車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ポルシェ新型911最新情報】992型フルモデルチェンジ日本発売!カブリオレ/タルガ、価格とスペック、燃費は?

f:id:carislife:20190110091625j:plain

ポルシェが、ブランドを代表するスポーツモデルである「911」の新モデルを発表しました。

 

全面改良によりその性能を大幅に伸したポルシェ新型911について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ポルシェ新型911カブリオレにフルモデルチェンジ日本発売!

▼ポルシェ新型911カブリオレの画像

f:id:carislife:20190110091638j:plain

ポルシェが、フルモデルチェンジした「911カブリオレ」の日本発売を発表しました。

  

ポルシェ911は、ブランドの中で最も知名度を持つ伝統的モデルとして販売され、上級スポーツカーのベンチマークとされるマシンです。

 

8代目で992型となったポルシェ新型911は2018年11月にクーペを発表し、ブランドの最新デザインやパワートレインを搭載することで魅力をアップ。

 

オープンモデルとなる新型911カブリオレでは、最新の性能と最高峰のラグジュアリー性が両立されています。

 

▼ポルシェ新型911カブリオレの動画

 

ポルシェ新型911の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ポルシェ新型911の主な変更点

  • オープンモデルとなる「911カブリオレ」を追加ラインナップ
  • ポルシェ初の電気自動車として開発されている「タイカン」からくるテールランプを採用
  • 前モデルの改良により初搭載されたダウンサイジング水平対向6気筒3Lターボエンジンを搭載
  • 安全システムに世界初となる「ウェットモード」を装備。
    路面の水を検知し、適切なシャシーコントロールモードへの切り替えをサポート
  • PHEV(プラグインハイブリッド)モデルの設定を予定

ポルシェ新型911は、新開発された上級スポーツカー用プラットフォームを基礎に製作され、その性能を大幅に伸ばしています。

 

エンジンには、前モデルで初めて用意されたダウンサイジングターボエンジンのほか、プラグインハイブリッドの設定が公式に発表されています。

 

デザインも電動化を取り入れる最新世代であることをアピールするため、ポルシェ初の電気自動車として計画されているタイカンの要素を取り入れたものに変化しています。

  

ポルシェ新型911の外装(エクステリア)デザインは?

▼ポルシェ新型911の画像

f:id:carislife:20181128134049j:plain

f:id:carislife:20181128134105j:plain

f:id:carislife:20181128134247j:plain

ポルシェ新型911の外装は、歴代モデルから全体のイメージを引き継ぎながらも、新しいスタイルに変化しています。

 

f:id:carislife:20181128134328j:plain

f:id:carislife:20181128134321j:plain

f:id:carislife:20181128134325j:plain

全幅はトレッドの拡大により前モデルより広がっており、バンパー中央内には最新の安全システムに対応するセンサーも搭載。 

 

f:id:carislife:20181128134224j:plain

f:id:carislife:20181128134344j:plain

f:id:carislife:20181128134350j:plain

f:id:carislife:20181128134405j:plain

f:id:carislife:20181128134408j:plain

f:id:carislife:20181128134416j:plain

リアは特に大きく変更されており、ポルシェ初の電気自動車として製作されている「タイカン」からくる左右を繋いだ薄型のランプを搭載しています。

 

f:id:carislife:20181128134443j:plain

f:id:carislife:20181128134447j:plain

ヘッドライトにはLEDマトリクスシステムが採用され、視界の確保が支援されます。

 

f:id:carislife:20181128134441j:plain

ホイールはフロントが20インチ、リアが21インチとされ、大容量ブレーキが内部に収められています。

 

▼ポルシェ新型911の動画

▼ポルシェ・タイカン

【ポルシェ新型タイカン最新情報】電気自動車!SUVや日本発売日、価格、スペックは?

 

ポルシェ新型911を前モデルと比較!

▼ポルシェ911(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151007/20151007210414.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150907/20150907201342.jpg

ポルシェ新型911を前モデルと比較すると、フロントはグリルが大きく幅広いものに変更されています。

 

リアは911の特徴的なボディラインを残しながら、新しい形状のランプとバンパー内に配置されるエキゾーストパイプにより、印象が変化しています。

 

オープンスポーツ!ポルシェ新型911カブリオレ設定!

▼ポルシェ新型911カブリオレの画像

f:id:carislife:20190110092024j:plain

ポルシェが、新型911のオープンモデルとなる「911カブリオレ」を発表しました。

 

ポルシェ新型911カブリオレは、クーペと同じハイパワーなエンジンラインナップとされ、ソフトトップルーフを採用。

 

f:id:carislife:20190110092028j:plain

エンジンを搭載するリア部分のボリュームが大きくなっており、オープンエアを楽しむラグジュアリーなスタイルを進化。

 

f:id:carislife:20190110092017j:plain

折畳み式ソフトトップの開閉動作は12秒と歴代モデル最短に仕上げられ、50km/hまでなら走行中でも開閉が可能になっています。

 

ソフトトップにはガラス製リアウインドウが採用。高速走行中の変形を防ぐ設計とされ、オープン時には電動のウインド・ディフレクターを使用することができます。

 

f:id:carislife:20190110092022j:plain
車体は従来型カブリオレよりもエンジンマウントを固め、最低地上高を10mmダウン。

 

f:id:carislife:20190110092015j:plain

足回りにはハードなアンチロールバーとスプリングで構成されるアクティブサスペンションマネージメント(PASM)がオプション設定されています。

 

もう一つのオープン!ポルシェ新型911タルガトップ設定!

▼ポルシェ新型911タルガトップのスクープ画像

f:id:carislife:20190422083641j:plain

ポルシェ新型911には、カブリオレともう一つのオープンモデルとなる911タルガトップが設定されます。

 

f:id:carislife:20190422083643j:plain

新型911タルガトップはファンが多い独自のリアスタイルを採用し、専用のリアウィンドウを装備。

 

オープンエアとクーペのようなスタイルが両立されたモデルとなります。

 

ポルシェ新型911のボディサイズは?

f:id:carislife:20181128134623j:plain

ポルシェ新型911のボディサイズは、最新のプラットフォームを採用することで変更されています。

 

ハイパワーなモデルながら小さめになっていた全長は前モデルから+20mmとされますが、全幅は左右タイヤ間の幅(トレッド)を大きくとることで45mm拡大。

  

車重は車体を拡大しながらもアルミや高張力鋼板の採用拡大により、ボディ剛性をアップしながら維持されています。

 

▼参考:ポルシェ911のボディサイズ(前モデル)

  • 全長×全幅×全高:4499×1808×1294mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 車重:1430kg

 

ポルシェ新型911の内装(インテリア)デザイン

▼ポルシェ新型911の画像

f:id:carislife:20181128134510j:plain

f:id:carislife:20181128134516j:plain

ポルシェ新型911の内装は、最新技術を使用することで魅力あるデザインに変化しています。

 

f:id:carislife:20181128134520j:plain

タコメーターには前モデル同様にアナログ式が採用されていますが、センタークラスターには先に全面改良を受けているフラッグシップサルーンのパナメーラにも採用された10.9インチの大型ディスプレイ「アドバンスコックピット」を搭載。

 

f:id:carislife:20181128134528j:plain

シフトレバーは小型となり、その下にはパーキングなどのスイッチが配置することで、機能を小さな空間にまとめ、車両の操作がしやすくなっています。

 

▼ポルシェ・パナメーラ

550馬力 高速度サルーンに!ポルシェ 新型 パナメーラ 価格1591万円~ 試乗動画

  

ポルシェ新型911ターボのテストも開始!

▼ポルシェ新型911ターボのテスト車両の画像

f:id:carislife:20180424091507j:plain

ポルシェ新型911には、ハイパフォーマンスモデルとして「911ターボ」の設定が予定され、ドイツ・ニュルブルクリンクでテストする様子が撮影されています。

 

ポルシェ新型911ターボは、専用のリアウィングとクアッドエキゾーストを採用し、高い走行性能が感じられるスタイルになっています。

 

トレッドも拡大され、高速度域でのパフォーマンスもアップしています。

 

f:id:carislife:20180424091514j:plain

f:id:carislife:20180424091510j:plain

 

ポルシェ新型911のエンジンとスペックは?

▼ポルシェ製水平対向6気筒3Lターボエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150907/20150907201403.jpg

▼ポルシェ新型911のパワートレインとスペック

  • エンジン:水平対向6気筒3Lツインターボ
  • 最高出力
    911カレラ:390ps
    911カレラS:450ps
    911ターボ:600ps(追加設定予定)
  • 0-100km/h加速
    911カレラS:3.5秒(4WDモデルのカレラ4Sは3.4秒)
    ※カブリオレはクーペ+0.2秒
  • トランスミッション:7速MT or 8速デュアルクラッチ「PDK」
  • 駆動方式:RR or 4WD

ポルシェ新型911のエンジンには、前モデルに2015年のマイナーチェンジで搭載された最新のダウンサイジングエンジンが搭載されています。

 

▼参考:ポルシェ911のスペック(前モデル)

  • 911カレラ:370ps/45.9kgm
  • 911カレラS:420ps/51.0kgm
  • 911ターボ:540ps/72.4kgm

排気量を適正化することから「ライトサイジング(rightsizing)」と表現されるこのターボエンジンは、変更前の3.4L自然吸気エンジン(カレラSは3.8L)から20ps/6.1kgm出力をあげて前モデルのカレラSで420馬力としていましたが、新型911ではさらにパワーを向上。

 

450馬力とすることで、0-100km/h加速は0.4秒も短縮した3.5秒を実現しています。

 

加えて、オプションとなる「Sport Chrono Package」を装備することで、4WD駆動のカレラ4Sは100km/hまでのタイムを3.2秒まで短縮。

 

この速度は、前モデルの上位モデル911 GT3よりも早く、サーキットをターゲットとした最上位911 GT2 RSからも0.5秒差と小さくなっています。

 

トランスミッションは以前の7速から8速に多段化されたデュアルクラッチトランスミッションが標準となり、7速マニュアルトランスミッションも選択できるようになる予定です。 

 

▼ポルシェ911(前モデル)

燃費UP 3Lターボ!ポルシェ 2016新型 911カレラ / カレラ4 試乗動画

 

ポルシェ新型911を試乗動画でチェック!

▼ポルシェ新型911カブリオレ

▼ポルシェ新型911クーペ

ポルシェ新型911は、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった走行性能や質感が高い評価を受けています。

 

 

ポルシェ新型911にPHEV(プラグインハイブリッド)モデルを設定!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

▼ポルシェ新型911PHEVのスペック

  • 水平対向6気筒3Lターボ+電気モーター
  • 最高出力:500ps

ポルシェ新型911には電気モーターを搭載したPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが設定されることが、ポルシェ会長オリバー・ブルーメ氏のコメントにより判明しました。

 

新型911PHEVは、大型のバッテリーを搭載し車両重量が重くなることから一時開発の中止が噂されていましたが、オリバー・ブルーメ氏は投入を明言。

 

現在ポルシェは、パナメーラにハイパワーなプラグインハイブリッドモデル「パナメーラ4 E-ハイブリッド」を設定していますが、新型911PHEVは最高出力500ps以上、EV航続距離は10kmほど延長した60kmとなることが示唆されています。

 

新型911PHEVは、2020年に追加ラインナップされる予定です。

 

▼パナメーラ4 E-ハイブリッド

462馬力PHV追加!ポルシェ パナメーラ4 E-ハイブリッド 価格1407万円 試乗動画

 

ポルシェ新型911の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ポルシェ新型911の燃費

  • 911カレラS(RR):8.9L/100km(約11.2km/L)
  • 911カレラ4S(4WD):9.0L/100km(約11.1km/L)

ポルシェ新型911の燃費は、全幅が拡大されたことで前モデルからダウンしています。

 

前モデルのポルシェ911は、最新のターボエンジンにより以前の自然吸気エンジンから燃費を12%向上させ、カレラで13.5km/L、カレラ Sで13.0km/Lとなっていました。

 

新型911では出力も向上していますが、燃費のダウン幅が抑えられています。

 

ポルシェ新型911の安全装備は?

f:id:carislife:20181128134244j:plain

ポルシェ新型911の安全装備には、世界初となる「ポルシェ・ウェットモード」が採用されました。

 

ウェットモードは、路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整するとともにドライバーに通知。


ドライバーはスイッチを操作することで、安全性を重視する設定に切り替えることが可能になっています。

 

その他、新型911にはエマージェンシーブレーキや熱探知カメラを備えたナイトビジョン・アシスト、アダプティブクルーズコントロールなどが採用されています。

 

ポルシェ新型911の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ポルシェ新型911の価格

  • 911 カレラ S:1666万円
  • 911 カレラ 4S:1772万円
  • 911 カレラ S カブリオレ:1891万円
  • 911 カレラ 4S カブリオレ:1997万円

ポルシェ新型911はカレラSとカレラ4Sの日本価格が発表され、1666万円からとなっています。 

 

この価格は、1519万円とされていた前モデルのカレラSから147万円のアップになっています。

 

ポルシェ新型911の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ポルシェ新型911は、クーペが2018年11月28日のロサンゼルスモーターショーで公開、カブリオレが2019年1月に発表され、日本での受注も開始されました。

 

納車の開始はクーペが2019年前半、カブリオレが2019年夏の予定となっています。

 

ボディタイプはクーペとコンバーチブルのあと、遅れてタルガトップが設定される予定です。

 

ポルシェ911を「おさらい」

▼ポルシェ911(初代901型) 

Porsche-img 0305.jpg

ポルシェ911は、1964年に初代が登場したスポーツカーです。

 

初代は開発コードが「901型」とされ、市販車のモデル名も同じになる予定でしたが、プジョーが2桁目に「0」が入った3桁の数字をすべて商標登録していたため、現在の「911」に変更されました。

 

車体は、前後シートにそれぞれ2人ずつ乗り込むことができる2+2のシートレイアウトを実現するために、駆動系を車体後端に搭載したRRレイアウトとされています。

 

以前はRRレイアウトを採用した車両も多く販売されていましたが、室内空間を拡大するためには車両後部にラゲッジスペースをとることができるFFレイアウトが有利、スポーツカーとしての重量バランスを考えた場合には、エンジンを車体中心に配置できるFRやMRに魅力があることから、現在ではRRのポルシェ911は異色の存在になっています。

 

また、搭載するエンジンも採用メーカーが少なくなった水平対向式、1998年まで製造された4代目の993型まではエンジンの冷却方式も一般に採用されていた水冷式ではなく空冷式となっていました。

 

2011年に登場した前モデルの7代目991型では、アルミやマグネシウムなどの軽量素材を使用することで車重を60kg軽量化。

 

レーシングチームからの要望にこたえ、車両の安定性を増すためにホイールベースやトレッドを拡大。

 

エンジンを後部に搭載することにより、強力なトラクションとブレーキ性能を持つ独自のモデルとして販売されています。

 

新型ポルシェ911については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。