New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型GX最新情報】2020年型マイナーチェンジ発表!GX460、燃費やサイズ、価格、日本発売は?

f:id:carislife:20190624090531j:plain

レクサスが、SUV「GX」のマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型GXについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】レクサス新型GXにマイナーチェンジ発表!

▼レクサス新型GXの画像

f:id:carislife:20190624090738j:plain

レクサスが、「GX」の改良を発表しました。

 

レクサスGXは、ブランドのSUVの中で最上位の「LX」に次ぐモデルとしてラインナップされ、トヨタ「ランドクルーザープラド」をベースとした高い悪路走破性能とプレミアムSUVとしての高い質感が人気になっていますが、販売は現在海外のみとなっています。

 

改良された新型レクサスGXでは、最新のデザインや安全システムなどを採用することで、魅力がアップされています。

 

▼レクサスLX

【レクサス新型LX最新情報】フルモデルチェンジ!スペック、サイズ、ハイブリッド燃費、発売日や価格は?

 

レクサス新型GXの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型GXの変更点

  • 最新のエクステリア、インテリアを採用
  • インフォテインメントシステムに、ホームスクリーンのカスタマイズに対応した最新タッチディスプレイを装備
  • 「レクサス・セーフティ・システム+」を全グレードに標準装備

 

レクサス新型GXの外装(エクステリア)デザイン

▼レクサス新型GXの画像

f:id:carislife:20190624091406j:plain

f:id:carislife:20190624091409j:plain

レクサス新型GXの外装は、最新のブランドデザインにより迫力あるスタイルに仕上げられました。

 

フロントは、大型化したスピンドルグリルにより力強い印象とされ、内部のデザインもブラックの「L」をモチーフにしたメッシュパターンに変更。

 

f:id:carislife:20190624091413j:plain

ヘッドライトには、トリプルビームLEDヘッドランプが新しく採用されています。

 

この他、新型GXでは、マットブラック仕上げのフロントロワーグリルやドアミラー、エキゾーストパイプ、ガンメタル塗装19インチアルミイホイールなどが装備される「スポーツデザインパッケージ」が新設定され、よりデザインを楽しむことができるようになっています。

 

レクサス新型GXのボディサイズは?

f:id:carislife:20190624092054j:plain

▼レクサス新型GXのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4880×1885×1885mm
  • ホイールベース:2790mm
  • ※参考
    ・トヨタ ランドクルーザープラド
     全長×全幅×全高:4825×1885×1835mm
     ホイールベース:2790mm

レクサス新型GXのボディサイズは、ベースとなるトヨタ・ランドクルーザープラドから全長が55mm延長されています。

 

これにより、プレミアムブランドとして迫力あるデザインに仕上げられています。

 

レクサス新型GXの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190624092735j:plain

レクサス新型GXの内装は、最新の装備やデザインにより質感が高められました。

 

f:id:carislife:20190624092732j:plain

シートレイアウトは標準で3列シート7人乗りとなりますが、「スポーツデザインパッケージ」では2列目シートに独立キャプテンシートを採用し6人乗りに。

 

f:id:carislife:20190624092741j:plain

f:id:carislife:20190624092729j:plain

インフォテインメントシステムには最新のタッチディスプレイが採用され、ホームスクリーンは同時に3つのセクションを表示することができるカスタマイズに対応。

 

オプションのナビゲーションシステムでは、3Dマップビューが採用されています。

 

f:id:carislife:20190624092738j:plain

また、リアシートには2つのUSBポートを追加され、合計4個を使用することができるようになりました。

  

その他、新型GXでは、スマートフォンやスマートウォッチ、「グーグル・アシスタント」「アマゾン・アレクサ」対応デバイスにより使用することができる「レクサス・エンフォーム・リモート」サービスが設定され、ドアロックや解除、エンジンや空調の始動、燃料残量の確認などを遠隔操作で行うことができるようになっています。

 

レクサス新型GXのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190624093832j:plain

▼レクサス新型GXのエンジンとスペック

  • 【GX460】
    エンジン:V型8気筒4.6Lガソリン
    最高出力:305ps
    最大トルク:45.5kgm
  • トランスミッション:6速AT
  • 駆動方式:4WD

レクサス新型GXのパワートレインには、V型8気筒4.6Lの大排気量エンジンが採用されています。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザープラドのスペック

  • 直列4気筒2.8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」
    最高出力:177ps/3400rpm
    最大トルク:45.9kgm/1600-2400rpm
  • 直列4気筒2.7Lガソリン
    最高出力:163ps/5200rpm
    最大トルク:25.1kgm/3900rpm

 ベースとなるトヨタ・ランドクルーザープラドでは、2.8Lのディーゼルと2.7Lのガソリンエンジンが採用されていますが、レクサスGXではプレミアムブランドとしての高い走行性能を獲得するため大型のエンジンを搭載。

 

このエンジンは、日本では上位モデルのランドクルーザーに搭載されているものとなっており、ボディサイズより1クラス上の走りを楽しむことができるようになっています。

 

レクサス新型GXの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼レクサス新型GXの燃費

  • 4.6Lガソリン:16mpg(約6.8 km/L)

レクサス新型GXの燃費は、米国検査値で約6.8km/Lとなっています。

 

ベースモデルのトヨタ・ランドクルーザープラドは日本検査値で2.8Lディーゼルが11.8km/L、2.7Lガソリンが9.0km/Lとなっていますが、レクサス新型GXでは余裕のある走行性能が重視されています。

 

レクサス新型GXの安全装備は?

f:id:carislife:20190624094701j:plain

レクサス新型GXの安全装備には、先進システム「Lexus Safety System+」が全車標準装備されました。

 

「Lexus Safety System+」には、歩行者検知機能付きのプリコリジョンシステムや車線逸脱警報、インテリジェントハイビーム、ダイナミックレーダークルーズコントロールなどが搭載され、高い安全性が確保されています。

 

レクサス新型GXの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型GXの価格

  • 約635万円~(米国価格)

レクサス新型GXの価格は、米国で約635万円となっています。

 

ベースモデルのランドクルーザープラドはエントリーモデルが日本で353万8080円からに設定されていますが、レクサスGXでは大排気量エンジンや装備の充実により価格がアップしています。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザープラドの価格

  • 2.7Lガソリンモデル
    ・ランドクルーザー プラド TX
     5人乗り:353万8080円、7人乗り:369万2520円
    ・ランドクルーザー プラド TX“Lパッケージ”
     5人乗り:404万7840円、7人乗り:420万2280円
  • 2.8Lディーゼルモデル
    ・ランドクルーザー プラド TX
     5人乗り:415万2600円、7人乗り:430万7040円
    ・ランドクルーザー プラド TX“Lパッケージ”
     5人乗り:466万7760円、7人乗り:482万2200円
    ・ランドクルーザー プラド TZ-G
     7人乗り:536万3280円

 

レクサス新型GXの発売日、日本発売は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

2020年モデルにマイナーチェンジしたレクサス新型GXは、2019年後半に北米で発売されます。

 

日本発売は、現行モデルのレクサスGXが2009年の発売から10年のロングライフモデルとなっていることから、トヨタ・ランドクルーザープラドとの差別化を進め、次期型以降になるとみられています。

  

レクサスGXを「おさらい」

▼レクサスGX(初代) 

2003-2007 Lexus GX 470 Blizzard Pearl.jpg

レクサスGXは、初代が2002年に発売されたプレミアムSUVです。

 

車名の「GX」の由来は、「グランド4×4」からとなっています。

 

初代は、レクサスのフラッグシップSUVでトヨタ「ランドクルーザー」をベースとする「LX」と、以前トヨタ「ハリアー」をベースにしていた「RX」の中間に位置するモデルとして企画。

 

ベースモデルにはトヨタ「ランドクルーザープラド」が採用され、エンジンには上位のLXからくるV型8気筒4.7Lガソリンエンジンを搭載。

 

モデル名は「GX470」とされました。

 

▼レクサスGX(2代目/前期型)

'010 Lexus GX Starfire Pearl.jpg

2代目の現行モデルは「GX460」として2009年に登場。

 

フルモデルチェンジしていたトヨタ・ランドクルーザーをベースに専用のエクステリアやインテリアを装備。

 

エンジンには200系ランドクルーザーからくるV型8気筒4.6Lガソリンエンジンを搭載することで、トヨタ・ランドクルーザープラドやV型8気筒5.7Lに排気量が拡大されたレクサスLXと差別化。

 

2013年にはマイナーチェンジが行われ、レクサスのブランドデザインである「スピンドルグリル」が採用されていましたが、最新の改良によりグリル内のデザインが水平のラインからメッシュパターンに変更されました。

 

新型レクサスGXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。