New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【プジョー新型5008】「新デザイン!」2021年1月27日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20200904065317j:plain

プジョーが、上級SUV「5008」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたプジョー新型5008について、スペックや燃費、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】質感UP!プジョー「新型5008」マイナーチェンジ日本発売!

▼プジョー新型5008の画像

f:id:carislife:20200904065512j:plain

プジョーが、SUV「5008」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

プジョー5008は、ブランドの上級SUVとしてラインナップされ、2018年の日本販売ではブランドの19%の販売台数を獲得した人気モデルになっています。

 

f:id:carislife:20210127112208j:plain

ビッグマイナーチェンジした新型5008では、最新のデザインを採用することで魅力をアップしたほか、すべてのグレードのシートを刷新することで質感と乗り心地を向上。

 

また、1.6Lガソリンターボエンジンは燃費性能を改善し、WLTCモードで15.6km/L(旧13.4km/L)、JC08モードで17.5km/L(旧15.0km/L)と大幅にアップしています。

  

プジョー新型5008は2021年1月27日に日本発売。価格は4,600,000円~5,016,000円となっています。

 

▼プジョー3008

【プジョー新型3008】「新デザイン!」2021年型ビッグマイナーチェンジ発表!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

▼プジョー208

【プジョー新型208最新情報】フルモデルチェンジ発表!電気自動車e-208/ディーゼル/GTラインの燃費やサイズ、価格、発売日は?

 

プジョー新型5008の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼プジョー新型5008の変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • 1.6Lガソリンエンジンの燃費を大幅に改善
  • フルLEDヘッドライトを採用し、リアフォグランプの点灯にあわせ、フロントロービームの輝度を下げて点灯する「フォグモード」を搭載
  • 乗り心地と質感をアップした新しいシートを全グレードに採用
  • 安全装備を全車標準採用

 

アップ!プジョー新型5008の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼プジョー新型5008の価格

  • Allure BlueHDi(2Lディーゼル):4,600,000円
  • GT(1.6Lガソリン):4,672,000円
  • GT BlueHDi(2Lディーゼル):5,016,000円

プジョー新型5008の価格は、装備を充実することでアップしています。

 

前モデルは1.6Lガソリンエンジンがエントリーグレードとされ425万8000円からとなっていましたが、新型5008では2Lディーゼルエンジンの460万円からとなっています。

 

▼参考:プジョー5008の価格(前モデル)

  • 5008 Allure(1.6Lガソリン):4,258,000円
  • 5008 GT Line BlueHDi(2Lディーゼル):4,892,000円
  • 5008 GT BlueHDi(2Lディーゼル):4,8,000円

 

鋭く!プジョー新型5008の外装(エクステリア)デザイン

▼プジョー新型5008の画像

f:id:carislife:20200904065317j:plain

▼参考:プジョー5008(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190604/20190604084315.jpg

プジョー新型5008の外装は、最新のデザインを採用することで先進的な印象に仕上げられています。

 

▼プジョー新型5008の画像

f:id:carislife:20200904070222j:plain

f:id:carislife:20200904070210j:plain

▼参考:プジョー5008(前モデル) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190604/20190604084619.jpg

フロントは、新世代のライトデザインとされ、ブランドエンブレムにも採用されるライオンの爪をイメージした縦長のデイタイムライト/ウインカーユニットを装備。

 

グリルはフレームレスとすることで、デザイン性を向上しています。

 

ヘッドライトにはフルLEDが採用され、リアフォグランプの点灯にあわせフロントロービームの輝度を下げて点灯する「フォグモード」を搭載。

 

f:id:carislife:20200904070213j:plain

リアでは、テールランプの内部グラフィックを新しくするとともに、シーケンシャルターンランプが採用されています。

 

▼新型5008GT

f:id:carislife:20200904070219j:plain

f:id:carislife:20200904070216j:plain

また、スポーティモデルとして「5008GT」も設定され、専用のグリルやエアロにより、ベースモデルと差別化されています。

  

上質!プジョー新型5008の内装(インテリア)デザイン

▼プジョー新型5008の画像

f:id:carislife:20210127112628j:plain

▼参考:プジョー5008(前モデル)

f:id:carislife:20190604085923j:plain

プジョー新型5008は、新しいデザインや装備を採用することで質感がアップされています。

 

f:id:carislife:20210127112652j:plain

シートは、フランス車に期待されるあたりの柔らかさ、疲労の少なさ、快適性をさらに高めるため、全グレードで刷新。

 

「GT」グレードにはアルカンタラ&テップレザーのダークグレー基調の表皮を使用。これらはフロントシートヒーター、運転席メモリー付きパワーシートとマルチポイントランバーサポートシートとなっています。

 

また、「レザーパッケージオプション」では人気のナッパレザーシートを継続し、あたらしくウッドパネルにオープンポアのダークライムウッドを設定。 

 

f:id:carislife:20210127112208j:plain

「Allure BlueHDi」と「Allure」グレードには、ファブリック&テップレザーのダークグレー基調が採用されています。

 

f:id:carislife:20190604085945j:plain

ルーフには、オープンエアを楽しむこともできるパノラミックサンルーフを採用することで開放感をアップ。

 

f:id:carislife:20190604085926j:plain

f:id:carislife:20190604085929j:plain

f:id:carislife:20190604085932j:plain

3列シート7人乗りに対応するシートはすべて独立型とされ、2列目シートは150mmの前後スライドや5段階のリクライニング機能を採用。

 

さらにフロントシートバック背面の折りたたみテーブルや床下収納、サンシェードなどが装備され、快適性や機能性が高められています。

 

f:id:carislife:20190604085934j:plain

f:id:carislife:20190604085938j:plain

ラゲッジスペースは3列目シートを格納することで702L、2列目シートもすべて折りたたむことで最大1,862Lもの大容量を使用することができ、助手席をたたむと最長約3.2mもの荷物にも対応します。

 

パワフル!プジョー新型5008のパワートレインとスペックは?

▼プジョー製1.6Lガソリンエンジン

f:id:carislife:20190527090228j:plain

▼プジョー新型5008のパワートレインとスペック

  • 直列4気筒1.6Lガソリンターボ
    出力:180ps/25.5kgm
  • 直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:177ps/40.8kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF

プジョー新型5008のパワートレインには、1.6Lガソリンターボエンジンと、2Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。

 

1.6Lガソリンターボエンジンは、ガソリン微粒子フィルタを採用して排出ガスをクリーン化するとともに、フリクションを低減して欧州新排ガス規制のEuro 6.2に対応し燃費を改善。

 

最高出力180psを発揮し、電子制御ウエストゲートバルブの採用により高効率化とハイレスポンス、スムーズな吹け上がりを実現。

 

2Lディーゼルエンジンは40.8kgmものトルクを発揮しながら、燃費性能にも優れたパワートレインとなっています。

  

▼8速オートマチックトランスミッション「EAT8」

f:id:carislife:20181219100521j:plain

いずれのエンジンも組み合わせるトランスミッションは新世代電子制御8速AT「EAT8」とされ、3つのドライブモードを用意。

 

「エコモード」はエアコンの最適化、フリーホイール機能により低燃費走行に貢献。

 

「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。

 

「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができるようになっています。

 

大幅改善!プジョー新型5008の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼プジョー新型5008の燃費(WLTCモード値)

  • 2Lディーゼル:16.6km/L
  • 1.6Lガソリン:15.6km/L

プジョー新型5008の燃費は、1.6Lガソリンエンジンで大幅に改善しています。

 

前モデルはWLTCモード値で13.4km/Lとされていましたが、新型5008では15.6km/Lとすることで、実用性がアップしています。

 

最新システム!プジョー新型5008の安全装備は?

f:id:carislife:20190604090958j:plain

プジョー新型5008の安全装備には、ブランドの先進システムが全車標準装備されています。

 

安全システムには、「アクティブ・セーフティ・ブレーキ」「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」「レーンポジショニングアシスト」などを装備。

 

その他、「アクティブブラインドスポットモニターシステム」「インテリジェントハイビーム」「トラフィックサインインフォメーション」「フロントソナー/バックソナー/ワイドバックアイカメラ」により、ドライバーのアシストが行われます。

 

広く!プジョー新型5008のボディサイズは?

f:id:carislife:20200904071107j:plain

▼プジョー新型5008のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4640×1840×1650mm
  • ホイールベース:2840mm
  • 車重:1570kg
  • ※参考
    ・プジョー3008
     全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
     ホイールベース:2675mm
     車重:1460kg

プジョー新型5008のボディサイズは、ミドルクラスSUVとしてラインナップされているプジョー「3008」から全長が190mm延長されています。

 

あわせて、ホイールベースも+165mmとすることで、3列シート7人乗りに対応する室内空間がつくられています。

 

いつ?プジョー新型5008の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ビッグマイナーチェンジしたプジョー新型5008は、2021年1月27日に日本で発売されました。

 

プジョーは好調な販売が記録する5008をリフレッシュすることにより、ブランドの他モデルとの相乗効果を高めていく予定です。

 

プジョー5008を「おさらい」

▼プジョー5008(初代)

Peugeot 5008 front 20100605.jpg

プジョー5008は、初代が2009年に登場したミニバン、クロスオーバーSUVです。

 

初代は、シトロエン「グランドC4ピカソ」とパーツを共有した3列シートミニバンとして登場。 

 

同じく初代でミニバンスタイルだった下位モデルのプジョー「3008」の上位モデルとして、多人数乗車での使い勝手がアピールされました。

 

▼プジョー5008(2代目) 

Peugeot 5008 - Mondial de l'Automobile de Paris 2016 - 003.jpg

現行モデルとなる2代目は2017年にフルモデルチェンジし、新世代のプラットフォームを採用することで効率を向上。

 

ボディデザインを前モデルのミニバンから、SUVスタイルに大幅変更しましたが、3列シートで多人数乗車に対応する特徴を維持。

 

同年にフルモデルチェンジしたプジョー3008からホイールベースや全長を延長したことで、使い勝手で比較しやすいブランドラインナップとされています。

  

新型プジョー5008については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。