

 

f:id:carislife:20180912093927j:plain

ラゲッジスペースは、3列目シート使用時に160Lとなっていますが、2列目と3列目シートを倒すことで最大2055Lを使用することができるようになっています。

  

▼メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの動画

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180912093917j:plain

▼新型GLEクラスのパワートレインとスペック

  • 【GLE 300d】【日本導入】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:245ps/51.0kgm
  • 【GLE 400d】【日本導入】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:330ps/71.4kgm
  • 【GLE450】【日本導入】
    直列6気筒3Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    エンジン出力:367ps/51.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
  • 【PHEVモデル】【設定予定】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ+電気モータープラグインハイブリッド
    出力:320ps/71.4kgm
    EV航続距離:99km
  • 【GLE 580】
    V型8気筒4Lガソリンツインターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    出力(エンジン):489ps/71.3kgm
    出力(モーター):22ps/20.3kgm
  • 【AMG GLE53】
    直列6気筒3Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    エンジン出力:435ps/53.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
  • 【AMG GLE63】
    V型8気筒4Lガソリンツインターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    出力(エンジン):571ps/76.5kgm
    出力(モーター):22ps/20.3kgm
  • 【AMG GLE63S】
    V型8気筒4Lガソリンツインターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    出力(エンジン):612ps/86.7kgm
    出力(モーター):22ps/20.3kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「4MATIC」

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスには、ブランドの最新パワートレインが搭載されています。

 

「GLE 300d」に搭載される直列4気筒2Lディーゼルターボは、シリンダーブロックとピストンに熱膨張率の異なる素材を採用したことや、表面コーティングNANOSLIDEの導入によって摩擦を低減し効率性を向上。

 

上位モデルの「GLE 400d」には最高出力330ps、最大トルク71.4kgmと、メルセデスの乗用車で最高水準の出力を持つ直列6気筒3Lディーゼルターボが搭載され、2ステージターボチャージャーを採用し、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を実現。

 

ガソリンモデルとなる「GLE 450」は、マイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」のモーターが2.5Lエンジンなみの大きなトルクでエンジンをサポートし、燃費と運動性能をアップ。

 

トランスミッションは全車9速オートマチックトランスミッションとされ、エンジン回転数を大幅に低減し、優れたエネルギー効率と快適性が確保されています。

 

▼メルセデス・ベンツGLE 350de

f:id:carislife:20190910071732j:plain

プラグインハイブリッドモデル「GLE 350de」は、エンジンにハイブリッド車では珍しいディーゼルを採用し、電気モーターと組み合わせることで71.4kgmの高トルクを発揮。

 

電力のみで走行するEV航続距離も99kmと長くなっています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの走行システムは?

f:id:carislife:20180912095501j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの走行システムには、新たに「E-アクティブボディコントロールシステム」が採用されています。

 

「E-アクティブボディコントロールシステム」は、48Vの電気システムを使用し、エアサスペンションのダンパーを各コーナーで個別に制御。

 

オフロードでスタックするような場合には、システムがサスペンションを上げ下げすることでタイヤの接地圧を変化させ、トラクションを向上させることができるようになっています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスを試乗動画でチェック!

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスは、試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった上質感や基礎性能が高い評価を受けています。

 

  

メルセデスベンツ新型GLEクラスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの燃費(欧州値)

  • 3Lガソリン:12.0km/L
  • 3Lディーゼル:14.3km/L

新型GLEクラスの燃費は、新開発された3Lディーゼルエンジンで14.3km/Lまで改善されました。

 

ガソリンモデルでも12.0km/Lとされ、大型SUVでも使いやすく仕上げられています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの安全装備は?

f:id:carislife:20180912100507j:plain

新型GLEクラスには、メルセデスの最新運転支援システムが全車標準搭載されています。

 

システムには、国内初導入となる「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」が採用され、対向車線を横切って右折するときに長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラで対向車線を検知し、衝突する危険がある場合は自動ブレーキが作動するようになっています。

 

その他、新型GLEクラスには、先行車に追従する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (自動再発進機能付)」と「アクティブステアリングアシスト」を装備。

 

渋滞時の安全性を高める「渋滞時緊急ブレーキ機能」や、高速道路で自動で車線変更を行なう「アクティブレーンチェンジングアシスト」などが採用されています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの価格

  • GLE 300 d 4MATIC:9,400,000円
  • GLE 400 d 4MATIC:11,090,000円
  • GLE 450 4MATIC スポーツ:11,530,000円

メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの日本価格は、940万円からに設定されました。

 

前モデルの日本価格は868万円からとされていましたが、7人乗りへの対応や最新のパワートレイン、装備が搭載されたことで価格がアップしています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクラスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツ新型GLEクラスは、2019年6月19日に日本での受注が開始されました。

 

PHEVモデルの「GLE 350de」は、2019年後半に欧州で受注が開始され、日本発売日は2020年後半になるとみられています。

 

ハイパフォーマンスモデルの「AMG GLE63」は、2020年中頃から米国での販売が開始される予定です。

 

メルセデス・ベンツは、GLEクラスの派生モデルとなる「GLEクーペ」の開発も進めており、ブランドの主力SUVとしてアピールしていくことになります。

 

▼メルセデス・ベンツGLEクーペ

【メルセデス新型GLEクーペ最新情報】フルモデルチェンジ!PHV、発売日や価格、燃費は?

 

メルセデスベンツGLEクラスを「おさらい」

▼メルセデス・ベンツMクラス

f:id:carislife:20171204112151j:plain

メルセデス・ベンツ・GLEクラス(Mercedes-Benz GLE-Class)は、Mクラスの後継モデルとして初代が2015年に登場したSUVです。

 

後継車として発表されましたが、前モデルは2011年に登場した3代目Mクラスの実質的フェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルとなっています。

 

モデル名は、メルセデス・ベンツ内の新しい命名ルールにより、メルセデスでSUVを表す「GL」に「Eクラス」相当であるということからつけられました。

 

▼メルセデス・ベンツGLEクーペ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160427/20160427203402.jpg

 ベースモデルのフェイスリフトの翌年には、派生車としてBMW X6に対抗するクーペSUVのGLEクーペを追加ラインナップ。

 

フルモデルチェンジされた新型GLEクラスは、モデル名を変更して初の全面改良となっています。

 

新型GLEクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。