車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!RSトロフィーやスペック、価格は?

f:id:carislife:20180720090019j:plain

ルノーが、ハイパフォーマンスFFスポーツであるメガーヌRSのフルモデルチェンジ日本発売を発表しました。

 

全面改良によりスペックを伸ばしたルノー新型メガーヌRSについて、発売日や価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ルノー新型メガーヌRSをフルモデルチェンジ日本発売!

▼ルノー新型メガーヌRSの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195630.jpg

ルノーが、人気スポーツモデル「メガーヌRS」の日本導入を発表しました。

 

メガーヌRSは、先にフルモデルチェンジし日本に導入されているルノーの主力車のメガーヌに、モータースポーツ部門ルノー・スポールが手がけたハイパフォーマンスモデルとして用意されています。

 

前モデルでは、ホンダ・シビックタイプRとニュルブルクリンクFF駆動車最速タイムを競っていました。

 

新しく発表されたメガーヌRSは、新しいシャシーシステムやパワートレインを採用し走行性能をアップしています。

  

▼ルノー・メガーヌ(ベースモデル)

4輪操舵!ルノー 新型 メガーヌ / メガーヌスポーツツアラー フルモデルチェンジ2017 日本発売 価格263万円~

 

ルノー新型メガーヌRSの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSの変更点

  • 前モデルから200cc排気量を縮小しながらも出力をアップした、最新1.8Lターボエンジンを搭載
  • 4輪操舵システム「4CONTROL」を搭載することで、コーナリング性能を向上
  • 最新の6速デュアルクラッチトランスミッションを設定
  • ハイスペックモデルとなる「メガーヌRSトロフィー」の設定を予定

 

ルノー新型メガーヌRSの外装(エクステリア)デザイン

▼ルノー新型メガーヌRS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195640.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195634.jpg

ルノー新型メガーヌの外装は、エアロパーツなどにより専用のスポーツデザインに仕上げられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195624.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195620.jpg

ベースモデルから幅が拡大された車体は特徴となっており、ワイド&ローなスタイルに変更されています。

 

これはトレッド(左右輪幅)が拡大されたことによるもので、ブリスターフェンダーを採用することでタイヤを車体内に収めています。

 

▼ルノー新型メガーヌRSトロフィー

f:id:carislife:20180720090812j:plain

f:id:carislife:20180720090821j:plain

上位モデルとなる新型メガネRSトロフィーには、専用ボディカラーのリキッドイエローが用意され、「TROPHY」の文字が入るF1スタイルのフロントスプリッターを装備。

 

f:id:carislife:20180720090824j:plain

ホイールは2トーンの専用品となり、内部にはブレンボ製の大容量ブレーキシステムが収められています。

 

▼ルノー新型メガーヌRSトロフィーの動画

 

ルノー新型メガーヌRSをベースモデルと比較!

▼ルノー新型メガーヌ(ベースモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171004/20171004144227.jpg

f:id:carislife:20180122114551j:plain

ルノー新型メガーヌRSをベースモデルと比較すると、デザインの変更点がわかりやすくなります。

 

新型メガーヌRSのフロントバンパーには、ポジションランプ、フォグランプ、コーナリングランプとして機能するチェッカーフラッグをモチーフにした「R.S.ビジョン」を装備。

 

リアはセンター出しの大型マフラーに変更され、伝統のスポーツスタイルも取り入れられています。

 

ルノー新型メガーヌRSのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195654.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4410×1875×1435mm
  • ホイールベース:2670mm
  • 車重:1480kg
  • タイヤサイズ(前/後):245/35 R19 93Yタイヤ
  • 参考
    ・メガーヌ(ベースモデル)
     全長×全幅×全高:4395×1815×1435mm
     ホイールベース:2670mm

ルノー新型メガーヌRSのボディサイズは、より高い走行性能を持つために全幅が拡大されます。

 

これはトレッドをフロントで60mm、リアで45mm拡大したことによるもので、専用フェンダーが装着されます。

 

ルノー新型メガーヌRSの内装(インテリア)デザイン

▼ルノー新型メガーヌRS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195647.jpg

ルノー新型メガーヌRSの内装は、新世代になっているベースモデルからスポーティに変更されています。

 

メーターには7インチフルカラーTFTディスプレイが使用され、7インチマルチファンクションタッチスクリーンやマルチメディアシステム「R-Link2」も装備。

 

7インチタッチスクリーンから、走行モードや車内の環境をカスタマイズできる「ルノー マルチセンス」を操作することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180122135602j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912195651.jpg

シートは専用のスポーツタイプに変更し、メガーヌ ルノー・スポールを表す「R.S.」のアクセントもプラスされます。

 

▼ルノー新型メガーヌRSトロフィー

f:id:carislife:20180720091341j:plain

f:id:carislife:20180720091338j:plain

f:id:carislife:20180720091347j:plain

ハイスペックモデルとなる新型メガーヌRSトロフィーには、20mm低く配置することでさらに車両の動きを感じることができる、アルカンターラを使用したRecaroバケットシートが採用されています。

 

ルノー新型メガーヌRSのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180122140230j:plain

▼ルノー新型メガーヌRSのエンジンとスペック

  • エンジン:直列4気筒1.8Lターボ
  • 出力
    メガーヌRS:279ps/39.8kgm
    メガーヌRSトロフィー:300ps/42.8kgm(6速MT車はトルク40.8kgm)
  • トランスミッション
    パドルシフト付き6速デュアルクラッチ or 6速MT(欧州仕様)
  • 0-100km/h加速タイム
    メガーヌRS:5.8秒
    メガーヌRSトロフィー:5.7秒
  • 駆動方式:FF

ルノー新型メガーヌRSのエンジンには、ルノー・スポールが手がけた最新の1.8Lターボエンジンが搭載されています。

 

この1.8Lエンジンは前モデルから200cc排気量を縮小していますが、出力は7ps/3.1kgmアップしています。

 

新型メガーヌRSではこのパワートレインに加えて、リアホイールステアリングシステム「4Control」を搭載することで、後輪を最大2.7度操舵。300馬力を超えるライバルも圧倒するとする高速度のコーナリングを実現。

 

サスペンションには、ダンパー底部に内蔵されたセカンダリーダンパーによりリバウンドや振動を抑え、タイヤと路面の接地状態を最適に保つ4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)を採用。

 

この技術はラリー車からくるものとなっており、路面からの大きな入力時にもタイヤがグリップを失わず、サスペンションのよりリニアな制御を容易にしています。

 

f:id:carislife:20180720093457j:plain

その他メガーヌRSでは、フロントに前モデルから15mm拡大し直径355mmとしたブレンボ製4ピストンモノブロックキャリパー、リアにはTWR製モノピストンキャリパーを装着。

 

タイヤは専用開発されたブリヂストン「POTENZA S001」を選択し、駆動輪の左右間の回転差を常に監視し大きな差を検知するとグリップを失いかけている車輪に瞬間的にブレーキをかけ、コーナリング時のグリップを保つ電子制御トルク配分システム「R.S.デフ」も標準装備されています。

 

走行モードは「コンフォート」「ニュートラル」「スポーツ」「レース」「パーソナル」の5つ用意される「ルノー マルチセンス」により制御され、エンジン出力、アクセルレスポンス、自動変速操作、ステアリングフィール、ESC(横滑り防止装置)、4コントロールなどがシーンにあわせて最適化されます。

 

▼新型メガーヌRSトロフィーのターボチャージャー

f:id:carislife:20180720092832j:plain

ハイスペックモデルとなる新型メガーヌRSトロフィーは、ベースモデルから20ps/3.0kgmもスペックを向上し、2Lターボエンジンを搭載するライバルのホンダ「シビックタイプR」との比較で+2kgmとなる太いトルクを獲得。

 

この出力アップは、200,000rpmで回転するターボタービンにセラミック製のボールベアリングを組み合わせることで重量とフリクションを3分の1にまで減らしたターボチャージャーにより実現。

 

f:id:carislife:20180720091956j:plain

f:id:carislife:20180720091957j:plain

あわせてエキゾーストシステムも専用開発され、走行状況にあわせて左側パイプから覗くことができるメカニカル・バルブを開閉することで、エンジンのレスポンスが大幅に鋭くなっています。

 

加えてメガーヌRSトロフィーでは、アブソーバーを25%、スプリングを30%引き締めたサスペンションが採用されています。

  

メガーヌRSに搭載される1.8Lエンジンのパワートレインは、ルノーのプレミアムスポーツラインとして復活したアルピーヌA110にも搭載され、ルノーの主力スポーツパワートレインとなっています。

 

▼アルピーヌA110

【アルピーヌ新型A110最新情報】日本発売!スペックや価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171207/20171207095742.jpg

 

ルノー新型メガーヌRSの走行性能を試乗動画で確認!

ルノー新型メガーヌRSは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

動画からは、セールスポイントになるコーナリングでの高いパフォーマンスを見ることができます。

 

 

ルノー新型メガーヌRSの安全装備は?

f:id:carislife:20180122141623j:plain

ルノー新型メガーヌRSの安全装備には、12個のセンサー、2つのカメラ、ミリ波レーダーで車両の周囲360°の情報を解析する最新システムが採用されています。

 

これにより、衝突や車線逸脱を防止するほか、駐車可能なスペースを検出し自動でステアリング操作を行い縦列駐車や車庫入れをサポートする「イージーパーキングアシスト」も利用できるようになっています。

 

▼ルノー新型メガーヌRSの安全装備

  • イージーパーキングアシスト
  • エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)
  • SDW(Safety Distance Warning)車間距離警報
  • パーキングセンサー+リアカメラ
  • LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報
  • BSW(Blind Spot Warning)後側方車両検知警報
  • オートハイ/ロービーム
  • ヒルスタートアシスト
  • 運転席・助手席エアバッグ+前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグ

 

ルノー新型メガーヌRSの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型メガーヌRSの価格

  • メガーヌRS:440万円
  • メガーヌRSトロフィー:4万4100ユーロ(約570万円)

ルノー新型メガーヌRSの価格は、440万円と発表されました。

 

この価格設定は、420万円ほどの価格で複数回限定導入されていた前モデルのベースグレードから価格がアップしていますが、コンポジットスプリングやアルカンターラシートを装備していた最上級メガーヌRSトロフィーRの499万円からは低価格になっています。

 

出力をアップした新型メガーヌRSトロフィーは、さらなる上級モデルとして設定されます。 

 

ルノー新型メガーヌRSの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ルノー新型メガーヌRSは、日本で2018年8月30日に発売されました。

 

発売後は下位となるルーテシアRSとあわせ、ルノーのスポーツモデルがアピールされます。

 

上位モデルの新型メガーヌRSトロフィーは、欧州で2018年秋の発売予定となっており、今後、ホンダ「シビックタイプR」が持つニュルブルクリンクFF車最速タイム7分43.8秒の更新に向けてタイムアタックを行うと見られています。

 

▼ルノー・ルーテシアRS

最低価格23万円ダウン!ルノー新型「ルーテシアRS」マイナーチェンジ2017 試乗動画

 

ルノー・メガーヌを「おさらい」

▼ルノー・メガーヌ(初代)

Renaultmegane

ルノー・メガーヌ(Megane) は、1995年に初代が登場したCセグメントの乗用車です。

 

ルノーの主力車種として、これまで5ドアのハッチバックやワゴンのボディタイプのほか、2ドアクーペ、4ドアセダン、2ドアカブリオレなども設定されました。

 

スポーツモデルとしてフォルクスワーゲン・ゴルフGTIなどをライバルとするメガーヌ ルノー・スポール(RS)は、2002年に登場した2代目から設定されその走りが人気に。

 

2008年に登場した3代目のメガーヌRSでは、 セアト・レオンクプラやホンダ・シビックタイプRとドイツ・ニュルブルクリンクでのFF駆動車最速タイムを競い、一時最速記録も樹立。

 

タイムアタックモデルと同型の2Lエンジンを搭載したメガーヌRSは、 日本にも限定導入され短期間で完売。

 

複数回限定販売された後、2017年4月に最終モデルとなるメガーヌR.S.ファイナルエディションが販売されていました。

 

新型ルノー・メガーヌRSについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!