車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【スバル新型WRX STI/S4最新情報】WRX S4 STIスポーツ9月21日発売!E型/S209、価格、燃費は?

f:id:carislife:20180719110741j:plain

スバルが、「WRX STI」と「WRX S4」の日本仕様マイナーチェンジを発表し、新モデルの追加を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型WRX STIとWRX S4について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】スバル新型WRX S4 STIスポーツを発売!

▼スバル新型WRX S4 STIスポーツの画像

f:id:carislife:20180903114003j:plain

f:id:carislife:20180903113954j:plain

スバルは2018年9月3日、「WRX」シリーズの新モデルとなる「WRX S4 STIスポーツ」を発表しました。

 

スバルWRXは、ブランドのフラッグシップスポーツとしてラインナップされ、6速MTを搭載する「WRX STI」と自動変速トランスミッションで楽しむことができる「WRX S4」が設定されています。

 

f:id:carislife:20180903113956j:plain

追加された新型WRX S4STIスポーツは、レヴォーグとBRZに続く第3弾となり、STI製の専用エアロパーツやビルシュタイン製ダンプマチック2サスペンションを搭載。

 

ステアリングギヤボックスの取り付け剛性を高めるためのクランプスティフナーを装備し、段差や荒れた路面を走行する際のショックや車体の上下動を抑えたしなやかな乗り心地と、ドライバーの思い通りに反応してついてきてくれる俊敏なハンドリング、高い操縦安定性が実現されています。

 

f:id:carislife:20180903113959j:plain

インテリアカラーはボルドーを採用し、専用のレカロシートが装備することで、より上質なスポーツモデルに仕上げられています。

 

▼スバル新型WRX S4 STIスポーツの動画

▼WRX S4 STI Sportの専用装備

  • 足回り/メカニズム
    ・245/40R18タイヤ&18インチ×8 1/2Jアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
    ・STIチューニングビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング(フロント:DampMaticⅡ、倒立式)
    ・高剛性クランプスティフナー(左右)付電動パワーステアリング
  • エクステリア
    ・WRX S4 STI Sportフロントグリル(ダークメタル塗装)
    ・STIエンブレム付サイドガーニッシュ(ブラックカラード)
    ・STIエンブレム(フロント&リヤ)
    ・ブラックカラードドアミラー
    ・トランクリップスポイラー(ブラックカラード)
    ・シャークフィンアンテナ(ブラックカラード)
  • インテリア
    ・本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ+高触感革+STIロゴ入りハイグロスブラックベゼル)
    ・本革巻シフトレバー(レッドステッチ+高触感革+ハイグロスブラック加飾パネル)
    ・RECAROフロントシート(ブラック/ボルドー、レッドステッチ+STIロゴ入り)
    ・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)
    ・フェルト巻フロント&リヤ大型ドアポケット(ボトルホルダー付)

 

スバル新型WRX STI/S4の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スバル新型WRX STI/S4の変更点

  • WRX S4に、レヴォーグとBRZにも設定されている上位モデル「STIスポーツ」を設定
  • 350馬力を出力するSTIスーパースポーツ「S209」の発売を予定
  • 【2018年4月改良】
    ・WRX S4に搭載するアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良
    ・WRX STIのメーカーオプションに新たにサンルーフを設定

スバル・WRXは、ブランドを代表するスポーツセダンとしてラインナップされ、STIとS4で搭載するエンジンとトランスミッションに差がつけられています。

 

2018年4月27日にはE型にマイナーチェンジが発表され、装備と安全機能を充実していました。 

 

スバル新型WRX STI/S4の外装(エクステリア)デザイン

▼スバル新型WRX STIの画像

f:id:carislife:20180427143830j:plain

f:id:carislife:20180427143826j:plain

▼スバル新型WRX S4の画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703144000.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703144010.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703144007.jpg

スバル新型WRX STIとS4の外観は、2017年のD型への変更時に採用されていた新デザインのLEDヘッドライトや迫力あるフロントバンパーにより、アグレッシブな印象に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20180427144103j:plain

E型への変更では、これまでWRX S4のみに設定されていたサンルーフがWRX STIにも新しくオプション設定され、スポーツセダンとしての楽しみ方に幅ができています。

 

スバル新型WRX STI/S4のボディサイズは?

f:id:carislife:20180427144329j:plain

▼スバル新型WRX STIとS4のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4595×1795×1475mm
  • ホイールベース:2650mm
  • 車重
    WRX STIタイプRA-R:1480kg【限定販売】
    WRX STI:1490kg
    WRX S4:1540kg

スバル新型WRX STIとS4のボディサイズは基本共通となっており、パワートレインの違いで選ぶことができるようになっています。

 

トランスミッションにWRX STIが6速MT、WRX S4がマニュアルモード付きCVTを搭載することから、車重はWRX S4のほうが50kg重くなっています。

 

限定モデルとして追加されたWRX STI タイプRA-Rは、ベースモデルから10kg軽量化しハイパワーエンジンを搭載することで、シリーズ最高峰のパワーウェイトレシオに仕上げられます。

 

スバル新型WRX STI/S4の内装(インテリア)デザイン

▼新型WRX STI

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170524/20170524132828.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170106/20170106140506.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170106/20170106140505.jpg

スバル新型WRX STIとS4の内装は、WRX STIに「STI」のロゴが入った専用パーツが採用されるなど差別化されています。

 

▼新型WRX S4

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703144014.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703144017.jpg

基本的な使い勝手は両モデルで共通となりますが、よりスポーツ志向のWRX STIではRecaro製シートが採用されるなどマシンの性格が強調されています。

 

▼スバル新型WRX STIとS4の室内サイズ

  • 乗員:5人乗り
  • 室内長×室内幅×室内高:2005×1490×1205mm

 

スバル新型WRX STIタイプRA-Rを限定発売!即日完売!

▼スバル新型WRX STIタイプRA-Rの画像

f:id:carislife:20180719114159j:plain

スバルは2018年7月19日、WRX STIのハイパフォーマンスモデルとなる「WRX STI タイプRA-R」の500台限定日本発売を発表しました。

 

受注台数が500台に達した場合も抽選は行われず、その時点で販売を終了するため、購入は早いもの勝ちとなっていましたが、即日完売になったことが発表されました。

 

f:id:carislife:20180719112346j:plain

f:id:carislife:20180719112337j:plain
f:id:carislife:20180719112333j:plain

f:id:carislife:20180719112349j:plain

f:id:carislife:20180719112343j:plain

新型WRX STIタイプRA-Rは、2017年に限定販売された「S208」からくる329馬力のハイスペックエンジンを搭載するほか、アルミホイールが軽量高剛性の8.5J×18インチのブラック鋳造ホイールとされ、ミラーやガーニッシュ、シャークフィンアンテナもブラックアウト。

 

グラム単位の綿密な軽量化を実施することで車重を10kg軽量化。それによって生み出された加速性能を最大限に活かせるハイグリップタイヤを採用し、「意のままに1G超まで操る」ことが可能とされるコーナーの軽快さが魅力になっています。

 

f:id:carislife:20180719112330j:plain
f:id:carislife:20180719112340j:plain
f:id:carislife:20180719112555j:plain
f:id:carislife:20180719112558j:plain

グリルとリアバンパーにストライプがプラスされているほか、シルバーのブレーキキャリパーや4本出しの低排圧マフラー、タイプRA-R専用サスペンション、専用タイヤを装着するなど、さらなる走行性能も追求されています。

 

▼スバルWRX STI RA-Rの動画

▼スバル新型WRX TYPE RA-Rの専用装備

  • 足回り/メカニズム
    ・倒立式ストラット&コイルスプリング(ローダウン)
    ・リヤダンパー&コイルスプリング(ローダウン)
    ・BBS製STI 18インチ×8 1/2JJアルミホイール(マットブラック)
    ・245/40ZR18(97Y)タイヤ(ミシュラン パイロット スポーツ4S)
    ・brembo製フロント18インチベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]
    ・brembo製リヤ18インチベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向2ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]
    ・高出力バランスドエンジン(RA-Rロゴ入り、STI Performanceオーナメント付)
    ・専用ECU
    ・バランスドクラッチカバー&フライホイール
    ・ボールベアリング・ツインスクロールターボ
    ・低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリヤ
    ・STI 強化シリコンゴム製インテークダクト
    ・パフォーマンスシュラウド
    ・クイックステアリングギヤボックス(11:1)
    ・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
    ・アクティブ・トルク・ベクタリング(トラクションモード時前後輪ブレーキ制御)
    ・STI 低圧損エアクリーナーエレメント
    ・STI Performanceオイル(5W-40、MOTUL)
  • 操作性
    ・STI プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
    ・STI ジュラコンMTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)
  • 内装
    ・フロントスポーツシート&リヤシート[ファブリック&トリコット(レッドステッチ)]
    ・インパネ加飾パネル(ハイグロスブラック、RA-Rロゴ入り)
    ・ドアトリム/ドアアームレスト/コンソールリッド(レザー調素材巻+レッドステッチ)
    ・サブトランク(タイヤパンク修理キット付)
  • 外装
    ・メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIエンブレム付)
    ・STIエンブレム付サイドガーニッシュ(ブラックカラード)
    ・ドライカーボン製エアロドアミラーカバー
    ・ ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
    ・リヤバンパー(チェリーレッドストライプ)
    ・RA-Rリヤオーナメント
    ・STI 30th ANNIVERSARYエンブレム(リヤ)

▼WRX STI「S208」

スバルWRX STI新型S208発売!ベースモデルとの違い、スペックや価格、販売台数は?

 

スバル新型WRX STI/S4のエンジンとスペックは?

▼スバル製水平対向4気筒2Lターボ「EJ20」

f:id:carislife:20180427145501j:plain

▼スバル新型WRX STIとS4のエンジンとスペック

  • 【WRX STI】
    エンジン:水平対向4気筒2Lターボ「EJ20」
    最高出力:308ps/6400rpm
    最大トルク:43.0kgm/4400rpm
    トランスミッション:6速MT
  • 【WRX STIタイプRA-R】【500台限定発売】
    エンジン:水平対向4気筒2Lターボ「EJ20」
    最高出力:329ps/7200rpm
    最大トルク:44.0kgm/3200-4800rpm
    トランスミッション:6速MT
  • 【WRX S4】
    エンジン:水平対向4気筒2Lターボ「FA20」
    最高出力:300ps/5600rpm
    最大トルク:40.8kgm/2000-4800rpm
    トランスミッション:マニュアルモード付きCVT「スポーツリニアトロニック」
  • 駆動方式:4WD

スバル新型WRX STIとS4のエンジンには、特徴の違う水平対向2Lターボエンジンが搭載されています。

 

新型WRX STIには、歴代のWRX STIの改良にあわせ性能が高められてきた「EJ20」エンジンが搭載され、6速マニュアルトランスミッションと組み合わせることでマシンコントロールを楽しむことができるようになっています。

 

限定販売が予定される「WRX STIタイプRA-R」は、2017年に販売された「S208」からくる329ps/44.0kgmを出力する専用チューニングエンジンを搭載し、さらなる性能が追求されています。

 

新型WRX S4は、ワゴンモデルの「レヴォーグ」にも採用される新世代の「FA20」とされ、EJ20よりロングストローク化することで2000rpmの低回転から最大トルクを発揮し、無段階変速による滑らかで素早い加速が実現されています。

 

いずれも駆動方式はスバルが自信を持つ「シンメトリカルAWD」となっていますが、WRX STIはD型への改良時に「マルチモードDCCD」の制御を電子式に一本化して性能を高めたスポーツ走行向けのシステムになっています。

 

最強!スバル新型WRX STI「S209」の開発進行を発表!

f:id:carislife:20180825104257j:plain

STIの平川社長は、STIの手がける最高峰モデルとなる「S209」の開発を進行していることをコメントしました。

 

▼参考:スバル WRX STI 22Bバージョンの画像

f:id:carislife:20180710084135j:plain

2018年夏に最終仕様とモデル名が決定した「S209」は、専用のボンネットやルーフに加え、これまでの限定モデルを超える集大成として、過去にハイパフォーマンスモデルとして製造された「22B-STIバージョン」の再来というコンセプトで大型ブリスターフェンダーを装備。

 

エンジンはS208用をさらにチューニングすることも検討されましたが、日常域の使いやすさと、これまで限定モデルが販売されてこなかった北米への導入も予定していることから排気量をアップし、北米仕様に排気量をあわせた2.5Lターボエンジンにより350馬力ほどになるとされています。

 

車体は、フレキシブルタワーバーやドロースティフナーなどのボディ剛性アップパーツを採用。

 

足回りやマフラーも専用品とされ、最高峰の性能が確保されると発表されています。

  

価格はS208よりも高額な850万円ほどが予定されており、2019年内の発売が目標とされています。

 

スバル新型WRX STI/S4の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スバル新型WRX STIとS4の燃費

  • WRX STI:9.4km/L
  • WRX S4:13.2km/L

スバル新型WRX STIとS4の燃費は、搭載するパワートレインとトランスミッションの違いから3.8km/Lの差があります。

 

WRX S4では、環境性能の高さと上質なスポーツセダンの走りが人気の要素になっています。 

 

スバル新型WRX STI/S4の安全装備は?

f:id:carislife:20180427151105j:plain

スバル新型WRX STIとS4の安全装備は、WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御が改良されました。

 

改良では、アイサイトの認識対象が車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合に減速制御の作動タイミングが早くされ、衝突回避の可能性が向上しています。

 

また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで衝突回避がアシストされます。

 

WRX STIはマニュアルトランスミッション専用となっていることからアイサイトは搭載されませんが、後側方警戒支援システムやハイビームアシスト、フロント&サイドビューモニターを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」が採用されています。

  

スバル新型WRX STI/S4の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スバル新型WRX STIとS4の価格

  • WRX STI:3,866,400円
  • WRX STI Type S:4,060,800円
  • WRX S4 2.0GT EyeSight:3,369,600円
  • WRX S4 2.0GT-S EyeSight:3,736,800円
  • WRX S4 STIスポーツ:4,093,200円【新設定】
  • WRX STIタイプRA-R:499万8240万円【限定500台完売】

スバル新型WRX STIとS4の価格は、WRX STIの開始価格が約50万円高価に設定されています。

 

両モデルともに「S」がつくモデルでは、ビルシュタイン製ダンパーやリアスポイラーなど、スポーツ性能を高める装備が採用されます。

 

新設定されたWRX S4 STIスポーツは最上級モデルとされ、409万円に設定されています。

 

スバル新型WRX STI/S4の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

スバル新型WRX STIとS4のE型は2018年4月27日に公開、6月7日発売されました。

 

WRX S4に追加されたSTIスポーツは、2018年9月3日に発表、発売日は9月21日に設定されました。

 

スバル車の年次改良でE型は最終モデルとなることから、プレビューモデルが公開されていた次期型WRXの注目度も高まっています。

 

▼スバル次期型WRX

スバル新型WRX STIと新型WRX S4フルモデルチェンジ!最新情報 発売日や価格、スペックは?

 

スバル・WRXを「おさらい」

▼インプレッサWRX

f:id:carislife:20180427152443j:plain

スバルWRXは、前モデルとなるインプレッサWRXの初代が1992年に登場したスポーツセダンです。

 

それまで世界ラリー選手権(WRC)に参戦していた「レガシィRS」にかわる車両として、現在のWRX STIにも採用されるEJ20型ターボエンジンが240馬力仕様で搭載されました。

 

WRCでの活躍や、三菱ランサーエボリューションとのライバル関係などから人気が高まり、ボディタイプには一時2ドアクーペやワゴンも登場。

 

その後インプレッサシリーズとして3代目まで販売されましたが、2014年に登場した4代目の現行モデルから基礎を新モデルの「レヴォーグ」と共有するようになったことから独立。

 

モータースポーツで評価が高いEJ20型エンジンにマニュアルトランスミッションを組み合わせる「WRX STI」と、新世代のFA20型エンジンとCVTを組み合わせることで「レヴォーグ・セダン」としての性格が強い「WRX S4」の2モデルがラインナップされています。

 

海外ではWRX STIに2.5L水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されていますが、出力は2.5Lエンジンが+1ps/-2.9kgmとなっており、ハイスペックより低回転のトルクを重視した味付けになっています。

 

新型スバルWRXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!