車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ジープ新型チェロキー最新情報】マイナーチェンジ2018年10/20日本発売!トレイルホーク、燃費、価格は?

f:id:carislife:20180117090358j:plain

ジープが、ミドルクラスSUV「チェロキー」の日本仕様マイナーチェンジを発表しました。

 

マイナーチェンジによりスタイルや性能が進化する新型チェロキーについて、スペックや価格などの最新情報をご紹介します。 

 

▼この記事の目次

 【最新情報】ジープ新型チェロキーにマイナーチェンジ日本発売!

▼ジープ新型チェロキートレイルホークの画像

f:id:carislife:20180117090441j:plain

ジープは、SUV「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを日本導入を発表しました。

 

ジープ・チェロキーは、ジープブランドを代表するチェロキーシリーズの1モデルとしてラインナップされ、フラッグシップSUVのグランドチェロキーに次ぐ上位モデルとなっています。

 

ジープは2017年からブランドのラインナップを次々と改良しており、グランドチェロキーをマイナーチェンジ、ラングラーとコンパスはフルモデルチェンジ、これに主力のチェロキーも続くことになります。

 

▼ジープ新型チェロキーの動画

▼ジープ・グランドチェロキー

新デザインに!ジープ「グランドチェロキー」マイチェン新型 日本発売 価格494万6400円~

▼ジープ・ラングラー

【ジープ新型ラングラー最新情報】フルモデルチェンジ2018年10/25日本発売!スペックや価格、燃費は?

▼ジープ・コンパス

ジープ新型コンパス フルモデルチェンジ!12月2日発売 スペックや価格、燃費は?

 

ジープ新型チェロキーの【主な変更点まとめ】

f:id:carislife:20180117090521j:plain

▼ジープ新型チェロキーの変更点

  • 外装と内装に質感をあげた新デザインを採用
  • 新開発した直列4気筒2Lターボエンジンを搭載
  • エンジンの遮音カバーを追加することで、ノイズを軽減
  • フロントサスペンションを見直し、オンロードでのハンドリングを改善
  • ジェスチャーでリアゲートを開くことができる「ハンズフリーパワーリフトゲート」をジープブランド初採用
  • ヘッドライト、デイタイムランニングライト、フォグライト、テールライトのすべてをLED化し全グレードに装備
  • 日本導入記念限定車「ロンジチュード・ローンチエディション」を設定

 

ジープ新型チェロキーの外装(エクステリア)デザイン

▼ジープ新型チェロキー

f:id:carislife:20180117090850j:plain

f:id:carislife:20171221112402j:plain

ジープ新型チェロキーの外装は、新世代のブランドデザインに変更され、さらに上質な仕上げになりました。

 

f:id:carislife:20180117090837j:plain

これまで上下分割されていたヘッドライトは大型化され、機能を集約したLEDライトを全車に装着することで印象を強く。

 

バンパーは上位のグランドチェロキーからくる水平基調なものになっています。

 

▼ジープ新型チェロキートレイルホーク

f:id:carislife:20180117090247j:plain

f:id:carislife:20180117090250j:plain

f:id:carislife:20180117090834j:plain

最高峰の悪路走破性能を持つ人気モデルの新型チェロキートレイルホークは、ベースモデルからアップされる車高を強調するように、バンパーや車体下部をブラックアウトし、ボンネットも2トーンになっています。

 

新型ジープ・チェロキーを前モデルと比較!

▼ジープ・チェロキー(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170519/20170519132042.jpg

ジープ新型チェロキーを前モデルと比較すると、デザインの変化がより大きく感じられます。

 

前モデルではブランドをより多くのユーザーにアピールするため、イメージリーダーとして先進的なデザインが採用されていました。

 

しかし近年ではSUVの人気が高まり、タフなスタイルをジープに期待する声が増えていたことから、新型チェロキーではより重厚感あるスタイルに仕上げられました。

 

ジープ新型チェロキーのボディサイズは?

▼チェロキー(ベースモデル)

f:id:carislife:20180117090844j:plain

▼チェロキートレイルホーク

f:id:carislife:20180117085918j:plain

▼ジープ新型チェロキーのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高
    ベースモデル:4665×1860×1725mm
    トレイルホーク:4630×1905×1740mm
  • ホイールベース:2720mm
  • 車重:1760kg

ジープ新型チェロキーのボディサイズは、ベースモデルと悪路走破性を高めたチェロキートレイルホークで違いがあります。

 

トレイルホークはワイドなフェンダーを持つことで全幅を45mm拡大し、15mm車高をあげることで最低地上高もアップ、タフな走りが可能になっています。

 

ジープ新型チェロキーの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180117090827j:plain

ジープ新型チェロキーの内装には、より洗練されたデザインとするクロームパーツが採用されました。

 

f:id:carislife:20180117090817j:plain

f:id:carislife:20180117090811j:plain

形状も変更され、エアベントを再設計したほか、シフターとコンソールが再構成されてスマートフォンの収納スペースを増加。

 

f:id:carislife:20180117090804j:plain

f:id:carislife:20180117090840j:plain

タッチに対応するインフォテインメントシステムは、Apple CarPlayとAndroid Autoを採用することでスマートフォンとの連携を強化。

 

後部コンソールには、リアシートの乗客用にUSB充電ポートが追加されました。

 

f:id:carislife:20180117090830j:plain

f:id:carislife:20180117092509j:plain

ラゲッジスペースは697Lから792Lに大幅に拡大し、これまでは不可能だったゴルフバッグ2個を搭載することができるようになっています。

 

これは、ユーザーによっては使用されることがなかったラゲッジボックスを除去し、85mm荷室幅を広げたことによるものです。

 

また、リアゲートには足先によるジェスチャーだけで開くことができるハンズフリーパワーリフトゲートがジープブランドで初採用されています。

 

ジープ新型チェロキーのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20171221120612j:plain

▼ジープ新型チェロキーのエンジンとスペック

  • 【ロンジチュード】
    直列4気筒2.4Lガソリン
    最高出力:177ps
    最大トルク:23.5kgm
  • 【リミテッド】【トレイルホーク】
    直列4気筒2Lガソリンツインターボ【新開発】
    最高出力:272ps
    最大トルク:40.8kgm
  • トランスミッション:パドルシフト付き9速AT
  • 駆動:4WD

ジープ新型チェロキーには、全面改良を受けたラングラーにも搭載された新開発の2Lガソリンターボエンジンが採用されました。

 

▼参考:チェロキー(前モデル)搭載3.6Lエンジンのスペック

  • V型6気筒3.6Lガソリン
  • 最高出力:289ps
  • 最大トルク:35.9kgm

新開発2Lターボエンジンは、これまでも搭載されてきたV型6気筒エンジンより1.6Lも排気量が縮小されていますが、ターボによりトルクをアップし燃費も改善。

 

ツインスクロール式ターボチャージャーの搭載により、低回転から優れたレスポンスを発揮するエンジンに仕上げられています。

 

組み合わせられる9速オートマチックトランスミッションは、最新のソフトウエアが搭載され、より軽快な走りが可能になっています。

 

ジープ新型チェロキーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ジープ新型チェロキーの燃費

  • 2.4Lガソリン:10.2km/L
  • 2Lターボ:10.4km/L

ジープ新型チェロキーの燃費は、2Lターボエンジンの搭載により改善されました。

 

前モデルは3.6Lエンジンで10.1km/Lとなっていましたが、2Lターボエンジンでは日本燃費で10.4km/Lとされました。

 

ジープ新型チェロキーの安全装備は?

f:id:carislife:20181012092301j:plain

ジープ新型チェロキーの安全装備には、改良された先進システムが採用されています。

 

f:id:carislife:20181012092424j:plain

システムには、クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付の前面衝突警報に新たに歩行者検知機能を追加したほか、縦列駐車時などに車両側面の障害物を検知する側面距離警報を全車標準装備。

 

設定速度を超えるとエンジン出力を下げて速度超過を防ぐアクティブスピードリミッターも装備されました。

 

f:id:carislife:20181012092426j:plain

▼ジープ新型チェロキーの安全装備

  • ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
    車線変更や駐車スペースからバックで出る際など、側方や後方の死角に他車両などが入ってきた時、ドアミラー上のアイコンが点灯、警告音でお知らせ
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
    車線の外側に出ている場合やドライバーが一定時間ステアリングホイールから手を離している場合、警告ランプやハンドルに振動を与えることでドライバーに注意喚起、自動でハンドルを補正
  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション、歩行者検知機能付)
    他車両に急接近しそうになった場合、音と表示、短く鋭くブレーキをかけて警告。減速操作がない場合は自動的にブレーキをかけ衝突被害を軽減
  • PARKVIEWリアバックアップカメラ
    自車後方の広角映像にステアリング角度に応じて曲がるダイナミックグリッドラインを表示し、駐車スペースや狭い場所への後退操作をサポート
  • ParkSenseフロント / リアパークアシスト
    駐車時に障害物を感知し音声で警告、車両後方の死角にある障害物までの距離を表示
  • ParkSense縦列 / 並列パークアシスト&アンパークアシスト
    ステアリングを自動的にコントロールし、駐車スペースへの車両の出し入れをサポート
  • 側面距離警報
    側面の障害物を検知し音と表示により警告
  • アダプティブ クルーズ コントロール<STOP&GO機能付>
    速度を自動調節し安全な車間距離をキープ。前方車両が停止後2秒以内に動きだした場合、ドライバーの操作なしで直前の走行速度に復帰

 

ジープ新型チェロキーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ジープ新型チェロキーの価格

  • LONGITUDE:2019年春発表
  • 【導入記念限定車】
    LONGITUDE LAUNCH EDITION:429万円
  • LIMITED:479万円
  • TRAILHAWK:2019年春発表

ジープ新型チェロキーの価格は、上位グレードのリミテッドで前モデルから20万円の価格ダウンになっています。

 

導入記念限定車となるロンジチュード・ローンチエディションは、レザーシートとフロントシートヒーターといった豪華装備のほか、スライディングリアシート、リアディープティンテッドガラス、セキュリティアラームにより機能装備も充実。

 

ボディカラーは、ダイアモンドブラッククリスタルP/C、ブライトホワイトC/Cの2色を設定し、内装色はいずれもブラックで各100台の限定となっています。

 

▼参考:ジープ・チェロキーの価格(前モデル)

  • TRAILHAWK:494万1000円
  • LIMITED:499万5000円

 

ジープ新型チェロキーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ジープ新型チェロキーは、2018年1月のデトロイトモーターショーで世界初公開され、日本発売日は2018年10月20日とされました。

 

日本導入開始当初のグレード展開は、エントリーモデルをベースとした導入記念限定車「ロンジチュード・ローンチエディション」と上級モデル「リミテッド」のみとなり、2019年春におって「ロンジチュード」と最上位オフローダー「トレイルホーク」がラインナップされる予定です。

 

ジープ・チェロキーを「おさらい」

▼ジープ・チェロキー(初代) 

1974 Jeep Cherokee S - Beach.jpg

ジープ・チェロキー(Jeep Cherokee)は、初代が1974年に登場したSUVです。

 

初代はジープらしい高い車高をもったステーションワゴン「ワゴニア」の2ドアバージョンとして製作され、ジープのスポーティモデルとして販売されました。

 

1984年に登場した2代目では車体が新しくなり、ラダーフレームを使用せず軽く仕上げたモノコックボディを採用。

 

2001年に発表された3代目と2007年の4代目は、北米でチェロキーの後継車としてジープ・リバティという名前で販売されましたが、米国外では引き続きチェロキーの名前が使用されました。

 

現行モデルとなる5代目は2013年に登場し、初代から続いていた角を強調するスタイルを大幅に変更。

 

フロントライトは特徴的なデザインとされ、ターンシグナルとLEDデイライトが上部に、ヘッドライトが中段に、フォグランプは下段に配置されました。

 

マイナーチェンジする新型チェロキーでは、ターンシグナルとヘッドライトが上段に集約されたオーソドックスなSUVスタイルに変化しました。

 

新型チェロキーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!