New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型LS】2020年11月19日「最新安全装備!」マイチェン日本発売!最新情報、LS500/LS500h、燃費、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20200707133839j:plain

レクサスが、最上級セダン「LS」のマイナーチェンジモデル発売を予定しています。

 

フラッグシップセダンとしての魅力をアップしたレクサス新型LSについて、最新情報からスペックや価格、発売日などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】最新技術搭載!レクサス「新型LS」マイナーチェンジ発売!

▼レクサス新型LSの画像

f:id:carislife:20200707133845j:plain

レクサスが、ブランドの最上位セダン「LS」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

レクサスLSは、2017年に日本でも発売されたレクサスのセダンで、フラッグシップクーペとして設定された「LC」と同格のモデルとして販売されています。

 

f:id:carislife:20200707141946j:plain

改良を受けるレクサス新型LSでは、内外装に新しいデザインを採用したほか、最新安全システム「Lexus Teammate」を採用することで、安全機能を大幅に向上。

 

その他、レクサスブランドならではの静粛性と乗り心地の進化を追求し、パワートレインや足回りなどのチューニングが行われています。

 

マイナーチェンジしたレクサス新型LSの販売スケジュールは、先行受注を2020年9月に開始し、日本発売日は2020年11月19日が予定されています。

 

▼レクサスLC

【レクサス新型LC】マイナーチェンジ!最新情報、LCコンバーチブル/LC500/LC500hの燃費、価格は?

 

レクサス新型LSの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型LSの変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • 安全システムに、最新システム「Lexus Teammate」を搭載
  • ヘッドライトに、ブレードスキャン式「AHS」を採用
  • 12.3インチタッチ操作対応インフォテインメントシステムを新採用。
    「SmartDeviceLink」「Apple Car Play」「Andoroid Auto」に対応することで、スマートフォンとの連携を強化
  • AVSソレノイドを新規開発し減衰力を低減、ランフラットタイヤの縦バネ剛性とスタビライザーバーの剛性を最適化
  • エンジンマウント内のオリフィスを変更することで減衰特性の変更を行い、室内に伝わる振動を低減
  • シート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するとともに、ウレタンパッドに低反発素材を新たに採用することで、快適性を向上
  • ハイブリッド車「LS500h」で、加速時のバッテリーアシスト量を増加したほか、発進加速時のエンジン最高回転数を低下させ、静粛性を向上
  • ガソリン車「LS500」で、エンジントルクの立ち上がりを向上、シフトスケジュールを変更することで加速時のシフトダウン頻度を低減
  • ハイブリッド車、ガソリン車ともに「Active Noise Control(ANC)」「Engine Sound Enhancement(ESE)」のチューニングを変更し静粛性を向上
  • デジタルインナーミラーに高解像度でより大きなディスプレイを採用し、後方の視認性を向上
  • エントリーグレードを廃止

▽2019年10月改良時の変更点

  • FR車のショックアブソーバーにAWD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用
  • ランフラットタイヤの補強層構造を最適化(除く“F SPORT”)、AVSやリヤサスペンションマウントのチューニングにより乗り心地を向上
  • ハイブリッド「LS500h」で、加速時のバッテリーによるアシスト量を増加させるとともに、アクセル特性を変更することで、駆動力と静粛性を向上
  • 「EXECUTIVE」グレードで、後左席の足元空間や前方視界を広げたエンターテインモード(リヤシートエンターテインメントシステム装着車)や、操作性を高めたリヤマルチオペレーションパネル( “EXECUTIVE”、“version L”に標準設定)などにより後席の快適性を向上
  • 燃料電池車「LS-FC」の設定を予定

 

エントリーグレード廃止!レクサス新型LSの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型LSの価格

▽LS500(ガソリン)

  • LS500 “EXECUTIVE”
    2WD(FR):1540万円、AWD:1580万円
  • LS500 “version L”
    2WD(FR):1345万円、AWD:1385万円
  • LS500 “F SPORT”
    2WD(FR):1235万円、AWD:1245万円
  • LS500 “I package”
    2WD(FR):1075万円、AWD:1115万円

▽LS500h(ハイブリッド)

  • LS500h “EXECUTIVE”
    2WD(FR):1690万円、AWD:1730万円
  • LS500h “version L”
    2WD(FR):1495万円、AWD:1535万円
  • LS500h “F SPORT”
    2WD(FR):1350万円、AWD:1395万円
  • LS500h “I package”
    2WD(FR):1220万円、AWD:1260万円

レクサス新型LSの価格は、これまでエントリーグレードとして設定されていた「LS500」「LS500h」が廃止されることでアップしています。

 

前モデルはガソリン車の「LS500」が999万6000円からとされていましたが、新型LSでは「I package」がエントリーグレードとなり、1000万円を超える設定となっています。

 

▼参考:レクサスLSの価格(前モデル)

▽LS500(ガソリン)

  • LS500 “EXECUTIVE”
    2WD(FR):15,283,000円、AWD:15,691,000円
  • LS500 “version L”
    2WD(FR):13,450,000円、AWD:13,857,000円
  • LS500 “F SPORT”
    2WD(FR):12,228,000円、AWD:12,330,000円
  • LS500 “I package”
    2WD(FR):10,619,000円、AWD:11,026,000円
  • LS500
    2WD(FR):9,996,000円、AWD:10,404,000円

▽LS500h(ハイブリッド)

  • LS500h “EXECUTIVE”
    2WD(FR):16,709,000円、AWD:17,117,000円
  • LS500h “version L”
    2WD(FR):14,876,000円、AWD:15,283,000円
  • LS500h “F SPORT”
    2WD(FR):13,348,000円、AWD:13,756,000円
  • LS500h “I package”
    2WD(FR):12,024,000円、AWD:12,432,000円
  • LS500h
    2WD(FR):11,422,000円、AWD:11,830,000円

  

より上質!レクサス新型LSの外装(エクステリア)デザインは?

▼レクサス新型LSの画像

f:id:carislife:20200707133839j:plain

新型レクサスLSの外装は、新しいデザインを採用することにより、ブランドの最上級モデルとしての先進性と高い質感が感じられるデザインとされます。

 

ボディカラーには、ハイライトの美しい輝きと奥行きを感じる深い陰影感を特徴とする新規開発したシルバー「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。

 

▼レクサス新型LSの画像

f:id:carislife:20200707133845j:plain

▼参考:レクサスLS(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170110/20170110112357.jpg

フロントデザインは、バンパーコーナー部に縦基調のキャラクターラインを配置することでスタンスの良さを表現。

 

また、フロントバンパー下端のメッキモールがサイドまで回り込む造形とすることで、伸びやかな印象に仕上げ。

 

スピンドルグリルのメッシュカラーをダークメタリックに変更し、よりフォーマルなシーンにも配慮した上品さがつくられています。

 

f:id:carislife:20200707140427j:plain

f:id:carislife:20200707135727j:plain

ヘッドライトは、新デザインとなった小型3眼ランプユニットとL字を際立たせたクリアランスランプの下に、「ブレードスキャンAHS」を搭載。

 

▼ブレードスキャン式AHS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190530/20190530115806.jpg

「ブレードスキャン式AHS」は、光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射。

 

ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らし、ブレードミラーの回転に同期させてLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することが可能に。

 

これにより、従来のAHSよりハイビームの照射範囲を広げ、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することができるようになっています。 

 

f:id:carislife:20200707140431j:plain

f:id:carislife:20200707133842j:plain

f:id:carislife:20200707140115j:plain

リアでは、コンビネーションランプ内のメッキモールをピアノブラックに変更。

 

厚みを感じるランプ形状とし、ヘッドランプとの調和とともに存在感をアップしています。

 

▼レクサス新型LS「F SPORT」の画像

f:id:carislife:20200707135553j:plain

f:id:carislife:20200707135556j:plain

スポーティモデルの“F SPORT”では、サブラジエーターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込ませることで、ワイドなスタンスを強調。

f:id:carislife:20200707135638j:plain

その他にも専用色のスピンドルグリル、20インチホイールなどのアイテムを採用し、高い走行性能が感じられるデザインとなっています。

 

新装備!レクサス新型LSの内装(インテリア)デザインは?

f:id:carislife:20200707140648j:plain

レクサス新型LSの内装は、新しいデザインや装備を採用することにより質感がアップされています。

 

f:id:carislife:20200707140716j:plain

f:id:carislife:20200707141044j:plain

オーナメントには「西陣&箔」を「EXECUTIVE」グレードにオプション設定し、西陣織の銀糸やプラチナ箔の輝きにより、月明りに照らされた波の揺らぎによる「月の道」が表現されています。

 

その他、新型LSでは、シート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するとともに、ウレタンパッドに低反発素材を新採用することで、振動吸収と柔らかな座り心地により、快適性が向上しています。

 

f:id:carislife:20200707141031j:plain

f:id:carislife:20200707141037j:plain

f:id:carislife:20200707141040j:plain

f:id:carislife:20200707141216j:plain

マルチメディアシステムは、新たに12.3インチタッチディスプレイを採用し、「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応することでスマートフォンとの連携を強化。

 

f:id:carislife:20200707141034j:plain

ハンドルとセンターコンソールはスイッチ類を黒で統一し、視認性を向上させるとともに端正な印象を付与。

 

また使用頻度の高いシートヒーター、ステアリングヒーターの操作画面を表示させるスイッチをセンターコンソールに追加することで、操作性がアップされています。

 

▼レクサス新型LSのインテリアカラー

f:id:carislife:20200707140648j:plain

f:id:carislife:20200707140656j:plain

f:id:carislife:20200707140706j:plain

f:id:carislife:20200707140650j:plain

f:id:carislife:20200707140659j:plain

f:id:carislife:20200707140709j:plain

f:id:carislife:20200707140654j:plain

f:id:carislife:20200707140702j:plain

f:id:carislife:20200707140713j:plain

 

走行&静粛性能UP!レクサス新型LSのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170110/20170110112351.jpg

▼レクサス新型LSのパワートレインとスペック

  • 【LS500】
    エンジン:V型6気筒 3.5L ツインターボ
    最高出力:422ps/5200-6000rpm
    最大トルク:61.2kgm/1600-4800rpm
    トランスミッション:10速AT
  • 【LS500h】
    V型6気筒 3.5L + 新設計軽量モーター×2「マルチステージハイブリッド」
    システム最高出力:359ps
    エンジン出力:299ps/6600rpm、36.3kgm/5100rpm
    モーター出力:180ps
    トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FR or 4WD

レクサス新型LSのパワートレインには、ガソリン仕様の「LS500」、ハイブリッドの「LS500h」が設定されています。

  

f:id:carislife:20200707141802j:plain

改良では、ハイブリッド車「LS500h」で、使用頻度の多い走行領域における加速時のバッテリーアシスト量を増加させることで、より余裕のある加速を実現。

 

加えて発進加速時のエンジン最高回転数を低下させ、静粛性も向上。

 

f:id:carislife:20200707141813j:plain

ガソリン車の「LS500」では、使用頻度の多い走行領域でのエンジントルクの立ち上がりを向上させ、車両の加速レスポンスを向上。

 

また、シフトスケジュールを変更し、各ギヤ段で加速できる領域を拡げることで加速時のシフトダウン頻度が低減されています。

 

その他、新型LSでは、ハイブリッド車、ガソリン車ともに「Active Noise Control(ANC)」「Engine Sound Enhancement(ESE)」のチューニングを変更し静粛性を向上。

 

f:id:carislife:20200707141835j:plain

AVSソレノイドを新規開発し減衰力を低減するとともに、ランフラットタイヤの縦バネ剛性とスタビライザーバーの剛性を最適化。

 

またエンジンマウント内のオリフィスを変更することで減衰特性の変更を行い、室内に伝わる振動が低減されています。

 

「Lexus Teammate」採用!レクサス新型LSの安全性能は?

f:id:carislife:20200707141939j:plain

レクサス新型LSには、新開発された安全システム「Lexus Teammate」が採用されています。

 

Lexus Teammateは、「Perceptive(高い認識性能)」、「Intelligent(知能化)」、「Interactive(ドライバーとクルマの対話)」、「Reliable(信頼性)」、「Upgradable(ソフトウェアアップデート)」の5つを特徴とし開発。

  

f:id:carislife:20200707141948j:plain

f:id:carislife:20200707141951j:plain

「Advanced Park」では、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジを全て車両が自動制御し、直感的なスイッチ操作での高度駐車支援が行われ、安全はもちろんのこと、人に安心感を与える駐車感覚がつくられています。

 

その他、Lexus Teammateではソフトウェアアップデートを活用し、機能の追加、性能向上を続けることが可能となっています。

 

良好!レクサス新型LSの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサス新型LSの燃費

  • LS500(3.5Lガソリン):10.2km/L
  • LS500h(3.5Lハイブリッド):16.4km/L

レクサス新型LSの燃費は、フラッグシップセダンとしての快適性を追求しながら、3.5Lハイブリッドモデルで16.4km/Lの低燃費となります。

 

ガソリン車でも燃費の低下が抑えられ、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

燃料電池車!レクサス新型LS-FC設定へ!

▼レクサス新型LS-FCのスクープ画像

f:id:carislife:20190801073118j:plain

レクサス新型LSには、燃料電池車となるLS-FCの設定が予定されています。

 

f:id:carislife:20190801073735j:plain

新型LS-FCは、トヨタ「ミライ」に搭載されたシステムを進化させた最新の燃料電池パワートレインを搭載。

 

f:id:carislife:20190801072153j:plain

外装もベースモデルとは差別化され、新しいグリルやライトデザインが採用されます。

 

レクサス新型LSのボディサイズは?

f:id:carislife:20200707143635j:plain

▼レクサス新型LSのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:5235×1900×1450mm
    ホイールベース:3125mm
  • 参考
    ・レクサスLC
     全長×全幅×全高:4770×1920×1345mm
     ホイールベース:2870mm

レクサス新型LSのボディサイズは、最上級クーペのLCから全長が大きく延長され、高い快適性が追求されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170110/20170110112404.jpg

プラットフォームには最新世代の「GA-Lプラットフォーム」を採用することで、高いねじり剛性を実現するとともに、室内空間が最大限拡大されています。

  

いつ?レクサス新型LSの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするレクサス新型LSの発売日は、現行モデル登場から3年となる2020年11月19日が予定されています。

  

レクサスは最上級セダンの質感をアップすることで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

レクサスLSを「おさらい」

▼レクサスLS(初代)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c3/Lexus_LS_400_UCF10_I.jpg

レクサスLSは、初代が1989年に登場したレクサスのフラッグシップセダンです。

 

モデル名は、「Luxury Sedan(ラグジュアリーセダン)」が由来になっています。

 

米国でレクサスが高級車ブランドとして立ち上げられた1989年から、ミドルクラスのレクサスESとともに販売が継続されています。

  

初代から3代目までは日本でトヨタ・セルシオのモデル名で販売されていましたが、2006年発売の4代目からはレクサスが日本展開を始めたため、レクサスLSの名前で販売。

 

現行モデルは5代目となり2017年から販売を開始。980万円からスタートする価格設定ながら、発売1か月で月販目標台数の15倍以上となる約9500台の受注を国内で獲得。

 

前モデルからスマートになったデザインや、新世代技術などが人気になっています。

 

レクサス新型LSについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。