New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

1/7発売!マツダCX-5/アテンザ 紳士なマイナーチェンジ

f:id:carislife:20141120195928j:plain

11/24:CX-5、アテンザエクステリア、インテリア詳細動画を追加しました。

 

マツダがミドルサイズSUV「CX-5」と、フラッグシップ「アテンザ」のマイナーチェンジを発表

 

まさにアップデートだね

 

下位モデルが出揃ったからこそ、上位モデル見直し 

▼追加 Mazda CX-5 エクステリア・インテリア詳細動画

▼CX-5 

f:id:carislife:20141120195930j:plain

f:id:carislife:20141120195932j:plain 

f:id:carislife:20141120195938j:plain

f:id:carislife:20141120195940j:plain

マツダ CX-5/アテンザ マイナーチェンジ 改良ポイント・価格

  • 発売日:2015年1月7日
安全性能改良
  • 国内メーカー初となるLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」
  • 「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」の検知範囲を広げ、側方から接近する車両も検知する「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、後退時に接近する車両を検知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」
  • 「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」、「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」をマツダ車初採用
走行性能改良
  • 新構造前後ダンパー
  • フロントロアアームブッシュ形状最適化
  • ノイズ低減を図り、車内に伝わる騒音を、
    アテンザでは荒れた路面走行時で従来比約10%、高速走行時で約25%低減、
    CX-5では高速走行時に車内に伝わる騒音を従来比約10%低減
デザイン・快適性
  • 新エクステリアデザインを採用
  • 白の本革内装はピュアホワイトに変更
  • アテンザの本革内装には新たなカラーコーディネーションを採用
  • CX-5は、電動パーキングブレーキ(EPB)を全車標準装備、ファブリックシートはセンター部分に新開発のグロスブロッククロスを採用
  • カーコネクティビティシステム「マツダ コネクト」を、ドライビング姿勢を崩すことなく操作ができるコマンダーコントロールと合わせて全車標準装備
価格
  • アテンザ:276万4800円396万9000円
  • CX-5:244万6200円~348万8400円

【関連記事はこちら】

新型アテンザ:Gベクタリング&質感UP!マツダ 2016新型 アテンザ / アテンザワゴン マイナーチェンジ 8月25日発売

新型CX-5:2.5Lターボ搭載 全域さらに上質に!マツダ 新型 CX-5 公開

下位モデル CX-3:立駐サイズ ディーゼルのみ マツダ CX-3 価格MT/AT同じ 燃費25.0km/L 

 

基本骨格が共通のCX-5とアテンザのマイナーチェンジは、改良内容もほぼ一緒

 

大きく分けると、安全装備の進化、静粛性改善、新デザイン採用の3つになる

 

デミオやCX-3を発表し進化した、マツダのノウハウを詰め込んだアップデートになっているんじゃないかな

 

▼追加 Mazda6(アテンザ)エクステリア・インテリア詳細動画

▼アテンザ 

f:id:carislife:20141120195944j:plain

f:id:carislife:20141120195946j:plain

f:id:carislife:20141120195947j:plain

f:id:carislife:20141120195949j:plain 

f:id:carislife:20141120195951j:plain

f:id:carislife:20141120195953j:plain

 

そんな改良で、国内メーカー初採用の「アダプティブ・LED・ヘッドライト」は目を引くね

 

4分割されたLEDライトが自動でロービームに切り替えを行うため、常時ハイビームで走行が可能

 

アダプティブ・LED・ヘッドライト

 

他車にも優しいし、なにより視界を最大限確保できるのでドライバーも運転していて楽だね

 

分割切りかえが可能なライトは、採用例がある海外メーカーでもまだ、超高価格帯のモデルにしか採用されていない装備なので、一気に価格を引き下げたことになる

 

 

ノイズ低減や走行性能改善も行われているので、いつでも安全、快適に走りを楽しめる改良になったんじゃないかな

 

外観ももちろん注目されると思うけれど、どちらかと言えばクルマの基本性能を磨いた新型CX-5とアテンザだね

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。