New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型AMG GT4ドアクーペ】「5人乗り設定!」2021年6月16日改良発表!最新情報、スペック、燃費、価格は?

f:id:carislife:20210616070502j:plain

メルセデスAMGが、スポーツサルーン「AMG GT4ドアクーペ」の改良を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型AMG GT4ドアクーペについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ラインナップ充実!「新型AMG GT4ドアクーペ」改良発表!

▼新型AMG GT4ドアクーペの画像

f:id:carislife:20210616070505j:plain

メルセデスAMGが、スポーツサルーン「AMG GT4ドアクーペ」の改良を発表しました。

 

AMG GT4ドアクーペは、スポーツクーペ「AMG GT」の4ドアバージョンとして2019年2月に日本で発売され、高い走行性能と使い勝手が人気になっています。

 

f:id:carislife:20210616070620j:plain

改良されたAMG GT4ドアクーペでは、2つの可変圧力制御バルブを持つ最新の「AMG Ride Control +」サスペンションを採用し、これまでより幅広いシーンで最適な減衰力を発揮できるように。

 

加えてシートレイアウトには4人乗りのほか、新たにリアベンチシートを装備する5人乗りをオプション設定することで、ユーザーのニーズに対応。

 

エクステリアでは、スターリングブルーメタリック、マヌファクトゥールスターリングブルーマグノ、マヌファクトゥールカシミアホワイトマグノのボディカラー3色が設定され、新デザインの20インチと21インチのホイール、直列6気筒モデルで利用可能なレッドブレーキキャリパーもラインナップ。

 

f:id:carislife:20210616070500j:plain

インテリアには、ツインスポークデザインとされた新しいAMGパフォーマンスステアリングホイールが装備されています。

  

新型AMG GT 4ドアクーペは、2021年秋の米国発売が予定されています。

  

▼新型AMG GT4ドアクーペの動画

▼メルセデスAMG GT

【新型AMG GT】マイチェン日本発売!最新情報、スペックや燃費、価格は?

  

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの変更点

  • 最新の「AMG Ride Control +」サスペンションを採用
  • リアベンチシートを装備する5人乗り仕様を新たにオプション設定
  • ボディカラーに、スターリングブルーメタリック、マヌファクトゥールスターリングブルーマグノ、マヌファクトゥールカシミアホワイトマグノを新設定
  • 新デザインの20インチと21インチのホイールを採用
  • 直列6気筒モデルにレッドブレーキキャリパーを設定
  • 新世代のAMGパフォーマンスステアリングホイールを装備
  • プラグインハイブリッドモデルの設定を予定

▽2020年7月の変更点

  • 対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備
  • 「GT 43」と「GT 53」に「パノラミックルーフ」「ブランドプロジェクターライト」をオプション設定
  • 「GT 63 S」に「ブランドプロジェクターライト」を標準装備し、「カーボン ファイバールーフ」をオプション設定
  • ボディカラーに新色「ハイテックシルバー」を設定

  

堂々!新型AMG GT 4ドアクーペの外装(エクステリア)デザイン

▼Mercedes-AMG GT4ドアクーペの画像

f:id:carislife:20180307110315j:plain

f:id:carislife:20180307110339j:plain

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの外装は、2ドアクーペバージョンからくる迫力ある表情に仕上げられています。

  

しかし、上級サルーンとしてのラグジュアリー性を持つ4ドアクーペとするため、ボディパネルはすべて専用設計となっています。

 

f:id:carislife:20180307110350j:plain

f:id:carislife:20180307110347j:plain

ボディラインは低くワイドなものになっており、エンジンフードをフロントのホイールハウスに近づけた「これまでの4ドアメルセデス車で最もアグレッシブなデザイン」に。

 

▼Mercedes-AMG GT63Sの画像

f:id:carislife:20180307110344j:plain

f:id:carislife:20180307110342j:plain

f:id:carislife:20180307110318j:plain

f:id:carislife:20180307110320j:plain

f:id:carislife:20180307110324j:plain

f:id:carislife:20180307110327j:plain

上位モデルとなるAMG GT63には、専用のカーボンパーツや固定式リアスポイラーも採用され、ハイパフォーマンスを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180307110330j:plain

f:id:carislife:20180307110333j:plain

    

最新装備!新型AMG GT 4ドアクーペの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210616071239j:plain

f:id:carislife:20180307112737j:plain

f:id:carislife:20180307112743j:plain

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの内装は、AMG独自のデザインがサルーンモデルに最適化されています。

 

▼新型AMG GT 4ドアクーペ

f:id:carislife:20210616070500j:plain

▼参考:AMG GT 4ドアクーペ(前モデル)

f:id:carislife:20180307112740j:plain

改良では、ツインスポークデザインとされた新しいAMGパフォーマンスステアリングホイールを装備。

 

これまで4人乗りのみとされていたシートレイアウトには、リアベンチシートを採用した5人乗りが新たにオプション設定されています。

 

f:id:carislife:20180307112734j:plain

新型AMG GT 4ドアクーペではディスプレイに、デジタルメーターとインフォテインメントシステムを1枚のパネルに収納した「ワイドスクリーン・コックピット」を採用し、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

フロントシートは大きなサイドサポートを持つスポーツシートとされ、取付け位置を低くすることで、その走りを楽しむことができるようにするとともに、大きなヘッドルームを確保。

 

▼Mercedes-AMG GT63Sの画像 

f:id:carislife:20180307112724j:plain

f:id:carislife:20180307112721j:plain

f:id:carislife:20180307112727j:plain

上位モデルとして高いスポーツ性能をアピールするAMG GT63では、イエローのステッチやシートベルト、専用のシートなどが採用されています。

 

最強PHEV!メルセデスAMG GT73eも設定!

▼メルセデスAMG GT73eのスクープ画像

f:id:carislife:20210202062419j:plain

AMG GT4ドアクーペには、ハイパフォーマンスPHEVモデルとなる「AMG GT73e」の設定が予定されています。

 

f:id:carislife:20210202062421j:plain

新型AMG GT73eは、V型8気筒4Lツインターボエンジンに高出力の電気モーターを組み合わせ、システム合計出力816psを発揮。

 

日常は充電した電力を使用し走行ができる、シリーズ最高峰モデルとなります。

  

多彩!新型AMG GT 4ドアクーペのパワートレインとスペックは?

▼メルセデス製V型8気筒4Lツインターボエンジン

f:id:carislife:20180108134012j:plain

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペのパワートレインとスペック

  • 【Mercedes-AMG GT43】
    パワートレイン:直列6気筒3Lターボ+電動コンプレッサー+モーター機能付発電機「EQブースト」
    エンジン出力:367ps/51.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
    0-100km/h加速:4.9秒
    最高速度:270km/h
  • 【Mercedes-AMG GT 53】
    パワートレイン:直列6気筒3Lターボ+電動コンプレッサー+モーター機能付発電機「EQブースト」
    エンジン出力:435ps/53.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
    0-100km/h加速:4.5秒
    最高速度:285km/h
  • 【Mercedes-AMG GT 63】
    エンジン:V型8気筒4Lツインターボ
    出力:557ps/76.5kgm
    0-100km/h加速:3.4秒
    最高速度:311km/h
  • 【Mercedes-AMG GT 63 S】
    エンジン:V型8気筒4Lツインターボ
    出力:639ps/91.7kgm
    0-100km/h加速:3.2秒
    最高速度:315km/h
  • 【Mercedes-AMG GT73e】【設定予定】
    V型8気筒4Lツインターボ+PHEV
    システム合計出力:816ps
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「4MATIC+」

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペには、直列6気筒とV型8気筒の2種類のエンジンが用意されています。

 

▼メルセデス・ベンツ製直列6気筒3Lターボエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180302/20180302124655.jpg

エントリーモデルとなるAMG GT43には、新開発された直列6気筒3Lガソリンエンジンとマイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」が採用され、電気モーターにより2.5Lエンジンなみの大きなトルクでエンジンをサポートし、燃費と運動性能をアップ。

 

上位モデルのAMG GT63には、2ドアモデルにも搭載されるV型8気筒4Lツインターボエンジンを搭載し、557psと639psを発揮します。

 

トランスミッションは最新の9速オートマチックトランスミッションを組み合わせ。

 

駆動システムには前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で可変制御する「AMG 4MATIC+」を全モデルに採用。GT63Sでは、前後トルク配分を0:100の完全後輪駆動に固定する「ドリフトモード」も搭載されています。

 

AMG GT4ドアクーペには今後、プラグインハイブリッドシステム「EQパワー+」を搭載する「AMG GT73e」の設定も予定され、電気モーターが後輪の駆動をアシストすることで816psの出力を発揮します。

  

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペを試乗動画でチェック!

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、試乗動画が公開されています。

 

4ドアサルーンの枠を超えた走行パフォーマンスが高い評価を受けています。

 

  

走り両立!新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの燃費(WLTCモード値)

  • AMG GT 43(直列6気筒3L):9.5km/L
  • AMG GT 53(直列6気筒3L):9.5km/L
  • AMG GT 63S(V型8気筒4L):7.2km/L

新型メルセデスAMG GT4ドアクーペの燃費は、直列6気筒エンジンモデルでWLTCモード値9.5km/Lとなっています。

 

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペでは、今後プラグインハイブリッドモデルを追加することで、さらに高い環境性能が実現される予定です。

 

アップ!新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの価格

  • 1250万円~2500万円

新型メルセデスAMG GT4ドアクーペの価格は、改良によりアップします。

 

前モデルは日本で1216万円からとされていましたが、新型AMG GT4ドアクーペでは1250万円ほどからが見込まれています。

 

▼参考:AMG GT 4ドアクーペ(前モデル)の価格

  • メルセデスAMG GT 43 4MATIC+:12,160,000円
  • メルセデスAMG GT 53 4MATIC+:16,470,000円
  • メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+:24,370,000円

  

いつ?新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、米国で2021年秋の発売が予定されています。

 

メルセデスはAMGスポーツサルーンの装備を充実することで、他のプレミアムブランドに対抗していきたい考えです。

 

メルセデスAMG GTを「おさらい」

▼メルセデスAMG GTロードスター

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160915/20160915204910.jpg

メルセデスAMG GTは、2014年に初代となる現行モデルが登場したスポーツクーペです。

 

AMG GTの登場にあわせ、ハイパフォーマンスモデルを手がける「AMG」は、メルセデス・ベンツのサブブランドとして「メルセデスAMG」に変更されました。

 

▼メルセデス・ベンツ・SLS AMG

f:id:carislife:20180108140234j:plain

2013年まで製造されていた実質的前モデルの「SLS AMG」に近いデザインになっていますが、車格をSLS AMGのスーパーカーセグメントから、ポルシェ「911」やランボルギーニ「ウラカン」などをライバルとするスポーツカーセグメントにダウン。

 

リアルスタイルもSLS AMGのトランクからリフトバックに変更することで、ラゲッジ容量を350L拡大し、使いやすさもアップしました。

 

モデルラインナップには、ベースとなるAMG GTのほか、ハイスペックなAMG GT S、走行装備を強化したAMG GT C、最上位のAMG GT Rを用意。

 

ボディタイプにはクーペのほかオープンのAMG GTロードスターも設定されていることで、人気の上級スポーツになっています。

 

4ドアモデルとなるAMG GT4ドアクーペは、ポルシェ・パナメーラ、BMW6シリーズグランクーペ、アウディ・S7 / RS7スポーツバックなどの上級4ドアサルーンをライバルとしてラインナップされています。

 

新型メルセデスAMG GT 4ドアクーペについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。