New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型A7スポーツバック】高出力!「S7」2020年9月15日日本発売!最新情報、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20200825150650j:plain

アウディが、「A7スポーツバック」の新モデルを発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップした新型A7スポーツバックのデザインや価格、パワートレインなどをご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】ハイスペック!アウディ「新型S7」日本発売!

▼アウディ新型S7の画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190822/20190822065409.jpg

アウディが、上級5ドアハッチバック「A7スポーツバック」に新設定するハイスペックモデル「S7スポーツバック」の日本発売を発表しました。

 

アウディA7は、ブランドの上級5ドアサルーンとしてラインナップされ、現行モデルは2018年9月にフルモデルチェンジした新世代モデルが日本で発売されていました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190822/20190822065411.jpg

新設定された新型S7スポーツバックは、専用のエアロや、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ450ps/61.2kgmを出力するV型6気筒2.9Lエンジンを搭載し、8速AT、4WDシステム「クワトロ」を採用。

 

足回りには、Sモデル専用設定のアダプティブエアサスペンションを装備し、オプションのリアスポーツディファレンシャルと組み合わせることで、よりダイナミックな走行性能を楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20200825150948j:plain

インテリアは、バルコナレザーを用いたSロゴ付スポーツシートやマット仕上げアルミニウム製デコラティブパネルなどにより、スポーティさが演出されています。

  

新型S7は2020年9月15日に日本で発売。価格は1374万円となっています。

 

▼アウディA8

【アウディ新型A8】571馬力!「S8」日本発売!最新情報、サイズ、価格は?

▼アウディA6

【アウディ新型A6】ハイスペック!「S6」日本発売!最新情報、スペック、価格は?

 

アウディ新型A7スポーツバックの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アウディ新型A7スポーツバックの変更点

  • ハイスペックモデル「S7スポーツバック」を設定

▽2020年4月の変更点

  • 2Lディーゼルマイルドハイブリッドを搭載する「40TDIクワトロ」を追加設定

▽2020年1月の変更点

  • 2Lマイルドハイブリッドシステムを搭載する「45TFSIクワトロ」を追加設定

▽2018年9月フルモデルチェンジ時の変更点

  • 新世代のブランドデザインとしたエクステリア、インテリアを採用
  • パワートレーンに最新の48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載
  • 5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーからなる先進安全システムを装備

 

流麗!新型A7スポーツバックの外装(エクステリア)デザイン

▼新型A7スポーツバック

f:id:carislife:20171020141442j:plain

f:id:carislife:20171020141337j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの外装には、アウディの最新デザインランゲージが採用されています。

 

A7スポーツバックのフロントマスクは、フラッグシップサルーンの「A8」からくる、六角形の大型シングルフレームグリルを採用。

 

f:id:carislife:20171020141257j:plain

f:id:carislife:20171020141323j:plain

テールランプは車幅いっぱいに拡大され、全体が発光。

 

リアエンドはリップ状に突き出した形状とされ、収納されたスポイラーが120km/h以上で走行する際に自動的に伸び、リアのダウンフォースを高めることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20171020141347j:plain

A7スポーツバックの特徴となるリアスタイルは、これまで以上に滑らかなラインとなり、アウディが4ドアクーペとするスタイルが進化しています。

  

アウディ新型A7スポーツバックを前モデルと比較!

▼前型A7スポーツバック

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150407/20150407210655.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150407/20150407210654.jpg

新型A7スポーツバックの外装を前モデルと比較すると、フロント部分が丸みをもったスポーティな形状となっています。

 

プレスラインも強調されていることで、筋肉質なデザインに変化しています。

 

最上位!アウディ新型RS7スポーツバックも設定!

▼アウディ新型RS7スポーツバックの画像

f:id:carislife:20190910073912j:plain

アウディA7には、最上位スポーツモデルとなる「RS7スポーツバック」が発表されています。

 

f:id:carislife:20190910074111j:plain

アウディ新型RS7スポーツバックは、A7シリーズの最上位スポーツモデルとして設定され、4ドアクーペのスタイルとハイパフォーマンスが両立されたモデルとなっています。

 

外装には、アグレッシブなフロントバンパー 、21インチ大径ホイール、専用サイドスカート、大容量エキゾーストなどを採用。

 

車幅はA7スポーツバックから40mm広く、22インチホイールもオプション設定されています。

 

f:id:carislife:20190910074114j:plain

f:id:carislife:20190910074117j:plain

内装には、RS専用アルミ製シフトパドルを採用するレザースポーツステアリングを装備。

 

シートは、レザーとアルカンターラによって仕立てられたスポーツシートとなっています。

 

パワートレインには、V型8気筒4Lツインターボに48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わせられ、高い走行性能を獲得しています。

 

▼アウディ新型RS7スポーツバックの動画

 

最新装備!アウディ新型A7スポーツバックの内装(インテリア)デザイン

▼新型A7スポーツバック

f:id:carislife:20180905170336j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの内装は、水平のラインによりダッシュボードとドアパネルが上下に分割され、インテリアの明るさをあげながら高い質感が確保されています。

 

f:id:carislife:20180905170338j:plain

f:id:carislife:20180905170340j:plain

室内空間は、前モデルから室内長を21mm伸ばし後席ニ―ルームを拡大。

 

シートは、前席にマルチアジャストとベンチレーション、マッサージ機構が搭載されています。

 

荷室容量は通常時で535L、後席を倒すことで1390Lもの容量が確保されています。

 

f:id:carislife:20180905170334j:plain

f:id:carislife:20171020161420j:plain

メーターには、12.3インチのディスプレイを使用したデジタル式のアウディバーチャルコックピットを装備。

 

インフォテインメントシステムは、上部の10.1インチタッチスクリーンをメインとし、下部にエアコンなどを操作する8.6インチのタッチスクリーンを配置。

 

機能には「Audi connect」が採用され、音声による目的地のオンライン検索、ニュースや天気情報、最寄りのガソリンスタンドや駐車場検索、地図のオンライン更新(3年間無料)を提供。

 

Audi connectの機能は新しい「myAudiアプリ」に集約され、アプリを介してスマートフォンと新型A7スポーツバックをネットワーク接続し、ナビゲーションに目的地情報を送ったり、スマホの予定表を転送したりできるようになっています。

  

縮小!アウディ新型A7スポーツバックのボディサイズは?

f:id:carislife:20171020141350j:plain

▼アウディ新型A7スポーツバックのボディサイズと比較

  • 新型A7スポーツバック
    全長×全幅×全高:4970×1910×1415mm
    ホイールベース:2925mm
  • 前モデル
    全長×全幅×全高:4990×1910×1430mm
    ホイールベース:2915mm

新型A7スポーツバックでは、全長が前型から-20mm、全高が-15mmとなり、サイズが縮小されています。

 

しかし、室内空間は前モデルから拡大され、より快適に質感の高い走りを楽しむことができるようになっています。

 

最新!アウディ新型A7スポーツバックのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20171020141421j:plain

▼新型A7スポーツバックのパワートレインとスペック

  • 【40 TDI】【日本導入】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド
    出力:204ps/40.8kgm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ「Sトロニック」
  • 【45 TFSI】【日本導入】
    直列4気筒2Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド
    出力:245ps/37.7kgm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ「Sトロニック」
  • 【55 TFSI】【日本導入】
    V型6気筒3Lガソリンターボ「TFSI」+「MHEV」
    出力:340ps/51.0kgm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ「Sトロニック」
  • 【S7スポーツバック】【日本導入】
    V型6気筒2.9Lツインターボ+「MHEV」
    出力:450ps/61.2kgm
    トランスミッション:8速AT「ティプトロニック」
  • 【RS7スポーツバック】
    V型8気筒4Lガソリンターボ+「MHEV」
    出力:599ps/81.6kgm
  • 駆動:4WD「Quattro」

アウディ新型A7スポーツバックのパワートレインには、マイルドハイブリッドパワートレインを採用する2Lガソリンとディーゼル、3Lのガソリンエンジンがラインナップされています。

 

2Lモデルは、12Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ搭載。

 

ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトに接続され、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現。

 

また、最大5秒間、8.2ps/6.1kgmの力でエンジンをアシストすることができ、100km走行あたり最大0.3Lの燃費削減が可能となっています。

 

3Lガソリンモデルではマイルドハイブリッドシステム「MHEV(マイルドハイブリッドエレクトリックビークル)」を採用し、48V電源システムとベルト駆動式オルターネータースターターにより、エンジンを休止させ無負荷で走ること(コースティング)が可能になり、エンジン再始動もスムーズに。

 

MHEVを採用しない場合と比較し、実際の走行で100km走行あたり0.7L燃料消費を低減できるとされています。

 

f:id:carislife:20200122141226j:plain

足回りには、ステアリングの切り角が大きくなるにつれてステアリングレシオが変化する「プログレッシブステアリング」を全モデルに設定し、ステアリングレシオを速度に応じて9.5:1~16.5:1まで可変制御。

 

サスペンションは通常仕様のほか、車高を10mm下げたスポーツサスペンションが設定され、さらに減衰力を調整できるダンピングコントロールサスペンションと「ダイナミックオールホイールステアリング(AWS)」がセットオプションとして設定されています。

 

「AWS」は、60km/h以下で走行している際に後輪が前輪と反対の方向に操舵され、市街地を走行している場合などにクルマの取り回しを改善。

 

60km/h以上で走行している場合には、後輪は前輪と同じ方向に操舵され、直進性や車線変更時の操縦安定性を向上させるシステムになっています。

 

最上位となる「RS7スポーツバック」はV型8気筒エンジンを維持しながら、マイルドハイブリッドシステムを採用。

 

出力は599ps/81.6kgmを発揮し、0-100km/h加速タイムは3.6秒まで短縮されています。

 

PHEV!アウディ「新型A7スポーツバックe」も!

f:id:carislife:20190226210103j:plain

f:id:carislife:20190226210107j:plain

▼アウディ新型A7 スポーツバック eのスペック

  • 【55 TFSI e】
    直列4気筒2Lガソリンターボ+電気モーター
    出力:354ps/51.0kgm
  • 航続距離:40km以上
  • トランスミッション:8速AT

アウディ新型A7は、プラグインハイブリッドモデルとなる「A7スポーツバックe」が発表されています。

 

「A7 TFSI e」は、A6、Q5、A8と同時にプラグインハイブリッドシリーズ「TFSI e」のモデルとして公開。

 

いずれも電気のみで40km以上の走行が可能となっています。


パワートレインの出力は「55TFSI e」で354ps/51.0kgmとされ、外観にはよりスポーティなスタイリングと専用サスペンションが採用されます。

 

パワートレイン技術の一部は電気自動車SUVとして発表された「eトロン」からからくるものとなっており、高効率の運動エネルギー回収が可能になっています。

 

▼アウディE-Tron

【アウディ新型E-Tron最新情報】電気自動車SUV発表!スポーツバックや充電時間、航続距離、価格、発売日は?

 

アウディ新型A7スポーツバックの走りを試乗動画でチェック!

アウディ新型A7スポーツバックは試乗動画が公開されています。

 

新世代となり上がった、高い走行性能と使い勝手が評判になっています。

 

 

アウディ新型A7スポーツバックの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼アウディ新型A7スポーツバックの燃費

  • 2Lディーゼルターボ:16.1km/L
  • 2Lガソリンターボ:11.4km/L
  • 3Lガソリンターボ:12.3km/L
  • S7(2.9Lガソリンターボ):9.5km/L

アウディ新型A7スポーツバックの燃費は、最新マイルドハイブリッドシステムを搭載したパワートレインにより2Lディーゼルモデルで16.1km/Lとされています。

 

前モデルで12.6km/Lだった3Lターボエンジンでは、最大トルクを6kgmアップしながら燃費の低下は最小限に抑えられています。

 

最新システム!アウディ新型A7スポーツバックの安全装備は?

f:id:carislife:20171020161746j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの安全装備には、5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーと、最大で合計23個のセンサーを使用した最新システムが採用されています。

 

新機能として、見通しのわるい交差点での「フロントクロストラフィックアシスト」や、万が一の車両の側面からの衝突にも備える「プレセンス360」、従来採用されていたアダプティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンアシスト(ALA)、トラフィックジャムアシストの3つの機能を統合した「アダプティブドライブアシスト(ADA)」が利用できるようになっています。

 

また、145度の視野と高解像度を持つレーザースキャナーの搭載により、多くのドライバーアシスタンスシステムで制御システムが改善され、より自然でスムーズな加減速やステアリングアシストが実現されています。

  

812万円から!アウディ新型A7スポーツバックの価格は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼アウディ新型A7スポーツバックの価格

  • Audi A7 Sportback 40 TDI quattro:8,120,000円
  • Audi A7 Sportback 45 TFSI quattro:8,190,000円
  • Audi A7 Sportback 55 TFSI quattro Luxury:10,830,000円
  • Audi A7 Sportback 55 TFSI quattro S line:10,900,000円
  • Audi S7 Sportback:13,740,000円

アウディ新型A7スポーツバックの価格は、2020年4月に2Lディーゼルターボモデルが新設定されたことでスタート価格がダウンしています。

 

それまで設定されていた2Lガソリンモデルは819万円からとなっていましたが、新型A7は812万円から選択することができるようになっています。

 

アウディ新型A7スポーツバックの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたアウディ新型A7は日本で2018年9月に発売、追加設定されたハイスペックモデル「S7」は2020年9月15日に発売されます。

 

最上位のRS7スポーツバックは2021年に日本で発売されるとみられ、A7シリーズのラインナップを強化する予定です。

 

アウディA7を「おさらい」

▼アウディA7スポーツバック(初代)

Audi A7 Sportback 3.0 TDI quattro S-line – Frontansicht, 15. Mai 2011, Wuppertal.jpg

 アウディA7(エーセブン)は、初代となる前モデルが2010年に登場した高級乗用車です。

 

アウディのフラッグシップ「A8」に次ぐモデルとされ、基礎を共有しセダンとワゴンを用意する「A6」に対し、ボディタイプには5ドアハッチバックが採用されています。

 

アウディは5ドアハッチバックボディを「4ドアクーペ」と表現しており、後部デザインはアウディのグループ企業であるランボルギーニの「ミウラ」を意識したとされています。

 

パワートレインには日本にも導入された3Lスーパーチャージャー、2Lターボのほか、海外では3Lディーゼルターボも設定されました。

 

駆動方式は日本で4WDのみとされましたが、無段変速機(CVT)を組み合わせたFF仕様も製造されていました。

 

新型アウディA7については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。