読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ダイハツ ハイゼットトラックに燃費21.0km/L!「エコパック」追加

f:id:carislife:20141223105358j:plain

ダイハツが軽トラック「ハイゼット トラック」に、燃費21.0km/Lを実現するパックオプション「エコパック」を新設定

 

軽トラック燃費競争が激化している…

  

「軽トラックをどう使うか?」がポイントになる燃費SPミッション

ダイハツ ハイゼット エコパック概要解説画像

f:id:carislife:20141223105401j:plain

ダイハツ ハイゼット トラック パックオプション「エコパック」概要・価格

  • 高速道路や長距離利用の多い建設業や運送業、日常の通勤や買い物など軽積状態での走行が多いドライバーに向けて開発したオプションで、より低燃費で静かな走りを実現
  • 標準車に比べ、リヤデファレンシャルギヤをハイギヤ化した上で、副変速機(エコ・楽モード切替機構)を追加したマニュアルトランスミッションを搭載
  • 燃費は軽キャブトラックトップの21.0km/L
  • 積載状態や山間路などの走行では、副変速機のトランスファーレバーをLoモードに切替えることで、エコパック非装着車同等の走行が可能
  • 「エコパック」設定グレードは、「スタンダード(2WD/4WD)」「エクストラ(2WD)」「ハイルーフ(2WD/4WD)」「ジャンボ(2WD)」の5MT車
  • オプション価格:4万3200円

 

ハイゼットに新設定された「エコパック」は、ディファレンシャルギア比を高くし、エンジン回転数を抑え燃費を良くするオプション

 

燃費重視の「Hi」モードのほか、通常どおりの加速性能になる「Lo」モードへ切りかえることも可能
ハイゼット4WD車は標準でトランスファーを搭載しており、標準ギア比よりさらに低い「Lo」モードへ切りかえ可能

オプションを選択すると、ディファレンシャルギア比が高くなる分、4WD車の「Lo」モードでの発進性能は落ちると思われます。

 

しかし、ドライバーが任意でトランスファーを変更する必要があり、クルマを停止した状態でなければモードの切りかえはできないので、高速道路など、停止できないところを走る人は、走り出す前にHiモードへ変更するのを忘れないように注意が必要

 

 ▼「エコパック」装着 グレードごとの燃費

f:id:carislife:20141223105402j:plain

 

ハイゼットは今年9月のフルモデルチェンジで、燃費19.6km/Lを5MT車で達成し、ライバルであるスズキ キャリイの最高燃費モデル「自動変速マニュアル 5AGS」の燃費を0.2km/L上回っていた

▽新型ハイゼット、スズキ キャリイ関連記事

新型ハイゼットスペック:新型ハイゼット/ピクシス/サンバー パワーダウン…

スズキ キャリイAGSモデル:キャリイ AGS追加で、燃費/快適はミッション問わず!

軽トラックスペック比較:最新!軽トラックスペック徹底比較!

 

「エコパック」はそれを、空荷状態で走ることが多い人にあわせて、さらに燃費を良くしたかたちだね

 

 

軽トラックは強度を重視して作られているものの、車重800kg弱と、最近の軽自動車の中では軽い

 

もともと加速重視でセットされている軽トラックのギアを、乗用軽自動車なみに変更したディファレンシャルギアは、使いドコロを考えるとプラス

 

でも手順の手間から、荷物を積んだ状態でも”Hiモードだけ”を使うと、負荷が高まり、クラッチやエンジンの寿命を縮めてしまう

 

うまく使うのにはドライバーのマメさも重要だね