New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スズキ新型SX4 S-CROSS最新情報】2019年4月10日マイナーチェンジ日本発売!燃費、スペック、サイズ、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615130950.jpg

スズキが、SUV「SX4Sクロス」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたスズキ新型SX4Sクロスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】スズキ新型SX4Sクロスにマイナーチェンジ日本発売!

▼スズキ新型SX4Sクロスの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615130943.jpg

スズキが、SUV「SX4Sクロス」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

スズキ・SX4Sクロスはブランドの上級クロスオーバーSUVとしてラインナップされ、質感の高いつくりや力強い走りが人気になっています。

 

マイナーチェンジした新型SX4Sクロスでは安全装備を大幅に強化し、魅力をアップしています。

 

▼スズキ・エスクード

【スズキ新型エスクード最新情報】マイナーチェンジ発売!1.4ターボの燃費、スペック、発売日や価格は?

 

スズキ新型SX4Sクロスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型SX4Sクロスの変更点

  • ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」を標準搭載
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを採用
  • アダプティブクルーズコントロール(作動速度域は約40km/h~)を標準装備
  • 助手席シートベルトリマインダー、エマージェンシーストップシグナルを装備 
  • フロント2トゥイーター&リア2スピーカーを採用

 

スズキ新型SX4Sクロスの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615130947.jpg

スズキ新型SX4Sクロスの外装は、2017年の改良時に、より質感の高いデザインに変更されています。

 

フロントグリルには縦のラインがプラスされ、バンパーも起伏を持つことで迫力をアップ。
 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615130953.jpg

ヘッドランプとリヤコンビランプにはLEDが採用されています。

 

また、新デザインの17インチホイールと大径タイヤを採用することで車高をあげ、力強い外観と高い走破性能が実現されています。

 

スズキ新型SX4Sクロスのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615130957.jpg

▼スズキ新型SX4Sクロスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4300×1785×1595mm
  • ホイールベース:2600mm
  • 最低地上高:185mm
  • 車重:1150kg
  • ※参考
    ・スズキ エスクード
     全長×全幅×全高:4175×1775×1610mm
     ホイールベース:2500mm
     最低地上高:185mm
     車重:1220kg

スズキ新型SX4Sクロスのボディサイズは、価格が50万円ほど高価に設定されているエスクードと比較して大きく設計されており、ブランドのSUVで最大となっています。

 

SX4 Sクロスは都市部で使うユーザーが重視されていますが、2017年の改良時には17インチホイールと大径タイヤを採用することで最低地上高が20mm高い185mmとされ、オフロードでの走行性能もアップしています。

  

スズキ新型SX4Sクロスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190411093712j:plain

f:id:carislife:20190411093718j:plain

スズキ新型SX4Sクロスの内装は、ブランドの上級SUVとして質感が高められています。

 

改良では、フロント2トゥイーター&リア2スピーカーが採用されました。

 

インテリアは、エアコンルーバーガーニッシュにサテンメッキ加飾、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を採用。

 

f:id:carislife:20190411093715j:plain

ステアリングは上下のほか前後への移動に対応し、最適なドライビングポジションをつくることができるように。

 

運転席と助手席の間には前後にスライドできるアームレストも装備され、快適性が高められています。

 

f:id:carislife:20190411093722j:plain

室内空間はブランド最大のボディサイズを使用し拡大され、前後シート間の距離は814mmを確保。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170615/20170615131001.jpg

ラゲッジスペースはリアシートを使用する状態でも余裕持つことで、高い使い勝手がつくられています。

 

スズキ新型SX4Sクロスのエンジンとスペックは?

▼スズキ製1.6Lガソリンエンジン

f:id:carislife:20190411102034j:plain

▼スズキ新型SX4Sクロスのエンジンとスペック

  • エンジン:直列4気筒1.6L
  • 出力:117ps/15.4kgfm
  • トランスミッション:パドルシフト付き6速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD

スズキ新型SX4Sクロスのエンジンには、力強さと燃費を両立した直列4気筒1.6Lエンジンが搭載されています。

 

トランスミッションにはパドルシフト付きの6速ATが採用され、ダイレクト感ある走りを実現。

 

駆動方式はFFと4WDから選択することができるようになっています。

  

スズキ新型SX4Sクロスの走行システムは?

f:id:carislife:20180219154654j:plain

スズキ新型SX4Sクロスには、4WDシステムに「ALLGRIP」が採用されています。

 

「ALLGRIP」には、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのモードを用意。

 

▼スズキ「ALLGRIP」の走行モード

  • 「AUTO」
    走行状況にあわせ、燃費を重視したFFから4WDへ自動で変更
  • 「SPORT」
    4WDとエンジンの高回転を積極的に使用し、気持ちのいい加速やコーナリングを実現
  • 「SNOW」
    雪道やアイスバーンなどでグリップ力を重視し、トラクションコントロールや後輪へのトルク配分を制御し、走行安定性を向上
  • 「LOCK」
    ぬかるみや雪でスタックした時の緊急脱出時に、空転している車輪にブレーキをかけ、駆動輪を直結に近い状態で固定、前後輪へ最大限の駆動力を伝達

4WD制御と電動パワーステアリングを協調制御し、前後輪への最適なトルク配分とハンドル操舵トルクアシストにより、コーナリング中のアンダーステア傾向やオーバーステア傾向(車両横滑り傾向)を抑制して運転操作がアシストされます。

 

ブレーキには4輪ディスクブレーキが採用され、急なカーブや下り坂でも安定した制動力を発揮することができるようになっています。

 

スズキ新型SX4Sクロスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型SX4Sクロスの燃費

  • FF車:16.2km/L
  • 4WD車:15.2km/L

スズキ新型SX4Sクロスの燃費は、6速ATを採用することで16.2km/Lと良好な数値になっています。

 

4WD車でも最新のシステムを採用することで燃費の低下が抑えられ、FF車と1km/L差と選びやすくなっています。

 

スズキ新型SX4Sクロスの安全装備は?

f:id:carislife:20190411095311j:plain

スズキ新型SX4Sクロスの安全装備は、改良によりミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」が標準装備され、安全性が高められました。

 

f:id:carislife:20190411095315j:plain

f:id:carislife:20190411095319j:plain

改良ではその他、「フロントシートSRSサイドエアバッグ」「SRSカーテンエアバッグ」「アダプティブクルーズコントロール」などが新たに標準装備され、安全システムが充実しています。

 

f:id:carislife:20190411095431j:plain

 

スズキ新型SX4Sクロスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スズキ新型SX4Sクロスの価格

  • FF:214万560円
  • 4WD:235万6560円

スズキ新型SX4Sクロスの価格は、装備の充実によりアップしました。

 

前モデルはFF車が206万2800円、4WD車が227万8800円とされていましたが、新型SX4Sクロスでは高い安全性がアピールされています。

 

スズキ新型SX4Sクロスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたスズキ新型SX4Sクロスは、2019年4月10日に日本で発売されました。

 

生産はハンガリーの子会社マジャールスズキで生産され、日本では輸入車として販売されます。

 

スズキはブランドの上位SUVモデルであるSX4Sクロスの装備を充実することで、魅力をアピールしていきたい考えです。

 

スズキ・SX4を「おさらい」

▼スズキ・SX4(初代)

Suzuki SX4 F.JPG

▼参考:フィアット・セディチ

Fiat Sedici front 20071108.jpg

スズキSX4(エスエックスフォー)は、初代が2006年に登場したクロスオーバーSUVです。

 

車名は、「S」がSPORT、「X」がクロスオーバー、「4」は4WDと4SEASONS(四季)からとされました。

 

初代はフィアットとの共同開発車として制作され、スズキ「スイフト」のプラットフォームやエンジンを使用し製造。

 

デザインはジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、「X-OVERREVOLUTION(クロスオーバーレヴォリューション)」を開発コンセプトとし、スポーティーコンパクトカーとSUVを融合させたモデルとして開発。

 

フィアットでは「セディチ」のモデル名で販売されました。

 

2007年にはセダンも発表され、それまで販売されていた「エリオセダン」の後継モデルとなりました。

 

▼スズキ・SX4Sクロス(現行世代/前期型)

Suzuki SX4 S-Cross (11138621386).jpg

2代目の現行モデルは2013年に登場し、正式発表前に公開されていたコンセプトカー「S-Cross」をモデル名に加えた「SX4 S-Cross」に変更。

 

ボディサイズは初代ユーザーからの要望に応え拡大され、車格を欧州BセグメントからCセグメントにアップ。

 

ボディタイプは4ドアセダンを新モデルの「シアズ」に引き継いだことで、ハッチバック型のSUVのみとされました。

 

4WDシステムには、それまでの「i-AWD」から進化した新開発の「ALLGRIP」が採用され、車両の挙動変化後の対応だけでなく、挙動変化を予測して車両が不安定になる前に対処するフィードフォワード制御が搭載されました。

 

エンジンには日本にも導入されるスズキ製1.6Lガソリンのほか、欧州ではフィアット製の1.6Lディーゼルターボと6速MTの組み合わせがラインナップされています。

  

新型スズキ・SX4Sクロスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。