New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【BMW新型XM】最高峰!「XMレーベル」2023年10月27日日本発売!最新情報、スペック、価格は?

BMW Mが、ブランドの独自SUV「BMW XM」の新モデル日本発売を発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップしたBMW新型XMのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】さらにハイパフォーマンス!BMW「新型XMレーベル」日本発売!

▼BMW新型XMレーベルレッドの画像

BMW Mが、SUV「XM」の新モデルとなる「XM Label(レーベル)」、限定車となる「XM Label Red(レーベルレッド)」の日本発売を発表しました。

 

BMW XMは、BMWのハイパフォーマンス部門「BMW M」独自のSUVとして企画。2022年に創立50周年を迎えたBMW Mを記念するモデルとなり、日本では2023年1月に新設定されていました。

 

追加設定されたXMレーベルは、搭載するV型8気筒4.4Lツインターボエンジンの出力を標準モデルの490ps/66.3kgmから585ps/76.5kgmにまでアップ。

 

プラグインハイブリッドシステム全体では、653ps/81.6kgmから748ps/102.0kgmにまで向上しています。

 

エクステリアデザインは、標準モデルに対し、キドニーグリルやウィンドウまわりのアクセントバンドがハイグロスブラックとされ、より精悍な印象に。

 

また、「XM」のモデルバッジはLabel専用に赤く縁どられ、Label専用のボディカラーとしてMブルックリングレーメタッリックを設定。

 

インテリアデザインは、専用のブラックとフィオナレッドのバイカラーにレッドコントラストステッチをあしらったBMW Individualエクステンドレザーメリノシートを採用。さらに、インテリアトリムにも、XM Label専用のMカーボンファイバートリムが採用されています。

 

限定車の「BMW XM Label Red」では加えて、キドニーグリルやウィンドウまわりのアクセントバンドが限定車専用のトロントレッドとされ、あわせて、専用の22インチホィールのインサートカラーおよびMスポーツブレーキキャリパーもレッドに塗装することで、より鮮烈な印象に。

 

また、Label Red専用のボディカラーとしてBMW Individualフローズンカーボンブラックメタリックを設定。インテリアトリムには限定台数を示す「1/500」のレタリングが施されています。

 

BMW新型XMレーベルは2023年10月27日に日本で発売され、価格は24,200,000円。

 

全世界限定500台のうち日本に15台が導入される限定車「BMW XM Label Red」は、2023年11月8日午後11:59まで注文を受付し、申込者多数の場合は抽選を実施。価格は26,000,000円となっています。

 

▼BMW新型XMレーベルの動画

▼BMW X7

【BMW新型X7】マイナーチェンジ!最新情報、デザイン、スペック、価格は?

 

BMW新型XMの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型XMの変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「XMレーベル」、限定車「XMレーベルレッド」を設定

▽2023年1月新設定時の特徴

  • 「BMW M」専用モデルとして設定
  • 広い室内空間とスポーティな外観を両立
  • 最新PHEVパワートレインを設定

▼BMW新型XMの動画

  

2130万円から!BMW新型XMの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型XMの価格

  • 標準モデル:21,300,000円
  • BMW XM Label:24,200,000円【新設定】
  • 【限定車】【新設定】
    全世界500台、日本15台限定
    BMW XM Label Red:26,000,000円

BMW新型XMの価格は、2130万円からとされています。

 

新設定されたハイスペックモデルの「XMレーベル」は、290万円のアップとなっています。

 

迫力!BMW新型XMの外装(エクステリア)デザイン

▼BMW新型XMの画像

BMW新型XMには新世代のブランドデザインが採用され、圧倒的な存在感と運動性能がイメージできるエクステリアとなっています。

 

フロントにはイルミネーションを備えた大型グリルを採用し、2段に配置されるヘッドライトを装備。

 

リアはクーペSUVスタイルとされウインドウに傾斜がつけられていますが、他のクーペSUVから傾斜を抑えることで、最上級SUVとしての広い室内空間を確保。

 

エキゾーストシステムは左右それぞれに、縦に2本まとめて配置。

 

足元には、フロント275/35、リア315/30タイヤを組み合わせた23インチホイールが標準装備されていますが、22インチホイールも選択できるようになっています。

 

走り重視!BMW新型XMのボディサイズは?

▼BMW新型XMのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5110×2005×1755mm
  • ホイールベース:3105mm
  • 車重:2710kg
  • 乗員:5人乗り
  • 参考
    ・BMW X6
     全長×全幅×全高:4945×2005×1695mm
     ホイールベース:2975mm
    ・BMW X7
     全長×全幅×全高:5165×2000×1835mm
     ホイールベース:3105mm

BMW新型XMは、快適性を重視したBMWの3列シートSUV「X7」の3列シートから、2列シートに変更されています。

 

車体サイズは「X6」と「X7」の中間とされ、50/50の前後重量配分や、床下に配置されるバッテリーの低重心化により、走行パフォーマンスが高められています。

 

最新装備!BMW新型XMの内装(インテリア)デザイン

新型XMの内装は、最上級SUVとしての広い室内サイズを使用し、高級感溢れる仕上がりとされています。

 

装備にはBMWのiDriveインフォテインメントシステムを搭載し、12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチディスプレイを採用。

 

iDriveでは、より洗練されたインターフェースやホーム画面を採用し使い勝手を高めたほか、これまでより多くの機能の音声やジェスチャーでの制御に対応しています。

 

インテリアは、メリノレザーとソフトナッパレザーにより、2トーンカラーとすることでデザイン性をアップ。

 

その他、新型XMではヘッドライナーに100個以上のLEDが組み込まれ、選択したドライビングモードに応じた演出を楽しむことができるようになっています。

   

▼新型XMのインテリア動画

 

ハイパワー!BMW新型XMのスペック、走行性能は?

▼BMW新型XMのパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 【ベースモデル】
    V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ+電気モーターPHEV
    エンジン出力:490ps/66.3kgm
    モーター出力:197ps/28.6kgm
    システム出力:653ps/81.6kgm
    バッテリー容量:29.5kWh
    EV航続距離:90km
    0-96km/h加速:4.1秒
  • 【XM レーベル】
    V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ+電気モーターPHEV
    エンジン出力:585ps/76.5kgm
    モーター出力:197ps/28.6kgm
    システム出力:748ps/102.0kgm
    バッテリー容量:29.5kWh
    EV航続距離:48km
    0-96km/h加速:3.7秒
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:4WD「xDrive」

▽海外仕様

  • 【XM 50e】
    直列6気筒3Lターボ++電気モーターPHEV
    システム出力:475ps/71.4kgm
    0-96km/h加速:5.0秒

新型XMには、ブランドの最新パワートレインが搭載されています。

 

エンジンにはBMWのハイパフォーマンスモデルに搭載されるV型8気筒4.4Lツインターボエンジンを採用し、電気モーターを組み合わせることで653ps/81.6kgmの出力を獲得。

 

上位モデル「XM レーベル」では、さらに高出力とされ745ps/102.0kgmでの走りを楽しむことができるようになっています。

 

加えて新型XMでは、充電した電力によりEV走行を可能とすることで、環境性能をアップ。

 

4WDシステムはトルクをリア寄りとするほか、Mスポーツディファレンシャルにより外輪に多く配分することでターンイン性能を向上。ディファレンシャルをロックすることで悪路の走破性能をアップすることもできるように。

 

走行システムには、電気制御アンチロールバーやリアアクスルステアリングも装備することで、走行安定性が高められています。

 

最新システム!BMW新型XMの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180206/20180206133221.jpg

BMW新型XMには、最新の先進安全装備が採用されています。

 

システムには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用され、高速道路の渋滞時にドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限り、ステアリングから手を離して走行が可能に。

 

また、リバースアシスト機能も装備し、駐車場のレーンなどを最大50mバックでの自動走行に対応。

 

その他、停止と再発進に対応したクルーズコントロール、ステアリングアシスト付きレーンキープコントロール、レーンチェンジアシスト、パーキング・アシスタント、トラフィック・サイン・アシストなどの機能により、最高峰の安全性が確保されています。 

  

いつ?BMW新型XMの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型XMは、ベースモデルが2022年9月28日に発表され、日本で2023年1月18日に発売されました。

 

追加設定された「XMレーベル」は、2023年4月12日にワールドプレミア、日本で2023年10月27日に発売されました。

 

BMWは新しい最上級SUVとして「XM」を設定することで、SUV市場でのブランド力をアップしていきたい考えです。

 

BMW新型XMについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。