New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【BMW新型3シリーズ】「新デザイン&大画面!」2022年5月18日マイナーチェンジ発表!最新情報、スペック、価格は?

BMWが、ミドルクラス「3シリーズ」のビッグマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型3シリーズについて、スペックや価格などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新技術搭載!BMW「新型3シリーズ」改良発表!

▼BMW新型3シリーズの画像

BMWが「3シリーズ」のマイナーチェンジを発表しました。

  

BMW3シリーズは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、現行モデルは2019年3月にフルモデルチェンジしていました。

 

ビッグマイナーチェンジを実施した新型3シリーズでは、新しいエクステリアデザインを採用することでリフレッシュ。

 

インテリアには新たに12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチ対応インフォテインメントディスプレイをあわせた湾曲ワイドスクリーンが採用され、ヘッドアップディスプレイとあわせ、多彩な情報をドライバーに提供します。

 

BMW新型3シリーズは2022年5月18日に発表。発売は欧州で2022年夏が予定されています。

  

▼BMW新型3シリーズの動画

▼BMW4シリーズ

 【BMW新型4シリーズ】最新情報、スペック、価格は?

▼BMW7シリーズ

【BMW新型7シリーズ】フルモデルチェンジ!最新情報、PHEV、燃費、価格は?

 

BMW新型3シリーズの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型3シリーズの変更点

  • 新デザインのエクステリアを採用
  • 第8世代の「BMW iDrive」を搭載し、湾曲大型ディスプレイを採用
  • シフトセレクターを小型のトグルタイプに変更

   

スポーティ!BMW新型3シリーズの外装(エクステリア)デザインは?

▼新型3シリーズの画像

▼参考:3シリーズ(前モデル)

f:id:carislife:20181003085239j:plain

BMW新型3シリーズの外装は、新しいデザインを採用することによりリフレッシュされています。

 

フロントには新設計したLEDヘッドライトが採用され、エアインテークを拡大しサイドを強調することでワイドな印象をアップしたバンパーを装備。

 

▼新型3シリーズの画像

▼参考:3シリーズ(前モデル)

f:id:carislife:20181002090855j:plain

リアは、フロントとイメージをあわせたバンパーを組み合わせることで質感をアップ。

 

▼新型3シリーズツーリングの画像

ボディタイプには、ワゴンモデルとなる3シリーズツーリングも設定されています。

 

最新装備!BMW新型3シリーズの内装(インテリア)デザイン

BMW新型3シリーズの内装は、新世代の装備が採用され、質感と使い勝手が高められています。

 

装備には第8世代の「BMW iDrive」を搭載し、12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチ対応インフォテインメントディスプレイをあわせた湾曲ワイドスクリーンを設定。ヘッドアップディスプレイとあわせ、多彩な情報をドライバーに提供。

 

最新のリモートソフトウェアアップグレード機能により、車両システムのほか、運転支援機能でも、ソフトウェアのアップグレードが可能に。

 

また、「BMW ID」を導入し、車内のパーソナライズ機能やナビゲーションの学習機能などを、BMW IDが紐付けられたキーにより、他のBMW車にも反映することができるように。

 

あわせて、シフトセレクターは小型のトグルタイプに変更することで、デザイン性が高められています。

  

パワフル!BMW新型3シリーズのパワートレインとスペックは?

▼BMW製直列6気筒ツインターボエンジン

f:id:carislife:20171219114956j:plain

▼BMW新型3シリーズのパワートレインとスペック

  • 【318i】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:156ps/25.5kgm
  • 【320i】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:184ps/30.6kgm
  • 【330i】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:258ps/40.8kgm
    0-100km/h加速:5.8秒
  • 【320d】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/40.8kgm
  • 【330eプラグインハイブリッド】
    直列4気筒 2Lターボ+電気モーター「eDrive」プラグインハイブリッド
    システム最高出力:292ps/42.8kgm
    EV航続距離:59km
    0-100km/h加速:5.9秒
  • 【M340i】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:387ps/50.1kgm
    0-100km/h加速:4.4秒
  • 【M3】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:480ps/56.1kgm
    0-100km/h加速:4.2秒
  • 【M3コンペティション】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:510ps/66.3kgm
    0-100km/h加速:3.9秒(4WDモデル:3.5秒)
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:FR or 4WD「xDrive」

BMW新型3シリーズのパワートレインには、新世代エンジンが搭載されています。

 

量販モデルには2Lのガソリンとディーゼルを設定し、前世代からほぼすべての回転域で大幅なトルクアップを実現。

 

f:id:carislife:20181003085241j:plain

高環境性能モデルには、2Lターボエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドが用意され、EV航続距離は59kmを確保。

  

ハイパフォーマンスモデルのM3は、480馬力まで出力を向上。

 

最上位モデルのM3コンペティションでは510馬力とされています。

 

EV!BMW新型3シリーズに電気自動車モデルも!

▼BMW新型3シリーズEVのスクープ画像

f:id:carislife:20200701064955j:plain

BMW新型3シリーズには、電気自動車モデルの設定が予定されています。

 

f:id:carislife:20200701064958j:plain

f:id:carislife:20200701065001j:plain

新設定されるBMW新型3シリーズEVは、エンジンの冷却が不要となるためキドニーグリルが閉じられ、パワートレインには80kWhの大容量バッテリーを搭載し航続距離500kmを確保。電気自動車にちからを入れているBMWの主力EVとなります。

  

BMW新型3シリーズの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型3シリーズの燃費(WLTCモード値)

  • 318i(2Lガソリン/FR):13.4km/L
  • 320i(2Lガソリン/FR):13.8km/L
  • 320d(2Lディーゼル/4WD):15.3km/L
  • 2Lプラグインハイブリッド:62.5km/L(欧州値/充電電力使用時)

BMW新型3シリーズの燃費は、2LガソリンエンジンでWLTCモード値13.8km/Lとなっています。

 

ディーゼルモデルは15.3km/Lまで燃費をアップし、大きなトルクによる走りを楽しむことができるようになっています。

 

最新システム!BMW新型3シリーズの安全装備は?

BMW新型3シリーズの安全装備には、高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムが全車に採用され、より正確なレーンキーピング性能と、より広い視野での危険予測が実現されています。

 

システムには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を設定し、高速道路での渋滞時において、絶えず前方に注意するとともに周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限り、ステアリングから手を離して走行が可能に。

 

また、新型3シリーズでは、リバースアシスト機能付きパーキングアシスタントにより、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることが可能となっています。

 

広く!BMW新型3シリーズのボディサイズは?

▼BMW新型3シリーズのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    セダン:4715×1825×1440mm
    ツーリング:4715×1825×1470mm
  • ホイールベース:2850mm(ツーリング共通)
  • 車重:1560kg(セダン)
  • 参考
    ・BMW3シリーズ(前モデル)
     全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm
     ホイールベース:2810mm
     車重:1490kg

BMW新型3シリーズのボディサイズは前世代から拡大され、クラストップのサイズとされています。

 

全長は70mm、ホイールベースは40mm延長することで室内空間を拡大し、同時に安定感あるスタイリングに仕上げられています。

 

重心は前世代から約10mmダウンされ、前後重量配分は50対50を実現。

 

車体とサスペンション取り付け部の剛性も大幅にアップされています。

 

アップ!BMW新型3シリーズの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型3シリーズの価格

  • 530万円~1550万円

BMW新型3シリーズの価格は、改良によりアップします。

 

前モデルは510万円からとされていましたが、新型3シリーズでは最新の装備を採用することにより、530万円ほどからが見込まれています。

 

▼参考:3シリーズ(前モデル)の価格

▽3シリーズセダン

  • 318i:5,100,000円
  • 318i M Sport:5,840,000円
  • 320i Exclusive:6,250,000円
  • 320i M Sport:6,260,000 円
  • 320d xDrive:6,080,000円
  • 320d xDrive M Sport:6,610,000円
  • 330e M Sport:6,850,000 円
  • M340i xDrive:10,000,000円
  • BMW M3 Competition:13,510,000円
  • BMW M3 Competition Track Package:14,660,000円
  • M3 Competition M xDrive:13,820,000円
  • M3 Competition M xDrive Track Package:14,960,000円

▽3シリーズツーリング

  • 318i ツーリング:5,460,000円
  • 318i ツーリング M Sport:6,110,000円
  • 320i ツーリング M Sport:6,510,000円
  • 320d xDrive ツーリング:6,340,000 円
  • 320d xDrive ツーリング M Sport:6,880,000円
  • M340i xDrive ツーリング:10,260,000 円

   

いつ?BMW新型3シリーズの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたBMW新型3シリーズは2022年5月18日に発表。発売は欧州で2022年夏が予定されています。

 

BMWは主力モデルの3シリーズをリフレッシュすることにより、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

BMW3シリーズを「おさらい」

▼BMW3シリーズ(初代)

BMW E21 front 20080331

BMW3シリーズは、初代が1975年に登場したBMWの小型高級車です。

 

ラリー競技などで活躍し人気になったBMW2002の後継モデルとして製作され、初代から現行モデルまでBMWの最多量販車種となっています。

 

1982年に登場した2代目では、グループAレースへのホモロゲーション取得のためにハイパフォーマンスモデルのM3が登場。

 

1990年から販売された3代目ではクーペボディも設定され、初代から販売されているカブリオレと一緒に、3シリーズはセダンからスポーツまで担当するモデルに。

 

その流れは、前モデルの6代目が2012年に登場するまで続きますが、新たにクーペとカブリオレを担当する4シリーズが製作されたことで、前モデルはセダン、ツーリング(ワゴン)、グランツーリスモ(5ドアハッチバック)の3つのボディタイプになりました。

 

新型BMW3シリーズについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。