New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【三菱新型RVR最新情報】2021年フルモデルチェンジ!e-Power 4WDやサイズ、発売日、価格は?

f:id:carislife:20190213085953j:plain

三菱が、SUV「RVR」のフルモデルチェンジに向け開発を進めています。

 

全面改良により大幅に進化する新型RVRについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型RVRにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20190213085942j:plain

三菱がSUV「RVR(欧州名:ASX)」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

三菱RVRは、ブランドのエントリーSUVとしてラインナップされ、上位モデルからくるタフさと都市部での軽快さが人気になっています。

 

フルモデルチェンジする新型RVRでは、同グループの日産「ジューク」と基礎を共有し最新のパワートレインを採用することで、ファンの期待にこたえるモデルとして製作されます。

 

▼日産ジューク

【日産新型ジューク最新情報】フルモデルチェンジ!スペック、発売日、価格は?

▼三菱RVR(現行モデル)

【三菱新型RVR最新情報】2019年マイナーチェンジ発表!サイズ、発売日、価格は?

 

三菱新型RVRの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型RVRの変更点

  • 最新のブランドデザインを採用し、上質感を向上
  • ボディサイズを縮小し、コンパクトSUVとしての使いやすさをアップ
  • パワートレインに、エンジンを発電専用としてモーターで走行するe-Powerを搭載し、4WDモデルをラインナップ
  • 1.5Lターボのほか、プラグインハイブリッドを設定

 

三菱新型RVRの外装(エクステリア)デザインは?

▼三菱RVR(欧州名:ASX)

f:id:carislife:20190213090520j:plain

f:id:carislife:20190213090544j:plain

三菱新型RVRの外装は、最新のブランドデザインを採用することにより上質な仕上げとされます。

 

▼三菱エクリプスクロス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181214/20181214092029.jpg

現行モデルはマイナーチェンジ時にブランドデザインである「ダイナミックシールド」が採用されていましたが、新型RVRは上位モデルとして新しくラインナップされた「エクリプスクロス」をベースにボディラインを変更。

 

より統一感のある設計とすることで、魅力が引き上げられます。

 

また、リアのウィンドウの傾斜を大きくすることにより、空力性能にも優れたスポーティなスタイルとされます。

 

三菱新型RVRのボディサイズとプラットフォームは?

f:id:carislife:20190213091324j:plain

▼三菱新型RVRのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4165×1770×1570mm
  • ホイールベース:2600mm
  • ※参考
    ・三菱RVR(現行モデル)
     全長×全幅×全高:4365×1770×1630mm
     ホイールベース:2670mm

三菱新型RVRのボディサイズは、同グループである日産のジュークと基礎を共有することにより、コンパクト化されます。

 

現行モデルは、全長が4405mmとなっている上位モデルのエクリプスクロスに近いサイズのミドルクラスとされていました。

 

新型RVRではブランドのSUVでより幅広いユーザーに対応するため、他モデルと差別化。

 

空間効率をアップした新世代プラットフォームを採用することで、これまでのユーザーでも選択しやすい仕上げとされます。

 

三菱新型RVRの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180301/20180301141952.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180301/20180301142719.jpg

新型RVRの内装は、立体的なシルバー加飾を施すことで、スポーティでありながら上質な空間とされます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031154336.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031154309.jpg

インフォテイメントシステムには、薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)とタッチパッドコントローラーを組み合わせることで操作性をアップ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031154325.jpg

ヘッドアップディスプレイも採用することで視線移動を小さくして、走行に必要な情報や安全運転に関連したアラートなどが確認することができるようになります。

 

三菱新型RVRのパワートレインとスペックは?

▼日産e-POWERパワートレイン

f:id:carislife:20171226111430j:plain

▼三菱新型RVRのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒1.5Lガソリンターボエンジン
    最高出力:150ps/5500rpm
    最大トルク:24.5kgm/2000-3500rpm
    トランスミッション:8速スポーツモード付きCVT
  • 【e-POWER】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    最高出力:109ps/3008-10000rpm
    最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
    ※4WDモデルは+リア駆動用電気モーター
  • 駆動方式:FF or 4WD

三菱新型RVRのパワートレインには、1.5Lのターボエンジンに加え、日産のハイブリッドシステムとして人気になったe-POWERモデルが設定される予定です。

 

▼日産e-POWERのシステム概要図

f:id:carislife:20171226111436j:plain

e-POWERは、エンジンを走行にも使用する他のハイブリッドシステムとは違い、1.2Lの小型エンジンを発電専用とし電気モーターで走行することで、アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを発生させ、クルマを軽快に走行させることができるようになっています。

 

RVRは4WDの販売台数が多くなるSUVであることから、コンパクトカーの日産ノートに搭載されたリア駆動用モーターを改良したe-POWER 4WDも設定されます。

 

▼参考:三菱RVRのエンジン(現行モデル)

  • エンジン:直列4気筒1.8L
  • 出力:139ps/17.5kgm
  • トランスミッション:CVT 

新型RVRにはその他、エクリプスクロスに採用された1.5Lターボエンジンを搭載。

 

排気量を現行モデルから300ccダウンし環境性能を向上しながら、充実したトルクによる走行を楽しむことができるようになります。

 

三菱新型RVR PHEVもラインナップ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

三菱新型RVRには、上位のアウトランダーで人気になったプラグインハイブリッド(PHEV)が設定される予定です。

 

新型RVR PHEVは、1.5Lガソリンエンジンにリアを駆動する電気モーターを組み合わせ。

 

充電にも対応する大容量バッテリーを搭載することにより、電気のみを使用して40kmほどの走行が可能とされます。

 

三菱新型RVRの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼三菱新型RVRの燃費と比較

  • e-POWER:30.0km/L
  • 1.5Lガソリンターボ:17.0km/L
  • ※参考
    現行モデルのRVR(1.8Lエンジン)
    燃費:15.4km/L

三菱新型RVRの燃費は、日産ノートで37.2km/Lになっていたe-POWERハイブリッドが搭載されることで30.0km/Lほどになるとみられています。

 

1.5Lターボエンジンは、上位モデルのエクリプスクロスで15.0km/Lまで燃費が改善されていることから、ボディサイズがコンパクトな新型RVRでは17.0km/Lほどの数値が見込まれています。

 

三菱新型RVRの安全装備は?

f:id:carislife:20190213094115j:plain

三菱新型RVRの安全装備には、改良された日産の一部自動運転技術「プロパイロット」が採用されます。

 

プロパイロットは同一車線自動運転を実用化したシステムで、車両が走行レーンを認識し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御。

 

渋滞時には前走車の動きにあわせてストップと再発進を行い、ドライバーをサポートするシステムになっています。

 

改良では、システムが必要とする情報の認識精度向上などにより、さらなるドライバーの負荷軽減が図られます。

 

三菱新型RVRの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型RVRの価格(予想値)

  • 210万円~360万円

三菱新型RVRは、最新の装備を採用しながら、車格がコンパクトSUVにダウンされることで210万円ほどになるとみられています。

 

主力となるRVR e-POWERは250万円前後に設定され、高環境性能を持つ主力モデルとしてアピールされます。

 

三菱新型RVRの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする三菱新型RVRの発売日は、2021年が予定されています。

 

三菱は得意とするSUVのラインナップを強化することで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

三菱RVRを「おさらい」

▼三菱RVR(初代)

1st Mitsubishi Rvr.jpg

三菱RVR(アールブイアール)は、初代が1991年に登場したSUVです。

 

車名の「RVR」の由来は、休暇を楽しむ「Recreation Vehicle Runner」からとなっており、初代と2代目では1文字目の「R」が鏡に写したように反転され、ロゴに採用されていました。

 

初代は、7人乗りワゴンとして販売されていた「シャリオ」のボディをショート化したSUVテイストのワゴンとして制作。

 

都市部をメインターゲットとした片側スライドドアと5人乗りの広い室内、手頃なサイズ、RVブームにあわせたデザインが人気になりました。

 

▼三菱RVR(2代目)

Mitsubishi RVR 011.JPG

1997年に登場した2代目は、「シャリオ」の後継車となった「シャリオグランディス」をショート化。

 

シャリオが3ナンバーとなっていたことから、5ナンバーの「GDI RVR」と、3ナンバーの「RVRスポーツギア」が用意されました。

 

1999年のマイナーチェンジ時には、要望が多かった両側スライドドアを設定することで使い勝手をアップ。

 

2002年まで製造されましたが、後継車は用意されず生産終了となりました。

 

現行モデルの3代目は2010年、8年ぶりに車名を復活。

 

初代と2代目が採用していたスライドドアからヒンジ式ドアに変更するなど、コンセプトをコンパクトミニバンからSUVに変更。

 

海外では「ASX(Active Sports Crossover)」、「アウトランダースポーツ」として販売されています。

 

エンジンにはベースになった「ギャランフォルティス」に採用された1.8Lエンジンを搭載。

 

サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式を採用することで、快適な乗り心地に仕上げられました。

 

また、4WDモデルには電子制御4WDシステムが採用され、「2WD」「4WDオート」「4WDロック」の3モードから選択できるようになっています。

 

新型三菱RVRについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。