読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

燃費変更なし スバル新型 エクシーガ クロスオーバー7 価格275万円

f:id:carislife:20150416210846j:plain

6/5:スバル エクシーガ クロスオーバー7 内外装 試乗動画を追加しました。

 

スバルが、7人乗りミニバン「エクシーガ」の後継モデル、「エクシーガ クロスオーバー7」を発表

 

ターゲット変更はどう響く?

 

基本スペックは前型から変更なし!SUVになった新型エクシーガ クロスオーバー7  

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 デザイン 解説動画

▼6/5追加:スバル エクシーガ クロスオーバー7 内外装 試乗動画

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 エクステリア 画像

f:id:carislife:20150416210834j:plainf:id:carislife:20150416210836j:plain

f:id:carislife:20150416210835j:plain

スバル エクシーガ クロスオーバー7 概要・スペック・価格

概要
  • 2015年3月に生産を終了していた、7人乗りミニバン「エクシーガ」の後継モデル
  • 2013年東京モーターショーに出品した「クロスオーバー7 コンセプト」をベースに市販化
スペック
  • 全長×全幅×全高:4780×1800×1670mm
  • ホイールベース:2750mm
  • エンジン:水平対向4気筒 2.5L「FB25」
  • 最高出力:173ps/5600rpm
  • 最大トルク:24.0kgm/4100rpm
  • ミッション:CVT「リニアトロニック」
  • 駆動:4WD
  • 燃費:13.2km/L
  • 車重:1620kg
その他スペック
  • 前後バンパー、ホイールアーチ、サイドシルに設けたクラッディングのほか、大型フロントグリル、ルーフレール、専用17インチアルミホイール、LEDアクセサリーライナーやメッキパーツを採用
  • インテリアはタン色とし、レザーやピアノブラック調加飾
  • 足回りに、新開発サスペンションを採用し、最低地上高170mmを確保
  • 安全装備にアイサイト(ver.2)、SRSサイドエアバッグ&サードシート対応SRSカーテンエアバッグを標準装備
スバル エクシーガ クロスオーバー7 価格
  • 275万4000円

【関連記事はこちら】

新型:「X-BREAK」設定!スバル新型「エクシーガクロスオーバー7」価格275万4000円~

特別仕様車:撥水シート!スバル エクシーガ クロスオーバーセブン特別仕様車「Active Style」価格276万4800円

スバル 特別仕様車3台!レヴォーグ / レガシィアウトバック / エクシーガクロスオーバー7 発表 

 

「エクシーガ」の後継モデルとして登場した、「エクシーガ クロスオーバー7」

 

しかしエクステリアデザインからもわかるとおり、エクシーガのマイナーチェンジモデルと言える出来で、最低地上高が上がり、2.5Lエンジンのみとなった以外、前型からスペックに変更はない

 

スバルで人気のクロスオーバーモデル「レガシィアウトバック」にならい、ターゲットを変更したモデルだ

レガシィアウトバック スペック・価格:創る遺産 新型レガシィB4/アウトバックに比較は不要?

 

 

そんなクロスオーバー7の売りは、オフロード走行性能以外にもう1つ

 

タンカラーになったインテリアだ

 

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 インテリア 画像

f:id:carislife:20150416210837j:plain

f:id:carislife:20150416210838j:plain

f:id:carislife:20150416210841j:plain

 

エクシーガの性格にこのカラーがあっているかは悩むところだけれど、この部分も「上質なクロスオーバー」を売りにするレガシィアウトバックと同じだね

 

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 ユーティリティ 解説動画

 

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 シートレイアウト・ラゲッジスペース 画像

f:id:carislife:20150416210843j:plain

f:id:carislife:20150416210844j:plain

f:id:carislife:20150416210842j:plain

 

スバルを有名にした安全技術「アイサイト」は、現行モデルの多くに採用されている最新バージョン「ver.3」ではなく、前型と同じく、検知距離が短い「ver.2」となっている

 

▼スバル エクシーガ クロスオーバー7 採用 アイサイト ver.2

f:id:carislife:20150416210845j:plain

 

現在も人気の7人乗りミニバンながら、室内空間に高さがないことで販売不振だったエクシーガ

 

SUVとすることで、全高の低さによるメリットを出すことができると思うけれど、各所には古さも見える

 

ターゲット層の変更でどれほど販売を伸ばすか、注目が集まりそう