New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【BMW新型X7】「2段ライト&初大幅改良!」2022年4月13日マイナーチェンジ発表!最新情報、デザイン、スペック、価格は?

f:id:carislife:20220413071553j:plain

BMWが、最上級SUV「X7」のビッグマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップしたBMW新型X7のスペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】出力UP&新装備!「新型X7」ビッグマイナーチェンジ発表!

▼BMW新型X7の画像

f:id:carislife:20220413071822j:plain

BMWが、SUV「X7」のビッグマイナーチェンジを発表しました。

 

BMW X7は、2017年9月のフランクフルトモーターショーで公開されていたコンセプト「X7 iパフォーマンス」の市販バージョンとして開発され、ブランドの新しい3列シートフラッグシップSUVとして日本では2019年6月に発売されていました。

 

f:id:carislife:20220413073855j:plain

初の大幅改良を受けた新型X7では、外装に新世代デザインを採用したほか、最新の「iDrive 8」インフォテインメントシステムを搭載し、12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチディスプレイを採用。

 

また、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインを採用し、出力を向上することで、より高い走行パフォーマンスを楽しむことができるようになっています。

 

BMW新型X7は、2022年4月13日に発表、米国で2022年秋の発売が予定されています。

 

▼BMW新型X7の動画

▼BMW XM

 【BMW新型XM】「BMW M専用SUV」最新情報、スペック、価格は?

▼BMW X6

 【BMW新型X6】ビッグマイナーチェンジ!最新情報、価格は?

 

BMW新型X7の【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型X7の変更点

  • 外装に新世代のデザインを採用
  • BMWで初めて23インチの大径ホイールを設定
  • 「iDrive 8」インフォテインメントシステムを搭載し、12.3インチデジタルメーター、14.9インチタッチディスプレイを採用
  • シフトレバーを、小型のトグルタイプに変更
  • 48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載し、出力を向上
  • ハイスペックモデル「M50i」のモデル名を「M60i」に変更

▽BMW X7の新設定時の特徴

  • 上級SUVのX5から全長を延長し、3列シート7人乗りの余裕をもった室内空間に
  • フルモデルチェンジしている7シリーズをベースに、最新パワートレインを搭載
  • 先進システムや高級オーディオなどにより、高い快適性をもった室内空間を実現

  

先進的!BMW新型X7の外装(エクステリア)デザイン

▼BMW新型X7の画像

f:id:carislife:20220413072801j:plain

▼参考:BMW X7(前モデル)

f:id:carislife:20181017084722j:plain

BMW新型X7の外装には新世代のデザインが採用され、質感が高められています。

 

f:id:carislife:20220413072758j:plain

f:id:carislife:20220413072754j:plain

フロントは、新しいスタイルとされたキドニーグリル内にLEDのライティングを装備。

 

f:id:carislife:20220413072805j:plain

上下2段のライトは、上部がデイタイムライトとターンランプ、ブラックアウトされた下部がヘッドライトとして機能。

 

▼新型X7

f:id:carislife:20220413073036j:plain

f:id:carislife:20220413072810j:plain

f:id:carislife:20220413072803j:plain

▼参考:BMW X7(前モデル)

f:id:carislife:20181017084704j:plain

リアでは、テールライトの形状と内部のグラフィックを変更することでリフレッシュ。

 

f:id:carislife:20220413072807j:plain

足元には標準で21インチ、ハイスペックモデルのM60iでは22インチが採用されていますが、新型X7ではBMWで初めて23インチの大径ホイールも選択できるようになっています。

  

最新装備!BMW新型X7の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20220413073855j:plain

f:id:carislife:20220413073858j:plain

f:id:carislife:20220413073902j:plain

BMW新型X7の内装は、最上級SUVとしての広い室内サイズを使用し、高級感溢れる仕上がりとされています。

 

▼新型X7

f:id:carislife:20220413073853j:plain

▼参考:X7(前モデル)

f:id:carislife:20181017084818j:plain

改良では、BMWの最新「iDrive 8」インフォテインメントシステムを搭載し、フードを除去した12.3インチのデジタルメーターと14.9インチタッチディスプレイを採用。

 

iDrive 8では、より洗練されたインターフェースやホーム画面を採用し使い勝手を高めたほか、これまでより多くの機能の音声やジェスチャーでの制御に対応。

 

▼新型X7

f:id:carislife:20220413073900j:plain

▼参考:X7(前モデル)

f:id:carislife:20181017084806j:plain

加えて新型X7ではシフトレバーを、小型のトグルに変更することで、センターコンソールのデザイン性を向上しています。

 

f:id:carislife:20181017084759j:plain

f:id:carislife:20181017084816j:plain

シートレイアウトは、2列目にベンチシートを標準装備し、左右で独立したパワーキャプテンシートも設定。

  

f:id:carislife:20181017084812j:plain

3列目シートにも、大人が快適に座ることができる余裕のある空間が確保されています。

 

f:id:carislife:20181017084750j:plain

f:id:carislife:20181017084809j:plain

ラゲッジスペースは、3列目シートを折りたたむことで1376L、2列目も折り畳むことで2559Lにまで拡大することができるようになっています。

  

出力UP!BMW新型X7のパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20171110101537j:plain

▼BMW新型X7のパワートレインとスペック

  • 【X7 xDrive40i】【改良】
    直列6気筒3Lガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド
    出力:380ps/53.0kgm
  • 【X7 xDrive40d】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ+48Vマイルドハイブリッド
    出力:340ps/71.4kgm
  • 【X7 M60i】【改良】
    V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ+48Vマイルドハイブリッド
    出力:530ps/75.6kgm
  • 【Alpina XB7】【改良】
    V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ+48Vマイルドハイブリッド
    出力:639ps/81.6kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:4WD「xDrive」

新型X7には、改良により出力を高めた新しいパワートレインが採用されています。

 

ベースとなる「xDrive40i」では、出力を340ps/45.5kgmから380ps/53.0kgmに大きく向上。

 

モデル名を「M50i」から変更したハイスペックモデルの「M60i」ではスペックは変更されないものの、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用することにより、環境性能を向上。

 

2022年3月にBMWへの商標権譲渡が発表された「アルピナ」のモデルとなる「Alpina XB7」は、最高出力を621psから639psにアップすることで、さらなるハイパフォーマンスを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20220413080431j:plain

BMW X7は走行システムに、大きな負荷に対応できるように改良された8速ATに4WDシステム「xDrive」を組み合わせ、オプションで悪路の走破性能をアップするリアロックディファレンシャルも設定。

 

足回りには、ホイールごとに配置したセンサ―で路面状況を検知し、必要に応じて車高を上下それぞれ40mm自動調整する「4輪アダプティブ・エア・サスペンション」を装備。

 

その他、カメラによって路面をスキャンし、エアサスペンションに加えてダンパー、ロールなどを最適化する「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」も採用されています。

 

走り両立!BMW新型X7の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型X7の燃費(WLTCモード値)

  • 直列6気筒3Lディーゼル:11.9km/L

新型BMW X7の燃費は、3Lディーゼルモデルで11.9km/Lとされています。

 

3列シートを備えるフラッグシップモデルながら、良好な数値が確保されています。

 

最新システム!BMW新型X7の安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180206/20180206133221.jpg

BMW新型X7には、最新の先進安全装備が採用されています。

 

システムには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用され、高速道路の渋滞時にドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限り、ステアリングから手を離して走行が可能に。

 

また、リバースアシスト機能も装備し、駐車場のレーンなどを最大50mバックでの自動走行に対応。

 

その他、停止と再発進に対応したクルーズコントロール、ステアリングアシスト付きレーンキープコントロール、レーンチェンジアシスト、パーキング・アシスタント、トラフィック・サイン・アシストなどの機能により、最高峰の安全性が確保されています。 

 

広く!BMW新型X7のボディサイズは?

f:id:carislife:20220413080144j:plain

▼BMW新型X7のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5165×2000×1835mm
  • ホイールベース:3105mm
  • 参考
    ・BMW X5
     全長×全幅×全高:4946×2006×1779mm
     ホイールベース:2977mm

BMW新型X7のボディサイズは、下位モデルとなる「X5」から全長が約220mmと大きく拡大され、3列シートレイアウトでも余裕をもった空間がつくられています。

 

全高は25mmほどのアップに抑えられていますが、ルーフラインを水平とすることで、後部座席でも十分なヘッドスペースが確保されています。 

 

アップ!BMW新型X7の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型X7の価格

  • 1300万円~1700万円

BMW新型X7の価格は、最新の装備を採用することによりアップします。

 

アップ幅は30万円ほどが見込まれ、装備を充実することで最上級SUVの魅力がアピールされます。

 

▼参考:BMW X7(前モデル)の価格

  • X7 xDrive40d Pure Design Excellence:12,690,000円
  • X7 xDrive40d M Sport:13,050,000円
  • X7 M50i:16,550,000円

   

いつ?BMW新型X7の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

初のビッグマイナーチェンジを受けたBMW新型X7は、2022年4月13日に発表。発売は米国で2022年秋が予定されています。

 

BMWは最上級SUVとして人気になったX7をリフレッシュすることで、ブランド力を高めていきたい考えです。

 

新型BMW X7については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。