車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

価格135万円!新型 ダイハツ ウェイク/トヨタ ピクシスメガ

f:id:carislife:20150702201646j:plain

【新型はこちら】

スマアシ2搭載!マイナーチェンジ新型 ダイハツ ウェイク / トヨタ ピクシスメガ 発表

 

ダイハツが、軽自動車最大の室内空間とする新型車「ウェイク」を発売

 

パッケージの妙

  

専門家の意見をウェイクに シートレイアウトの多さに魅力

▼ダイハツ ウェイク 画像

f:id:carislife:20150702201658j:plain

▼トヨタ ピクシスメガ 画像

f:id:carislife:20150702201659j:plain

f:id:carislife:20150702201714j:plain

ダイハツ WAKE / トヨタ ピクシスメガ 概要・スペック・価格

  • 2013年の東京モーターショーに出典されたコンセプトカー「DECA DECA(デカデカ)」の市販モデル
  • 「モンベル」や「BiCYCLE CLUB」といったレジャープロフェッショナルとコミュニケーションをしながら開発
  • キャンプ、釣り、登山、サイクリング、サーフィン、スキー・スノーボードという6種類のレジャーシーンをメインに使い勝手を研究
  • ピクシスシリーズの1モデル「ピクシスメガ」としてトヨタに提供
スペック
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1835mm
  • NAエンジン:最高出力52ps/6800rpm、最大トルク6.1kgm/5200rpm
  • ターボエンジン:最高出力64ps/6400rpm、最大トルク9.4kgm/3200rpm
  • ミッション:CVT
  • 燃費
    NA FF:25.4km/L
    NA 4WD:24.6km/L
    ターボ FF:23.8km/L
    ターボ 4WD:23.2km/L
  • 運転席の目線高さを1387mmとし、高く広い視界でより情報を得やすくした「ファインビジョン」
  • 重心より上部の部品を軽量化し、タントと比較して全高を85mm稼ぎながらも重心は10mmアップに抑制
  • フロントアブソーバーロッド、リアアブソーバーサイズアップと高剛性化
  • ウレタンバンプスプリングとスタビライザーを標準装備
  • 最大1140×950×420mmの荷室空間「ミラクルラゲージ」に加え、最大320×640×380mm(2WD車)のアンダートランクが利用可能
    (アンダートランク容量は90L)
  • 「G」「G“SA”」グレードは2段調整式のデッキボードを標準装備
  • 早朝荷室付近を明るく照らすバックドアランプを全車標準装備
  • リアシート背面に塩化ビニール加工を施して汚れを落ちやすく

安全装備

  • 横滑り防止装置「VSC」と「トラクションコントロール」を全車標準装備
  • “SA”クラスには、
    「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」、
    「誤発進抑制制御機能」、
    「先行車発進お知らせ機能」機能をもつ「スマートアシスト」を搭載
  • 運転席と助手席のデュアルSRSエアバッグに加え、車両側方からの衝撃に対応するSRSサイドエアバッグも全車標準装備
  • パールホワイトと組み合わせたトニコオレンジメタリック、フェスタイエロー、オフビートカーキメタリックの3パターンの2トーンカラーを用意

価格

  • ダイハツ ウェイク:135万円~187万3800円
  • トヨタ ピクシス メガ:135万円~187万3800円

【関連記事はこちら】

アウトドアブランドコラボモデル:モンベル/波伝説!ダイハツ ウェイク 特別仕様車 価格158万円~

事前発表・技術概要:ダイハツ11月発売デカデカ市販「ウェイク」は最強!?

 

 

室内空間が注目されている軽自動車で、ウェイクは人気になりそうなクルマだね 

 

ダイハツが「軽自動車最大」とする室内空間は寸法を見てもやはり広く、特に高さに余裕がある

 

▼ダイハツ ウェイク / トヨタ ピクシスメガ サイズ・室内空間 画像

f:id:carislife:20150702201723j:plain

f:id:carislife:20150702201726j:plain

室内高145.5cmは、小学校6年生男子の平均慎重145.0cmよりも高く、画像のように部活の送り迎えがあるというお母さんでも満足できそう

 

 

シートアレンジも多彩で、ダイハツがアピールしている5モードの組み合わせだけでも、大体のレジャーシーンはカバーできるんじゃないかな

 

軽バス「アトレー」の後継モデルらしくリアシート背面に塩化ビニールが採用されていて、汚れを気にしなくてもいいというところもプラスに感じることが多そう

 

▼ダイハツ ウェイク / トヨタ ピクシスメガ シートアレンジ(5モード)画像

f:id:carislife:20150702201748j:plain

f:id:carislife:20150702201749j:plain

f:id:carislife:20150702201750j:plain

f:id:carislife:20150702201752j:plain

f:id:carislife:20150702201753j:plain

 

荷室にはランプも用意され、使っている人でなければわからない点に配慮されているのも嬉しいね

 

後輪に駆動システムがない2WD車限定だけど、90Lもあるアンダートランクが使用できるから、デッキボードがつく上位グレードの「G」「G“SA”」が販売の中心になるかも

 

▼ダイハツ ウェイク / トヨタ ピクシスメガ 荷室 画像

f:id:carislife:20150702201814j:plain

価格的に軽自動車最上級のウェイクではあるけれど、インテリアはどちらかといえば実用性重視 

 

▼ダイハツ ウェイク / トヨタ ピクシスメガ インテリア 画像

f:id:carislife:20150702201826j:plain

 

各部に用意されたポケットは、「どこまでクルマを使い倒すことができるか」に挑戦して開発されているみたいだね

 

f:id:carislife:20141110221507j:plain

f:id:carislife:20141110221508j:plain

 

ウェイクと競合するクルマは、空間とレジャーでの使い勝手を売りにしているホンダ N-BOX+

ホンダ N-BOX+:ホンダ N BOXマイナーチェンジでハイフン追加

 

価格はウェイクより下だけど、ワイルドな走りでレジャーで頼りになるSUVスズキ ハスラー

スズキ ハスラー:ハスラーに見せた本気すぎるスズキのSUV性能!

 

同じダイハツでは、日常で使いやすいピラーレスドアが採用されている軽自動車ランキング不動の1位タントと、どのクルマも人気車

軽自動車販売ランキング:2014年10月軽自動車販売ランキング デイズ大幅減

 

サイズが限られている軽自動車の中で、ダイハツは新しいジャンルの開拓を狙っているけれどどうなるだろう

 

 

大きな室内に軽自動車で人気の要素を詰め込んだウェイク

 

販売ランキングを駆け上がる!なんてことになると、競合するクルマが多いだけに、軽自動車に大きな嵐をおこすんじゃないかな