車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型3シリーズ最新情報】2018年10月フルモデルチェンジ!電気自動車やスペック、価格、発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150507/20150507221908.jpg

BMWが人気のセダン3シリーズのフルモデルチェンジに向け、開発を進行しています。

 

最新プラットフォームにより性能を伸ばす新型3シリーズについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

BMW新型M3がニュルブルクリンクテストを開始!

▼BMW新型M3のスクープ画像

f:id:carislife:20180416101951j:plain

2018年4月、フルモデルチェンジするBMW新型3シリーズに設定されるハイパフォーマンスモデル「M3」が初めてニュルブルクリンクを走行する姿が撮影されました。

 

BMW3シリーズは、上級ブランドであるBMWのミドルクラスとして設定され、先にフルモデルチェンジされている7シリーズ、5シリーズに次ぐモデルとしてラインナップされています。

 

BMW新型M3は、ベースモデルから拡大されたエアインテークをもっており、スペックアップする高出力エンジンにより高いパフォーマンスを発揮。

 

上位のM5に設定された前後駆動力変更対応の最新4WDも搭載されるとみられ、完全後輪駆動状態から加速力を重視した4WDまで、幅広い走りを楽しむことができるようになります。

 

f:id:carislife:20180416101948j:plain

f:id:carislife:20180416101954j:plain

▼BMW5シリーズ

80kg軽量化!BMW 2017フルモデルチェンジ新型「5シリーズ」日本発売 価格599万円~

▼BMW7シリーズ

サイズ変わらずエコスポーツ!BMW新型 7シリーズ/7シリーズLi 日本発売

 

BMW新型3シリーズの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型3シリーズの変更点

  • 最新の「CLAR」プラットフォームにより、最大100kg車重を軽量化
  • ボディサイズを維持しながらホイールベースを延長することで、室内空間とラゲッジスペースを拡大
  • ガソリン、PHVモデルのほか、完全電気自動車の設定を予定
  • MパフォーマンスモデルとなるM340i、M340dを新設定

 

BMW新型3シリーズの外装(エクステリア)デザインは?予想CGも

▼BMW新型3シリーズの予想CG画像

f:id:carislife:20180312094203j:plain

▼BMW新型3シリーズのプロトタイプのスクープ画像

f:id:carislife:20180606091545j:plain

f:id:carislife:20180606091548j:plain

BMW新型3シリーズの外装は、最新のBMWブランドデザインとされ、よりちから強いヘッドライトと角ばったLEDイカリング、デイタイムランニングライトが特徴になります。

 

スクープされたプロトタイプからは、BMWを象徴するキドニーグリルもよりワイドに仕上げられていることがわかります。

 

▼BMW5シリーズ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161013/20161013110017.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161013/20161013110104.jpg

そのデザインの多くは、先に全面改良を受けている上位モデルの5シリーズからくるものとなっています。

 

▼新型3シリーズのスクープ動画

 

BMW新型3シリーズを現行モデルと比較!

▼BMW3シリーズ(現行モデル)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150903/20150903195708.jpg

BMW新型3シリーズを現行モデルと比較すると、抑揚があったヘッドライトやバンパーのデザインが上級を意識し水平基調になっていることがわかります。

 

ヘッドライトの細くグリルに接続していた部分はなくなり、その分までグリルが拡大されていることで、迫力ある表情に変化しています。

 

BMW新型3シリーズにのMパフォーマンスモデルM340i、M340d設定!

f:id:carislife:20180125103009j:plain

BMW新型3シリーズに、MパフォーマンスモデルとなるガソリンM340iとディーゼルM340dが設定されることが判明しました。

 

新モデルとなるBMW M340iとM340dは、2シリーズクーペに設定されているベースラインのハイスペックバージョンM240iの3シリーズ版となり、ストイックにパフォーマンスを求めるM3と通常モデルの中間に位置するグレードになります。

 

ライバルにはアウディS4とメルセデス-AMG C43が設定され、高出力の直列6気筒エンジンや専用のエアロ、強化されたサスペンションが装備されます。

  

▼BMW新型3シリーズM340iの動画

 

BMW新型3シリーズのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150507/20150507221910.jpg

BMW新型3シリーズのボディサイズは、上位モデルの5シリーズ、7シリーズでも改良による大きな変更はなかったため、維持されると考えられています。

 

しかし、ホイールベースは延長することで室内空間を拡大。

 

車重は最新のプラットフォームにより最大100kg軽量化され、軽快な走りに仕上げられます。

 

▼参考:BMW3シリーズのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm
  • ホイールベース:2810mm
  • 車重:1490kg

 

BMW新型3シリーズの内装(インテリア)デザイン

▼BMW新型3シリーズのプロトタイプのスクープ画像

f:id:carislife:20171219114409j:plain

BMW新型3シリーズの内装は、スクープ画像により最新のデザインが判明しています。

 

メーターは上級ブランドで人気が高まっているデジタルメーターとされ、回転数やスピードのほか、ナビゲーション情報なども表示。

 

f:id:carislife:20171219114414j:plain

しかし、BMWはアナログゲージをデジタルメーターの周囲に残す独自のデザインを採用。

 

アナログ表示を好むユーザーにもアピールできる仕上がりとしています。

 

BMW新型3シリーズのエンジンとスペックは?

▼BMW製直列6気筒ツインターボエンジン

f:id:carislife:20171219114956j:plain

▼BMW新型3シリーズのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒 1.5Lガソリンターボ
    最高出力:136ps
  • 直列4気筒 2Lガソリンターボ
    最高出力:184ps
  • 直列4気筒 2Lディーゼルターボ
    最高出力:190ps
  • 直列4気筒 2Lターボ+電気モーター「eDrive」プラグインハイブリッド
    システム最高出力:252ps
  • 【M340i】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:365ps
  • 【M340d】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    最高出力:325ps
  • 【M3】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:480ps
  • トランスミッション:6速MT or 8速AT
  • 駆動:FR or 4WD「xDrive」

BMW新型3シリーズには、排気量を1気筒あたり500ccとしたBMWの新世代エンジンが搭載されます。

 

エントリーモデルには1.5Lターボを用意し、量販モデルには2Lのガソリンとディーゼルを設定。

 

高環境モデルとして、2Lターボエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドを用意。

 

ハイパフォーマンスモデルのM3は現行モデルで431馬力となっていましたが、上位モデルのM5が40馬力プラスした600馬力となったことで、480馬力まで出力が高められると考えられています。

 

新モデルとして中間に位置するM340iとM340dが設定され、他ブランドのハイスペックモデルと競うことになります。

 

BMW新型3シリーズには電気自動車モデルも用意!

▼BMW i3

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170829/20170829130953.jpg

BMW新型3シリーズには、電動パワートレインモデルとしてプラグインハイブリッドのほか、BMW i3に続く完全な電気自動車が設定される予定です。

 

新型3シリーズの電気自動車は、80kWhの大容量バッテリーを搭載し航続距離500kmに仕上げられ、電気自動車にちからを入れているBMWの主力EVに。

 

BMWは3シリーズEVの追加により、テスラが発表しているミドルクラス電気自動車「モデル3」とも競う予定です。

 

▼テスラ・モデル3

価格390万円 航続距離345km!テスラ 新型セダン モデル3 発表

 

BMW新型3シリーズの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

BMW新型3シリーズの燃費は、最新プラットフォームによる車体の軽量化により改善されると考えられています。

 

現行モデルでは1.5Lガソリンが17.2km/L、PHVが36.8km/Lとなっていましたが、それぞれ2km/Lほどの改善が見込まれます。

 

BMW新型3シリーズの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

BMW新型3シリーズの価格は、上位モデルの5シリーズでもエントリー価格が維持されていたため変更がないと考えられます。

 

現行モデルは1.5Lターボが419万円、プラグインハイブリッドモデルは596万円に設定されていました。

 

BMW新型3シリーズの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型3シリーズは、2018年10月のパリモーターショーにあわせて発表される予定です。

 

電気自動車バージョンやハイパフォーマンスなM3はベースモデルから遅れ、2019年に追加されると予想されています。

 

BMW3シリーズを「おさらい」

▼BMW3シリーズ(初代)

BMW E21 front 20080331

BMW3シリーズは、初代が1975年に登場したBMWの小型高級車です。

 

ラリー競技などで活躍し人気になったBMW2002の後継モデルとして製作され、初代から現行モデルまでBMWの最多量販車種となっています。

 

1982年に登場した2代目では、グループAレースへのホモロゲーション取得のためにハイパフォーマンスモデルのM3が登場。

 

1990年から販売された3代目ではクーペボディも設定され、初代から販売されているカブリオレと一緒に、3シリーズはセダンからスポーツまで担当するモデルに。

 

その流れは、現行モデルとなる6代目が2012年に登場するまで続きますが、新たにクーペとカブリオレを担当する4シリーズが製作されたことで、現行モデルはセダン、ツーリング(ワゴン)、グランツーリスモ(5ドアハッチバック)の3つのボディタイプになりました。

 

新型BMW3シリーズについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!