車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【アウディ新型A8最新情報】フルモデルチェンジ2018年10月15日発売!A8L、サイズ、燃費や価格は?

f:id:carislife:20180906083609j:plain

アウディが、「A8」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

アウディの最上級モデルとして魅力をアップした新型A8のデザインや価格、パワートレインなどをご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】アウディ新型A8にフルモデルチェンジ日本発売!

▼アウディ新型A8の画像

f:id:carislife:20180906083717j:plain

アウディが、A8の日本仕様フルモデルチェンジを発表しました。

 

アウディA8は、ブランドの中でも最上級のサルーンとして設定され、アウディを牽引するプレミアムモデルとなっています。

 

新型A8は、最新のブランドデザインやパワートレインを採用するなど、性能が大幅に進化しています。

 

▼アウディ新型A8の動画

▼アウディA7スポーツバック

【アウディ新型A7スポーツバック最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!サイズ、燃費、価格は?

▼アウディA6

【アウディ新型A6最新情報】セダン/アバントをフルモデルチェンジ!S6/RS6/オールロードクワトロ、日本発売日や価格、スペック、燃費は?

 

アウディ新型A8の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アウディ新型A8の変更点

  • 新世代のブランドデザインとしたエクステリア、インテリアを採用
  • パワートレーンに最新の48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載
  • ロングホイールベースモデル「A8L」も設定
  • 5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーからなる先進安全システムを装備。
    センサーから得られる膨大な車両周辺の情報を統合的に分析し、高度な周辺環境モデルを構築する「zFAS(セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー)」も採用して制御を高度化

 

アウディ新型A8の外装(エクステリア)デザイン

▼新型A8

f:id:carislife:20180906084000j:plain

アウディ新型A8の外装は、アウディの最新デザインにより大きく変更されました。

 

フロントには、六角形の大型グリルが採用され、質感を高めながら高い運動性が表現されています。 

f:id:carislife:20180906084003j:plain

テールランプは左右が連続したものとされ、水平なラインを持つバンパーとあわせ安定感のあるデザインに仕上げられています。

 

アウディ新型A8を前モデルと比較!

▼前型A8

f:id:carislife:20180906084413j:plain

f:id:carislife:20180906084453j:plain

新型A8の外装を前モデルと比較すると、フロント部分が引き締められスポーティなものになっていることがわかります。

 

ボディサイドは滑らかに変更することで、上質なデザインとされています。

 

アウディ新型A8の内装(インテリア)デザイン

▼新型A8

f:id:carislife:20180906085054j:plain

アウディ新型A8の内装は、最新のシステムを採用することで洗練されたデザインになっています。

 

f:id:carislife:20171020161420j:plain

センターコンソールには上部に10.1インチ、下部に8.6インチのタッチ式スクリーンが配置され、多彩な機能をわかりやすく操作することができるようになっています。

 

また、新型A8はLTEネットワークに常時接続され、目的地についてのオンライン検索、ニュースや天気予報といった情報取得、最寄のガソリンスタンドや駐車場の検索などができ、地図データの無料オンライン更新(3年間)にも対応する「Audi connect」を標準装備。

 

さらにスマートフォンとA8を接続する「myAudiアプリ」を使用することで、車両状況のチェックやドアの施錠と解錠、カーナビに目的地情報を送ることなどが可能とされています。

 

f:id:carislife:20180906085056j:plain

室内空間は前モデルから拡大され、メインとなるリアシートの快適性をアップ。

 

トランク容量は505Lが確保し、さまざまなシーンに対応できるようになっています。

   

アウディ新型A8/A8Lのボディサイズは?

f:id:carislife:20180906085855j:plain

▼アウディ新型A8のボディサイズと比較

  • 新型A8
    全長×全幅×全高:5170×1945×1470mm
    ホイールベース:3000mm
    ※A8 Lは全長とホイールベースが+130mm
    車重:2040kg
  • 前モデル
    全長×全幅×全高:5145×1950×1465mm
    ホイールベース:2990mm
    車重:1930kg

アウディ新型A8のボディサイズは、前モデルから全長+25mm、ホイールベースが+10mmと変更され、より快適性が追求されています。

 

ボディはアルミニウム、スチール、マグネシウム、CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)などを使って構成され、異なる素材を精密に耐久性高く接合するため14種類もの接合技法を使用。

 

これによりねじり剛性は前モデルから24%もアップしています。

 

アウディ新型A8のパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180906090520j:plain

▼新型A8のパワートレインとスペック

  • 【55 TFSI】
    V型6気筒3Lガソリンターボ「TFSI」+「MHEV」
    出力:340ps/51.0kgm
  • 【60 TFSI】
    V型8気筒4Lガソリンターボ「TFSI」+「MHEV」
    出力:460ps/67.3kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:4WD「Quattro」
  • 最高速度:250km/h(リミッター)
  • 0-100km/h加速:5.3秒

アウディ新型A8のパワートレインには、最新のマイルドハイブリッドシステムを持つ3Lと4Lのガソリンターボエンジンが採用されました。

 

搭載されたマイルドハイブリッドシステム「MHEV(マイルドハイブリッドエレクトリックビークル)」は、、48V電源システムとベルト駆動式オルターネータースターターにより、エンジンを休止させ無負荷で走ること(コースティング)が可能になり、エンジン再始動もスムーズになっています。

  

足回りは、従来から採用しているアルミニウム製の前後サスペンションアームをさらに軽量化し滑らかな走行を実現。

 

エアサスペンションには「アウディドライブセレクト」でコンフォート、オート、ダイナミックなどにモード変更可能な電子制御式可変ダンパーを組み合わせ標準装備されています。

 

また、オプションとして4輪操舵を行なう「ダイナミック オールホイール ステアリング」が設定され、電子制御により65km/h以下での走行中はリアタイヤをフロントと逆方向に最大5度まで操舵し、市街地などでの小まわりを向上させて最小回転半径を通常より約0.5m小さい5.3mとしています。

 

中高速で走行するときには、リアタイヤをフロントと同じ方向に操舵して走行安定性を高めることができるようになっています。

   

アウディ新型A8の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼アウディ新型A8の燃費

  • 3Lターボ:10.5km/L
  • 4Lターボ:8.7km/L

アウディ新型A8の燃費は、JC08モードで10.5km/Lと発表されています。

 

前モデルで12.5km/Lだった3Lターボエンジンから、ボディサイズや最大トルクを6kgmアップしながら燃費の低下は最小限に抑えられています。

 

アウディ新型A8の安全装備は?

f:id:carislife:20171020161746j:plain

アウディ新型A8の安全装備には、5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーと、最大で合計23個のセンサーを使用した最新システムが採用されています。

 

海外での初公開時には、中央分離帯で車道がわかれている場合に60km/h以下で自動運転をする、世界初となるレベル3の自動運転技術「Audi AIトラフィックジャムパイロット」の搭載がトピックになっていましたが、国内外で法整備が追いついていないため、自動運転機能は利用できないようになっています。

 

安全システムは新機能として、見通しのわるい交差点での「フロントクロストラフィックアシスト」や、万が一の車両の側面からの衝突にも備える「プレセンス360」、従来採用されていたアダプティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンアシスト(ALA)、トラフィックジャムアシストの3つの機能を統合した「アダプティブドライブアシスト(ADA)」が利用できるようになっています。

 

また、145度の視野と高解像度を持つレーザースキャナーの搭載により、多くのドライバーアシスタンスシステムで制御システムが改善され、より自然でスムーズな加減速やステアリングアシストが実現されています。

  

アウディ新型A8の価格は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼アウディ新型A8の価格

  • A8 55 TFSI quattro:11,400,000円
  • A8 60 TFSI quattro:15,100,000円
  • A8 L 60 TFSI quattro:16,400,000円

アウディ新型A8の価格は、1140万円からに設定されました。

 

この価格は前モデルから、装備を充実しながら維持されています。

 

ロングホイールベースモデルとなるA8Lは標準モデル+130万円とされ、拡大された空間はリアシートの快適性アップに使用されます。

 

アウディ新型A8の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

アウディ新型A8の日本発売日は、2018年10月15日に設定されました。

 

アウディは最上級モデルを刷新することで、他のプレミアムブランドに対抗していく予定です。

 

アウディA8を「おさらい」

▼アウディA8(初代)

A8 white.jpg

アウディA8(エーエイト)は、初代が1994年に登場した高級乗用車です。

 

1988年に登場した「アウディV8」の後継モデルとして開発され、欧州Fセグメント(全長5m以上のラージクラス)に属するアウディのフラグシップモデルとなっています。

 

駆動方式には一時期FFモデルも設定されましたが、現在は4WDシステム「クワトロ」のみとされています。

 

初代ではベース車にも搭載される4.2Lエンジンの出力を310馬力から360馬力にアップした上位モデル「S8」が設定され、海外では世界初のW型12気筒6Lエンジン搭載車も販売されました。

 

▼アウディA8(2代目)

2003-2005 Audi A8 (4E) 4.2 quattro sedan (2011-01-05).jpg

2代目では、デザインコンセプトを前モデルから引き継ぎながらシャープな表情とされ、5速ATだったトランスミッションに6速ATを採用。

 

▼アウディA8(3代目)

Audi A8 D4 4.2 TDI quattro front 20100717.jpg

2010年に登場した3代目の前モデルでは、革新の美学を意味する「The Art of Progress(アート・オブ・プログレス)」 をコンセプトとし、エレガントなデザインを採用。

 

エンジンにはV型8気筒4.2LとV型6気筒3.0Lのガソリンとディーゼル、W型12気筒6Lガソリンをラインナップ。

 

トランスミッションには8速ATが組み合わせられました。

 

新型アウディA8については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!