New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【トヨタ新型GR010ハイブリッド】「新世代ハイパーカー!」最新情報、スペック、サイズ、価格、発売日は?

f:id:carislife:20210116064409j:plain

トヨタが、ハイパーカー「GR010ハイブリッド」の発売を予定しています。

 

圧倒的な性能を持つトヨタ新型GR010ハイブリッドについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】公道仕様も設定!トヨタ「新型GR010ハイブリッド」発表!

f:id:carislife:20210116064419j:plain

トヨタが、公道仕様の発売を予定するレーシングカー「GR010ハイブリッド」を発表しました。

 

トヨタGR010ハイブリッドは、2018年1月の東京オートサロンで公開されていたプロトタイプ「GRスーパースポーツ」の正規モデルとして開発。

 

f:id:carislife:20210116064426j:plain

f:id:carislife:20210116064423j:plain

車両は、これまでWEC(世界耐久選手権)に参戦していた「TS050ハイブリッド」レースカーの技術を進化。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190618/20190618084829.jpg

レースレギュレーションに対応し680馬力とされたレーシングカーのほか、1000馬力を超える公道仕様も今後発売予定であることが発表されています。

 

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドの動画

 

トヨタ新型GR010ハイブリッドの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドの特徴

  • V型6気筒ツインターボ+ハイブリッドシステムによりロードカーで1000馬力の出力を発揮
  • パワートレインをレギュレーションにあわせ変更したル・マン24時間レース参戦車両を製作
  • 世界耐久選手権参戦マシンからくる技術を採用し、世界トップレベルの空力性能を獲得

 

性能重視!新型GR010ハイブリッドの外装(エクステリア)デザインは?

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドの画像

f:id:carislife:20190618084829j:plain

f:id:carislife:20190618084831j:plain

トヨタ新型GR010ハイブリッドの外装は、世界耐久選手権レーシングカーからくる、空力性能を最重視した設計となります。

 

f:id:carislife:20190618083420j:plain

f:id:carislife:20200921060407j:plain

フロントは、車体中央がホイールアーチより低く設計され、大型のエアロパーツによりダウンフォースを獲得しながら滑らかに空気をリアに誘導。

 

f:id:carislife:20200921060414j:plain

f:id:carislife:20190618084835j:plain

f:id:carislife:20200921060410j:plain

後部はパワートレインに充分な空気を供給し、大型のウイングとディフューザーによりフロントとのエアロバランスがとられます。

  

レースカーから!トヨタ新型GR010ハイブリッドのボディサイズは?

f:id:carislife:20190618090729j:plain

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドのボディサイズ

  • 【レーシングカー】
    全長×全幅×全高:4900×2000×1150mm
    車重:1040kg
  • 【ロードカー(公道仕様)】
    全長×全幅×全高:4650×1900×1050mm
    ホイールベース:2740mm
    ホイール サイズ:18×13J(前後)
    タイヤサイズ:330/710R18(前後)

トヨタ新型GR010ハイブリッドのボディサイズは、ル・マン参戦車両と多くのパーツを共有し、近いサイズとされます。

 

公道仕様の室内空間は、乗員をレーシングカーの1名から2名に増やすことで拡大され、走りを楽しむことができるようになります。

 

ドライブ空間!新型GR010ハイブリッドの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190618090316j:plain

トヨタ新型GR010ハイブリッドの内装はプロトタイプで公開され、ドライビングを重視したつくりとなります。

 

センターには車両の情報をまとめて表示するディスプレイやスイッチが配置され、ドライバー前は走行に必要な情報のみに絞り込むことで、走行に集中できるように。

 

市販モデルではこの他、公道走行を快適にこなすことができる装備が追加されます。

 

超高出力!新型GR010ハイブリッドのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190618091220j:plain

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドのパワートレインとスペック

  • 【公道走行対応市販モデル】
    V型6気筒2.4Lツインターボ+ハイブリッド「THS-R」
    システム最高出力:1000ps
  • 【ル・マン参戦レーシングカー】
    V型6気筒2.4Lツインターボ+ハイブリッド「THS-R」
    エンジン最高出力:680ps
    モーター最高出力:272ps
  • 駆動方式:4WD

トヨタ新型GR010ハイブリッドのパワートレインは、TS050 HYBRIDレーシングカーからくる最先端の技術が搭載されます。

 

エンジンはV型6気筒2.4Lツインターボとされ、単体で680psを出力。

 

モーターは前輪に搭載し、市販モデルではエンジンとあわせ合計1000psを発揮。

 

バッテリーにはハイパワーに対応する最新のリチウムイオン電池を採用することで、走行エネルギーを効率よく充電することが可能とされ、瞬時に最大のパワーを出力。

 

4輪を駆動することで、効率よく地面に駆動力を伝達することが可能となります。

 

f:id:carislife:20190618085652j:plain

 

高額!トヨタ新型GR010ハイブリッドの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型GR010ハイブリッドの価格

  • 2億円(予想値)

トヨタ新型GR010ハイブリッドの価格は、最高峰のレーシングカーからくる技術を採用することで、高額になります。

 

トヨタ・オーストラリアは市販モデルについて「製造には1億円以上のコストがかかる」とコメントしており、他のプレミアムブランドが販売するハイパーカー同等の価格設定になることが示唆されています。

 

いつ?トヨタ新型GR010ハイブリッドの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型GR010ハイブリッドは、レーシングカーが2021年1月15日に発表されました。

 

公道対応モデルの優良顧客に向けたセールスは2019年から開始されており、初期生産分は完売となっています。

 

トヨタは最高峰のレースで戦うマシンのロードカーを販売することで、ラインナップを強化しているGRモデルのブランド力をアップしていきたい考えです。

 

新型トヨタGR010ハイブリッドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。