New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型デイズEV最新情報】IMkコンセプト発表!航続距離、充電時間、サイズ、価格、発売日は?

f:id:carislife:20191002083729j:plain

日産が、電気自動車「デイズEV」の設定を予定しています。

 

軽電気自動車としてラインナップされる日産新型デイズEVについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】日産新型デイズEVプレビューモデル「IMk」発表!

▼日産IMkコンセプトの画像

f:id:carislife:20191002083739j:plain

日産が軽自動車「デイズEV」のプレビューモデルとなる、「IMkコンセプト」を発表しました。

 

日産デイズはブランドの主力軽自動車としてラインナップされ、三菱eKワゴンと共同開発された兄弟車となっています。

 

現行モデルは2019年3月にフルモデルチェンジされ、最新の安全技術などを搭載したことで人気モデルになっています。

  

発表された「IMkコンセプト」は、新世代パワートレインとして設定が予定されるデイズの完全電気自動車バージョンのプレビューモデルとなっており、軽自動車サイズのEVとすることでさらなる使い勝手が追求されています。

 

▼日産IMkコンセプトの動画

▼日産デイズ(内燃機関モデル)

【日産新型デイズ最新情報】フルモデルチェンジ発売!デイズハイウェイスター、ハイブリッド燃費、プロパイロット、価格は?

▼三菱eKワゴン

【三菱新型eKワゴン最新情報】フルモデルチェンジ!eKワゴンEVやカスタム、燃費、価格は?

▼日産デイズルークス

【日産新型デイズルークス最新情報】フルモデルチェンジ!ハイウェイスター、プロパイロット、燃費、価格は?

 

日産新型デイズEVの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型デイズEVの変更点

  • 軽自動車規格に対応した完全電気自動車として設定
  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 安全装備に、運転支援技術「プロパイロット 2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載
  • スマホ連携によりドライバーを認証し、シートポジションなどをパーソナライズされたセッティングに変更。
    ドライバーが乗り込む前にエアコンやステアリングヒーター、シートヒーターなどの作動が可能

 

日産新型デイズEVの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20191002084819j:plain

日産新型デイズEVの外装は、新世代パワートレインを搭載する電気自動車としての魅力がつくられます。

 

プレビューモデルでは、都市の洗練された景観や日本の伝統的な街並みにも自然に溶け込むよう、ボディカラーに日本古来から使われている金属「アカガネ」を設定。

 

デザインアクセントに「水引」模様の流れるスリットパターンを採用。

 

f:id:carislife:20191002084822j:plain

市販モデルでもデザインエレメントを絞り込むことで、洗練された印象に仕上げられます。

 

日産新型デイズEVをベースモデルと比較!

▼日産デイズの画像

f:id:carislife:20190314191118j:plain

▼日産デイズハイウェイスターの画像

f:id:carislife:20190314191101j:plain

日産新型デイズEVをベースとなる内燃機関モデルと比較すると、カスタムモデルのデイズハイウェイスターをベースとしながら、専用にアレンジされたデザインとされています。

 

グリルは大型化することで上級感を演出しながら、EVパワートレインを採用することで不要になる冷却用の開口部は閉じられ、スマートな仕上げとなっています。

   

日産新型デイズEVのボディサイズは?

f:id:carislife:20191002084826j:plain

▼日産新型デイズEVのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1640mm
  • ホイールベース:2495mm
  • ※参考
    ・IMkコンセプト(プレビューモデル)
     全長×全幅×全高:3434×1512×1644mm

日産新型デイズEVのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまで使用した全長、全幅とすることで、ベースモデルと同サイズとなります。

  

プレビューモデルのIMkコンセプトでは、軽自動車規格より全長が短く、全幅は大きくされていましたが、市販型では適正化されます。

 

デイズと共有するプラットフォームは、ホイールベースを前世代の2430mmから2495mmに延長することで、後席やラゲッジスペースを拡大。

 

車体設計を基礎から見直すことでボディ剛性をアップし、大容量バッテリーを搭載するデイズEVでも軽快さが感じられる設計となっています。

 

日産新型デイズEVの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191002090518j:plain

▼参考:日産デイズの画像

f:id:carislife:20190314191416j:plain

f:id:carislife:20190328104151j:plain

日産新型デイズEVの内装は、ブランド共通のモダンさをもった仕上げを維持しながら、質感をアップすることで上級を意識した作りとなります。

 

フロントシートには、「ティアナ」「スカイライン」にも使用され、デイズで軽自動車初採用された「ゼログラビティシート(スパイナルサポート機能付きシート)」を装備。

 

中折れ(スパイナルサポート)形状の背もたれパッドを採用することで上体をより広い範囲で支持し、従来シートに比べて座り疲れを30%減少させることが可能となります。

 

f:id:carislife:20191002090521j:plain

f:id:carislife:20191002090516j:plain

その他、新型デイズEVではインストルメントパネルから物理スイッチを除去し、外装と同じく洗練されたデザインに。

 

スマホと連携してドライバーを認証することで、シートポジションなどをドライバー個人にパーソナライズされたセッティングに変更するほか、ドライバーが乗り込む前にエアコンやステアリングヒーター、シートヒーターなどを作動させることが可能となります。

 

その他、ドライバーのスケジュール管理ソフトとも連携することで、渋滞など最新の交通状況を考慮してクルマがスケジュールに間に合う出発時間をスマホに通知することで、時間を無駄にしないシームレスな移動が実現されます。

 

f:id:carislife:20190328101751j:plain

室内空間は新世代プラットフォームにより拡大され、バッテリーをフロア下部に配置することでガソリン車と同じ広さを確保。

 

f:id:carislife:20190328101754j:plain

デイズで使い勝手を重視し開口部や高さが設定されていたラゲッジも使うことができるようになります。

 

日産新型デイズEVのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20191002091549j:plain

▼日産新型デイズEVのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 出力:64ps/16.3kgm
  • 駆動方式:FF

日産新型デイズEVのパワートレインには、軽自動車規格に対応する電動システムが採用されます。

 

電気モーターは、最高出力が軽自動車の自主規制にあわせ64psとされますが、最大トルクは1.6Lエンジンなみとなる16.3kgmを発揮。

 

アクセルを踏んだ瞬間に最大トルクを発揮することが可能な電気モーターの特性により、運動性能が高められます。

 

また、アクセルのON/OFFにより発進から停止まで可能な「1ペダルドライブ」を採用し、運転のしやすさがアップされます。

 

日産新型デイズEVの航続距離、充電時間は?

f:id:carislife:20181005090423j:plain

▼日産新型デイズEVの航続距離、充電時間

  • 航続距離:220km
  • 充電時間
    急速充電:80%まで30分
    普通充電:満充電まで7時間

日産新型デイズEVの航続距離は、約220kmが見込まれています。

 

これにより日常のほか、カーシェアリングでの使用に対応。

 

充電時間も急速充電器により30分ほどに抑えることで、実用性が高められます。

 

日産新型デイズEVの安全装備は?

f:id:carislife:20191002092703j:plain

日産新型デイズEVの安全装備には、「スカイライン」に採用されていた最新の運転支援技術「プロパイロット 2.0」を進化したシステムが採用されます。

 

デイズの内燃機関モデルには高速道路での自律運転が可能な「プロパイロット1.0」が採用されていましたが、「プロパイロット2.0」では手放しでの運転に対応。

 

「プロパイロット2.0」を進化させた次世代システムでは、高速道路での運転支援から主要幹線道路に利用範囲を拡大。

 

スマートフォンを使ってクルマを自動的に駐車することができる「プロパイロット リモートパーキング」や、クルマから降りると無人状態のクルマが自ら空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマホで呼び出すことができる「ドライバーレスバレーパーキング」機能を搭載。

 

カーシェアでの使い勝手がアップされます。

  

日産新型デイズEVの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型デイズEVの価格

  • 約280万円~

日産新型デイズEVの価格は、大容量のバッテリーを搭載することで約280万円ほどが見込まれています。

 

この価格はデイズの上位モデル「デイズハイウェイスター」の約180万円より高価になりますが、主力電気自動車「リーフ」のスタート価格である約330万円より抑えられ、軽自動車規格にも対応するサイズにより使いやすいモデルとなります。

 

日産新型デイズEVの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型デイズEVは、プレビューモデルとなる「IMkコンセプト」が2019年10月の東京モーターショーに出展され、市販バージョンの発売日は2020年後半が予定されています。

 

日産はちからを入れる電気自動車のラインナップに軽自動車を設定することで、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

日産デイズを「おさらい」

▼参考:三菱eKワゴン 

f:id:carislife:20180529114448j:plain

日産デイズ(DAYZ)は、初代となる前モデルが2013年に登場した軽自動車です。

 

開発は日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが担当し、三菱3代目eKシリーズと共同開発されました。

 

車名の由来は、「毎日(=DAYS)を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」という意味から、表記が"S"を反転させた"Z"になっています。

 

2016年4月に三菱自動車の燃費改ざん問題から日産デイズも一時販売中止となりましたが、排ガス値や保安基準などの基準を満たしていたことから型式指定の取り消しは行われず、2016年7月に販売が再開されました。

 

デザインは従来の軽自動車にとらわれない躍動感溢れるものとされ、モダンな室内空間なども特徴とされています。

 

多くの軽自動車に用意される「カスタム」モデルは、日産の他モデルと同じく「ハイウェイスター」としてラインナップされています。

 

新型日産デイズEVについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。