New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ルノー新型メガーヌ】310万円から!「新顔!」2021年8月26日マイチェン日本発売!最新情報、メガーヌRS/スポーツツアラー、価格は?

f:id:carislife:20200204070921j:plain

ルノーが、ミドルクラス「メガーヌ」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたルノー新型メガーヌについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅改良!ルノー新型「メガーヌ」マイナーチェンジ日本発売!

▼ルノー新型メガーヌスポーツツアラーの画像

f:id:carislife:20210826132600j:plain

ルノーが「メガーヌ」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

ルノー・メガーヌは、ブランドの主力車としてラインナップされ、ワゴンの「メガーヌスポーツツアラー」やスポーツモデルの「メガーヌRS」などを設定し、その運動性能やデザインが日本でも人気になっています。

 

f:id:carislife:20210826134652j:plain

マイナーチェンジした新型メガーヌでは、最新のデザインを採用したほか、インフォテインメントシステムに、スマートフォンとのミラーリングを可能にする「イージーリンク」を新採用。

 

安全システムには、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、ドライバー疲労検知アラート、リアクロストラフィックアラート、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付が追加されています。

  

ルノー新型メガーヌは2021年8月26日に日本発売。価格は310万円~504万円となっています。

 

▼ルノー新型メガーヌの動画

▼ルノー・メガーヌe

【ルノー新型メガーヌe】「新世代EV!」最新情報、航続距離や充電時間、サイズ、価格は?

▼ルノー・ルーテシア

【ルノー新型ルーテシア最新情報】フルモデルチェンジ発表!ルーテシアRS、発売日や価格、スペック、ハイブリッド燃費は?

▼ルノー新型キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー最新情報】フルモデルチェンジ!PHEV燃費やサイズ、発売日、価格は?

 

ルノー新型メガーヌの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型メガーヌの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • インフォテインメントシステムに、スマートフォンとのミラーリングを可能にする「イージーリンク」を新採用
  • 安全システムに、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、ドライバー疲労検知アラート、リアクロストラフィックアラート、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付を新採用
  • スポーツモデル「メガーヌRS」の出力を300psにアップし、メカニカルバルブを持つエキゾーストシステムを採用

 

310万円から!ルノー新型メガーヌの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型メガーヌの価格

▽メガーヌ(ハッチバック)

  • メガーヌ インテンス:3,100,000円
  • 【導入記念モデル】(10台限定)
    メガーヌ インテンス ファーストエディション:3,425,000円

▽メガーヌスポーツツアラー(ワゴン)

  • メガーヌ スポーツツアラー インテンス:3,300,000円
  • 【導入記念モデル】(10台限定)
    メガーヌ スポーツツアラー インテンス ファーストエディション:3,625,000円

▽メガーヌRS

  • メガーヌRS(6速EDC):464万円
  • メガーヌRSトロフィー
    6速EDC:504万円
    6速MT:494万円

ルノー新型メガーヌの価格は、310万円からとされています。

 

導入記念モデルの「ファーストエディション」はハッチバックとワゴンの各ボディタイプで10台の限定とされ、9月5日まで購入申し込みを受け付け、抽選販売されます。

   

上質感+!ルノー新型メガーヌの外装(エクステリア)デザインは?

▼ルノー新型メガーヌの画像

f:id:carislife:20200204070921j:plain

ルノー新型メガーヌの外装は、新設計されたデザインにより質感が高められています。

 

f:id:carislife:20200204071537j:plain

f:id:carislife:20200204071544j:plain

フロントには、新しいグラフィックを持つフルLEDヘッドライトを採用。

 

グリルにはクロームが使用され、新設計のバンパーを装備。

 

f:id:carislife:20200204071542j:plain

f:id:carislife:20200204071539j:plain

リアにはシーケンシャルターンランプを採用し、フロントにあわせLEDランプのデザインが変更されています。

 

▼ルノー新型メガーヌスポーツツアラー

f:id:carislife:20200204071952j:plain

f:id:carislife:20200204071955j:plain

新型メガーヌのボディタイプには、ワゴンの新型メガーヌスポーツツアラーも用意されて、用途にあわせた選択ができるようになっています。

 

新装備!ルノー新型メガーヌの内装(インテリア)は?

f:id:carislife:20210826134652j:plain

ルノー新型メガーヌの内装は、最新の装備を採用することで上質なデザインに仕上げられています。 

 

インフォテインメントシステムには、7インチタッチスクリーンを採用し、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新採用。

 

また、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも、7インチタッチスクリーンで操作可能とし、4つの運転モード(My Sense・Sport・Comfort・Eco)から好みの設定を選ぶことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20210826134928j:plain

ラゲッジスペース容量は、メガーヌが473L(リアシート格納時1367L)、スポーツツアラーで580L(リアシート格納時1695L)が確保され、使い勝手が高められています。 

  

出力UP!ルノー新型メガーヌRSも設定!

▼ルノー新型メガーヌRSの画像

f:id:carislife:20200204070725j:plain

ルノー新型メガーヌには、ハイパフォーマンスモデル「メガーヌRS」が設定されています。

 

f:id:carislife:20200204072340j:plain

f:id:carislife:20200204072343j:plain

f:id:carislife:20200204072347j:plain

ルノー新型メガーヌRSは、ベースモデルからくる最新のデザインを採用しながら、専用のエアロパーツによりアグレッシブなスタイルに。

 

エンジンには1.8Lターボが採用され、出力はこれまでベースモデルで279ps/39.8kgmとされていましたが、新型メガーヌRSでは上位モデルとして設定されていた「メガーヌRSトロフィー」と同じく300ps/42.8kgmまで大幅にアップ。

 

走行状況にあわせて開閉するメカニカルバルブを持つエキゾーストシステムを採用することで、エンジンのレスポンスがアップされています。

 

f:id:carislife:20200204084020j:plain

f:id:carislife:20200204072353j:plain

 

力強く!ルノー新型メガーヌのスペック、走行性能は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180122/20180122140230.jpg

▼ルノー新型メガーヌのパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 直列4気筒1.3Lターボ
    出力:159ps、最大トルク:27.5kgm
    トランスミッション:7速EDC(デュアルクラッチ)
  • 【メガーヌRS】
    直列4気筒1.8Lターボ
    出力:300ps/42.8kgm
    パドルシフト付き6速デュアルクラッチ or 6速MT(RSトロフィー)
  • 駆動方式:FF

▽海外仕様

  • 【メガーヌE-Tech】【新設定】
    直列4気筒1.6Lガソリン+電気モーター×2「PHV」
    エンジン出力:160ps
    バッテリー容量:9.8kWh
    EV航続距離:50km

ルノー新型メガーヌの日本仕様のパワートレインには、1.3Lガソリンターボエンジンが設定されています。

 

1.3Lエンジンは、ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーにより共同開発され、低速から力強い余裕のある走りを実現。

 

最高出力を発生する5500rpmの高回転域まで、伸びやかで爽快な加速が楽しめるように。

  

トランスミッションには、スムーズな変速と高い効率が特徴の湿式多板デュアルクラッチ電子制御「7速AT(7EDC)」が採用され、走りを楽しむことができるようになっています。

    

▼E-Techプラグインハイブリッド

f:id:carislife:20200204074039j:plain

その他、新型メガーヌには海外で「E-Techプラグインハイブリッド」も設定され、エンジンに直列4気筒1.6Lガソリンを採用し、2基の電気モーターと組み合わせ。

 

電力のみを使用し、50kmの走行が可能となっています。

 

良好!ルノー新型メガーヌの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型メガーヌの燃費(WLTCモード値)

  • 1.3Lガソリン
    メガーヌ(ハッチバック):17.5km/L
    メガーヌスポーツツアラー(ワゴン):16.6km/L

ルノー新型メガーヌの燃費は、新燃費規格WLTCモード値で17.5km/Lとされています。

 

ボディサイズを拡大したワゴンでも16.6km/Lと燃費の低下が抑えられ、選びやすくなっています。

 

機能充実!ルノー新型メガーヌの安全装備は?

f:id:carislife:20190402094753j:plain

ルノー新型メガーヌの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されています。

 

システムは、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警報)、ブラインドスポットワーニング(後側方車両検知警報)、トラフィックサインレコグニション(交通標識認識)、セーフティディスタンスワーニング(前方車間距離警報)、オートハイ/ロービーム、パーキングセンサー(フロント、リア)+リアカメラを採用。

 

改良では新たに、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、ドライバー疲労検知アラート、リアクロストラフィックアラート、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付を採用し、安全性が高められています。

   

使いやすく!ルノー新型メガーヌのボディサイズは?

f:id:carislife:20200204072921j:plain

▼ルノー新型メガーヌのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    メガーヌ:4395×1815×1485mm
    メガーヌスポーツツアラー:4635×1815×1495mm
  • ホイールベース
    メガーヌ:2670mm
    メガーヌスポーツツアラー:2710mm
  • 車重
    メガーヌ:1320kg
    メガーヌスポーツツアラー:1390kg
  • ※参考
    ・ルノー・ルーテシア
     全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm
     ホイールベース:2585mm

ルノー新型メガーヌのボディサイズは、コンパクトカー「ルーテシア」より全長約+320mmと大きく設計されています。

 

ワゴンモデルとなる新型メガーヌスポーツツアラーは、ハッチバックからホイールベースが+40mm、全長が+240mmとなり、大きなラゲッジスペースが確保されています。

 

いつ?ルノー新型メガーヌの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたルノー新型メガーヌは、2021年8月26日に日本で発売されました。

 

ルノーはメガーヌを改良することで、新世代になったルーテシアとあわせてアピールしていきたい考えです。

 

ルノー・メガーヌを「おさらい」

▼ルノー・メガーヌ(初代)

Renaultmegane

ルノー・メガーヌ(Megane) は、1995年に初代が登場したCセグメントの乗用車です。

 

ルノーの主力車種として、これまで5ドアのハッチバックやワゴンのボディタイプのほか、2ドアクーペ、4ドアセダン、2ドアカブリオレなども設定されました。

 

▼ルノー・メガーヌ(2代目)

Renault Megane front 20080625.jpg

スポーツモデルとしてフォルクスワーゲン・ゴルフGTIなどをライバルとするメガーヌ ルノー・スポール(RS)は、2002年に登場した2代目から設定されその走りが人気に。

 

▼ルノー・メガーヌ(3代目)

Renault Mégane-Mk3-5p Front-view.JPG

2008年に登場した3代目メガーヌのRSモデルでは、 セアト・レオンクプラやホンダ・シビックタイプRとドイツ・ニュルブルクリンクでのFF駆動車最速タイムを競い、一時最速記録も樹立。

 

タイムアタックモデルと同型の2Lエンジンを搭載したメガーヌRSは、 日本にも限定導入され短期間で完売。

 

複数回限定販売された後、2017年4月に最終モデルとなるメガーヌR.S.ファイナルエディションが販売されました。

 

▼ルノー・メガーヌ(4代目)

2018-03-06 Geneva Motor Show 2549.JPG

4代目となる現行モデルは2016年に登場。

 

ルノーと日産が共同開発した新プラットフォーム「CMF」を使用し、全長を64mm延長しましたが、スポーティなスタイルと走行抵抗低減を目的として全高は25mmダウン。

 

四輪操舵システム「4CONTROL」を採用することで、走行性能と取り回しの良さがアップされました。

 

新型ルノー・メガーヌについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。