車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

最上級3列シートSUV!マツダ 新型 CX-8 発表 12月14日発売 価格319万6800円~

f:id:carislife:20170914115936j:plain

マツダは、新型フラッグシップSUV「CX-8」を発表

 

マツダの3列シートはSUVに

 

新型2.2Lディーゼル搭載 7人乗り、6人乗りからチョイス!マツダ 新型 CX-8

▼マツダ CX-8 外装 画像

f:id:carislife:20170914115958j:plain

f:id:carislife:20170914111143j:plain

f:id:carislife:20170914111146j:plain

マツダ CX-8 概要・スペック・価格

  • マツダの日本国内向け新世代商品のフラッグシップとなる3列シートクロスオーバーSUV
  • 新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面採用
  • 予約受注を開始し、12月14日に日本発売
  • 月間販売目標台数は1200台
基本スペック
  • 全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
  • ホイールベース:2930mm
  • エンジン:直列4気筒2.2Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」
    少量の燃料を多段、微細噴霧化して噴射する「急速多段燃焼」、段付きエッグシェイプピストン、超高応答マルチホールピエゾインジェクター、可変ジオメトリーターボチャージャーなどの新技術により、これまでの同型エンジンから最高出力+15ps、最大トルク+3.1kgmに
  • 最高出力:190ps/4500rpm
  • 最大トルク:45.9kgm/2000rpm
  • トランスミッション:6速AT「SKYACTIV-DRIVE」
  • 駆動:FF or 4WD
  • 燃費:JC08モード 17.6km/L、WLTCモード 15.8km/L
  • 最低地上高:200mm
  • ラゲッジ容量:239L~572L
  • 車重:1780kg
  • 乗員:6名 or 7名
その他スペック

デザイン

  • ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」「ソウルレッドクリスタルメタリック」など、全7色を設定
  • インテリアに、本物の素材として本杢パネルやナッパレザーを採用。「こだわりの書斎」を思わせる上質な空間に
  • 本革とファブリックによる4種類の内装を設定。「XD L Package」の本革内装(2種類)では、部位の上下でツートーンの色を使い分け

走行性能

  • ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを制御する「G-ベクタリングコントロール」を全機種標準採用
  • より大型の海外専用「CX-9」のサスペンション基本構造をもとに減衰力などを専用に調整。「リバウンドスプリング」をフロントダンパーに採用し、コーナリング時の安定性を向上
  • ブレーキは、前輪に17インチのベンチレーテッドディスク、後輪に17インチのソリッドディスクを採用し、大径マスターシリンダーにより高い制動力とコントロール性を両立

快適性

  • 3列目シートは、身長170cmでも無理なく快適に過ごせる空間を確保
  • 2列目シートには、左右分割のキャプテンシート(6人乗り)とベンチシート(7人乗り)を設定。
    「XD L Package」専用のキャプテンシートには、中央に充電用USB端子付大型コンソールボックスを装備
  • 室内天井部やDピラー付近へ吸音材を配置し、すべての乗員が普段の声量で快適に会話が楽しめる静粛性を実現
  • リフトゲート上部へパーティングシールを配置。「XD L Package」に標準設定のルーフレールには空気の流れを乱さない空力形状を採用し、走行中の風騒音を低減
  • 前輪ダンパーへのダイナミックダンパー設定、後輪フェンダーパネルへの制振材採用などにより、ロードノイズ音源となる車体の共振を抑制

安全性能

  • 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備
  • 車両の前後左右にある4つのカメラ映像を走行状況に応じて切り替えてセンターディスプレイに表示する「360°ビュー・モニター」を設定
マツダ CX-8 価格
  • 価格:319万6800円~419万400円

公式サイト:【MAZDA】CX-8

【関連記事はこちら】

詳細:マツダ新型CX-8 12月14日発売!価格や燃費、ボディサイズ、スペックは?

 

フルモデルチェンジしたSUV「CX-5」を発売していたマツダ

CX-5:i-ACTIVSENSE標準化!マツダ 新型 CX-5 / アテンザ 改良2017 価格249万4800円〜

 

新たに日本に導入される「CX-8」は、海外で販売している3列シートSUV「CX-9」より一回り小さいサイズとすることで乗りやすくした、マツダの新しい日本最上級モデル

CX-9:新開発2.5Lターボ搭載!マツダ 3列シートSUV 新型 CX-9 発表

 

パッケージは、3列シートSUVのライバルより大きめサイズで3列目に余裕を、普段使いも重視することで室内の使いやすさをアップ

 

▼マツダ CX-8 内装 画像

▽6人乗りキャプテンシート

f:id:carislife:20170914115940j:plain

▽7人乗りベンチシート

f:id:carislife:20170914115943j:plain

f:id:carislife:20170914111103j:plain

f:id:carislife:20170914111109j:plain

 

走りでは、これまで他モデルに搭載してきたディーゼルエンジン「スカイアクティブD 2.2」を改良し、燃料を多段微細噴射する「急速多段燃焼」、可変ジオメトリーターボなどの新技術を採用することで、出力を15ps/3.1kgmアップした190ps/45.9kgmに

 

駆動トルクを制御する「G-ベクタリングコントロール」やリバウンドスプリング採用フロントダンパー、大きなストッピングパワーを持つブレーキも組み合わせ、サイズの大きいCX-8の走りを気持ちよく

 

f:id:carislife:20170914115947j:plain

インテリア素材は、フラッグシップモデルらしく本物素材にこだわり、本杢パネルやナッパレザーを採用

 

室内各部からのノイズ侵入を徹底して防ぐことで、3列目シートまで快適な会話が可能とした

 

f:id:carislife:20170914111113j:plain

f:id:carislife:20170914111117j:plain

f:id:carislife:20170914111120j:plain

f:id:carislife:20170914111124j:plain

f:id:carislife:20170914111127j:plain

f:id:carislife:20170914120001j:plain

 

「SKYACTIV」と「魂動デザイン」という人気要素が導入されていない「プレマシー」「ビアンテ」のみだったマツダの3列シートモデル

 

年内の生産終了を予定する2台にかわって登場する新型CX-8は、マツダの勝負モデルらしい気合が感じられる最上級だね

 

▼マツダ CX-8 動画