車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型ソリオ/バンディット最新情報】マイナーチェンジ2018年7月20日発売!価格、ハイブリッド燃費は?

f:id:carislife:20180702120726j:plain

スズキが、人気モデル「ソリオ」のマイナーチェンジを発表しました。

 

マイナーチェンジにより魅力をアップするスズキ新型ソリオについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】スズキ新型ソリオにマイナーチェンジ!

▼スズキ新型ソリオバンディットの画像

f:id:carislife:20180702124046j:plain

スズキは2018年7月2日、ソリオのマイナーチェンジを発表しました。

 

スズキ・ソリオは、ブランドのコンパクトトールワゴンとして製作され、独自技術のフルハイブリッドモデルによる高い燃費性能や使い勝手の良さが人気になっています。

  

改良された新型ソリオでは、新しいデザインの採用、安全装備の大幅強化などにより魅力がアップしています。

  

スズキ新型ソリオの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型ソリオの変更点

  • 新デザインの外装、内装を採用
  • 安全システム「デュアルカメラブレーキサポート」の機能を向上し、アダプティブクルーズコントロール、ハイビームアシストを追加
  • 全方位モニター用カメラに「3Dビュー」と「左右確認サポート機能」を追加
  • 「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」を「デュアルカメラブレーキサポート」とセットで採用
  • ソリオ「HYBRID MZ」「HYBRID SZ」、および「ソリオ バンディット」にSRSカーテンエアバッグを標準装備
  • 4WD車に採用の助手席シートヒーターを、ハイブリッド仕様車(2WD車)にも採用
  • ハイブリッド仕様車に設定の「エコモードスイッチ」を、ステアリングに移設して使い勝手を向上
  • スポーティーな走りが楽しめるパドルシフトを採用
  • 新色のボディカラーのほか、ソリオバンディットにブラック2トーンルーフを設定

 

スズキ新型ソリオの外装(エクステリア)デザイン

▼スズキ新型ソリオ

f:id:carislife:20180702120730j:plain

f:id:carislife:20180702120733j:plain

スズキ新型ソリオの外装には、新しいデザインのフロントロアグリルメッキ、デザインが変更されたバックドアガーニッシュ、15インチアルミホイールが採用されています。

 

▼スズキ新型ソリオバンディット

f:id:carislife:20180702120736j:plain

f:id:carislife:20180702120739j:plain

カスタムモデルとなる新型ソリオバンディットではベースモデルより変更幅が大きく、フロントバンパーやフロントグリル、バックドアガーニッシュを変更。

 

新しい15インチアルミホイールも採用するほか、LEDフロントフォグランプが装備されました。

 

新型ソリオを前モデルと比較!

▼ソリオ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826195952.jpg

▼ソリオバンディット(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826195953.jpg

スズキ新型ソリオを改良前モデルと比較すると、デザインの変更がわかりやすくなります。

 

全体のイメージは前モデルから維持されていますが、ソリオとソリオバンディットの両モデルでフロント下部を中心にデザインを変更することで、より上質なデザインに仕上げられています。

 

スズキ新型ソリオのボディカラーは?(全14色)

▼スズキ新型ソリオのモノトーンボディカラー

f:id:carislife:20180702124623j:plain

▼スズキ新型ソリオのモノトーンボディカラー一覧

  • ラッシュイエローメタリック【新色】
  • クラレットレッドメタリック【新色】
  • スピーディーブルーメタリック
  • ネオンブルーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ミッドナイトバイオレットメタリック
  • クラッシーブラウンメタリック
  • スターシルバーメタリック
  • スーパーブラックパール

スズキ新型ソリオのボディカラーには、新色となる「ラッシュイエローメタリック」「
クラレットレッドメタリック」を含む全9色のモノトーンカラーが設定されています。

 

▼スズキ新型ソリオバンディットの2トーンボディカラー

f:id:carislife:20180702124626j:plain

▼スズキ新型ソリオバンディットの2トーンボディカラー一覧

  • クラレットレッドメタリック ブラック2トーンルーフ
  • ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ
  • スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
  • ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ
  • プレミアムシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ

新型ソリオバンディットにはモノトーンカラーのほか、ルーフをブラックとした2トーンも5パターン用意され、好みにあわせて選択できるようになっています。

 

スズキ新型ソリオのボディサイズは?

f:id:carislife:20180618092116j:plain

▼スズキ新型ソリオのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm
  • ホイールベース:2480mm
  • 最低地上高:140mm
  • 車重:930kg(ハイブリッドは990kg)
  • タイヤサイズ:165/70R14 or 165/65R15
  • 参考
    ・スズキ・クロスビー
     全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm
     ホイールベース:2435mm
     最低地上高:180mm
     車重:960kg

スズキ新型ソリオのボディサイズは、クロスオーバーモデルの「クロスビー」より高い全高と長いホイールベースにより、広い室内空間が確保されています。

 

それでも車重は、剛性をアップしながら軽量化が可能な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により軽自動車同等の930kgと軽く仕上げられ、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

▼スズキ・クロスビー

【スズキ新型クロスビー(XBEE)最新情報】新SUV発売!価格、燃費、スペックは?

 

スズキ新型ソリオの内装(インテリア)デザイン、シートレイアウトは?

▼スズキ・ソリオ

f:id:carislife:20180702121214j:plain

f:id:carislife:20180702121211j:plain

▼スズキ・ソリオバンディット

f:id:carislife:20180702121217j:plain

f:id:carislife:20180702121220j:plain

スズキ新型ソリオの内装は、シートやドアトリム表皮の変更、メーター盤面のデザイン変更により質感がアップしています。

 

ソリオハイブリッドに装備されている、力強くキビキビ走る「標準モード」とEV走行の頻度を高める「エコモード」を選べる「エコモードスイッチ」は、これまでインパネに装備されていましたがステアリングに移設することで使い勝手が向上しています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200052.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200053.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200903.jpg

ソリオの前後座席間は、余裕ある前シートの左右間距離やフラットフロア化により、雨の日などに外にでることなく室内を移動できるように設計。

 

改良では4WD車に採用されていた助手席シートヒーターを、ハイブリッド仕様車(全車FF仕様)にも採用することで快適性をアップ。

 

シートレイアウトは最大165mmスライド、56度リクライニングできるリアシートにより快適につくられ、ラゲッジスペースを大きくしたいときには助手席も折りたたむことで長尺物も積むことができるようになっています。

 

室内長はコンパクトハイトワゴンで最長の2515mmとされ、開放感ある空間が確保されています。

 

▼スズキ新型ソリオの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2515×1420×1360mm
  • 乗員:5人乗り

 

スズキ新型ソリオのパワートレインとスペックは?

▼スズキ製1.2Lハイブリッドパワートレイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161129/20161129141153.jpg

▼スズキ新型ソリオのパワートレインとスペック

  • 【自然吸気エンジン】
    直列4気筒1.2Lガソリン
    出力:91ps/12.0kgm
    トランスミッション:CVT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【マイルドハイブリッド】
    直列4気筒1.2Lガソリン+電気モーター
    エンジン出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:3.1ps/5.1kgm
    トランスミッション:CVT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【ハイブリッド】
    パワートレイン:直列4気筒1.2Lガソリンエンジン+電気モーター
    エンジン出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:13.6ps/3.1kgm
    トランスミッション:5速AGS
    駆動:FF

新型ソリオには、1.2Lガソリン自然吸気エンジン、1.2Lマイルドハイブリッド、1.2Lストロングハイブリッドの3種類のパワートレインが設定されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161129/20161129141145.jpg

1.2Lストロングハイブリッドモデルは、トランスミッションに5速マニュアルをベースに自動変速機構を追加した「5AGS(オートギヤシフト)」を採用し、伝達ロスを低減した独自システムを搭載。

 

変速時にエンジンとの接続を切ることで発生する駆動力の途切れを電気モーターでカバーすることで、滑らかな走りに仕上げられています。

 

電気モーターは約60km/h以下の低負荷時に電力のみを使った走行もできるようになっていますが、軽さも重要視され1トンを切る車重で軽快な走りと高い環境性能を両立しています。

 

f:id:carislife:20180702121952j:plain

改良ではソリオハイブリッドとソリオバンディットに、ステアリングを離さずにシフト操作ができ、スポーティーな走りが楽しめるパドルシフトを採用。

 

登り坂ではシフトダウンを自ら行うことで力強い登坂が可能になりました。

 

スズキ新型ソリオの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型ソリオの燃費

  • 1.2Lガソリン:24.8km/L
  • 1.2Lマイルドハイブリッド:27.8km/L
  • 1.2Lストロングハイブリッド:32.0km/L

スズキ新型ソリオの燃費値は、最新プラットフォームにより軽量化された車体により、1.2Lガソリンでも24.8km/L、最も高い燃費のストロングハイブリッドで32.0km/Lの低燃費となっています。

 

マイルドハイブリッドモデルは中間の燃費に設定され、4WD車も選択できるようになっています。

 

スズキ新型ソリオの安全装備は?

f:id:carislife:20180702115347j:plain

スズキ新型ソリオの安全装備には、性能を向上させたステレオカメラ方式の先進安全装備「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されています。

 

最新の「デュアルカメラブレーキサポート」は、夜間の歩行者を検知する機能のほか、ロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシストを追加。

 

「デュアルカメラブレーキサポート」とのセットで、リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーが車両後方にある障害物を検知し、自動でブレーキをかけることで後退時の衝突回避または被害軽減を図る「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」を採用。

 

これにより、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する安全性が確保されました。

 

f:id:carislife:20180702122544j:plain

f:id:carislife:20180702122548j:plain

その他、新型ソリオでは全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」を追加。

 

ソリオ「HYBRID MZ」「HYBRID SZ」、および「ソリオ バンディット」にはSRSカーテンエアバッグも標準装備することで、衝突安全性能がアップしています。

 

スズキ新型ソリオのプラットフォームは?

▼スズキ新世代プラットフォーム「ハーテクト」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018084900.jpg

新型ソリオには、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が使用されています。

 

ハーテクトは、フルモデルチェンジしているアルトやワゴンR、スイフトなどにも採用。

 

構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。

 

前モデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、ソリオで車重を前モデルから70kgも軽量化。


足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。

 

フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上しています。

  

スズキ新型ソリオの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型ソリオの価格は、エントリーモデルで5000円ほどの価格アップとなっています。

 

上位モデルとなるストロングハイブリッドモデルでは10万円ほどの価格アップとされ、人気オプション装備の多くが標準化されました。

 

▼スズキ新型ソリオの価格

▽1.2L自然吸気エンジン

  • ソリオG(1.2L自然吸気エンジン)
    FF:1,459,080円、4WD:1,585,440円

▽1.2Lマイルドハイブリッド

  • ソリオHYBRID MX
    FF:1,703,160円、4WD:1,829,520円
  • ソリオHYBRID MZ
    FF:1,954,800円、4WD:2,081,160円
  • ソリオバンディットHYBRID MV
    FF:1,944,000円、4WD:2,070,360円

▽1.2Lストロングハイブリッド

  • ソリオHYBRID SX
    FF:2,019,600円
  • ソリオHYBRID SZ
    FF:2,179,440円
  • ソリオバンディットHYBRID SV
    FF:2,168,640円

 

スズキ新型ソリオの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたスズキ新型ソリオは2018年7月2日に発表、発売日は7月20日とされました。

 

スズキは、現行のソリオ発売から3年を迎えるのにあわせリフレッシュし、高い燃費性能や使い勝手の良さを再度ユーザーにアピールする予定です。

 

スズキ・ソリオを「おさらい」

▼ワゴンRソリオ(初代)

Suzuki WagonR+ front 20070831.jpg

スズキ・ソリオ(SOLIO)は、初代となる「ワゴンRソリオ」が2000年に登場したコンパクトトールワゴンです。

 

軽自動車「ワゴンR」とパーツを共有し開発された普通車「ワゴンRワイド」が1999年のフルモデルチェンジにより「ワゴンR+」とされましたが、翌年の改良時にモデル名を「ワゴンRソリオ」に変更。

 

さらに2005年の改良時に、現在使用されている「ソリオ」へ車名を独立しました。

 

▼ソリオ(2代目)

Suzuki Solio G MA15S 0516.JPG

2010年に登場した2代目では、新設計のプラットフォームによりコンパクトカーに最適化することで、名実ともに独立。

 

カスタムモデルとなる「ソリオバンディット」も新設定されました。

 

2015年に登場した現行モデルの3代目では、スズキの新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用することで、1トン以上だった車重を930kgまで軽量化。

 

マイルドハイブリッドやストロングハイブリッドパワートレインを搭載することで、クラストップの燃費性能を持つモデルになっています。

 

三菱自動車にもOEM供給され、「デリカD:2」として販売されています。

 

新型スズキ・ソリオについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!