車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型エクリプスクロス最新情報】2019年6月13日ディーゼル新設定!BLACK Edition、スペックや燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20181214092512j:plain

三菱が、クーペSUV「エクリプスクロス」の新モデルを発表しました。

 

スポーツスタイルと三菱が自信を持つSUV技術を組み合わせた新型エクリプスクロスのスペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型エクリプスクロスにディーゼル日本発売!

f:id:carislife:20180301142703j:plain

三菱が、SUV「エクリプスクロス」のディーゼルモデル日本発売を発表しました。

 

エクリプスクロスは2018年3月に発売されたばかりの新モデルで、人気になっているクーペフォルムに、三菱が得意とするSUVの走破性能を持たせたSUVです。

 

アクティブなデザイン、強化されたコネクティビティ機能、四輪制御技術などが評判になり、発売前の予約受注は2月末時点で月販目標台数の5倍となる約5000台になったことが発表され、2018年12月には早期改良により商品力がアップされていました。

 

新設定されたディーゼルモデルは、エクリプスクロスのワールドプレミア時に予告されていたモデルとなり、SUVのタフな走行性能を楽しむことができる上位パワートレインとなっています。

 

▼三菱エクリプスクロスの動画

▼三菱RVR

【三菱新型RVR最新情報】フルモデルチェンジ!e-Power 4WDやサイズ、発売日、価格は?

▼三菱ランサーエボリューション

【三菱新型ランエボ11最新情報】復活フルモデルチェンジ!スペック、ハイブリッド燃費、価格、発売日は?

 

三菱新型エクリプスクロスの【変更点・特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型エクリプスクロスの変更点

  • 2.2Lディーゼル&8速ATモデルを新設定

▽2018年12月改良での変更点

  • 2WD車にブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステム「AYC」を採用し、ハンドリングの軽快感や回頭性、旋回時のライントレース性を向上
  • エントリーグレード「M」以外で、フロントドアウィンドウに遮音性の高いガラスを採用し、風切り音を低減して走行時の静粛性を向上。
    また、全席のパワーウィンドウに挟まれ防止機能(オート開閉時)を設定するとともに、スイッチに照明を追加。
    運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用。
    インテリアに、従来、本革シートとのセットオプションだった運転席・助手席シートヒーターを標準装備。
    16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更することで、質感を向上
  • ルーフレールのレス仕様をメーカーオプション設定
  • 特別仕様車「エクリプスクロスBLACK Edition」を設定。
    外装にブラックの専用パーツを採用することで、デザイン性を向上

▽三菱新型エクリプスクロスの特徴

  • ブランドデザインを採用した、スポーティなクーペSUVデザインを採用
  • 1.5Lダウンサイジングターボエンジンにより、高い走行性能を実現
  • インテリアに、タッチパッドコントローラーやスマートフォン連携ディスプレイオーディオなど最新装備を採用
  • 高い走破性能を発揮する4WDシステム「S-AWC」を搭載

 

三菱新型エクリプスクロスの外装(エクステリア)デザイン

▼三菱エクリプスクロス

f:id:carislife:20171031154354j:plain

三菱エクリプスクロスの外装には、力強いパフォーマンスと人とクルマを守る安心感を表現した「ダイナミックシールド」フロントデザインが採用されています。

 

エクリプスクロスではデザインコンセプトを更に進化させ、薄くてシャープなLEDヘッドライトとデイタイムランニングランプをフロントフェイス上部に配置し、ターンランプとフォグランプを下部に配置することで、より精悍なイメージが表現されました。

 

f:id:carislife:20171031154343j:plain

サイドは、ベルトラインや彫刻的なキャラクターラインによるウェッジシェイプ(前傾姿勢)、前傾したリヤウインドウ、テールゲートを直線的に落とし込みオーバーハングを切り詰めたリヤエンドを採用。

 

アスリートをイメージしたとする大きく張り出した筋肉質な前後フェンダーにより、シャープでダイナミックなクーペSUVとされています。

 

f:id:carislife:20171031154339j:plain

リアは、高い位置に配したワイドなランプと前傾したリヤウインドウを上下に二分することによって、立体的で個性的なリヤスタイルに。

 

また、チューブ式LEDテールランプと中央のハイマウントストップランプが一直線に発光することで、幅広さと安定感が表現されています。

 

f:id:carislife:20171031154251j:plain

ルーフには、爽快なドライブを楽しむことができるパノラミックルーフも設定されています。

 

改良ではエントリーグレード以外で、16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更することで質感を向上。

 

そのほか、ルーフレールのレス仕様が選択できるようになっています。

 

f:id:carislife:20180301143224j:plain

▼三菱エクリプスクロスの外装デザイン動画

 

特別仕様車!三菱新型エクリプスクロス・ブラックエディション設定!

▼三菱新型エクリプスクロス・ブラックエディションの画像

f:id:carislife:20181214092029j:plain

三菱新型エクリプスクロスには、特別仕様車として「BLACK Edition」が設定されました。

 

f:id:carislife:20181214092419j:plain

f:id:carislife:20181214092422j:plain

f:id:carislife:20181214092425j:plain

新型エクリプスクロスブラックエディションは、上級グレード「G Plus Package」をベースに、電動格納式リモコンドアミラー、前後スキッドプレートをブラックマイカに変更。

 

加えて、ブラックマイカ加飾付サイドドアガーニッシュ、ピアノブラックのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールが採用されています。

 

ボディカラーには「レッドダイヤモンド」「ホワイトパール」「ライトニングブルーマイカ」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の計5色が設定され、好みにあわせて選択できるようになっています。

 

三菱新型エクリプスクロスのボディカラーは?(全8色)

f:id:carislife:20180301144159j:plain

▼三菱新型エクリプスクロスのボディカラー

  • レッドダイヤモンド
  • レッドメタリック
  • ブロンズメタリック
  • ライトニングブルーマイカ
  • チタニウムグレーメタリック
  • スターリングシルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ホワイトパール

三菱新型エクリプスクロスのボディーカラーには8色が設定され、レッドダイヤモンドとホワイトパールはオプションカラーとなっています。

 

三菱新型エクリプスクロスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180207082627j:plain

▼三菱新型エクリプスクロスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm
  • ホイールベース:2670mm
  • トレッド 前 / 後:1545 / 1545mm
  • 車重
    ガソリン車:1460kg(4WD車:1530kg)
    ディーゼル車:1660kg
  • 最低地上高:175mm
  • 参考
    ・アウトランダー
     全長×全幅×全高:4695×1810×1710mm
     ホイールベース:2670mm
    ・RVR
     全長×全幅×全高:4365×1770×1630mm
     ホイールベース:2670mm

三菱新型エクリプスクロスのボディサイズは、 アウトランダーとRVRの中間に設定されています。

 

上位モデルとなるアウトランダーと比較すると、290mm全長を短縮し25mm全高も下げながら、ほぼ同じボディ幅とすることでワイド&ロースタイルに。

 

RVRからは、全長40mmを延長し、全幅を35mm拡大することで上位モデルの室内空間をつくっています。

 

三菱新型エクリプスクロスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180301141952j:plain

f:id:carislife:20180301141955j:plain

新型エクリプスクロスの内装は、ブラックとシルバーのモノトーンで仕上げられています。

 

f:id:carislife:20180301142719j:plain

f:id:carislife:20180301141948j:plain

f:id:carislife:20171031154309j:plain

インストルメントパネルは水平基調とし立体的なシルバー加飾を施すことで、スポーティでありながら上質な室内空間に。

 

改良ではエントリーグレード以外で、フロントドアウィンドウに遮音性の高いガラスを採用し、風切り音を低減して走行時の静粛性を向上。

 

また、全席のパワーウィンドウに挟まれ防止機能(オート開閉時)を設定しスイッチに照明を追加するとともに、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用。

 

従来、本革シートとのセットオプションだった運転席・助手席シートヒーターが標準装備されました。

 

f:id:carislife:20171031154325j:plain

f:id:carislife:20171031154329j:plain

f:id:carislife:20171031154333j:plain

f:id:carislife:20171031154336j:plain

インフォテイメントには、薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)、タッチパッドコントローラー、ヘッドアップディスプレイを搭載することで、運転席の先進感が高められました。

 

f:id:carislife:20171031154315j:plain
リアシートは6:4分割にロングスライド&多段階リクライニング機構を採用することで、後席乗員の広いレッグスペースを確保し、スタイリッシュなクーペSUVフォルムを損なうことなく居住空間と荷室の実用性を両立。

 

後端を落とし込んだルーフラインでありながら、後席の頭上空間にも充分なスペースがとられています。

 

▼三菱新型エクリプスクロスの内装デザイン動画

 

三菱新型エクリプスクロスのエンジンとスペックは?

▼三菱製2.2Lディーゼルエンジンの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180205/20180205101510.jpg

▼新型エクリプスクロスのエンジンとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒1.5Lガソリンターボエンジン
    最高出力:150ps/5500rpm
    最大トルク:24.5kgm/2000-3500rpm
    トランスミッション:8速スポーツモード付きCVT
  • 【ディーゼル】
    直列4気筒2.2Lディーゼルターボ
    最高出力:145ps/3500rpm
    最大トルク:38.7kgm/2000rpm
    トランスミッション:8速AT
  • 駆動:FF or 電子制御4WD「S-AWC」(ディーゼルは4WDのみ)

新型エクリプスクロスには、これまで搭載されていた1.5Lガソリンターボに加え、2.2Lディーゼルターボエンジンが新設定されました。

 

2.2Lディーゼルターボは、エクリプスクロスのワールドプレミア時に設定が予告されていたエンジンとなっており、8速の多段化ATを組み合わせることで高い走行性能と環境性能を両立。

 

このパワートレインは、ビッグマイナーチェンジが発表された新型デリカD:5にも搭載されており、三菱のオフロードモデルの主力エンジンとなっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180301/20180301142855.jpg

ガソリンモデルには、新世代の1.5Lダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジンが搭載されています。

 

1.5Lターボエンジンは、小排気量ながら運転状態により筒内噴射と吸気ポート噴射をきめ細かく制御することで、2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ中低速トルクと優れた燃費性能を両立。

 

排気マニフォールド一体型シリンダーヘッド、吸排気 MIVEC、電動ウエストゲートアクチュエーター付小型ターボチャージャーにより、アクセルに対してのレスポンスも向上されています。

 

あわせるCVTトランスミッションは、ステップアップシフト制御を採用することで、CVT特有の回転が先行するような吹け上がり感を低減し、ダイレクトで力強い加速感が実現されました。

 

▼三菱デリカD:5

【三菱新型デリカD:5最新情報】2019年2月発売予約開始!URBAN GEAR、ディーゼル/8ATやサイズ、価格、燃費は?

 

新型エクリプスクロスの走行システムは?

f:id:carislife:20180301142410j:plain

三菱エクリプスクロスはミドルクラスSUVながら4WDに、三菱がこだわりを持つ高性能4WDシステム「S-AWC」が搭載されています。

 

S-AWCは、アクセル開度や車速、車両の走行条件などから、後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子制御4WDシステムです。

 

これにクルマの曲がるちからを制御するAYCブレーキ制御を追加し、車両運動統合制御システムに。

 

走行モードは「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」の3つが設定され、センターコンソールに配置したドライブモードセレクターで選択ができるようになっています。

 

改良では、2WD車にもブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステム「AYC」を採用。

 

ハンドリングの軽快感や回頭性、旋回時のライントレース性が向上しています。

 

f:id:carislife:20180301142706j:plain

f:id:carislife:20180301142709j:plain

新型エクリプスクロスでは走行システムのほか、ボディのフロント部を3点式のストラットタワーバーで補強し、リヤ周りに重点的に構造用接着剤の塗布することによって高剛性化したボディを採用。

 

細部まで最適化を図ったサスペンションなどによって、意のままの操縦性と安定性を持つモデルに仕上げられています。

 

三菱新型エクリプスクロスの走りを試乗動画でチェック!

三菱新型エクリプスクロスは、注目度の高さから多数の試乗動画が公開されています。

 

軽快さや走破性能が評判になっています。

 

 

三菱新型エクリプスクロスPHEVも設定検討!

f:id:carislife:20171031154240j:plain

三菱自動車の益子修CEOはエクリプスクロスの発表会にて、「PHEVモデルの設定検討を開始した。」とコメントしました。

 

新型エクリプスクロスは、2015年に発表されたプラグインハイブリッドSUVのコンセプト「XR-PHEV II」をベースに製作されたことで、アウトランダーに続くPHEVモデルの設定が期待されていました。

 

▼三菱XR-PHEV IIコンセプト

三菱自動車 次期RVR XR-PHEV II Concept 公開

 

しかし、発売前に開発責任者である山内裕司氏は「開発リソースに限界があり設定を見送った」とコメントし、エクリプスクロスPHEVの早期投入の計画がないことを明かしていました。

 

一時は見送られた新型エクリプスクロスPHEVですが、益子修CEOのコメントにより投入に大きな期待がかかることになります。

 

三菱新型エクリプスクロスの燃費は?

f:id:carislife:20171024161400j:plain

▼三菱新型エクリプスクロスの燃費

  • 1.5Lガソリンターボ
    JC08モード値:FF 15.0km/L、4WD 14.0km/L
  • 2.2Lディーゼルターボ
    ・JC08モード値:4WD 15.2km/L
    ・WLTCモード値:4WD 14.2km/L
      市街地:11.0km/L
      郊外:14.0km/L
      高速道路:16.4km/L

新型エクリプスクロスの燃費は、ガソリンFFで15.0km/Lとされ、4WDは1km/Lの差となっています。

 

新設定されたディーゼルモデルは、大トルクを低回転から発生し8速ATで効率よく駆動することで、JC08モード値で15.2km/L、より実燃費に近い新燃費規格のWLTCモード値でも14.2km/Lと低下が抑えられています。

 

三菱新型エクリプスクロスの安全装備は?

f:id:carislife:20171031154244j:plain

新型エクリプスクロスの安全装備には、ブランドの先進安全システムが採用されています。

 

システムは、360度を確認できるカメラや後方から接近する車両検知機能も装備し、安全性が高められています。

 

▼三菱新型エクリプスクロスの安全装備

  • 車線逸脱警報
  • フロントパーキングセンサー
  • リアパーキングセンサー
  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • 360度カメラ
  • ブラインドスポット警報
  • リヤクロストラフィックアラート
  • レーンチェンジアシスト
  • アダプティブクルーズコントロール

 

三菱新型エクリプスクロスの価格とグレードは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170228/20170228181040.jpg

▼新型エクリプスクロスの価格

▽1.5Lガソリン

  • M
    FF:2,539,080円、4WD:2,755,080円
  • G
    FF:2,718,360円、4WD:2,934,360円
  • G Plus Package
    FF:2,891,160円、4WD:3,107,160円
  • BLACK Edition
    FF:2,912,760円、4WD:3,128,760円
    ※オーディオ非装着車 FF:2,815,560円、4WD:3,031,560円

▽2.2Lディーゼル【新設定】

  • M:4WD 3,061,800円
  • G:4WD 3,230,280円
  • Gプラスパッケージ:4WD 3,403,080円
  • ブラックエディション:4WD 3,424,680円
    ※オーディオ非装着車:4WD 3,327,480円

三菱新型エクリプスクロスの価格は、253万円からに設定されています。

 

新設定された2.2Lディーゼルモデルは、排気量もアップした上位グレードとしてガソリン車から30万円ほどのアップになっています。

 

三菱新型エクリプスクロスの発売日は?

f:id:carislife:20171031154247j:plain

新設定された新型エクリプスクロスのディーゼルモデルは、2019年6月13日に発売されました。

 

エクリプスクロスは2018年12月13日に早期改良が行われ商品力をアップしており、ディーゼル車も新設定することでさらにユーザーを拡大していきたい考えです。

 

三菱新型エクリプスクロスのライバル、競合車種は?

▼トヨタC-HR 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170802/20170802144535.jpg

新型エクリプスクロスの最大のライバルになるのは、SUVトップの販売台数になっているトヨタのコンパクトSUV「C-HR」です。

 

エクリプスクロスはC-HRより一回り大きいサイズになりますが、クーペSUVということで意識した販売になると思われます。

 

その他、マツダCX-5やホンダヴェゼルなども販売されている人気のクラス帯のため、セールスもちからが入ったものになります。

  

三菱新型エクリプスクロスの車名の由来は?

▼三菱エクリプス

f:id:carislife:20171101092012j:plain

三菱新型エクリプスクロスは、クーペSUVであることから1989年から米国で販売して好評を博したスペシャリティクーペに採用した「エクリプス」という名前と、クロスオーバーの略である「クロス」を組み合わせてつけられました。

 

「エクリプス」は天文現象の「日食」を意味し、新型エクリプスクロスでは電動パノラマサンルーフにより開放感あるドライブを楽しむことができるようになっています。

   

新型エクリプスクロスについては、最新情報が入り次第更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。