読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ニュル8分15秒のSUV!レンジローバースポーツSVR 価格1605万円

f:id:carislife:20140811195146j:plain

10/2:日本発売にあわせ、価格を追加しました。

 

ランドローバーが、”レンジローバースポーツ”のハイスペックバージョン「SVR」を発表

 

ここまでくると、どう走ればいいのかわからない…(笑)

  

水深850mmも問題なし!で、スポーツカーより速いSUV 

f:id:carislife:20140811195150j:plain

f:id:carislife:20140811195152j:plain

f:id:carislife:20140811195154j:plain

レンジローバー スポーツ SVR 概要・スペック・価格(括弧内はベースモデル比較)

  • ジャガー・ランドローバーグループの高性能モデルを表す「SVR」最初のモデル
  • エンジン:V型8気筒 5L スーパーチャージャー
  • 最高出力:550ps(+40)
  • 最大トルク:69.3kgm(+5.7)
  • ミッション:8速AT
  • 車重:2335kg
  • 各種走行システムを、オンロードからオフロードまで最適化する、ベースモデルからの改良システム「テレイン・レスポンス2」を搭載
  • 水深850mmまで走行可能
  • 牽引力:3000kg
  • 4本のエンドパイプと電子制御バルブによる「2ステージアクティブエキゾーストシステム」により、高回転時の「レースカーのようなサウンド」と日常の「静粛性」を両立
  • フューエルカット機能をオフにし、シフトアップ時のスピードを50%向上
  • 専用チューニングエアサスペンション、ブッシュ強化(車高変更なし)
  • 0-100km/h加速:4.7秒(-0.6)
  • 最高速度:260km/h(リミッター)
  • 冷却性能、空力性能を高め、風切り音を低減する「大開口フロントバンパー」
  • リアデュフューザー
  • 専用スポーツシート
  • 標準で21インチ275/45サイズのタイヤを装着
    オプションでさらにオンロード性能の高い、22インチ295/40 コンチネンタル「スポーツコンタクト5」を設定
ランドローバー レンジローバースポーツSVR 価格
  • 価格:1605万円

 【関連記事はこちら】

サーキット・悪路兼用!レンジローバースポーツSVR 試乗動画

レンジローバースポーツSVR 性能テスト動画に「!」

69kgm!2015新型レンジローバースポーツSVR試乗動画

バトル試乗動画:カイエンターボvsレンジローバースポーツSVR 試乗動画!

同エンジン搭載!ジャガー FタイプRコンバーチブル vs レンジローバースポーツSVR

 

ベースモデルのレンジローバースポーツでも充分すぎるほどのスポーツ性能なのに、SVRはさらにその上

 

ニュルブルクリンク8分15秒は、今年の3月にセアトが抜くまでFF最速だったルノー メガーヌよりも速く、BMW1シリーズのハイスペックモデル”M”と同じ

セアト ニュルタイム更新記事:ニュルFF最速交代!セアト レオンクプラが10秒短縮!

※追記 タイムが更新:SUVニュル最速7分59秒74!?意地の新型ポルシェ カイエンターボS

 

常識外の性能…

 

▼レンジローバースポーツSVR ニュルブルクリンクアタック動画 

 

その速さを実現するため、ベースモデルと同じエンジンを採用しながら、40ps/5.7kgmの大幅パワーアップ

 

通常ならエンジンへの燃料供給がカットされる場面でも、レスポンスが悪くなることを嫌い、シフトアップ時間を短縮するため、燃料カット機能をオフする硬派なチューニング

 

見た目がSUVというだけで、インテリアでも専用バケットシートなどが示すとおり、中身はガチンコのスポーツカー

 

f:id:carislife:20140811195201j:plainf:id:carislife:20140811195204j:plain

f:id:carislife:20140811195202j:plain

 

だけど車高などには変化がなく、全体がベースモデルの改良になっているので、山や川、砂漠や雪道までガンガン走ることができるオフロード性能は今までどおり

 

世界最速のオールラウンダーともいえる仕上がりじゃないかな

 

オーナーが一番悩むのはきっと、どうこのクルマを使ったら性能を引き出せたことになるのか、のような気がする