車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型i6最新情報】iNEXT市販ver電気自動車SUV!発売日や価格、航続距離、スペックは?

f:id:carislife:20190613084024j:plain

BMWが、電気自動車「i6」の発表にむけ開発を進行してます。

 

ブランドの主力電動SUVになるBMW新型i6について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】BMW新型i6のプロトタイプスクープ画像撮影!

▼BMW新型i6のスクープ画像

f:id:carislife:20190613084340j:plain

BMWが、開発を進行している電気自動車SUV「i6」のプロトタイプがスクープされました。

 

BMW i6は、BMWの高環境性能ブランド「BMW i」の1モデルとして企画され、2018年に公開されていたコンセプトモデル「ヴィジョンiNEXT」の市販バージョンとなります。

 

BMW新型i6は電気自動車SUVとなり、現在ラインナップしているi3、i8とは違うボディタイプとすることで、電動化をすすめるBMWの多様性をアピールするモデルとなります。

 

▼BMWヴィジョンiNEXT 

f:id:carislife:20190613084843j:plain

▼BMW i3

【BMW新型i3最新情報】マイナーチェンジ発売!航続距離や充電時間、価格、レンジエクステンダー、i3sは?

▼BMW i4

【BMW新型i4最新情報】電気自動車グランクーペに!発売日や価格、航続距離、スペックは?

▼BMW i8

【BMW新型i8&i8ロードスター最新情報】マイナーチェンジで燃費やスペック、発売日、価格は?

 

BMW新型i6の【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型i6の特徴

  • 高出力電気モーターを搭載しながら、700kmの航続距離を実現
  • 駆動レイアウトを4WDとし、高い走行性能を発揮
  • SUVスタイルとすることで、高い実用性と走行効率を両立

 

BMW新型i6の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190613084024j:plain

BMW新型i6の外装は、コンセプトモデルやスクープ画像で確認することができます。

 

▼BMW新型i6のスクープ画像

f:id:carislife:20190613085049j:plain

f:id:carislife:20190613085051j:plain

ボディラインは販売されているSUV「X5」に近いものとなっていますが、BMWのブランドデザインであるキドニーグリルはバンパーまで大型化され、高環境性能を表現するブルーのラインをアクセントに採用。

 

前後ライトは、最新のLED技術を使用したスリムデザインになっています。

 

BMW新型i6のボディサイズは?

f:id:carislife:20190613085423j:plain

BMW新型i6のボディサイズは、ブランドの上級SUVとしてラインナップされているX5に近い設計となります。

 

しかし、最新プラットフォームにより重心を下げ、空間効率に優れる電動パワートレインを採用することで、ドライビングフィールや使い勝手がアップされます。

 

▼参考:BMW X5のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4935×2005×1770mm
  • ホイールベース:2975mm

  

BMW新型i6の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190723065337j:plain

BMW新型i6の内装は、電動パワートレインにより配置を最適化することでさらなる使い勝手が確保されます。

 

ステアリングは新採用される「ポリゴンステアリング」が公開されており、これまで他モデルに採用されていた円形からレーシングカーなどに近い形状とされています。

 

f:id:carislife:20180313133920j:plain

インフォテインメントシステムシステムに大型のタッチスクリーンを採用し、表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイには、電気自動車特有のバッテリー情報なども表示されます。

 

インフォテインメントシステムはジェスチャーとボイスコントロールに対応し、機能を快適に使用することができるようになります。

 

電気自動車で圧迫されることが多いラゲッジスペース容量も、バッテリーをフロア下に搭載することで内燃機関モデルと同等の大きな空間が確保されます。

 

BMW新型i6のパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190613091252j:plain

▼BMW新型i6のパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 出力:370ps
  • 駆動方式:FR or 4WD
  • 0-100km/h加速:4.0秒

BMW新型i6には、BMW内で第5世代と呼ばれる最新電動パワートレインが搭載されます。

 

電気モーターの出力はブランドの上級モデルを参考に370psとされ、駆動方式を4WDとすることで電気モーターの高いトルクを効率良く路面に伝えることができるようになります。

 

0-100km/h加速タイムは4秒ほどとなり、SUVながら高いパフォーマンスに仕上げられます。

 

BMW新型i6の航続距離は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼BMW新型i6のバッテリーと航続距離

  • 【63kWh】
    航続距離:459km
  • 【92kWh】
    航続距離:563km
  • 【120kWh】
    航続距離:603km

BMW新型i6のバッテリーには、63kWhから120kWhのバリエーションが用意されます。

 

エントリーモデルの63kWhは後輪駆動、その他のモデルでは4WDとされ、最上位モデルでは600kmを超える距離を走行することができるようになります。

  

BMW新型i6の安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180206/20180206133221.jpg

BMW新型i6の安全装備には、アダプティブクルーズコントロールや正面衝突警告システム、アクティブブラインドスポットプロテクションなど、先進装備が採用されます。

 

車線逸脱アラートや歩行者プロテクションなど、ベースモデルからくる装備などにより、高い安全性能が確保されます。

 

BMW新型i6の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

 ▼BMW新型i6の価格(予想値)

  • 72,000ユーロ(約870万円)~110,000ユーロ(約1320万円)

BMW新型i6の価格は、後輪駆動のエントリーモデルで約870万円からに設定されます。

 

最大のライバルとなるテスラ・モデルXはエントリーモデルが972万円からとなっていますが、BMW新型i6では競争力のある価格設定になります。

 

BMW新型i6の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型i6の発売日は、2021年とコメントされています。

 

BMWはi6のほか、X3をベースにした「iX3」などEV(電気自動車)12種を含め、2025年までに、全25種類の電動パワートレイン搭載モデルの発売を計画しています。

 

▼BMW iX3

【BMW新型iX3最新情報】電気自動車SUV!発売日やサイズ、スペック、価格は?

 

生産は、BMWが本社を置くドイツ・ミュンヘンの工場にて行われることが発表されています。

 

新型BMW i6については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。