車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ジープ新型コンパス最新情報】2019年9月7日トレイルホーク日本発売!PHEV、スペックやサイズ、ハイブリッド燃費、価格は?

f:id:carislife:20171106114437j:plain

ジープが、SUV「コンパス」の新モデルを発表しました。

 

ジープの主力となることが期待され、存在感もアップした新型コンパスの変更ポイントやスペック、価格などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ジープ新型コンパストレイルホーク限定日本発売!

▼ジープ新型コンパストレイルホークの画像

f:id:carislife:20190830073221j:plain

f:id:carislife:20190830073224j:plain

ジープが、SUV「コンパス」の新モデルとなる「コンパストレイルホーク」の限定日本発売を発表しました。

 

ジープ新型コンパスは、ブランドのコンパクトSUVとして販売されていたモデルの2代目で、さらにジープらしい走りや存在感を持ったモデルとして、作りが大幅に改められ人気になっています。

 

f:id:carislife:20190830074219j:plain

新モデルとして日本導入が発表された新型コンパストレイルホークは、ジープ車の聖地とされるアメリカ・ルビコントレイルの過酷なオフロードをパスした車にのみに与えられる「Trail Rated」バッヂをコンパスとして唯一備えるモデルとして制作。

 

日本販売台数は限定152台とされ、タフなオフロードマシンに仕上げられています。

 

ジープ新型コンパスの【主な変更点】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ジープ新型コンパスの変更点

  • 最高峰のオフロード性能を持つ「コンパストレイルホーク」を限定導入。
    悪路走破性能を高める4WDシステムや、専用の車体下部保護パーツなどを装備

▽フルモデルチェンジ時の変更点

  • 前モデルで基本構造を共有し走破性能を高めていた「パトリオット」を統合し、悪路走行性能を向上
  • フラッグシップSUVのグランドチェロキー譲りの上質なエクステリアデザインを採用
  • 新型2.4Lエンジンを採用
  • Apple CarPlay、Android Autoに対応した最新インフォテインメントシステムにより、スマートフォンとの連携を強化
  • 後方の死角などにも対応する先進安全システムを搭載
  • プラグインハイブリッドモデルとなる「コンパスPHEV」の設定を予定。
    1.3Lガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた4WDシステムを採用。
    最上位モデル「トレイルホーク」をラインナップ

 

ジープ新型コンパスの外装(エクステリア)デザインは?

▼ジープ コンパス Limited(リミテッド)

f:id:carislife:20171106112116j:plain

f:id:carislife:20171106112609j:plain

▼ジープ コンパス Sport(スポーツ)

f:id:carislife:20171106112615j:plain

▼ジープ コンパス Longitude(ロンジチュード)

f:id:carislife:20171106112618j:plain

新型コンパスの外装は、ブランドのフラッグシップSUVであるグランドチェロキー譲りのデザインになっています。

 

これにより、ブランド最小のSUV「レネゲード」と上位の「チェロキー」という人気モデルの中間に位置ながら、しっかりした存在感に。

 

ブランドデザインの7スロットグリルや台形のホイールアーチなど、個性をもったモデルになりました。

 

新型コンパスをグランドチェロキー&前モデルと比較!

▼コンパス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220075139.jpg

▼グランドチェロキー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170216/20170216155803.jpg

前モデルのコンパスは、FF駆動をメインとした街乗り用クロスオーバーとして製作されていたことで、親しみやすいデザインが重視されていました。

 

しかし新型コンパスでは、ユーザーからニーズが大きかったジープのSUVらしい力強さを強化し、グランドチェロキーに近い直線的なフロントグリルやルーフラインが採用されています。

 

最高峰の走破性能を持つジープ新型コンパストレイルホーク日本導入!

▼新型コンパストレイルホーク

f:id:carislife:20190830073221j:plain

f:id:carislife:20190830074219j:plain

新型コンパスには、悪路走破性能を高めたジープブランドを代表するトップグレード「コンパストレイルホーク」の設定が発表されました。

f:id:carislife:20190830073224j:plain

f:id:carislife:20190830074230j:plain

コンパストレイルホークは、街乗りを重視したクロスオーバーとして作られた前モデルから、ジープらしいオフロード性能をもった新型への変化を象徴する存在になっています。

 

エクステリアには障害物に干渉しにくい専用のフロントバンパーが採用され、サスペンションをリフトアップすることで、30度のアプローチアングルや24度のブレークオーバーアングル、34度のデパーチャーアングルが確保されています。

 

f:id:carislife:20190830074225j:plain

さらに「マットブラックボンネットデカール」や「ブラックルーフ」を採用するほか、フロントグリルやドラミラー、フォグランプベゼルなどにダークグレーのアクセントを採用。

 

オフロード走行時にフロントサスペンションやトランスファーケース、フューエルタンクなどの重要部品を保護するスキッドプレートも装備され、耐久性がアップしています。

 

f:id:carislife:20190830074222j:plain

4WDシステムには、「AUTO」「SNOW」「SAND」「MUD」の4つの走行モードを路面状況に合わせて選択できる「セレクテレインシステム」を装備。

 

オフロードの低速走行で威力を発揮するローギアを組み合わせ、急な登坂や岩場など大きな駆動力を必要とする場面においても高い走破性が実現されています。

  

f:id:carislife:20190830074232j:plain

f:id:carislife:20190830074235j:plain

インテリアには「TRAILHAWKロゴ入りレザー/ファブリックシート」や「レッドステッチ入りインテリアアクセント」といった特別装備のほか、汚れた物を収納するときに便利な「リバーシブルカーゴフロア」や「ラバーフロアマット」など、アウトドアの利便性を高める装備を採用。

 

安全システムも「クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報」「LaneSense車線逸脱警報プラス」、車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」「Parkviewリアバックアップカメラ」など、上級グレード「リミテッド」と同等の装備となっています。

f:id:carislife:20190830074217j:plain

日本での限定販売台数は合計152台とされ、ボディカラー別に「モハベサンドC/C」が限定80台、「ブリリアントブラッククリスタルP/C」が限定72台となっています。

  

ジープ新型コンパスのボディサイズは?

f:id:carislife:20171106112207j:plain

▼新型コンパスのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4400×1810×1640mm
  • ホイールベース:2635mm
  • 車重:1630kg
  • 乗員:5人

新型コンパスのボディサイズは、前モデルから全長を75mm短縮し、街乗りでの取り回しがしやすく、悪路への対応力もあがっています。

 

▼新型コンパスのボディカラー

  • エグゾティカレッド
  • ミニマルグレー
  • ハイドロブルー
  • ブリリアントブラッククリスタル
  • ヴォーカルホワイト

ボディカラーには5色が用意され、上位グレードの「Longitude(ロンジチュード)」ではルーフをブラックにした2トーンカラーが楽しめるようになっています。

 

ジープ新型コンパスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171106112944j:plain

ジープ新型コンパスの内装には、ダッシュボード中央に第4世代目となる「Uconnectシステム」が配置されています。

 

f:id:carislife:20171106112938j:plain

「Uconnectシステム」は、画面の視認性や操作性が大幅に向上され、Apple CarPlayとGoogle Android Autoに対応することで、スマートフォンと連携した操作も可能に。

 

メールの送受信や通話、オーディオ操作、音声ナビゲーションなどが利用できます。

 

f:id:carislife:20171106112934j:plain

シートやドアトリムにはステッチをあしらうことで上質な空間に仕上げられました。

  

センターコンソールには、電子制御パーキングブレーキ、START&STOPシステムのメインスイッチ(スポーツとロンジチュードに搭載)、メディア充電・接続ポートなどが搭載されています。

 

上位グレードのコンパス リミテッドには、音響にBeats Audioプレミアムサウンドシステムが搭載され、迫力ある本格的なサウンドを楽しむことができるようになりました。

 

新型コンパスは収納スペースも使いやすく!

f:id:carislife:20171106113304j:plain

f:id:carislife:20171106112952j:plain

f:id:carislife:20171106113300j:plain

新型コンパスは、コンパクトモデルながら思い切り使えるように収納スペースの確保も重要ポイントとして開発されました。

 

助手席側には、ノートPCやタブレット端末を収納できる収納スペースが完備され、グローブボックスも大容量に。

 

可倒式の助手席と高さ調整機能付きカーゴルームにより、ラゲッジスペースに収まりきらないような長尺物の荷物にも対応できるようになっています。

 

ジープ新型コンパスのエンジン性能とスペックは?

f:id:carislife:20171106113429j:plain

▼ジープ新型コンパスのパワートレインとスペック

  • エンジン:直列4気筒2.4L自然吸気「マルチエア」
  • 最高出力:175ps/,400rpm
  • 最大トルク:23.4kgm/3900rpm
  • トランスミッション
    スポーツ/ロンジチュード:6速AT
    リミテッド:9速AT
  • 駆動方式
    スポーツ/ロンジチュード:FF
    リミテッド:AWD

新型コンパスには、従来モデルから燃費を向上した2.4Lエンジンが全車に搭載されています。

 

トランスミッションは、FF駆動の「スポーツ」「ロンジチュード」グレードに6速AT、4WDの「リミテッド」には多段化をすすめた9速ATが採用されます。

 

ジープ新型コンパスPHV設定!スペック、EV航続距離は?

f:id:carislife:20190306094144j:plain

f:id:carislife:20190306094154j:plain

f:id:carislife:20190306094253j:plain

▼ジープ新型コンパスPHEVのスペック

  • パワートレイン:直列4気筒1.3Lターボ+電気モーター
  • システム出力:240ps
  • 0-100km/h加速:7秒未満
  • EV航続距離:50km
  • 駆動方式:4WD

ジープは、コンパスに設定を予定するプラグインハイブリッドモデルを公開しています。

 

ジープは2022年までの5か年の中期経営計画において、電動化を推進する予定としており、コンパスPHVはその1モデルとなります。

 

f:id:carislife:20190306094259j:plain

f:id:carislife:20190306094150j:plain

パワートレインには直列4気筒1.3Lターボエンジンと電気モーターが搭載され、前輪をエンジンが、後輪駆動をモーターが駆動する4WDシステムを採用。

 

最上位オフロードモデル「コンパストレイルホーク」がラインナップされます。

 

EV航続距離は50kmと実用性に優れた設定になっており、電気モーターの大きなトルクを使用することで走行パフォーマンスも高められています。

 

ジープ新型コンパスの走りを試乗動画でチェック!

ジープ新型コンパスは試乗動画が公開されています。

 

アップした使い勝手やスタイルが高評価を受けています。

 

ジープ新型コンパスの安全装備は?

f:id:carislife:20171106113308j:plain

新型コンパスの安全装備には、各種エアバッグやエレクトロニック・スタビリティ・コントロール、トラクションコントロール、リアパークアシストが全車に標準装備されます。

 

f:id:carislife:20171106113059j:plain

Limitedグレードでは、クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付前面衝突警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、ParkSenseフロント・リアパークアシスト、Parkviewリアバックアップカメラなどの先進安全装備が追加で標準採用されています。

 

ジープ 新型コンパスの燃費性能は?

f:id:carislife:20171106113816j:plain

▼新型コンパスの燃費

  • スポーツ/ロンジチュード(FF駆動):11.9km/L
  • リミテッド(4WD):9.6km/L
  • 1.3Lプラグインハイブリッド:40km/L(予想値)

新型コンパスに搭載される2.4L自然吸気エンジンでは環境性能が改善されましたが、走破性能を意識し車体サイズに対し排気量が大きいため、燃費値では同クラスのSUVに譲っています。

 

新設定が予定されるレネゲードプラグインハイブリッドは、40km/Lほどの数値になると見られています。

 

ジープ新型コンパスのグレードと価格は?

f:id:carislife:20171106113824j:plain

▼ジープ新型コンパスの価格

  • コンパスSport(スポーツ):3,230,000円
  • コンパスLongitude(ロンジチュード):3,690,000円
  • コンパスLimited(リミテッド):4,190,000円
  • コンパスTrailhawk【152台限定】:4,136,400円

新型コンパスの価格は323万円からとなっており、米国ブランドの他モデルと同じく輸入SUVでは低価格で、国内メーカーのSUVとも比較しやすい設定になっています。

 

限定導入されたコンパストレイルホークは413万6400円と、最上級グレードのリミテッドより低価格になっています。

 

ジープ新型コンパスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ジープ新型コンパスに設定されたコンパストレイルホークは、2019年9月7日に日本で発売されます。

 

設定が予定されるプラグインハイブリッドモデルは、2019年後半から順次販売が開始される予定です。

 

ジープはより魅力的なつくりとした新型コンパスを発売することで、競合モデルが増えているSUV市場で、ジープ独自のスタイルや走行性能をアピールする予定です。

 

ジープ コンパスを「おさらい」

▼ジープ コンパス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160220/20160220075135.jpg

ジープ コンパス (Jeep Compass) は、ジープブランドで販売される小型クロスオーバーSUVです。

 

初代は2006年1月の北米国際オートショー(デトロイトモーターショー)で発表され、街乗りを主にするジープへのエントリー向けモデルとして製作されました。

 

そのため、米国オフローダーの聖地とされジープも開発車のテストを行う、シエラネバダ山脈にあるルビコントレイルを走破できることを表すトレイルレイテッドバッジが付かない最初のジープ車になりました。

 

▼ジープ パトリオット

f:id:carislife:20171106124232j:plain

前モデルは、悪路走行を視野に入れ伝統的なジープのデザインとしたジープ・パトリオットと基礎を共有していましたが、新型ではコンパスに統合されました。

  

新型コンパスは、前モデルのコンパスが持つ都市での乗りやすさと、パトリオットの悪路走行性能を両立したモデルに変化し、前モデルになかったトレイルレイテッドバッジも採用されるコンパストレイルホークがラインナップされています。

 

新型ジープ・コンパスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。