車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ホンダ新型フィット最新情報】フルモデルチェンジ2019年発表!RS/ハイブリッド、サイズや価格、発売日、燃費は?

f:id:carislife:20180612082700j:plain

ホンダが、コンパクトカー「フィット」のフルモデルチェンジに向け開発を進行しています。

 

世代交代により魅力をアップするホンダ新型フィットについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ホンダ新型フィットにフルモデルチェンジ!スクープ画像撮影!

▼ホンダ新型フィットのスクープ画像

f:id:carislife:20180927070038j:plain

2018年9月、ホンダがフルモデルチェンジを予定する「フィット」のスクープ画像が撮影されました。

 

ホンダ・フィットは、ブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、海外では「ジャズ」のモデル名で販売されるグローバルモデルとして位置づけられています。

 

フルモデルチェンジする新型フィットでは、最新のパワートレインにより走行性能を大幅にアップするなど、新世代の性能が追求されます。

 

▼フィット現行モデル

【ホンダ新型フィット最新情報】モデューロスタイル2018年夏発売!RSやハイブリッド燃費、サイズ、価格と発売日は?

 

ホンダ新型フィットの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型フィットの変更点

  • 外装、内装を新世代デザインに変更
  • 1.5L2モーター式ハイブリッドシステム「i-MMD」を新搭載
  • 1Lターボエンジンを設定
  • 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車標準装備

 

ホンダ新型フィットの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180927070154j:plain

f:id:carislife:20180927070156j:plain

ホンダ新型フィットの外装は、現行モデルで採用されていたスポーティなデザインにコンパクトカーとして魅力ある親しみやすさがプラスされます。

 

フロントからリアまで連続するラインを維持しながら、重心を低くみせることでより安定感あるスタイルとされます。

  

▼ホンダ・フィットRS

f:id:carislife:20180612082507j:plain

f:id:carislife:20180612082511j:plain

スポーツモデルとなるフィットRSも引き続き設定され、専用のエアロパーツによりデザインと空力性能を向上。

 

専用サスペンションを装備することで、スポーツスタイルが強調されます。

 

新型フィットを現行モデルと比較!

▼ホンダ・フィット(現行モデル)

f:id:carislife:20180612082501j:plain

f:id:carislife:20180612082504j:plain

ホンダ新型フィットと現行モデルを比較すると、前後のボリューム感が小さく、スマートなデザインになっています。

 

現行モデルでは上位モデルからくる質感の高さを表現することが重要視されていましたが、新型フィットでは軽快さが感じられるデザインになります。

 

f:id:carislife:20180612082452j:plain

  

ホンダ新型フィットクロスオーバーも設定!

f:id:carislife:20180612082513j:plain

 ホンダ新型フィットには、現行モデルで純正オプション「CROSS STYLE」として用意されていたクロスオーバーが設定されます。

 

新型フィットクロスオーバーでは、ベースモデルから最低地上高をあげるサスペンションにより悪路走行性能を向上。

 

車体下部を傷から守る専用のガードが装備され、人気になっているSUVスタイルがつくられます。

 

ホンダ新型フィットのボディサイズは?

f:id:carislife:20180927070308j:plain

ホンダ新型フィットのボディサイズは、ベースモデルで5ナンバーサイズが維持され取り回しの良さが魅力となります。

 

スポーツモデルのRSでは、専用のエアロにより伸びやかなスタイルが追求されます。

 

クロスオーバーSUVモデルでは、ライバルのトヨタ・アクアクロスオーバーが全幅を3ナンバーに拡大しワイドなデザインとなっていることから、近いサイズに変更されるとみられています。

 

▼参考:ホンダ・フィットのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:3990×1695×1525mm
    ※「ハイブリッド・S」「RS」は全長4045mm
  • ホイールベース:2530mm
  • 車重:1010kg

  

ホンダ新型フィットの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135011.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135014.jpg

ホンダ新型フィットの内装は、全面改良により基礎から構造を見直すことで効率をあげ、より快適な室内空間が確保されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135032.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170629/20170629135039.jpg

上位グレードには質感をあげた専用のインテリアを採用し、ユーザーのニーズに対応するラインナップとされます。

 

また、現行モデルでボディ剛性アップや遮音材の最適化により高められていた静粛性も、新型フィットではさらに快適なものとされます。

 

ホンダ新型フィットのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180327/20180327091614.jpg

▼新型フィットのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1.3L
    出力:100ps/12.1kgm
  • 【フィットハイブリッド】
    直列4気筒1.5L+2モーター「i-MMD」ハイブリッド
    出力:153ps/27.2kgm
  • 【フィットRS】
    直列3気筒1Lターボ
    出力:129ps/20.4kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型フィットのパワートレインには、新たに2モーター式ハイブリッド「i-MMD」と、直列3気筒1Lターボエンジンが搭載されます。 

 

▼参考:ホンダ・フィットのスペック(現行モデル)

  • 直列3気筒1.3L
    ・出力:100ps/12.1kgm
  • 直列4気筒1.5L
    ・出力:132ps/15.8kgm
  • 直列4気筒1.5L i-VTEC+i-DCDハイブリッド
    ・エンジン出力:110ps/13.7kgm
    ・モーター出力:29.5ps/16.3kgm

フィットハイブリッドは現行モデルで、1.5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが搭載されていました。

 

しかし、新型フィットハイブリッドでは全面改良された「インサイト」に採用されている2モーター式に変更されます。

 

▼ホンダ・インサイト

【ホンダ新型インサイト最新情報】日本発売日は2018年12月!価格、燃費、サイズは?

▼SPORT HYBRID i-MMD

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171016/20171016162043.jpg

2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」は、発電用と走行用のモーターを分けることで3つの走行モードが利用できるようになっており、1モーター式より高い環境性能が実現されています。

 

以前はオデッセイやステップワゴンなどで2Lエンジンと組み合わせられていましたが、低コスト化の目処がたったことで、新たにフィットハイブリッドにも搭載可能な1.5Lエンジンモデルが用意されました。

 

▼ホンダ製直列3気筒1Lガソリンターボエンジン

f:id:carislife:20180612085615j:plain

新型フィットではその他にも、ハイスペックモデルとして直列3気筒1Lターボエンジンが採用されます。

 

1Lターボエンジンは、シビックタイプRの2Lターボ、ステップワゴンなどに採用される1.5Lターボとあわせ、ホンダの新世代ダウンサイジングターボエンジンとして発表されていました。

 

出力は2L自然吸気エンジンに匹敵するトルクながら、小排気量ならでは燃費性能が両立されています。

 

ホンダ新型フィットの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

ホンダ新型フィットの燃費は、2モーターハイブリッドシステムの採用により現行モデルからアップすることになります。

 

現行モデルでは、前期型で最高36.4km/Lだった燃費がエンジン効率の改善により37.2km/Lに向上していました。

 

新型フィットでは、トヨタ・プリウスが40.8km/Lの燃費値を達成していることから、41km/L以上が目標とされています。

 

▼参考:ホンダ・フィットの燃費(現行モデル)

  • 1.3Lエンジン
    FF:24.6km/L、4WD:20.2km/L
  • 1.5Lエンジン
    FF:22.2km/L、4WD:19.4km/L
  • 1.5Lハイブリッド
    FF:37.2km/L、4WD:29.4km/L

 

ホンダ新型フィットの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

ホンダ新型フィットの安全装備には、「ホンダセンシング」が全車標準装着されます。

 

搭載されるホンダセンシングは、渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロールや前後誤発進抑制機能、オートハイビームの採用など、常にアップデートされており、最新の機能を利用することができます。

 

▼ホンダセンシング機能

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 前後誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • オートハイビーム
  • 渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能

  

ホンダ新型フィットの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ホンダ新型フィットの価格は、安全システムのホンダセンシングが全車標準装備となることで5万ほどのスタート価格アップになるとみられています。

 

フィットハイブリッドはコストをダウンした2モーターシステムを搭載しますが、10万円ほど高価になると見込まれています。

 

▼参考:ホンダ・フィットの価格(現行モデル)

  • 1.3Lガソリン:1,428,840円~
  • 1.5Lガソリン:1,853,280円~
  • 1.5Lハイブリッド:1,699,920円~

 

ホンダ新型フィットの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするホンダ新型フィットの発売日は、2019年9月が予定されています。

 

これにより現行モデルの3代目は、1代目と2代目に同じく6年目でのフルモデルチェンジとなります。

 

【ホンダ新型ヴェゼル最新情報】フルモデルチェンジ!RSやハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

 

ホンダ・フィットを「おさらい」

▼ホンダ・フィット(初代)

Honda Fit W 1300 4WD.JPG

ホンダ・フィット(FIT)は、2001年に初代が登場したコンパクトカーです。

 

英語表記は初代が「Fit」となっていましたが、2代目以降はすべて大文字の「FIT」に変更されており、海外では「ジャズ(Jazz)」のモデル名で販売されています。

 

ホンダ「ロゴ」の後継車として製作され、現在では軽自動車の「Nシリーズ」にも採用されている燃料タンクを薄型樹脂製にし前席下に配置する「センタータンクレイアウト」とすることで、後部座席やラゲッジスペースを拡大。

 

広い室内空間を持っていたことで、人気モデルになりました。

 

▼ホンダ・フィット(2代目)

2010 Honda Fit 1.3.jpg

2007年に登場した2代目では、後期型へのマイナーチェンジ時にフィットハイブリッドを追加し燃費を30km/Lまで向上。

 

2013年に登場した現行モデルの3代目は、グローバル市場でもホンダの最量販車となることを目標にボディサイズを拡大しましたが、全幅を維持することで日本の5ナンバーサイズを保ちました。

  

基礎やパワートレインを共有するSUVの「ヴェゼル」、セダンの「グレイス」、コンパクトミニバンの「フリード」、ワゴンの「シャトル」も販売されています。

 

新型ホンダ・フィットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!