New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【トヨタ新型ヤリス】2021年5月10日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20191016153302j:plain

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」の改良日本発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするトヨタ新型ヤリスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】機能進化!トヨタ新型「ヤリス」改良日本発売!

f:id:carislife:20191016153251j:plain

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」の改良発売を予定しています。

 

トヨタ・ヤリスは、前世代まで「ヴィッツ」のモデル名で販売され、現行モデルは2020年2月にフルモデルチェンジし新世代となっていました。

 

f:id:carislife:20210306062022j:plain

早期の改良となる新型ヤリスでは、これまで30km/h未満になると自動で解除されていた「レーダークルーズコントロール」の機能を改良し、0km/hまで対応範囲を広げることで、高速道路の渋滞時などでの快適性をアップ。

 

▼プラスサポート用スマートキー

f:id:carislife:20210306061352j:plain

f:id:carislife:20210306061355j:plain

加えて、専用キーでドアロックを解錠するだけで、障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを抑制する「プラスサポート用スマートキー」に対応することで、安全性が高められます。

 

新型ヤリスの発売日は、2021年5月10日が予定されています。

 

▼ヤリスクロス

【新型ヤリスクロス】マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼新型GRヤリス

【新型GRヤリス】最高峰!最新情報、馬力、価格、発売日は?

  

トヨタ新型ヤリスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ヤリスの変更点

  • 「レーダークルーズコントロール」の対応範囲を0km/hまで拡大
  • 「プラスサポート用スマートキー」をオプション設定

▽2020年2月フルモデルチェンジ時の変更点

  • ガソリンエンジンに新開発直列3気筒1L/1.5L「ダイナミックフォースエンジン」を設定し、6速MTをラインナップ
  • ヤリスハイブリッドに1.5Lハイブリッドシステムを搭載し、4WD車を新設定
  • トヨタ初となる高度駐車支援システム「Advanced Park」、交差点右折時の対向直進車、右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」を標準装備
  • 楽に乗り降りできるトヨタ初となる「ターンチルトシート」、スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」(全車標準装備)、外部給電機能(ハイブリッド車にオプション設定)などを採用

 

維持!トヨタ新型ヤリスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型ヤリスの価格・グレード

  • 【1Lガソリン】全グレードCVT&FF
    X“B Package” :1,395,000円
    X:1,455,000円
    G:1,613,000円
  • 【1.5Lガソリン】
    X:1,543,000円
    G:1,701,000円
    Z:1,871,000円
    ※6速MT/FFの価格、CVTは5万円高、CVT&4WDは24万円高
  • 【1.5Lハイブリッド】
    HYBRID X:1,998,000円
    HYBRID G:2,130,000円
    HYBRID Z:2,295,000円
    ※E-Four(電気式4WD)は25万円高

トヨタ新型ヤリスの価格は、大幅な変更はなく維持されます。

 

ヤリスは、グローバルモデルとして低コスト化が徹底され、充実した装備と選びやすい価格設定が両立されています。

 

弾丸のように!トヨタ新型ヤリスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型ヤリスの画像

f:id:carislife:20191016153431j:plain

トヨタ新型ヤリスの外装は、新世代のデザインによりスポーティな印象に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191220062112j:plain

f:id:carislife:20191220062114j:plain

f:id:carislife:20191220062116j:plain

ライトには、3灯式フルLEDヘッドライトとLEDターンランプ、LEDクリアランスランプが「HYBRID Z」と「Z」に標準装備され、「HYBRID G」と「G」にオプション設定。

 

3灯式フルLEDヘッドライトには「おむかえ照明機能」も採用されています。

 

f:id:carislife:20191016161103j:plain

デザインコンセプト「B-Dash!」は、大胆(BOLD)に、活発(BRISK)に、そして美しく(BEAUTY)鋭い加速で”弾丸のようにダッシュ!”するイメージとされ、あふれんばかりの「力」を凝縮した、いまにも走り出しそうなスタイルに。

 

アンダーフロアカバーも採用することで、Cd値(空気抵抗係数)は0.30まで低減。

 

f:id:carislife:20191016153435j:plain

前後フェンダーは膨らみをもったデザインとなっており、走りを重視した安定感あるスタンスになっています。

     

18通り!トヨタ新型ヤリスのボディカラーは?

f:id:carislife:20191220060409j:plain

▼モノトーンボディカラー

  • コーラルクリスタルシャイン(3万3000円高)
  • アイスピンクメタリック(3万3000円高)
  • サーモテクトライムグリーン(4万4000円高)
  • シアンメタリック
  • ダークブルーマイカメタリック
  • アバンギャルドブロンズメタリック
  • センシュアルレッドマイカ
  • ボルドーマイカメタリック
  • ブラック
  • シルバーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(3万3000円高)
  • スーパーホワイトII

f:id:carislife:20191220060411j:plain

▼2トーンボディカラー(ルーフ×ボディ)

  • ホワイト×ブラック(5万5000円高)

  •  

    ホワイト×センシュアルレッドマイカ(7万7000円高)
  • ブラック×シアンメタリック(5万5000円高)
  • ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック(5万5000円高)
  • ブラック×コーラルクリスタルシャイン(7万7000円高)
  • ブラック×アイスピンクメタリック(7万7000円高)

トヨタ新型ヤリスのボディカラーには、日本文化の独創性と遊び心を表現する「J-FASCINATING(ジェイ・ファッシネーティング)」をキーワードに新開発した「コーラルクリスタルシャイン」「アイスピンクメタリック」の2色が採用されています。

 

モノトーンカラー全12色のほか、ブラックルーフ4種類、ホワイトルーフ2種類の2トーンカラー計6種類も設定されています。

 

軽く!トヨタ新型ヤリスのボディサイズ、プラットフォームは?

f:id:carislife:20191016153716j:plain

▼トヨタ新型ヤリスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3940×1695×1500mm
    ※4WD車の全高は1515mm
  • ホイールベース:2550mm
  • 車重:940kg~1090kg
  • タイヤサイズ:185/55R16(14~16インチを設定)
  • 最小回転半径:4.8m
  • 参考
    ・トヨタ ヴィッツ(前モデル)
     全長×全幅×全高:3945×1695×1500mm
     ホイールベース:2510mm
     車重:970kg

トヨタ新型ヤリスのボディサイズは前モデルと同じく、日本で5ナンバー、欧州でBセグメントに分類されるコンパクトカーとして設計されています。

 

f:id:carislife:20191016163755j:plain

▼トヨタ新型ヤリス用TNGA「GA-B」プラットフォーム

f:id:carislife:20190907074011j:plain

プラットフォームには新世代「トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー」の「GA-B」プラットフォームを採用することで従来型に比べ車両重量を50kg軽量化、ねじり剛性を30%以上強化、重心高を15mmダウン。

 

車両前方から衝突した時の衝撃を分散して受け取るトヨタコンパクト初の「フロントサイドメンバ×メンバリヤ結合」などの新しい構造も導入されています。

 

乗り降りラクラク!トヨタ新型ヤリスの内装(インテリア)デザイン

▼トヨタ新型ヤリスの画像

f:id:carislife:20191016153827j:plain

トヨタ新型ヤリスの内装は、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191220062620j:plain

インパネ断面は薄くワイドな印象とされたほか、ステアリングホイールを365mmに小径化することで、室内をより広くとともに快適な視界を確保。シートを35mmダウンし50mmリア寄りに配置することでスポーティーな印象に。  

f:id:carislife:20191220062643j:plain

トヨタ初となるフードレス双眼デジタルTFTメーターや、ソフトインストルメントパネルを採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースが拡充されています。

 

また、全車標準装備されたディスプレイオーディオの上方配置と「カラーヘッドアップディスプレイ」(HYBRID ZとZにオプション設定4万4000円高)の採用により、ドライバーの目線移動を低減。

 

運転に集中できるレイアウトにこだわり、運転疲労が低減されています。

 

その他、「HYBRID Z」と「Z」グレードの運転席にはトヨタ初となる「イージーリターンシート」を採用。

 

「イージーリターンシート」は、シートの前後ポジションを一定にキープしつつ、専用レバーでロックを解除することにより、シートを最後端までスライド。

 

電動パワーシートの一部で採用されている「メモリー機能」をロック機構の工夫で再現することで乗降性を高めることができるようになっています。

 

乗車後は同じくレバーを引き上げながらシートを前方にスライドさせると、あらかじめ設定していたシートポジションで止まる仕組みになっています。

 

「HYBRID Z」と「Z」以外のグレードには「ターンチルトシート」がオプション設定され、運転席および助手席のシートが回転&チルトし、楽にクルマに乗り降りすることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20191220063701j:plain
f:id:carislife:20191220063704j:plain
f:id:carislife:20191220063706j:plain
f:id:carislife:20191220063709j:plain
f:id:carislife:20191220063711j:plain
f:id:carislife:20191220063714j:plain

加えて、車内には豊富な収納スペースも用意することで使い勝手を向上。
 

f:id:carislife:20191016153835j:plain

室内空間は、ヤリスハイブリッドで駆動用バッテリーをリヤシート下部に置くことで、ガソリン車と同等の居住空間、荷室の広さを確保。

 

f:id:carislife:20191220063947j:plain

f:id:carislife:20191220063853j:plain

ラゲッジスペースは、フロアを2段として使い勝手をアップする「アジャスタブルデッキボード」を「HYBRID Z」と「Z」に標準装備し、その他2WD車にオプション設定。

 

f:id:carislife:20191220063855j:plain

ラゲッジスペース右側面にAC100V 1500Wのコンセントを追加する「アクセサリー コンセント」もハイブリッドモデルにオプション設定(4万4000円高)されています。

 

▼「Z」グレードのインテリア

f:id:carislife:20191220071130j:plain

▼「G」グレードのインテリア

f:id:carislife:20191220071133j:plain

▼「X」グレードのインテリア

f:id:carislife:20191220071135j:plain

インテリアカラーは、「Z」グレードにクレアトープ、「G」グレードにトープ、「X」グレードにブラックを採用。

 

車体は新プラットフォームに最適化することで、 全高をダウンしながらも前モデル以上の広さが確保され、ボディ剛性を高めることで車内に侵入するノイズも大幅に低減されています。

   

新世代!トヨタ新型ヤリスのパワートレインとスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20191016153251j:plain

▼トヨタ新型ヤリスのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1Lガソリン
    出力:69ps/9.4kgm
  • 直列3気筒1.5Lガソリン「ダイナミックフォースエンジン」
    出力:120ps/14.8kgm
  • 【ヤリスハイブリッド】
    直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」+電気モーターハイブリッド
    出力:エンジン 91ps、フロントモーター 80ps
     E-Four(4WD車)搭載リアモーター 5ps
  • 駆動方式:FF or 4WD(ハイブリッドに新設定)
  • トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」or 6速MT(1.5Lガソリン)

トヨタ新型ヤリスのパワートレインには、新世代の直列3気筒ガソリンエンジンが搭載されています。

 

▼参考:トヨタ・ヴィッツのスペック(前モデル)

  • 直列3気筒1Lガソリン
    出力:69ps/9.4kgm
    駆動方式:FF
  • 直列4気筒1.3Lガソリン
    出力:FF 99ps/12.1kgm、4WD 95ps/12.1kgm
  • 直列4気筒1.5L+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:74ps/11.3kgm
    モーター出力:61ps/17.2kgm

前モデルとなるヴィッツでは、1.3Lガソリンエンジンから直列4気筒とされていましたが、1気筒あたり450ccとされる理想的な排気量より小さいことから気筒数が削減され、新型ヤリスではより高い出力と環境性能を実現。

 

▼直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」

f:id:carislife:20191016164010j:plain

新世代モデルが販売されている「カムリ」から導入された「ダイナミックフォースエンジン」の排気量を縮小、直列3気筒1.5Lエンジンではロングストロークやバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立。

 

直列3気筒1.0Lエンジンは、高タンブル流や高EGR(排気再循環)率、フリクション低減などの改良により、軽快な走りと低燃費が両立されています。

 

▼新世代1.5Lハイブリッドシステム

f:id:carislife:20191016155700j:plain

また、新世代1.5Lハイブリッドシステムでは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターの採用により、ハイブリッドシステム出力を15%アップし、燃費も20%以上向上。

 

外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)がオプション設定され、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるように。

 

トヨタのコンパクトカー初となる、リアにモーターを搭載するハイブリッド4WD「E-Four」も設定されています。

   

▼トヨタ「Direct Shift-CVT」の技術解説動画

トランスミッションは、1.5Lガソリン車で最新の「Direct Shift-CVT」が搭載され、従来のベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

1.0Lエンジン用に新開発されたCVTは、従来型より小型軽量化し、燃費性能が向上しています。

 

f:id:carislife:20191016160053j:plain

新型ヤリスの足回りは、フロントでマクファーソンストラット式を採用し、軽快で滑らかな動きを追求。


リヤは、FF車で操縦安定性と乗り心地を両立するトーションビーム式を、4WDとE-Fourには2リンクダブルウィッシュボーン式が採用されています。

  

トヨタ新型ヤリスを試乗動画でチェック!

トヨタ新型ヤリスは、試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった質感や走行性能が高評価を受けています。

 

 

30%改善!トヨタ新型ヤリスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型ヤリスの燃費

  • 1Lガソリン:20.2km/L
  • 1.5Lガソリン
    6速MT&FF:19.6km/L
    CVT&FF:21.6km/L
    CVT&4WD:19.2km/L
  • 1.5ハイブリッド
    FF:36.0km/L
    4WD:30.2km/L
    ※全車WLTCモード値

トヨタ新型ヤリスの燃費は、基礎から設計を見直すことで燃費が改善しています。

 

1.5Lハイブリッドシステムは前モデルでJC08モード値34.4km/Lとなっていましたが、新型ヤリスハイブリッドでは20%の燃費改善が可能となった新世代パワートレインにより、実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値でも前モデルから1km/L以上アップ。

 

ガソリンエンジンは全モデル高効率な直列3気筒に集約されることから、前モデルのJC08モード値からダウン幅が小さく、実燃費では向上しています。

 

▼参考:トヨタ・ヴィッツの燃費(前モデル)

※JC08モード値

  • ヤリスハイブリッド:34.4km/L
  • 1Lガソリン:24.0km/L
  • 1.3Lガソリン:25.0km/L

 

機能充実!トヨタ新型ヤリスの安全装備は?

f:id:carislife:20191016161436j:plain

新型ヤリスの安全装備には、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

 

「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用。トヨタで初めて右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。

 

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能をトヨタ初採用。

 

自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。

 

f:id:carislife:20191016161438j:plain

トヨタ初となる高度駐車支援システム「Advanced Park」がハイブリッドモデルにオプション設定(7万7000円~9万3500円高)され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。

 

カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする世界初の「メモリ機能」が採用されています。

 

その他新型ヤリスでは、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」、レーダークルーズコントロール使用時に同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト[LTA]」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム[AHB]」、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト[RSA]」を採用。

 

f:id:carislife:20210306062022j:plain

改良では、レーダークルーズコントロールの対応範囲をこれまでの30km/h以上から、0km/hまで拡大することで快適性をアップ。

 

▼プラスサポート用スマートキー

f:id:carislife:20210306061352j:plain

f:id:carislife:20210306061355j:plain

加えて、専用キーでドアロックを解錠するだけで、障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを抑制する「プラスサポート用スマートキー」に対応することで、安全性が高められます。

 

いつ?トヨタ新型ヤリスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されるトヨタ新型ヤリスは、2021年5月10日の発売が予定されています。

 

トヨタは人気モデルのヤリスに早期の改良を実施することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

トヨタ・ヤリスを「おさらい」

▼トヨタ・ヤリス(初代)

2003-2005 Toyota Echo (NCP10R) 3-door hatchback (2010-12-28).jpg

▼トヨタ・ヤリス(2代目)

2005-2008 Toyota Yaris (NCP91R) YRS 5-door hatchback 02.jpg

トヨタ・ヤリス(Yaris)は、国内で販売される「ヴィッツ」の海外仕様として初代が1999年に登場したコンパクトカーです。

 

「ヤリス」の車名の由来は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語になっています。

 

日本名「ヴィッツ」の由来は英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語になっていました。

  

初代は、登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。

 

前モデルは3代目として日本で2010年、海外で2011年にフルモデルチェンジ。

 

欧州では2012年にヤリスハイブリッドが新設定されていましたが、日本では「アクア」が人気になっていたことから2017年に導入されました。

 

モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも「ヤリスWRC」にて参戦。

 

トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。

 

新型トヨタ・ヤリスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。