車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型アウトランダーPHEV最新情報】マイナーチェンジ発売日は2018年8月!スペックや充電時間、燃費は?

f:id:carislife:20180221110503j:plain

三菱が人気プラグインハイブリッドSUVとなっている「アウトランダーPHEV」のマイナーチェンジ日本発売を控えています。

 

大幅改良によりその走りを進化させる三菱新型アウトランダーPHEVについて、変更点やスペック、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型アウトランダーPHEV2019年マイナーチェンジ日本発売へ!

▼三菱新型アウトランダーPHEVの2019年モデルの画像

f:id:carislife:20180221110455j:plain

三菱が、世界的人気になっているプラグインハイブリッドSUV「アウトランダーPHEV」の日本導入を予告しました。

 

アウトランダーPHEVは、充電した電力による走行が可能なプラグインハイブリッドシステムを、三菱が得意とするSUVに組み合わせたモデルです。

 

高い走行性能や実用性が国内外で評判になり、グローバル累計販売台数は14万台、うち電気自動車の注目度が高い欧州では10万台を突破しました。

 

マイナーチェンジする2019年モデルの新型アウトランダーPHEVは、2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーにて初公開されたものとなっており、そのプラグインハイブリッドシステムを大幅に改良し、魅力をアップしています。

 

▼三菱新型アウトランダーPHEVの動画

 

三菱新型アウトランダーPHEVの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型アウトランダーPHEVの変更点

  • プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割を改良
  • エンジン排気量を2.4Lとし、低回転域で効率のよい発電が可能に
  • ジェネレーター最大出力を10%、駆動用バッテリー容量を15%、バッテリー出力を10%、リアモーター出力を10kWとし、EV航続距離を65kmに延長
  • 車両運動統合制御システム「S-AWC」に新モードを追加
  • ボディ剛性向上にあわせ、サスペンションピストン径をアップし、スポーティな走りと上質さを両立
  • 内外装に上質感やスポーティさを増した新デザインを採用

新型アウトランダーPHEVはシステムを大幅に改良し、パワフルかつ高い静粛性が生みだすモータードライブ感を増すことで「よりEVに」、ツインモーター4WDシステムによる車両運動統合制御システム S-AWCの走行性能を高めることで「よりSUVに」進化させたと発表されています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180221110500j:plain

f:id:carislife:20180221110510j:plain

新型アウトランダーPHEVの外装は、新デザインのLEDヘッドライト、LEDフォグランプベゼル、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リアスキッドプレートにより、質感がアップしました。

 

また、フィン形状の新デザインアルミホイールと空力性能を向上させるリアスポイラーの追加により、機能性やスポーティさが向上しています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170209/20170209161211.jpg

▼三菱新型アウトランダーPHEVのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm
  • ホイールベース:2670mm
  • 最低地上高:190mm
  • 車両重量:1830kg

三菱新型アウトランダーPHEVのボディサイズは、デザインの変更がありますが現行モデルから維持されることが発表されました。

 

最低地上高は190mmと高い数値がとられ、アウトドアレジャーでも高い性能を発揮するSUVになっています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180221110513j:plain

新型アウトランダーPHEVの内装は、パワーメーターの表示をモーターとエンジンの出力状況が分かるように変更され、機能性がアップしました。

 

また、サポート性を高めたキルティング本革の新形状シートの採用や、レーザーエッチングを施したオーナメントパネルにより、上級感が高められています。

 

▼三菱新型アウトランダーPHEVの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:1900×1495×1235mm
  • 乗車定員:5人乗り

 

三菱新型アウトランダーPHEVのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180221110506j:plain

▼三菱新型アウトランダーPHEVのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列4気筒2.4L「MIVEC」+電気モーター×2基
  • エンジン出力:128ps/20.3kgm
  • モーター出力
    フロント:82ps/14.0kgm
    リア:95ps/19.9kgm
  • バッテリー容量:リチウムイオンバッテリー13.8kWh
  • EV最高速度:135km/h
  • 駆動方式:4WD「S-AWC」

新型アウトランダーPHEVは、新設計した駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割ものコンポーネントが改良されます。

 

▼参考:三菱・アウトランダーPHEV(現行モデル)のスペック

  • パワートレイン:直列4気筒2Lガソリン+電気モーター×2(前後1基ずつ)
  • エンジン出力:118ps/19.0kgm
  • モーター出力
    フロント:82ps/14.0kgm
    リア:82ps/19.9kgm
  • バッテリーと容量:リチウムイオンバッテリー 12kWh
  • EV最高速度:125km/h
  • 駆動方式:4WD

エンジン排気量は現行モデルの2Lから2.4Lに変更し、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化、低回転域で効率のよい発電が可能になっています。

 

またエンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで発電によるエンジン始動時の違和感が低減し、モーター駆動が生み出す気持ちよい走りを、より楽しめるようになっています。

 

さらに駆動用バッテリーの容量は15%向上され、出力も10%向上。

 

ジェネレーターやリアモーターの出力も10%向上させることにより、力強い走りが実現されています。

 

その他、車体も大幅に見直し、2017年モデルの「S Edition」でリアまわりに用いていた構造用接着剤を全グレードに採用しつつ使用領域を拡大。

 

足まわりも変更され、ショックアブソーバーのピストン径は2013年モデルのフロント30mm、リア28mmから2016年モデルでフロント32mm、リア30mmとされていましたが、2019年モデルではさらにフロント35mm、リア32mmに上級化。

 

ステアリングのギヤ比もクイック化することで、スポーティなハンドリングに仕上げられています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVの走行システムは?

f:id:carislife:20180221113337j:plain

新型アウトランダーPHEVには、改良された車両運動統合制御4WDシステム「S-AWC」が搭載されます。

 

改良された「S-AWC」は、これまで用意されていた「NORMAL」「4WD LOCK」の走行モードに、「SPORT」と「SNOW」を追加。

 

「SPORT」モードは、モーターのレスポンスを高め、前後駆動力配分をリア寄りとすることで旋回性能と加速性能を最大限向上。これにより、ワインディングなどでもレスポンスよく、キビキビとしたスポーツ走行が可能とされています。

 

「SNOW」モードでは、モーターのレスポンスや車両挙動を穏やかにすることで、氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高め、より安心して運転できるように仕上げられています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVの走りを試乗動画でチェック!

2019年モデルにマイナーチェンジする新型アウトランダーPHEVは、事前試乗会が開催され、レビュー動画が公開されています。

 

強化されたパワートレインやシャシーによる質感の高い走りが、高評価を受けています。

 

三菱新型アウトランダーPHEVの燃費や充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼三菱新型アウトランダーPHEVの燃費

  • 燃費:49.2km/L
  • EV航続距離:65km
  • 普通充電時間(200V):約4時間
  • 急速充電時間:約25分(バッテリー容量の80%まで)

三菱新型アウトランダーPHEVの燃費は、国際基準のWLTPモードの数値が公開されており、49.2km/Lとされています。

 

EV航続距離も前モデルの60kmから65kmと延長され、日常の走行を電気のみで余裕をもってこなすことができるようになっています。 

 

三菱新型アウトランダーPHEVの安全装備は?

f:id:carislife:20180221114449j:plain

三菱新型アウトランダーPHEVの安全装備には、三菱の先進システム「e-Assist」が採用されています。

 

オートハイビームやレーダークルーズコントロールなど、多彩な機能に対応することで安全性が高められています。

 

▼三菱新型アウトランダーPHEVの安全装備

  • オートマチックハイビーム「AHB」
  • レーダークルーズコントロール「ACC」
  • 衝突被害軽減ブレーキ「FCM」
  • 車線逸脱警報「LDW」
  • 高速法車両検知警報「BSW/LCA」
  • 後退時車両検知警報「RCTA」
  • 誤発進抑制(前進&後退)「UMS」

 

三菱新型アウトランダーPHEVの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

三菱新型アウトランダーPHEVの価格は、エンジン排気量のアップなどにより前モデルからアップすると考えられています。

 

グレードはG、Gプラスパッケージ、Gプレミアムパッケージのほか、最上位グレードとして、2トーンルーフやビルシュタイン製ショックアブソーバーなどを採用したスポーツグレード「アウトランダーPHEV Sエディション」も継続設定されます。

 

アウトランダーPHEVは、高い環境性能を持つことからクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金を全モデルで20万円受け取ることができます。

 

▼参考:三菱アウトランダーPHEVの価格(前モデル)

  • 366万円~ 479万円

 

三菱新型アウトランダーPHEVの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

2019年モデルとしてマイナーチェンジする三菱新型アウトランダーPHEVは、2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーで一般公開されました。

 

日本発売日は2018年夏と公式発表され、2018年8月の発表が予定されています。

 

三菱・アウトランダーを「おさらい」

▼三菱・アウトランダー(初代)

f:id:carislife:20180221132006j:plain

三菱・アウトランダー(OUTLANDER)は、初代が2005年に登場したミドルサイズSUVです。

 

アウトランダーのモデル名は、遠隔の地を表す「outland」が由来になっており、「未知なる地へ向かう冒険者」を意味しています。日本発売前は、前モデルとなる「エアトレック」の輸出名に採用されていました。

 

サイズはエアトレックから一回り大きくされ、走行モードを2WD、4WD、4WDロックに変更できる電子制御4WDを組み合わせることで、高い走行性能が確保されました。

 

現行モデルの2代目は2012年に登場し、安全システムや環境性能を改善。

 

2013年には、トヨタ・プリウスPHVに次いで日本での量産型2車種目のプラグインハイブリッド車となるアウトランダーPHEVを発売。

 

家電が使用できる電源コンセントなどを装備し、人気モデルになりました。

 

アウトランダーPHEVは、アジアクロスカントリーラリーやバハ・ポルタレグレ500などのラリー競技にも参戦し、その走行性能が世界的にアピールされています。

 

新型三菱アウトランダーPHEVについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!