New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ルノー新型メガーヌ最新情報】2020年マイナーチェンジ!スポーツツアラー/GT、ハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171004/20171004144227.jpg

ルノーが、ミドルクラスとして販売している「メガーヌ」のマイナーチェンジに向けて開発を進行しています。

 

改良により魅力をアップするルノー新型メガーヌについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ルノー新型メガーヌにマイナーチェンジ!スクープ画像撮影!

▼ルノー新型メガーヌのスクープ画像

f:id:carislife:20190801074204j:plain

ルノーが「メガーヌ」のマイナーチェンジに向けて開発を進行しています。

 

ルノー・メガーヌは、ブランドの主力車としてラインナップされ、ワゴンの「メガーヌスポーツツアラー」やスポーツモデルの「メガーヌRS」などを設定し、その運動性能やデザインが日本でも人気になっています。

 

マイナーチェンジする新型メガーヌでは、最新のデザインを採用するほか、デジタルメーターや大型インフォテイメントディスプレイを装備することで、ブランドの主力ミドルクラスに仕上げられます。

 

▼ルノー・メガーヌRS

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】日本発売!RSトロフィーやスペック、価格は?

▼ルノー・ルーテシア

【ルノー新型ルーテシア最新情報】フルモデルチェンジ発表!ルーテシアRS、発売日や価格、スペック、ハイブリッド燃費は?

▼ルノー新型キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー最新情報】フルモデルチェンジ!PHEV燃費やサイズ、発売日、価格は?

 

ルノー新型メガーヌの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型メガーヌの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • ハイブリッドパワートレインを新設定
  • デジタルメーターや大型インフォテイメントディスプレイを採用

 

ルノー新型メガーヌの外装(エクステリア)デザインは?

▼ルノー新型メガーヌのスクープ画像

f:id:carislife:20190801074322j:plain

ルノー新型メガーヌの外装は、新設計されたデザインによりスポーティな仕上げとされます。

 

フロントには、新しいグラフィックを持つLEDヘッドライトが採用され、それにあわせグリルやバンパーも新しいデザインに変更。

 

f:id:carislife:20190801074325j:plain

リアランプも先進的な新しいデザインとされ、リアバンパーとテールゲートも同時に変更。 

 

▼ルノー新型メガーヌスポーツツアラー

f:id:carislife:20190813072812j:plain

f:id:carislife:20190813072814j:plain

ボディタイプには、ワゴンの新型メガーヌスポーツツアラーも用意されます。

 

ルノー新型メガーヌを前モデルと比較!

▼ルノー・メガーヌ(前モデル)

f:id:carislife:20190402090306j:plain

f:id:carislife:20190402090309j:plain

ルノー新型メガーヌを前モデルと比較すると、デザインコンセプトを維持しながらより上質なデザインになっていることがわかります。

 

ブランドの主力モデルとして、新型メガーヌでは質感がアップされます。

 

▼ルノー・メガーヌスポーツツアラー(前モデル)

f:id:carislife:20190402090316j:plain

f:id:carislife:20190402090313j:plain

 

ハイパフォーマンス!ルノー新型メガーヌRSも設定!

▼ルノー新型メガーヌRSの画像

f:id:carislife:20190906073840j:plain

ルノー新型メガーヌには、ハイパフォーマンスモデルとしてメガーヌRSが設定されます。

 

f:id:carislife:20190906073842j:plain

ルノー新型メガーヌRSは、ベースモデルからくる最新のデザインコンセプトを採用しながら、専用のエアロパーツによりアグレッシブなスタイルに。

 

エンジンには高出力の1.8Lターボエンジンが採用されます。

 

ルノー新型メガーヌのボディサイズは?

f:id:carislife:20190801074329j:plain

▼ルノー新型メガーヌのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    メガーヌ:4395×1815×1435mm
    メガーヌスポーツツアラー:4635×1815×1450mm
  • ホイールベース
    メガーヌ:2670mm
    メガーヌスポーツツアラー:2710mm
  • 車重
    メガーヌ:1320kg
    メガーヌスポーツツアラー1480kg
  • ※参考
    ・ルノー・ルーテシア
     全長×全幅×全高:4048×1798×1440mm
     ホイールベース:2595mm

ルノー新型メガーヌのボディサイズは、新世代モデルが発表されたルーテシアより全長約+340mmと大きく設計されています。

 

ワゴンモデルとなる新型メガーヌスポーツツアラーでは、ホイールベースが+40mm、全長が+240mmとなり、大きなラゲッジスペースが確保されています。

 

ルノー新型メガーヌの内装(インテリア)は?

f:id:carislife:20190129085631j:plain

ルノー新型メガーヌの内装は、下位モデルのルーテシアにフルモデルチェンジで採用された最新の技術を搭載することで上質なデザインに仕上げられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190320/20190320094751.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190320/20190320094755.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190320/20190320094758.jpg

メーターにはプレミアムブランドで人気になっているデジタルメーターを採用し、デザイン変更に対応するほか、ナビゲーションなどもドライバーの確認しやすい位置に表示することができるようになります。

 

f:id:carislife:20190129085637j:plain

センターには、縦型の大型インフォテイメントシステムを搭載することで操作性を向上。

 

f:id:carislife:20190129085634j:plain

インテリア素材を見直すことで質感も大幅に引き上げられ、魅力ある空間がつくられます。

  

ルノー新型メガーヌのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190130091947j:plain

▼ルノー新型メガーヌのパワートレインとスペック

  • 「メガーヌ GT」「メガーヌ スポーツツアラーGT」
    直列4気筒1.6L ターボ
    出力:205ps、最大トルク:28.6kgm
  • 「メガーヌ GTライン」
    直列4気筒 1.2L ターボ
    出力:132ps、最大トルク:20.9kgm
  • 直列3気筒1L+ハイブリッド【新設定】
    出力:エンジン90ps+電気モーター40ps
  • 直列4気筒1.7Lディーゼルターボ
    出力:152ps/34.7kgm
  • 【メガーヌRS】
    直列4気筒1.8Lターボ
    出力:279ps/39.8kgm
  • 【メガーヌRSトロフィー】
    直列4気筒1.8Lターボ
    出力:300ps/42.8kgm
  • トランスミッション:7速EDC(デュアルクラッチ)
  • 駆動方式:FF

ルノー新型メガーヌのパワートレインには、ベースラインに1.2Lと1.6Lのガソリンターボ、新開発ハイブリッドシステムが搭載されます。

  

ハイブリッドモデルは、90psのガソリンエンジンと40psを発揮するモーターを組み合わせ、容量1.2kWhのバッテリーを搭載。

 

ルノーはこのハイブリッドシステムについて、「都市部では70%を電気で走り、EVのようだ」とコメントしています。

 

新型メガーヌにはその他、2L自然吸気エンジンなみのトルクを出す1.2Lエンジンと、205psの高出力を持つ1.6Lターボエンジンを搭載。

 

最上位モデルとなるメガーヌRSには、1.8Lターボエンジンが採用されます。

 

新型メガーヌシリーズの走行システムには、電子制御アクチュエーターでタイロッドを動かし最大2.7度リアタイヤを操舵する「4コントロール」を採用することで取り回しのしやすさと走行安定性を両立されます。

 

ルノー新型メガーヌの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型メガーヌの燃費

  • 1.2Lガソリンターボ:約18.7km/L(欧州値)
  • 1.7Lディーゼルターボ:約21.3km/L(欧州値)
  • 1Lハイブリッド:25km/L(予想値)

ルノー新型メガーヌの燃費は、新設定されるハイブリッドパワートレインにより改善されます。

 

現行モデルは1.2Lガソリンターボが欧州値で約18.7km/Lとなっていますが、新設定される1Lハイブリッドモデルでは25km/Lほどの数値が見込まれています。

 

ルノー新型メガーヌの安全装備は?

f:id:carislife:20190402094753j:plain

ルノー新型メガーヌの安全装備には、12個のセンサー、2つのカメラ、ミリ波レーダーで車両の周囲360°の情報を解析する最新システムが採用されます。

 

これにより、衝突や車線逸脱を防止するほか、駐車可能なスペースを検出し自動でステアリング操作を行い縦列駐車や車庫入れをサポートする「イージーパーキングアシスト」も利用できるようになります。

 

▼ルノー新型メガーヌRSの安全装備

  • イージーパーキングアシスト
  • エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)
  • SDW(Safety Distance Warning)車間距離警報
  • パーキングセンサー+リアカメラ
  • LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報
  • BSW(Blind Spot Warning)後側方車両検知警報
  • オートハイ/ロービーム
  • ヒルスタートアシスト
  • 運転席・助手席エアバッグ+前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグ

 

ルノー新型メガーヌのプラットフォームは?

▼ルノー日産「コモン・モジュール・ファミリー」画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171213/20171213100511.jpg

ルノー新型メガーヌには、ルノー・日産グループが開発した最新プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」が使用されます。

 

CMFは、プラットフォームを「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の4つにわけ、「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されます。

 

これにより、セグメント(車格)ごとに設計されていたプラットフォームを部分的に共通化することが可能になり、コンパクトカーから上級セダン、SUVまで幅広く対応し、コストを下げることが可能になっています。

 

ルノー新型メガーヌの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ルノー新型メガーヌの価格は、装備の充実により前モデルからアップします。

 

しかし、主力モデルとしてラインナップされていることから変更幅が抑えられ、エントリーモデルで10万円ほど、上位モデルで20万円ほどの変化になるとみられています。

 

▼参考:ルノーメガーヌの価格(前モデル)

  • メガーヌ GT:3,399,000円
  • メガーヌ スポーツツアラーGT:3,599,000円
  • メガーヌ GT-ライン:2,690,000円

  

ルノー新型メガーヌの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするルノー新型メガーヌは、2020年の発表が予定されています。

 

欧州では2020年中頃に発売され、日本発売日は2020年後半になるとみられています。

 

ルノーはメガーヌを改良することで、新世代になったルーテシアとあわせてアピールしていきたい考えです。

 

ルノー・メガーヌを「おさらい」

▼ルノー・メガーヌ(初代)

Renaultmegane

ルノー・メガーヌ(Megane) は、1995年に初代が登場したCセグメントの乗用車です。

 

ルノーの主力車種として、これまで5ドアのハッチバックやワゴンのボディタイプのほか、2ドアクーペ、4ドアセダン、2ドアカブリオレなども設定されました。

 

▼ルノー・メガーヌ(2代目)

Renault Megane front 20080625.jpg

スポーツモデルとしてフォルクスワーゲン・ゴルフGTIなどをライバルとするメガーヌ ルノー・スポール(RS)は、2002年に登場した2代目から設定されその走りが人気に。

 

▼ルノー・メガーヌ(3代目)

Renault Mégane-Mk3-5p Front-view.JPG

2008年に登場した3代目メガーヌのRSモデルでは、 セアト・レオンクプラやホンダ・シビックタイプRとドイツ・ニュルブルクリンクでのFF駆動車最速タイムを競い、一時最速記録も樹立。

 

タイムアタックモデルと同型の2Lエンジンを搭載したメガーヌRSは、 日本にも限定導入され短期間で完売。

 

複数回限定販売された後、2017年4月に最終モデルとなるメガーヌR.S.ファイナルエディションが販売されました。

 

▼ルノー・メガーヌ(4代目)

2018-03-06 Geneva Motor Show 2549.JPG

4代目となる現行モデルは2016年に登場。

 

ルノーと日産が共同開発した新プラットフォーム「CMF」を使用し、全長を64mm延長しましたが、スポーティなスタイルと走行抵抗低減を目的として全高は25mmダウン。

 

四輪操舵システム「4CONTROL」を採用することで、走行性能と取り回しの良さがアップされました。

 

新型ルノー・メガーヌについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。