車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【アウディ新型Q8最新情報】2019年9月3日日本発売!RS Q8/SQ8/PHEVやスペック、価格は?

f:id:carislife:20180606092133j:plain

アウディが、ブランド最上級となるクーペSUV「Q8」の日本発売を発表しました。

 

スポーティでタフなモデルになるアウディ新型Q8について、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ブランド最上SUV!アウディ新型Q8日本発売!

▼アウディ新型Q8の画像

f:id:carislife:20180606092248j:plain

アウディが、SUVの新モデルとなる「Q8」の日本発売を発表しました。

 

アウディQ8は、2017年1月のデトロイトモーターショーでコンセプトが公開されていたアウディのSUVの新モデルです。

 

アウディ新型Q8は、フラッグシップSUVのQ7と基礎を共有しながらもさらにスポーティな外観が追求されたモデルとなっています。

  

▼アウディ新型Q8の動画

▼アウディQ7

【アウディ新型Q7最新情報】マイナーチェンジ!SQ7やサイズ、価格、日本発売日は?

 

アウディ新型Q8の【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アウディ新型Q8の特徴

  • 全面改良により最新世代になっているQ7と基礎を共有し、クーペSUVスタイルを採用
  • 48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたガソリンとディーゼルエンジンを搭載
  • プラグインハイブリッドモデルを設定予定

アウディ新型Q8は、SUVで大きなシェアを獲得したクーペSUVの新モデルとしてラインナップされます。

 

これまでも販売されてきた最上級SUVのQ7がベースモデルとして採用され、同格のモデルとしてアウディのSUVラインナップを牽引する存在になります。

 

最新技術を採用したパワートレインを設定することで、高い走行性能と環境性能が実現されています。

 

 

アウディ新型Q8の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180606092432j:plain

f:id:carislife:20180606092435j:plain

アウディ新型Q8の外装は、リアウィンドウを大きく傾斜することで、アウディが得意としスポーツスタイルが人気になっている5ドアハッチバックモデル「A7スポーツバック」を思わせるボディラインを持つクーペSUVに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20180606092446j:plain

f:id:carislife:20180606092442j:plain

フロントには大型の八角形グリルや輪郭を強調したエアスクープを採用し、リアにはダイナミックな外観のスポイラーを装備。

  

ライトは標準でLEDヘッドライトとされ、オプションでHDマトリクスLEDライトが設定されています。

 

▼アウディ新型SQ8の画像

f:id:carislife:20190625074858j:plain

f:id:carislife:20190625074900j:plain

f:id:carislife:20190625074902j:plain

新型Q8には、ハイスペックモデルとしてSQ8も設定され、専用のエアロパーツやエクステリアアクセントを採用することで、ベースモデルと差別化されています。

  

アウディ新型Q8のボディサイズは?

f:id:carislife:20180606092438j:plain

▼アウディ新型Q8のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4995×1995×1705mm
  • ホイールベース:2990mm
  • 車重:2140kg
  • 乗員:5人
  • ※参考
    ・アウディQ7
     全長×全幅×全高:5070×1970×1735mm
     ホイールベース:2990mm
     車重:2080kg
     乗員:7人

アウディ新型Q8のボディサイズは、ベースになるQ7より全長が短縮され、筋肉質なスタイルになっています。

 

全高は-30mm、全幅を+25mmとすることで、低重心のデザインが強調されています。

 

乗員はQ7が3列シートの7人乗りでしたが、Q8では5人乗りに変更されました。

 

悪路に対応する地上クリアランスは250mmと高くなっており、タフに使うことができるようになっています。

 

アウディ新型Q8の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180606093807j:plain

f:id:carislife:20180606093801j:plain

f:id:carislife:20180606093804j:plain

アウディ新型Q8の内装は、デジタルメーターや2つの大型センターディスプレイを組み合わせた最新デザインとなっています。

  

f:id:carislife:20180606095804j:plain

前席には、12.3インチディスプレイを採用するデジタルメーター「アウディバーチャルコクピット」のほか、上部10インチ、下部8.6インチのツインディスプレイとした最新インフォテインメントシステムを搭載。

 

サウンドには、高級オーディオを手がけるBang&OlufsenのAdvanced Sound Systemを採用。

 

シートには、マッサージとベンチレーション機能が装備されています。

 

f:id:carislife:20180606093810j:plain

後席は3列シート7人乗りのQ7から5人乗りに変更することで、より余裕をもった空間が確保されました。

 

後席は3分割で倒すことができるようになっており、ラゲッジスペースは最大で1755Lもの容量を使うことができるようになっています。

 

▼アウディ新型Q8の室内サイズ

  • ラゲッジ容量
    5人乗車時:650L、後席折りたたみ時:1755L

▼アウディ新型Q8の動画

 

最上位アウディ新型RS Q8もラインナップ!

▼アウディ新型RS Q8のスクープ画像

f:id:carislife:20190821072939j:plain

f:id:carislife:20190821072943j:plain

アウディQ8は、最上位モデルとなるRS Q8のスクープ画像が撮影されています。

 

新型RS Q8は、ベースモデルから大型化されたエアスクープを持つエアロや大容量ブレーキシステムなどを装備し、走行性能をアップします。

   

▼アウディ新型RS Q8のスクープ動画

 

アウディ新型Q8のパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180606101017j:plain

▼アウディ新型Q8のパワートレインとスペック

  • 【55 TFSI】
    V型6気筒3Lガソリンターボ【日本導入】
    最高出力340ps、最大トルク:44.8kgm
  • V型6気筒3Lディーゼルターボ
    最高出力272ps、最大トルク:61.1kgm
  • 【SQ8】
    V型8気筒4Lディーゼルツインターボ + 電動コンプレッサー
    最高出力:435ps、最大トルク:91.7kgm
  • 【RS Q8】
    V型8気筒4Lガソリンターボ + 電気モーター
    最高出力:680ps、最大トルク:86.7kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD「Quattro」

アウディ新型Q8には、最新のマイルドハイブリッドシステムを採用するガソリンとディーゼルエンジンが設定されています。

 

採用されたマイルドハイブリッドシステムは。48Vの電源システム、リチウムイオンバッテリー、ベルト駆動式のオルタネータースターターを装備し、減速時には最大で12kWのエネルギーを回生。

 

クルージングなどの低負荷走行時にはエンジンを休止し惰性走行(コースティング)することで、環境性能をアップすることができるようになっています。

 

組み合わせられる4WDシステム「クワトロ」は、前後トルク配分を40:60とすることで、気持ちがいいハンドリングと強力なトラクションを両立しています。

 

また、高性能を持つモデルとして「SQ8」も設定され、「SQ7」にも搭載されていたV型8気筒4Lディーゼルエンジンを搭載。

 

▼アウディ電動コンプレッサー採用ディーゼルエンジンの解説動画

このパワートレインは、ツインターボと電気で作動するコンプレッサーを組み合わせることで、ターボラグのないパワフルな加速が可能とされます。

 

最上位モデルとなるRS Q8では、パワートレインに同グループのポルシェがフラッグシップサルーンの「パナメーラ」に採用していたV型8気筒4Lターボプラグインハイブリッドが使用され、680馬力を出力するとみられています。

 

ハイブリッド!アウディ新型Q8 PHEVを開発!スクープ画像撮影!

▼アウディ新型Q8 PHEVのスクープ画像

f:id:carislife:20190501063042j:plain

f:id:carislife:20190501063045j:plain

▼アウディ新型Q8 TFSI eのスペック

  • 【50 TFSI e】
    V型6気筒3Lガソリン+電気モーター
    出力:300ps/45.9kgm
  • 【55 TFSI e】
    V型6気筒3Lガソリン+電気モーター
    出力:368ps/51.0kgm
  • 航続距離:40km以上
  • トランスミッション:8速AT

アウディ新型Q8には、プラグインハイブリッドモデルの設定が予定され、開発が進行されています。

 

アウディ新型Q8 PHEVは、3Lのガソリンエンジンに電気モーターを備え、EV航続距離40km以上を確保。

 

充電プラグは、左側面後方のフェンダーとされ、高い使い勝手と環境性能がつくられます。

 

アウディ新型Q8の走り、使い勝手を試乗動画でチェック!

アウディ新型Q8は、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

高いパフォーマンスと質感が高評価を受けています。

 

 

アウディ新型Q8の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼アウディ新型Q8の燃費

  • 3Lガソリン:10.3km/L

アウディ新型Q8の燃費は、3Lガソリンモデルで10.3km/Lとされました。

 

走行性能やスタイルを重視しながらも、Q7の3Lガソリンエンジンの11.7 km/Lからのダウンが抑えられています。

 

アウディ新型Q8の安全装備は?

f:id:carislife:20190703150142j:plain

アウディ新型Q8の安全装備には、22個のセンサーやカメラの統合制御による高度な運転支援システムが採用されています。

 

運転支援システムには、0-250km/hまでの速度で、加減速や車線変更のサポートを提供する「アダプティブドライブアシス卜」を搭載。

 

また、アウディ初となる工マージェンシーアシス卜機能により、緊急時にクルマを自動的に停止させることも可能となっています。

 

その他、駐車の際に縁石への接触を回避するサポートを行う「カーブストーンアシス卜」なども採用されています。 

 

アウディ新型Q8の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼アウディ新型Q8の価格

  • Q8 55 TFSIクワトロ:1010万円
  • Q8 55 TFSIクワトロ・デビューパッケージSライン:1122万円
  • Q8 55 TFSIクワトロ・デビューパッケージ・ラグジュアリー:1122万円

アウディ新型Q8の日本価格は、1010万円からに設定されました。

 

日本ではQ7の「55 TFSI」が938万円から用意されていますが、新型Q8は72万円高価になっています。

 

アウディ新型Q8の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

アウディ新型Q8の日本発売日は、2019年9月3日とされました。

 

アウディはQ8の追加により上級SUVラインナップを強化することで、よりプレミアムブランドとしての魅力を強化したい考えです。

 

ハイスペックモデルとなるRS Q8は、2019年後半に発表される予定です。

 

新型アウディQ8については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。