New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型AMG GT4ドアクーペ】「走り&機能UP!」2022年1月20日改良日本発売!最新情報、スペック、価格は?

f:id:carislife:20220121061540j:plain

メルセデスAMGが、スポーツサルーン「AMG GT4ドアクーペ」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型AMG GT4ドアクーペについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】魅力向上!「新型AMG GT4ドアクーペ」改良日本発売!

▼新型AMG GT4ドアクーペの画像

f:id:carislife:20220121061736j:plain

メルセデスAMGが、スポーツサルーン「AMG GT4ドアクーペ」の改良日本発売を発表しました。

 

AMG GT4ドアクーペは、スポーツクーペ「AMG GT」の4ドアバージョンとして2019年2月に日本で発売され、高い走行性能と使い勝手が人気になっています。

 

f:id:carislife:20210616070505j:plain

改良されたAMG GT4ドアクーペでは、「GT 53」に改良された「AMG RIDE CONTROL+エアサスペンション」を標準装備(GT 43にオプション設定)。

 

従来のマルチチャンバーを備えたAMG RIDE CONTROL+エアサスペンションに、新たにダンパーの外側に2つの圧力制御バルブを追加。最小減衰力と最大減衰力の特性差を広げ、快適性とスポーティな走りが両立されています。

 

f:id:carislife:20210616070500j:plain

f:id:carislife:20220121061739j:plain

その他、新型AMG GT4ドアクーペでは、全モデルに手のジェスチャーでさまざまな操作を可能にした「MBUXインテリア・アシスタント」や、最新世代の「AMGパフォーマンスステアリングホイール」を標準装備。

 

f:id:carislife:20220121061741j:plain

ボディカラーには新色「スペクトラルブルー」「スペクトラルブルーマグノ」が追加されています。

  

新型AMG GT 4ドアクーペは、2022年1月20日に日本での受注を開始し、納車は2月ごろを予定。

 

価格はメルセデスAMG GT 43 4MATIC+が1310万円、メルセデスAMG GT 53 4MATIC+が1786万円となっています。

  

▼新型AMG GT4ドアクーペの動画

▼メルセデスAMG SL

【メルセデス新型AMG SL】「新世代技術搭載!」フルモデルチェンジ!最新情報、サイズ、価格は?

  

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの変更点

  • 最新の「AMG Ride Control +」サスペンションを採用
  • 「MBUXインテリア・アシスタント」、最新世代の「AMGパフォーマンスステアリングホイール」を標準装備
  • ボディカラーに新色「スペクトラルブルー」「スペクトラルブルーマグノ」を追加

▽2020年7月の変更点

  • 対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備
  • 「GT 43」と「GT 53」に「パノラミックルーフ」「ブランドプロジェクターライト」をオプション設定
  • 「GT 63 S」に「ブランドプロジェクターライト」を標準装備し、「カーボン ファイバールーフ」をオプション設定
  • ボディカラーに新色「ハイテックシルバー」を設定

  

堂々!新型AMG GT 4ドアクーペの外装(エクステリア)デザイン

▼Mercedes-AMG GT4ドアクーペの画像

f:id:carislife:20180307110315j:plain

f:id:carislife:20180307110339j:plain

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの外装は、2ドアクーペバージョンからくる迫力ある表情に仕上げられています。

  

しかし、上級サルーンとしてのラグジュアリー性を持つ4ドアクーペとするため、ボディパネルはすべて専用設計となっています。

 

f:id:carislife:20180307110350j:plain

f:id:carislife:20180307110347j:plain

ボディラインは低くワイドなものになっており、エンジンフードをフロントのホイールハウスに近づけた「これまでの4ドアメルセデス車で最もアグレッシブなデザイン」に。

 

▼Mercedes-AMG GT63Sの画像

f:id:carislife:20180307110344j:plain

f:id:carislife:20180307110342j:plain

f:id:carislife:20180307110318j:plain

f:id:carislife:20180307110320j:plain

f:id:carislife:20180307110324j:plain

f:id:carislife:20180307110327j:plain

上位モデルとなるAMG GT63には、専用のカーボンパーツや固定式リアスポイラーも採用され、ハイパフォーマンスを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180307110330j:plain

f:id:carislife:20180307110333j:plain

    

最新装備!新型AMG GT 4ドアクーペの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210616071239j:plain

f:id:carislife:20180307112737j:plain

f:id:carislife:20180307112743j:plain

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの内装は、AMG独自のデザインがサルーンモデルに最適化されています。

 

▼新型AMG GT 4ドアクーペ

f:id:carislife:20210616070500j:plain

▼参考:AMG GT 4ドアクーペ(前モデル)

f:id:carislife:20180307112740j:plain

改良では、ツインスポークデザインとされた新しいAMGパフォーマンスステアリングホイールを装備。

 

手のジェスチャーでさまざまな操作を可能にした「MBUXインテリア・アシスタント」も採用されています。

 

f:id:carislife:20180307112734j:plain

新型AMG GT 4ドアクーペではディスプレイに、デジタルメーターとインフォテインメントシステムを1枚のパネルに収納した「ワイドスクリーン・コックピット」を採用し、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

フロントシートは大きなサイドサポートを持つスポーツシートとされ、取付け位置を低くすることで、その走りを楽しむことができるようにするとともに、大きなヘッドルームを確保。

 

▼Mercedes-AMG GT63Sの画像 

f:id:carislife:20180307112724j:plain

f:id:carislife:20180307112721j:plain

f:id:carislife:20180307112727j:plain

上位モデルとして高いスポーツ性能をアピールするAMG GT63では、イエローのステッチやシートベルト、専用のシートなどが採用されています。

 

最強PHEV!「新型AMG GT63S Eパフォーマンス」発表!

▼メルセデスAMG GT63S Eパフォーマンスの画像

f:id:carislife:20210901072422j:plain

f:id:carislife:20210901072359j:plain

AMG GT4ドアクーペには、ハイパフォーマンスPHEVモデルとなる「AMG GT63S Eパフォーマンス」が発表されています。

 

f:id:carislife:20210901072355j:plain

f:id:carislife:20210901072402j:plain

「AMG GT63S Eパフォーマンス」は、メルセデスAMGが手掛ける最初のプラグインハイブリッドモデルとして制作。

 

f:id:carislife:20210901072410j:plain

V型8気筒4Lツインターボエンジンに、89kgまで軽量化した6.1kWhのバッテリーを採用する新世代のプラグインハイブリッドシステムを組み合わせ、システム合計で855ps/142.8kgmもの出力を発揮。

 

これによりサルーンながら、0-100km/h加速2.9秒、最高速度315km/hのパフォーマンスを実現。

 

f:id:carislife:20210901072419j:plain

f:id:carislife:20210901072405j:plain

f:id:carislife:20210901072408j:plain

電動システムは、回生ブレーキの強さを「レベル0」からワンペダル走行が可能となる「レベル3」まで4段階で設定することが可能とされ、EV航続距離は12km、EV最高速度130kmhになっています。

 

f:id:carislife:20210901072416j:plain

その他、新型AMG GT63S Eパフォーマンスは、アダプティブサスペンションを含むAMGライドコントロールプラスを採用し、20インチと21インチのホイールがオプション設定されます。

 

▼新型AMG GT63S Eパフォーマンスの動画

 

多彩!新型AMG GT 4ドアクーペのパワートレインとスペックは?

▼メルセデス製V型8気筒4Lツインターボエンジン

f:id:carislife:20180108134012j:plain

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペのパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 【Mercedes-AMG GT43】
    直列6気筒3Lターボ+電動コンプレッサー+モーター機能付発電機
    エンジン出力:367ps/51.0kgm
    モーター出力:21ps/25.5kgm
    0-100km/h加速:4.9秒
    最高速度:270km/h
  • 【Mercedes-AMG GT 53】
    直列6気筒3Lターボ+電動コンプレッサー+モーター機能付発電機
    エンジン出力:435ps/53.0kgm
    モーター出力:21ps/25.5kgm
    0-100km/h加速:4.5秒
    最高速度:285km/h
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「4MATIC+」

▽海外仕様

  • 【Mercedes-AMG GT 63】
    エンジン:V型8気筒4Lツインターボ
    出力:557ps/76.5kgm
    0-100km/h加速:3.4秒
    最高速度:311km/h
  • 【Mercedes-AMG GT 63 S】
    エンジン:V型8気筒4Lツインターボ
    出力:639ps/91.7kgm
    0-100km/h加速:3.2秒
    最高速度:315km/h
  • 【Mercedes-AMG GT63S Eパフォーマンス】
    V型8気筒4Lツインターボ+PHEV
    システム合計出力:855ps/142.8kgm
    0-100km/h加速:2.9秒
    最高速度:315km/h
    EV航続距離:12km

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペには、直列6気筒とV型8気筒の2種類のエンジンが用意されています。

 

▼メルセデス・ベンツ製直列6気筒3Lターボエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180302/20180302124655.jpg

エントリーモデルとなるAMG GT43には、新開発された直列6気筒3Lガソリンエンジンとマイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」が採用され、電気モーターにより2.5Lエンジンなみの大きなトルクでエンジンをサポートし、燃費と運動性能をアップ。

 

上位モデルのAMG GT63には、2ドアモデルにも搭載されるV型8気筒4Lツインターボエンジンを搭載し、557psと639psを発揮します。

 

トランスミッションは最新の9速オートマチックトランスミッションを組み合わせ。

 

駆動システムには前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で可変制御する「AMG 4MATIC+」を全モデルに採用。GT63Sでは、前後トルク配分を0:100の完全後輪駆動に固定する「ドリフトモード」も搭載されています。

   

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペを試乗動画でチェック!

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、試乗動画が公開されています。

 

4ドアサルーンの枠を超えた走行パフォーマンスが高い評価を受けています。

 

  

走り両立!新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの燃費(WLTCモード値)

  • AMG GT 43(直列6気筒3L):9.5km/L
  • AMG GT 53(直列6気筒3L):9.5km/L
  • AMG GT 63S(V型8気筒4L):7.2km/L

新型メルセデスAMG GT4ドアクーペの燃費は、直列6気筒エンジンモデルでWLTCモード値9.5km/Lとなっています。

 

V型8気筒4Lターボエンジンを搭載する「AMG GT 63S」でも、走行性能を重視しながら7.2km/Lが確保されています。

 

1310万円から!新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの価格

  • メルセデスAMG GT 43 4MATIC+:1310万円
  • メルセデスAMG GT 53 4MATIC+:1786万円

新型メルセデスAMG GT4ドアクーペの価格は、改良によりアップしています。

 

前モデルは日本で1216万円からとなっていましたが、新型AMG GT4ドアクーペでは1310万円とされ、充実した機能を利用することができるようになっています。

 

▼参考:AMG GT 4ドアクーペ(前モデル)の価格

  • メルセデスAMG GT 43 4MATIC+:12,160,000円
  • メルセデスAMG GT 53 4MATIC+:16,470,000円
  • メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+:24,370,000円

  

いつ?新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2022年1月20日に日本での受注を開始し、納車は2月ごろが予定されています。

 

メルセデスはAMGスポーツサルーンの装備を充実することで、他のプレミアムブランドに対抗していきたい考えです。

 

メルセデスAMG GTを「おさらい」

▼メルセデスAMG GTロードスター

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160915/20160915204910.jpg

メルセデスAMG GTは、2014年に初代となる現行モデルが登場したスポーツクーペです。

 

AMG GTの登場にあわせ、ハイパフォーマンスモデルを手がける「AMG」は、メルセデス・ベンツのサブブランドとして「メルセデスAMG」に変更されました。

 

▼メルセデス・ベンツ・SLS AMG

f:id:carislife:20180108140234j:plain

2013年まで製造されていた実質的前モデルの「SLS AMG」に近いデザインになっていますが、車格をSLS AMGのスーパーカーセグメントから、ポルシェ「911」やランボルギーニ「ウラカン」などをライバルとするスポーツカーセグメントにダウン。

 

リアルスタイルもSLS AMGのトランクからリフトバックに変更することで、ラゲッジ容量を350L拡大し、使いやすさもアップしました。

 

モデルラインナップには、ベースとなるAMG GTのほか、ハイスペックなAMG GT S、走行装備を強化したAMG GT C、最上位のAMG GT Rを用意。

 

4ドアモデルとなるAMG GT4ドアクーペは、ポルシェ・パナメーラ、BMW6シリーズグランクーペ、アウディ・S7 / RS7スポーツバックなどの上級4ドアサルーンをライバルとしてラインナップされています。

 

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。