New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【三菱新型デリカD:5】11月21日改良日本発売!最新情報、URBAN GEAR、ディーゼルやサイズ、価格、燃費は?

f:id:carislife:20191121135130j:plain

三菱が、オフロードミニバンとして販売している「デリカD:5(DELICA D:5)」の改良を発表しました。

 

改良により魅力をアップする三菱新型デリカについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】装備充実&ガソリン生産終了!三菱新型デリカD:5改良日本発売!

▼三菱新型デリカD:5の画像

f:id:carislife:20181121135120j:plain

三菱が、「デリカD:5」の改良日本発売を発表しました。

 

改良された新型デリカD:5では、安全機能を強化することで全グレードがサポカーSワイドに該当。

 

f:id:carislife:20191121135043j:plain

電動サイドステップを採用することで乗り降りをしやすくしたほか、「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」に最上級グレード「P Edition」を新設定。

 

あわせて、2019年2月のビッグマイナーチェンジ以降もガソリンエンジン搭載車として継続販売されていた前モデルの生産が終了され、最新の2.2Lディーゼルエンジンに絞り込まれています。 

 

▼三菱アウトランダー

【三菱新型アウトランダー/PHEV最新情報】フルモデルチェンジ!航続距離や充電時間、ハイブリッド/ディーゼル燃費、価格、発売日は?

▼三菱エクスパンダー

【三菱新型エクスパンダー】「エクスパンダークロス」設定!最新情報、サイズ、価格は?

▼三菱トライトン

【三菱新型トライトン/L200最新情報】正式発表!カスタム、燃費やサイズ、価格、日本発売は?

 

三菱新型デリカD:5の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型デリカD:5の変更点

  • 安全システム「e-Assist」に誤発進抑制機能(前進時)を追加し、全グレードがサポカーSワイドに該当
  • 助手席ドア/助手席側スライドドアと連動し自動で展開・収納する電動サイドステップ(LEDステップ照明付)を新たに「G」「M」グレード以外に標準装備
  • 「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」に最上級グレード「P Edition」を新設定。
    「G-Power Package」をベースに予防安全技術「e-Assist」に加え、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を追加し、自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)を標準装備
  • 前モデルを継続販売していたガソリンエンジン車の生産を終了

▽2019年2月ビッグマイナーチェンジでの変更点

  • エクステリアとインテリアに、新世代のデザインを採用
  • 新しいカスタムモデルとして「アーバンギア(URBAN GERE)」を設定
  • 2.2Lディーゼルターボエンジン&8速ATを搭載し、高い燃費性能と走行性能を両立
  • 前モデルで設定なしとなっていた先進安全パッケージ「e-Assist」を標準装備
  • パワーステアリングをラック&ピニオン式から、デュアルピニオン式の電動パワーステアリングに変更し、低速時の操舵力を低減して取りまわし性を向上
  • フロントウィンドシールドに遮音ガラスを採用するとともに、フロアカーペットに遮音材を追加するなど防音性能を強化

三菱デリカは、ミニバンスタイルながら高い車高や高性能な4WDシステムを組み合わせることで、SUVとミニバンの要素をあわせ持つ「オールラウンダーミニバン」として製作されています。

 

2019年2月にはビッグマイナーチェンジが実施され、新世代のパワートレインやデザイン、基礎性能の見直しなどにより、より使い勝手や走行性能をアップしていました。

 

乗降性UP!三菱新型デリカD:5の外装(エクステリア)デザイン

▼三菱新型デリカD:5(ベースモデル)の画像

f:id:carislife:20181121140305j:plain

三菱新型デリカD:5の外装は、新世代デザインによりタフさが表現されています。

 

ヘッドライトにはマルチLEDヘッドライトを採用し、鋭く切れ上がったものに。

 

バンパーには迫力と実用性を高める大型フォグランプを装備し、三菱のブランドデザイン「ダイナミックシールド」を採用。

 

f:id:carislife:20181121144505j:plain

また、リアコンビネーションランプをリアゲートガーニッシュと連続性を持たせたデザインとすることで、ワイド感や安定感を表現。

 

テールゲート外側いっぱいまで光らせる特徴的なデザインとなっています。

 

f:id:carislife:20191121135043j:plain

改良では、助手席ドア/助手席側スライドドアと連動し自動で展開・収納する電動サイドステップ(LEDステップ照明付)を「G」「M」グレード以外に新たに標準装備し、乗降性が向上されています。

 

▼三菱新型デリカD:5アーバンギアの画像

f:id:carislife:20181121140043j:plain

f:id:carislife:20181121140311j:plain

f:id:carislife:20181121144517j:plain

カスタムモデルには「デリカD:5アーバンギア」が設定され、よりワイド&ローを強調したスタイルになっています。

 

専用デザインのソリッドでクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現。

 

また、マフラーの切り欠きを廃したリアバンパーと、洗練されたイメージのリアゲートガーニッシュ(クリア)を採用して、モダンでクリーンなスタイリングが演出されています。

  

三菱新型デリカD:5を前モデルと比較!

▼三菱デリカD:5(前モデル)

f:id:carislife:20180205093350j:plain

三菱新型デリカD:5を前モデルと比較すると、人気のボディスタイルを維持しながら新しいデザインに変化していることがわかります。

 

フロントデザインはアクセントになるライトの形状などにより、高さやワイドさを強くアピールし、タフさを感じる仕上がりになっています。

 

全9色!三菱新型デリカD:5のボディカラーは?

f:id:carislife:20181121151855j:plain

▼三菱新型デリカD:5のボディカラー一覧

  • ウォームホワイトパール
  • スターリングシルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • エメラルドブラックパール
  • ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック
  • スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック
  • アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ
  • エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

三菱新型デリカD:5のボディカラーには全9パターンが設定されています。

 

主力となるベースモデルには全8パターンが用意され、ボディ下部のカラーを変更した2トーンも用意されました。

 

f:id:carislife:20181121151858j:plain

▼三菱新型デリカD:5アーバンギアのボディカラー一覧

  • ウォームホワイトパール
  • ブラックマイカ
  • アイガーグレーメタリック

カスタムモデルとなるデリカD:5アーバンギアは全3パターンとされ、ベースモデルでは選ぶことができないアイガーグレーメタリックのモノトーンが設定されています。

 

延長!三菱新型デリカD:5のボディサイズは?

f:id:carislife:20181121135120j:plain

▼三菱デリカD:5のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4800×1795×1875mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 車両重量:1880kg~1930kg
  • ※参考
    ・デリカD:5(前モデル)
     全長×全幅×全高:4730×1795×1825-1870mm
     ホイールベース:2850mm
     車両重量:1690-1910kg

三菱新型デリカD:5のボディサイズは、より伸びやかなデザインとするため、前モデルから延長されています。

 

全長の延長は70mmとなっており、より力強いデザインが魅力になっています。

 

f:id:carislife:20181121144605j:plain

前モデル同様に対障害角度は大きくとられ、アプローチアングル21度、デパーチャーアングル23度と、ミニバンながら悪路も余裕をもって走行できるようになっています。

 

質感UP!三菱新型デリカD:5の内装(インテリア)デザイン

▼デリカD:5(ベースモデル)

f:id:carislife:20181121141124j:plain

f:id:carislife:20181121141126j:plain

デリカD:5の内装は、走行時に車体姿勢をつかみやすくするとともに、ワイド感に寄与する水平基調の「Horizontal Axis(ホリゾンタルアクシス)」コンセプトに基づいたインストルメントパネルが採用されています。

 

ベースモデルのインストルメントパネルには、サバ杢柄の立体木目を用いることで機能性と上質さを両立。

 

▼デリカD:5アーバンギア

f:id:carislife:20181121141129j:plain

f:id:carislife:20181121141133j:plain

デリカD:5 アーバンギアでは、バール杢を再現して艶の高い青みのある黒木目をアクセントに配したインストルメントパネルが採用されています。

 

加えて、ステッチを施したソフトパッドや削り出しの金属が持つ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、視覚や触覚で分かるしっかり感と上質さが盛り込まれました。

 

f:id:carislife:20181121141728j:plain

ナビゲーションは、シーンに合わせて自由に操作できる「DELICA D:5 オリジナル10.1型ナビゲーション」をディーラーオプションで設定。

 

大画面ディスプレイをナビ、オーディオ、ツール、アプリの4つのエリアに分割して表示できるほか、各エリアのレイアウトも切り替え可能となっています。

 

f:id:carislife:20181121141954j:plain

f:id:carislife:20181121141951j:plain

シート生地は、動きのある幾何学柄で力強さと躍動感を表現するとともに、凹凸のあるラミ付エンボスを施して、丈夫で上質な仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20181121141957j:plain

また、メーカーオプションの本革シートにはダイヤキルティングを大胆に施し、力強さとオーセンティックな高級感が演出されました。

 

f:id:carislife:20181121144537j:plain

そのほか、フロントウィンドシールドに遮音ガラスを採用するとともに、フロアカーペットに遮音材を追加するなど防音性能を強化。

 

ディーラーオプションのフロアマットにも吸音機能を追加して静粛性が高められました。

 

パワフル!三菱新型デリカD:5のエンジンとスペックは?

▼三菱製2.2Lディーゼルエンジン

f:id:carislife:20180205101510j:plain

▼三菱新型デリカD:5のエンジンとスペック

  • 直列4気筒2.2Lディーゼルターボ
    最高出力:145ps/3500rpm
    最大トルク:38.7kgm/2000rpm
    トランスミッション:8速AT
    駆動方式:4WD「AWC」
  • 直列4気筒2Lガソリン【生産終了】
    出力:150ps/19.4kgm
    トランスミッション:6速スポーツモード付きCVT
    駆動方式:FF
  • 直列4気筒2.4Lガソリン【生産終了】
    出力:170ps/23.0kgm
    トランスミッション:6速スポーツモード付きCVT
    駆動方式:4WD

三菱新型デリカD:5には最新の2.2Lディーゼルエンジンが設定され、これまで前モデルが併売されていたガソリン車の生産は終了されました。

 

2.2Lディーゼルは、先に発表された「エクリプスクロス」で採用された最新パワートレインとなっており、最大トルクを前モデルから2kgmアップ。

 

AdBlueを用いてディーゼルエンジンの排出ガスを浄化する「尿素SCRシステム」が、三菱自動車として初めて採用されています。

 

f:id:carislife:20181121144547j:plain

トランスミッションは前モデルの6速ATから8速まで多段化させることで、オンロードからオフロードまでより幅広い走行状況に対応しています。

 

駆動方式には、ディーゼル車用として電子制御4WDシステムの「AWC」を設定。

 

「AWC」は、2WD、4WDオート、4WDロックからモード選択ができ、4輪の駆動力をシステムが最適化することで、タイヤの空転が発生しやすい状況でも走行が可能となります。

 

あわせて、パワーステアリングはこれまでのラック&ピニオン式から、デュアルピニオン式の電動パワーステアリングに変更。

 

初期操舵からのしっかり感を確保するとともに、モーターによる違和感を少なくしてより自然な操舵フィーリングを実現。低速時の操舵力を低減して取りまわし性を向上しています。

 

▼三菱エクリプスクロス

【三菱新型エクリプスクロス最新情報】クーペSUV発売!スペックや燃費、価格、ディーゼルは?

   

三菱新型デリカD:5を試乗動画でチェック!

三菱新型デリカD:5は、試乗動画が公開されています。

 

大幅改良によりあがった走行性能や走りの質感が高い評価を受けています。

 

 

走りと両立!三菱新型デリカD:5の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼三菱新型デリカD:5の燃費

  • 2.2Lディーゼル(4WD):13.6km/L

三菱新型デリカD:5の燃費は、ディーゼルモデルへ8速ATが採用されたことで前モデルから改善されました。

 

アップ幅は0.6km/Lとされ、4WDのみの設定、最大トルクをアップしながらも、より使いやすくなっています。

 

▼参考:三菱デリカD:5の燃費(前モデル)

  • 2.2Lディーゼル(4WD):13.0km/L
  • 2Lガソリン(4WD):10.6km/L

 

サポカーSワイド対応!三菱新型デリカD:5の安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180823/20180823152504.jpg

三菱新型デリカD:5の安全装備には、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、車線逸脱警報システム[LDW]、レーダークルーズコントロールシステム[ACC]、オートマチックハイビーム[AHB]などを採用する予防安全技術「e-Assist」が全車標準装備されています。

 

改良では新たに誤発進抑制機能(前進時)を追加し、全グレードがサポカーSワイドに該当しました。

 

f:id:carislife:20181121143150j:plain

加えて、上級グレードには「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)[BSW/LCA]」「後退時車両検知警報システム[RCTA]」を標準装備し、一部グレードにオプション設定されています。

  

最上位グレード追加!三菱新型デリカD:5の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型デリカD:5の価格

  • M:3,913,800円
  • G:4,015,000円
  • G-Power package:4,235,000円
  • P:4,371,400円
  • URBAN GEAR G:4,142,600円
  • URBAN GEAR G-Power package:4,362,600円
  • URBAN GEAR P Edition:4,472,600円【新設定】
    ※全車4WD&ディーゼルエンジン

三菱新型デリカD:5の価格は、391万3800円からとなっています。

 

新設定された「デリカD:5 URBAN GEAR」の最上級グレード「P Edition」は、予防安全技術「e-Assist」に加え、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を追加。

 

また自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)も標準装備することで、より安全性が高められています。

  

三菱新型デリカD:5の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

一部改良された三菱新型デリカD:5は、2019年11月21日に発売されました。

 

新モデルはディーゼル車のみの設定となり、前モデルが併売されていたガソリン車は生産終了となっています。

  

新型デリカD:5ではミニバンとして使い勝手や安全性をアップすることで、根強いファンのほか、人気になっているオフロード車を検討するユーザーにもアピールされます。

 

三菱デリカを「おさらい」

▼三菱デリカコーチ(初代デリカ)

Delica T100.jpg

三菱デリカ(DELICA)は、初代が1969年に登場したミニバンシリーズです。

 

デリカの車名の由来は、「delivery(運ぶ・配達する)」と「car(車)」をあわせた造語になっています。

 

初代はデリカコーチとして、商用で用意されたデリカバンと基礎を共有して開発。

 

▼三菱デリカスターワゴン(2代目デリカ) 

1985 Mitsubishi L300 Express (SD) 4WD van (2009-11-14) 01.jpg

▼三菱デリカスターワゴン(3代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Star Wagon 001.JPG

2代目と3代目はデリカスターワゴンとして販売され、RV車ブームと重なったことでオフロード色の強い外観のモデルが人気に。

 

▼三菱デリカスペースギア(4代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Space Gear Chamonix 001.jpg

4代目はデリカスペースギアという車名に変更。

 

フラッグシップSUVの「パジェロ」からくるラダーフレームとモノコックボディを一体化させたビルトインフレーム構造や、ダブルウィッシュボーンサスペンション、高トルクエンジンなどを採用しました。

 

▼デリカD:5のリブボーンフレーム

f:id:carislife:20180205112226j:plain

現行モデルで5代目のデリカD:5は、車名に5世代目を表す「D:5」を採用。

 

ベースモデルをSUVの「アウトランダー」に変更し、ボディには新しく哺乳類の肋骨のように環状型の4つの骨格構造で車体剛性を高める「リブボーンフレーム」を採用。

 

ダイヤル式のドライブモードセレクターにより、FF、4WDオート、4WDロックの切替を可能とする電子制御4WDシステムを搭載。

 

オールラウンダーミニバンをコンセプトに開発され、生産は「パジェロの町」と呼ばれる岐阜県加茂郡坂祝町にあるパジェロ製造株式会社が担当しています。

 

新型デリカについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。