車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ルノー新型トゥインゴ最新情報】マイナーチェンジ発表!トゥインゴGTやMTのスペック、価格、燃費は?

f:id:carislife:20190123094226j:plain

ルノーが、ブランドのエントリーモデル「トゥインゴ(TWINGO)」のマイナーチェンジを発表しました。

 

乗りやすさと走りにこだわったルノー新型トゥインゴについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ルノー新型トゥインゴにマイナーチェンジ発表!

▼ルノー新型トゥインゴの画像

f:id:carislife:20190123094349j:plain

ルノーが、トゥインゴのマイナーチェンジモデルを公開しました。

 

ルノー・トゥインゴは、ブランドのスーパーコンパクトとしてラインナップされ、日本でもハイスペックなトゥインゴGTをラインナップするなど人気になっています。

 

マイナーチェンジした新型トゥインゴでは、新デザインや装備が採用され、魅力をアップしています。

 

▼ルノー・ルーテシアRS

最低価格23万円ダウン!ルノー新型「ルーテシアRS」マイナーチェンジ2017 試乗動画

▼ルノー・メガーヌRS

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】フルモデルチェンジ日本発売日、スペックや価格は?

 

ルノー新型トゥインゴの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型トゥインゴの変更点

  • 新設計されたエクステリアデザインを採用
  • 車高を10mmダウンすることで、走行安定性をアップし、空気抵抗を軽減
  • Apple CarPlay、Android Autoに対応した新しいインフォテイメントシステムを採用

▽現行トゥインゴ フルモデルチェンジ時の変更点

  • スマート「フォーフォー」とプラットフォームを共有し、駆動方式をFFからRRに変更
  • 3ドアから5ドアに変更
  • タイヤの切れ角を49°まで増やすことで、最小回転半径はクラストップレベルの4.3mを実現
  • トランスミッションに、5速MT、6速EDC(エフィシエント・デュアルクラッチ)をラインナップし軽快な走りに
  • オープンループの「トゥインゴキャンバストップ」を設定

 

ルノー新型トゥインゴの外装(エクステリア)デザイン

▼ルノー新型トゥインゴ

f:id:carislife:20190123095151j:plain

ルノー新型トゥインゴの外装は、より小さな下部グリルとサイドエアインレットを備えたフロントバンパー、グリルの新しいグラフィック、新設計ヘッドランプなどにより、上質感をアップしたデザインとなっています。

 

f:id:carislife:20190123095154j:plain

新設計されたヘッドライトにはC字型LEDが採用され、デイタイムランニングライトのほか、ターンシグナルとしても機能するようになっています。

f:id:carislife:20190123095157j:plain
リアはバンパーにクロームアクセントを採用し、エアアウトレット状のデザインを廃することでシンプル化。

 

f:id:carislife:20190123101536j:plain

ワイパーのすぐ下のガラステールゲートにはハンドルを追加することで、使い勝手もアップされています。

 

f:id:carislife:20190123102826j:plain

ルノー新型トゥインゴではこの他、車高を10mmダウン。

 

これにより走行安定性を高めながら、空気抵抗が抑えられています。

 

f:id:carislife:20180201114157j:plain

ルーフにはキャンバストップも用意され、コンパクトカーでもオープンエアを楽しむことができるようになっています。

 

ルノー新型トゥインゴを前モデルと比較!

▼ルノー・トゥインゴ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160713/20160713195727.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160713/20160713195728.jpg

ルノー新型トゥインゴを前モデルと比較すると、より洗練されたデザインに仕上げられていることがわかります。

 

前モデルでは、1ラインのグリルや大きな開口部を持つバンパーなどにより軽快さがイメージできるようになっていましたが、新型トゥインゴでは都市部での乗りやすさで選ぶ幅広いユーザーに向けてスタイルが変更されています。

 

▼ルノー・トゥインゴキャンバストップ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160713/20160713195732.jpg

▼ルノー・トゥインゴGT(前モデル)

f:id:carislife:20180201104339j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160607/20160607210044.jpg

 

ルノー新型トゥインゴのボディサイズは?

f:id:carislife:20190123100510j:plain

▼ルノー新型トゥインゴのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3620×1650×1535mm
    (トゥインゴGTのみ全長3630mm、全幅1660mm)
  • ホイールベース:2490mm
  • 車重:960kg
    (キャンバストップ:1030kg、トゥインゴGT:1010kg)
  • 参考
    ・ルノー・ルーテシア
     全長×全幅×全高:4095×1750×1445mm
     ホイールベース:2600mm
     車重:1130kg

ルノー新型トゥインゴのボディサイズは、上位モデルのルーテシアから475mm短縮した全長が特徴になっています。

 

このサイズは、全長3400mm以下とされている軽自動車より若干大きいですが、取り回しが重視されたコンパクトサイズになっています。

 

新型トゥインゴではタイヤが車体端となるようにホイールベースを広げることで、広い室内空間を確保しています。

 

改良では車高が10mmダウンされ、より安定感あるスタイルと空気抵抗低減が追求されています。

 

ルノー新型トゥインゴの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190123100632j:plain

f:id:carislife:20190123100642j:plain

ルノー新型トゥインゴの内装は、新しい装備やデザインにより使いやすさがアップされました。

 

f:id:carislife:20190123100639j:plain

f:id:carislife:20190123100635j:plain

室内には、調整可能なスマートフォンホルダーや2つのUSBポート、ジャックプラグ、エンジン停止/始動用ボタン、クルーズコントロール/スピードリミッター機能などの設定が可能な新しいセンターコンソールを装備。

 

インフォテイメントシステムには、Renault Easy Connectサービスに対応する7インチタッチスクリーンが装備され、Apple CarPlayとAndroid Autoを採用することでスマートフォンとの連携を強化。

 

ハンズフリー通話は、デュアルマイクにフィルター機能を使用することで音質を改善。

 

オーディオも2つのツイーターを追加することにより、音質が引き上げられています。

 

f:id:carislife:20190123100645j:plain

その他新型トゥインゴでは、新デザインのギアノブやグローブボックスなどが装備され、質感がアップしています。

 

f:id:carislife:20180201113920j:plain

f:id:carislife:20180201114154j:plain

室内サイズは車体設計を煮詰めることで最大限拡大され、後席の足元空間やラゲッジ容量を大きく確保。

 

f:id:carislife:20180201114140j:plain

f:id:carislife:20180201114149j:plain

後席だけでなく助手席もシートアレンジに対応することで、長尺の荷物を積載することもできるようになっています。

  

ルノー新型トゥインゴのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180201113916j:plain

▼ルノー新型トゥインゴのパワートレインとスペック

  • 【トゥインゴ ゼン】
    エンジン:直列3気筒1L
    出力:71ps/9.3kgm
    トランスミッション:5速MT
  • 【トゥインゴ インテンス】
    エンジン:直列3気筒0.9Lターボ
    出力:90ps/13.8kgm
    トランスミッション:6速EDC(デュアルクラッチ)
  • 【トゥインゴGT】
    エンジン:直列3気筒0.9Lターボ
    出力:109ps/17.3kgm
    トランスミッション:5速MT or 6速EDC(デュアルクラッチ)
  • 駆動方式:RR

 ルノー新型トゥインゴには、1L自然吸気と0.9Lターボの2種類のエンジンが用意されています。

 

スポーツモデルのトゥインゴGTは、0.9Lターボエンジンを専用チューニングすることで1.8Lエンジンに近い大トルクを獲得。

 

リアにエンジンを搭載し駆動するRRレイアウトにより、後部を沈めグリップ力をあげる独特の乗り味を楽しむことができるようになっています。

 

トランスミッションは1Lエンジンに5速MT、0.9Lターボエンジンに6速デュアルクラッチ式を組み合わせ。

 

トゥインゴGTでは5速MTと6速デュアルクラッチから選択できるようになっており、専用ダンパーや強化アンチロールバー、介入を遅くし後輪のスライドを許容する専用の横滑り防止装置などが装備されます。

 

ルノー・トゥインゴを試乗動画でチェック!

ルノー・トゥインゴは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

軽快な走りや使い勝手の良さが、高く評価されています。

 

 

ルノー新型トゥインゴの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型トゥインゴの燃費

  • トゥインゴ インテンス(0.9Lターボ+6速デュアルクラッチ)
    燃費:21.7km/L

ルノー新型トゥインゴの燃費は、量販グレードの0.9Lターボモデルで21.7km/Lと発表されています。

 

マニュアルトランスミッションでは燃費値が下がることになりますが、30kg車重が軽くなるためその差は小さくなります。

 

ルノー新型トゥインゴの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ルノー新型トゥインゴの価格は、デザインの変更が主になっているため、前モデルから大幅な変化はないとみられています。

 

前モデルは、1Lエンジンと5速MTを組み合わせるエントリーモデルのトゥインゴ・ゼンMTが171万円からに設定され、軽自動車や他のコンパクトカーとも比較できるように設定。

 

0.9Lエンジンと6速デュアルクラッチトランスミッションを搭載するインテンスは189万円からとされ、10万円差でオープンモデルのキャンバストップをラインナップ。

 

スポーツモデルのGTではマニュアルトランスミッションが選択でき、デュアルクラッチトランスミッションとの価格差は10万円とされていました。

 

▼参考:ルノー・トゥインゴの価格(前モデル)

  • ZEN MT:171万円
  • INTENS:189万円
  • INTENSキャンバストップ:199万円
  • GT(MT):229万円
  • GT(EDC):239万円

 

ルノー新型トゥインゴの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたルノー新型トゥインゴは、2019年3月に開催されるジュネーブモーターショーに出展され、その後欧州で販売が開始される予定です。

 

日本発売日は2019年後半になるとみられています。

 

ルノーは、エントリーモデルの新型トゥインゴの質感を引き上げることで、幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

ルノー・トゥインゴを「おさらい」

▼ルノー・トゥインゴ(初代)

Renault Twingo.jpg

▼ルノー・トゥインゴ(2代目)

Renault Twingo (II, Facelift) – Frontansicht, 3. März 2012, Ratingen.jpg

ルノー・トゥインゴ(Renault Twingo) は、1992年に初代が登場したコンパクトカーです。

 

初代と2007年に発売された2代目共に、フロントにエンジンを搭載したFFレイアウトの3ドアのみがラインナップされました。

 

しかし、本国で2014年、日本で2016年に登場した3代目の現行モデルは、RRレイアウトの5ドアモデルのみに変更。

 

現行モデルの開発はルノーが打ち出した計画にメルセデスが賛同したため、メルセデス・ベンツ傘下のスーパーコンパクトブランドであるスマートの「フォーツー」「フォーフォー」と基礎を共有。

 

ルノーが主導し、ルノー製の直列3気筒エンジンが搭載されています。

 

RRレイアウトの採用により、前モデルと比較して全長を100mm短縮しながらも室内長を130mm延長され、スーパーコンパクトモデルの使い勝手をアップしたことで人気モデルになっています。

 

新型ルノー・トゥインゴについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!