読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

LANDROVER 新型ディスカバリーはラジコン付!?

f:id:carislife:20140415211929j:plain

ランドローバーが、次期ディスカバリーのコンセプトモデル「ディスカバリービジョンコンセプト」を発表!

 

発表会場は空母の上

 

民間宇宙旅行会社も同席 でもメインはディスカバリー(だよね?)

 

f:id:carislife:20140415211950j:plain

ランドローバー ディスカバリー・ビジョン・コンセプト スペック

  • 3列シート7人乗り
  • 観音開きドア
  • タッチスクリーンセンターコンソール
  • レーザーヘッドランプ
  • トランスパレントボンネット
  • ブラックアウト可能、パノラマサンルーフ、助手席ウインドウ
  • 車外から低速運転が可能なリモートコントロールドライブファンクション
  • レーザーで路面マッピング、レーザーテラインスキャニング
  • 路面マップに危険を表示、レーザーリファレンシング
  • 地形をスキャンし水深を警告、テラインレスポン ス

【関連記事はこちら】

LANDROVER 次期ディスカバリーは小さい?

空母での新型ディスカバリー公開動画がド派手(笑)

ランドローバー ディスカバリースポーツで5+2

 

まず説明しなければならないのは、なぜ新型のディスカバリーコンセプトと一緒に、宇宙船が並んでいるか(笑)

 

これは今回のコンセプト公開と同時にランドローバーが発表した、民間宇宙旅行会社とのパートナシップ締結によるもの

 

これによってランドローバーは未来の宇宙飛行士の移動手段として、自社の車を提供することにしたらしい

 

ランドローバーのコメントによると、「価値観が一致したから…」というのが大きな理由とのこと

 

結果、空母の上で宇宙船とディスカバリーコンセプトが並ぶ、ド派手な絵になった(笑)

 

 

しかし、おそらくメインが新型ディスカバリーなのに変わりはないので、早速現行型と比較してみると…

 

f:id:carislife:20140415211943j:plain

▲現行型 ランドローバー ディスカバリー

 

まったく違う

 

これはイヴォークなどと同じ、ランドローバー共通の新デザインが採用されたからだけど、硬派なデザインが好きだった人には残念かも…

【イヴォークはこちら】

  レンジローバー・イヴォークに走りと質のトップが!

 

f:id:carislife:20140415211932j:plain

f:id:carislife:20140415211934j:plain

 

そしてデザインの変更と同時に、7人乗りで観音開きドアを採用するという、ファミリー層をターゲットにした作りに変更

 

ユーザーの拡大を狙っていくらしい

 

f:id:carislife:20140415211937j:plain

f:id:carislife:20140415211940j:plain

 

インテリアは近いうちの市販化を想像させる、現実感があるデザイン

 

おそらく今後も大きな変更はなく、販売されるんだと思う

 

 

そんな新型ディスカバリーコンセプトのスペックで気になるのが、車外から低速で車を移動させることができる、リモートコントロールドライブファンクション

 

てっきり駐車をアシストするものかと思ったら、ランドローバーの説明によると、オフロードを走るときに使用するものらしい…

 

となると、ラリーでコ・ドライバーが走行状態を確認しながら慎重にマシンを進めるようなことが、ドライバーだけで可能になってしまう、なんとも面白い機能になりそう

 

ユーザーの手に渡ったら、とりあえず試して見る、という人が多そうだね

 

 

モデルの方向性としては、ランドローバー共通の新デザインとファミリーフレンドリーでユーザーを広げるものの、ブランドの個性であるオフロードへのこだわりは貫く新型になりそう

 

完成予想がしにくいので、早く市販して欲しいね(笑)