車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【スズキ新型ハスラー最新情報】TOUGH WILD発売!Jスタイル3/Fリミテッド2、燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20180717110836j:plain

スズキが、人気車「ハスラー」の新モデルを発表しました。

 

ラインナップ拡大により魅力をアップするスズキ新型ハスラーについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】特別仕様車スズキ新型ハスラー・タフワイルドを発売!

▼スズキ新型ハスラータフワイルドの画像

f:id:carislife:20180717113332j:plain
f:id:carislife:20180717113327j:plain

スズキが、ハスラーの新モデルとなる特別仕様車「ハスラータフワイルド」を発表しました。

 

スズキ・ハスラーは、軽自動車ワゴンをベースとしたクロスオーバーモデルとして製作され、高い走行性能とそのデザインが大人気になりました。

 

2017年12月には普通車バージョンとなる「クロスビー」も発売されています。

 

f:id:carislife:20180717110839j:plain

新しい特別仕様車となる新型ハスラータフワイルドでは、専用のタフワイルドエンブレムのほか、ブラックのルーフやリアクォーターパネル、ボディ同色となる専用のフロントバンパーガーニッシュ、専用色のオフブルーを採用したインパネカラーパネルなどにより、魅力がアップされています。

 

f:id:carislife:20180717110845j:plain

f:id:carislife:20180717110842j:plain

▼新型ハスラーTOUGH WILDの特別装備

  • エクステリア
    ブラック2トーン(Aピラー、ルーフ、リヤクォーターパネル)[ブラック塗装]
    専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
    専用リヤバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
    HUSTLERアルファベットエンブレム[ホワイト](フロントグリル)
    タフワイルドエンブレム(バックドア)
    カラードドアハンドル[ブラック]
    LEDサイドターンランプ付ドアミラー
    専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]
  • インテリア
    専用色インパネカラーパネル[オフブルー]
    専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
    専用色エアコンルーバーリング[ガンメタリック]
    専用レザー調&ファブリックシート表皮[ネイビー&ブラウン]
    専用色スピーカーリング[ガンメタリック]
    専用色ドアトリムカラーパネル[オフブルー]
    メッキインサイドドアハンドル
    専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
    ステアリングオーディオスイッチ
  • 機能&装備
    ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
    LEDフロントフォグランプ
    オートライトシステム
    プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
    「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
    フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リヤ2スピーカー
    電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
  • 安全装備
    デュアルカメラブレーキサポート

▼スズキ・クロスビー

【スズキ新型クロスビー(XBEE)最新情報】新SUV発売!価格、燃費、スペックは?

 

スズキ新型ハスラーの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型ハスラーの変更点

  • 新しい特別仕様車「TOUGH WILD」を設定。
    専用のタフワイルドエンブレムやボディ同色専用フロントバンパーガーニッシュ、専用色オフブルーのインパネカラーパネルなどにより、質感を向上

 

スズキ新型ハスラーの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171204/20171204141922.jpg

スズキ新型ハスラーの外装には、軽自動車ワゴンをクロスオーバースタイルとした独自のデザインが採用されています。

 

▼スズキ・クロスビー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171220/20171220090827.jpg

ハスラーの普通車バージョンとして2017年12月に登場した「クロスビー」でも大幅なデザインコンセプトの変更はなく、クロスオーバーの魅力となるタフさと親しみやすさが感じられるデザインになっています。

  

スズキ新型ハスラーのボディサイズは?

f:id:carislife:20180514085853j:plain

▼スズキ新型ハスラーのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm
  • ホイールベース:2425mm
  • 最低地上高:FF 180mm、4WD 175mm
  • タイヤサイズ:165/60R15 77H
  • 参考
    ・クロスビー
     全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm
     ホイールベース:2435mm
     最低地上高:180mm

スズキ新型ハスラーのボディサイズは、軽自動車規格の限界まで使用した軽自動車ワゴンをベースとしながら、最低地上高のアップにより全高は1665mmまで高められています。

 

普通車バージョンとなるクロスビーと比較すると、全長-365mm、全幅-195mm、全高-40mmと一回り小さく、取り回しがしやすくなっています。

 

スズキ新型ハスラーの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171204/20171204141915.jpg

スズキ新型ハスラーの内装は、力強さとデザイン性を両立したデザインとなっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171204/20171204141925.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171204/20171204141928.jpg

ハスラーには特別仕様車も含め多くのインテリアデザインが用意され、好みのスタイルを選ぶことができるようになっています。

  

▼スズキ新型ハスラーの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2160×1295×1250mm
  • 乗員:4人乗り

▼スズキ・スペーシア

スズキ新型スペーシア/カスタム フルモデルチェンジ発売!最新情報 価格、燃費、スペックは?

 

スズキ新型ハスラーJスタイル3の特別装備は?

f:id:carislife:20180717105553j:plain

f:id:carislife:20180717105556j:plain

f:id:carislife:20180717105558j:plain

スズキ新型ハスラーには、特別仕様車として「ハスラーJスタイル3」がラインナップされています。

 

ハスラーJスタイル3は、ハスラーのラインナップの中でも上級モデルとして用意され、質感をアップした専用の内外装が装備されています。

 

▼スズキ新型ハスラーJスタイル3の特別装備

  • HUSTLERアルファベットエンブレム(フロントグリル・スモークメッキ)
  • 専用メッキフロントグリル(スモークメッキ)
  • 専用フロントバンパーガーニッシュ
  • 専用リヤバンパーガーニッシュ
  • LEDフォロントフォグランプ
  • ルーフレール
  • J-STYLEエンブレム
  • メッキドアハンドル
  • 専用15インチアルミホイール
  • 専用HUSTLERエンブレム
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • IIRカット機能付きフロントガラス
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
  • パドルシフト
  • クルーズコントロールシステム(ターボ車)
  • メッキインサイドドアハンドル)

 

スズキ新型ハスラーFリミテッド2の特別装備は?

f:id:carislife:20180717105602j:plain

f:id:carislife:20180717105606j:plain

スズキ新型ハスラーには、特別仕様車として「ハスラーFリミテッド2」も設定されています。

 

ハスラーFリミテッド2は多くの特別装備を採用しながらも、特別仕様車の中で最も低価格に設定され、コストパフォーマンスが魅力のモデルに仕上げられています。

 

▼スズキ新型ハスラーFリミテッド2の特別装備

  • 専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • 専用リヤバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • HUSTLERアルファベットエンブレム[スチールシルバー](フロントグリル)
  • HUSTLERエンブレム[文字色:白](バックドア)
  • Fリミテッドエンブレム(左右フロントドア)
  • 専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]
  • 専用色スピーカーリング 
  • 専用色ドアトリムカラーパネル[アイボリー]
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 専用色ファブリックシート表皮[ネイビー]
  • 専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • 専用色インパネカラーパネル[アイボリー]
  • 専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
  • 専用色エアコンルーバーリング
  • 専用フロアマット[ラバー]
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • 電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
  • デュアルカメラブレーキサポート

 

スズキ新型ハスラーのパワートレインとスペックは?

▼スズキSエネチャージの作動イメージ

f:id:carislife:20171114144631j:plain

▼スズキ新型ハスラーのパワートレインとスペック

  • 【自然吸気(NA)エンジン】
    直列3気筒660ccエンジン
    最高出力:38kW(52ps)/6,500rpm
    最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
  • 【NAエンジン+Sエネチャージ】
    直列3気筒660ccエンジン+Sエネチャージ
    最高出力:38kW(52ps)/6,500rpm
    最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
    モーター最高出力:1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
    モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm
  • 【ターボエンジン+Sエネチャージ】
    直列3気筒660ccターボエンジン+Sエネチャージ
    最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm
    最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000rpm
    モーター最高出力:1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
    モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm
  • トランスミッション:CVT or 5速MT(NAエンジン車に設定)
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型ハスラーには、3種類のパワートレインが設定されています。

 

最廉価の「A」グレードと5速MT車以外の自然吸気エンジンとターボエンジンには、スズキのハイブリッドシステムのSエネチャージが装備され、小型モーターにより再始動の気になる音がないアイドリングストップが可能に。

 

加速時にはモーターがエンジンをアシストすることで、ちから強い走りと高い環境性能が両立されています。

 

スズキ新型ハスラーの走行システム、悪路走破性能は?

f:id:carislife:20180514100351j:plain

スズキ新型ハスラーはクロスオーバーモデルとして悪路走破性能が高められ、タイヤサイズアップやサスペンションの変更などにより、最低地上高180mmが確保されています。

 

対障害角度もタイヤを車体前後端に配置することで、アプローチアングル28度、デパーチャーアングル46度と、クロスオーバーモデルトップクラスの余裕が確保されています。

 

f:id:carislife:20180514100354j:plain

4WD車には、雪道やぬかるみなどの滑りやすい路面でスリップにより駆動力が逃げてしまう場合に、空転する車輪のブレーキ制御を早め、グリップ側の車輪に駆動力を集中させることで発進をサポートする「グリップコントロール」を採用。

 

f:id:carislife:20180514100358j:plain

下り坂でブレーキ操作なしに一定速度(約7km/h)で降坂できる「ヒルディセントコントロールシステム」も備え、悪路でステアリング操作のみに集中することができるようになっています。

  

スズキ新型ハスラーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型ハスラーの燃費

  • 自然吸気エンジン+S-エネチャージ:32.0km/L
  • ターボエンジン+S-エネチャージ:27.8km/L
  • 自然吸気エンジン:26.6km/L

スズキ新型ハスラーの燃費値は、Sエネチャージがつく自然吸気エンジンとターボエンジンが低燃費になっています。

 

自然吸気エンジン単体のグレードと比較すると、自然吸気エンジンSエネチャージで5.4km/L、ターボエンジンSエネチャージでも1.2km/L燃費値が改善しています。 

 

スズキ新型ハスラーの安全装備は?

f:id:carislife:20180717104319j:plain

スズキ新型ハスラーの安全装備には、「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されています。

 

「デュアルカメラブレーキサポート」は、衝突被害軽減ブレーキに2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用し、人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識。

 

また、車線の左右の区画線も認識するなど、カメラでとらえたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする先進安全装備になっています。

   

スズキ新型ハスラーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型ハスラーに新設定される特別仕様車「タフワイルド」の価格は、148万円からに設定されています。

 

先に設定されている特別仕様車のJスタイル3、Fリミテッド2と比較すると中間の設定となり、新しいバリエーションながら選びやすくなっています。

 

▼スズキ新型ハスラーの価格

▽特別仕様車

  • TOUGH WILD
    FF:1,487,160円、4WD:1,613,520円
  • J STYLE Ⅲ
    FF:1,584,360円、4WD:1,710,720円
  • J STYLE Ⅲ ターボ
    FF:1,678,320円、4WD:1,804,680円
  • FリミテッドII
    FF:1,431,000円、4WD:1,557,360円

▽標準ラインナップ

  • A
    FF/5MT:1,100,520円、4WD/5MT:1,221,480円
    FF/CVT:1,100,520円、4WD/CVT:1,221,480円
  • G
    FF/5MT:1,183,680円、4WD/5MT:1,299,240円
    FF/CVT:1,273,320円、4WD/CVT:1,399,680円
  • G 2トーンルーフ仕様車
    FF/5MT:1,226,880円、4WD/5MT:1,342,440円
    FF/CVT:1,316,520円、4WD/CVT:1,442,880円
  • Gターボ
    FF/CVT:1,359,720円、4WD/CVT:1,486,080円
  • Gターボ 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,402,920円、4WD/CVT:1,529,280円
  • X
    FF/CVT:1,461,240円、4WD/CVT:1,587,600円
  • X 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,504,440円、4WD/CVT:1,630,800円
  • Xターボ
    FF/CVT:1,547,640円、4WD/CVT:1,674,000円
  • Xターボ 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,590,840円、4WD/CVT:1,717,200円

 

スズキ新型ハスラーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

スズキ新型ハスラーに新設定された特別仕様車「タフワイルド」は7月17日に発表され、同日に発売されました。

 

ハスラーは発表から4年となっていますが、高い人気と最新の走行システムを持っていることから、さらなるユーザーに魅力がアピールされます。

 

スズキ・ハスラーを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161208/20161208151703.jpg

スズキ・ハスラー(HUSTLER)は、2014年1月に販売が開始された軽自動車クロスオーバーSUVで、同月にマツダへのOEM供給モデルとなるフレアクロスオーバーも発売されました。

 

ハスラーは、以前販売されていた大径タイヤを装備し地上高を高くした「Kei」の生産終了を惜しむ声を鈴木修会長が聞いたことから開発がスタート。

 

軽トールワゴンとSUVの要素を融合させた新ジャンルのコンセプトを採用し、レジャーを好むユーザー、わだちや雪道などの起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定し開発され人気モデルになりました。

 

走行性能はそれまでの軽自動車ワゴンから大幅に強化され、急坂をブレーキ操作なしでゆっくり一定の速度で下るヒルディセントコントロールや、1輪が空転した際にブレーキをかけることでスタック状態を解消するグリップコントロールが軽自動車で初めて採用されました。

 

車名は、悪路を軽快に走るイメージから、以前販売されていたオフロードバイク「TS」の愛称だったハスラーを採用。

 

スズキの純正アクセサリーには、2輪車のハスラーで使用されていたクラシックなスズキ「S」エンブレムの復刻版ステッカーも設定されています。

 

新型スズキ・ハスラーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!