車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型i4最新情報】電気自動車グランクーペに!発売日や価格、スペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120311.jpg

BMWが、電気自動車「i4」の発表にむけ開発を進行してます。

 

ブランドの主力電動モデルになるBMW新型i4について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】BMW新型i4のモデル名を正式発表!

▼BMW i Vision Dynamics(BMW i4プレビューモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120336.jpg

BMWは、現在開発を進行している4ドアクーペスタイル電気自動車のモデル名が「i4」となることを正式に発表しました。

 

BMW i4は、2016年に特許庁に提出された外装デザインがスクープされており、2017年9月にはコンセプトモデルとなる「BMW i Vision Dynamics」が公開されていた電気自動車です。

 

BMWは今回、高環境サブブランド「BMW i」から今後発売される電気自動車の名称が「i4」となることを明かし、現在ラインナップしているi3、i8の中間にラインナップすることで、電動化をすすめるBMWの主力になるとしました。

 

▼BMW i3

【BMW新型i3最新情報】マイナーチェンジ発売!航続距離や充電時間、価格、レンジエクステンダー、i3sは?

▼BMW i8

【BMW新型i8&i8ロードスター最新情報】マイナーチェンジで燃費やスペック、発売日、価格は?

 

BMW新型i4の【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型i4の特徴

  • 高出力電気モーターを搭載しながら、700kmの航続距離を実現
  • 駆動レイアウトを4WDとし、高い走行性能を発揮
  • 4ドアクーペスタイルとすることで、高い実用性と走行効率を両立

 

BMW新型i4の外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120332.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120329.jpg

BMW新型i4の外装は、2017年に公開されたコンセプトモデルでプレビューされています。

 

ボディは、販売されている4シリーズに設定されている4ドアクーペモデル「4シリーズグランクーペ」に近いものとされ、空力性能に優れたボディラインになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120402.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120355.jpg

BMWのブランドデザインであるキドニーグリルはバンパーまで大型化され、高環境性能を表現するブルーのラインをアクセントに採用。

 

前後ライトは、最新のLED技術を使用したスリムデザインになっています。

 

▼BMW新型i4の特許庁出願デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161005/20161005134219.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161005/20161005134225.jpg

BMW新型i4は、2017年のコンセプトモデル公開の1年前に、特許庁に提出されたデザインが発見されています。

 

市販モデルのボディラインは更新されたコンセプトモデルがベースになるとみられていますが、出願デザインにはPHVスーパーカーBMW i8からくる要素も盛り込まれており、部分的にデザインが採用される可能性があります。

 

BMW新型i4のボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120352.jpg

BMW新型i4のボディサイズは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされている4シリーズグランクーペをベースに、幅広いユーザーに対応できる設計とされます。

 

スタンダードな3シリーズセダンに対しスポーティスタイルとして用意される4シリーズグランクーペをベースにすることで、電動パワートレインによる高い走行性能とラグジュアリー性がアピールされます。

 

▼参考:BMW 4シリーズグランクーペのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4640×1825×1395mm
  • ホイールベース:2810mm

▼BMW 4シリーズグランクーペ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170118/20170118144228.jpg

 

BMW新型i4の内装(インテリア)デザイン

▼BMW4シリーズグランクーペ 

f:id:carislife:20180313133923j:plain

BMW新型i4の内装は、4シリーズグランクーペをベースに、電動パワートレインにより配置を最適化することでさらなる使い勝手が確保されます。

 

f:id:carislife:20180313133920j:plain

インフォテインメントシステムシステムに大型のタッチスクリーンを採用し、表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイには、電気自動車特有のバッテリー情報なども表示されます。

 

インフォテインメントシステムはジェスチャーとボイスコントロールに対応し、機能を快適に使用することができるようになっています。

 

電気自動車で圧迫されることが多いラゲッジスペース容量も、バッテリーをフロア下に搭載することで4シリーズグランクーペと同等の大きな空間が確保されます。

 

BMW新型i4のパワートレインとスペック、航続距離は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170916/20170916120318.jpg

▼BMW新型i4のパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 出力:350ps
  • 駆動方式:4WD
  • 0-100km/h加速:4秒未満
  • 最高速度:200km/h
  • 航続距離:700km

BMW新型i4には、BMW内で第5世代と呼ばれる最新電動パワートレインが搭載されます。

 

電気モーターの出力は4シリーズの上位モデルを参考に350psほどとなることが明かされており、駆動方式を4WDとすることで電気モーターの高いトルクを効率良く路面に伝えることができるようになります。

 

0-100km/h加速タイムはプレビューモデルで4秒未満とされ、4ドアサルーンながら高いパフォーマンスに仕上げられます。

  

航続距離は高効率を追求することで、700km以上となる見通しであることが発表されています。

  

BMW新型i4の安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180206/20180206133221.jpg

BMW新型i4の安全装備には、アダプティブクルーズコントロールや正面衝突警告システム、アクティブブラインドスポットプロテクションなど、先進装備が採用されます。

 

車線逸脱アラートや歩行者プロテクションなど、ベースモデルからくる装備などにより、高い安全性能が確保されます。

 

BMW新型i4の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

 ▼BMW新型i4の価格(予想値)

  •  約900万円

BMW新型i4の価格は、上級ブランドの電気自動車をライバルとし、900万円ほどに設定されるとみられています。

 

最大のライバルとなるテスラ・モデルSは960万円からになっているため、競争力のある価格設定になります。

 

BMW新型i4の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型i4の発売日は、2020年が予定されています。 

 

BMWはi4のほか、X3をベースにした「iX3」などEV(電気自動車)12種を含め、2025年までに、全25種類の電動パワートレイン搭載モデルの発売を計画しています。

 

▼BMW iX3

【BMW新型iX3最新情報】電気自動車SUVに!発売日やサイズ、スペック、価格は?

 

生産は、BMWが本社を置くドイツ・ミュンヘンの工場にて行われることが発表されています。

 

新型BMW i4については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!