車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型レンジローバースポーツ最新情報】PHEV日本発売!価格やスペック、ディーゼル、サイズ、燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115206.jpg

ランドローバーが、SUV「レンジローバースポーツ」の新モデルを発表しました。

 

高い走行性能を持つ新型レンジローバースポーツについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新型レンジローバースポーツPHEV日本発売!

f:id:carislife:20180628094518j:plain

ランドローバーは、SUV「レンジローバースポーツ」の新モデルとなる「レンジローバースポーツPHEV」の日本導入を発表しました。

 

レンジローバースポーツは、ランドローバーブランドの上級SUVシリーズ「レンジローバー」の1モデルとして販売され、シリーズにはサイズの大きい順にレンジローバー、レンジローバースポーツ、レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォークがラインナップされています。

 

新型レンジローバースポーツPHEVは、新開発されたプラグインハイブリッドパワートレインを搭載することで、最高峰のオフロード性能と高い環境性能が両立されています。

 

▼レンジローバースポーツPHEVの動画 

▼レンジローバー

【新型レンジローバー最新情報】PHEV日本発売!価格やスペック、燃費、SVクーペは?

▼レンジローバーヴェラール

中間サイズのクーペSUV!新型「レンジローバー ヴェラール」日本発売 価格699万円~ 試乗動画

▼レンジローバーイヴォーク

新型レンジローバーイヴォーク最新情報!フルモデルチェンジ発売日は2018年10月、スペック、価格は?

 

新型レンジローバースポーツの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型レンジローバースポーツの変更点

  • 新世代の外装、内装を採用し、さらに上質なデザインに
  • プラグインハイブリッドモデルを新設定し、環境性能を向上
  • ハイパフォーマンスモデル「レンジローバー スポーツSVR」の最高出力を550psから575psまで向上
  • 2つの10インチタッチスクリーンディスプレイによる「Touch Pro Duo」インフォテイメントシステムを装備
  • カットダイヤモンドパターンを施したセミアニリンレザーシートを新採用
  • 離れた場所から空調の操作などが可能となる「リモートプレミアム」を標準装備
  • 簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能な「ジェスチャールーフブラインド」を新たにオプション設定

 

新型レンジローバースポーツの外装(エクステリア)デザイン

▼新型レンジローバースポーツの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115327.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115323.jpg

新型レンジローバースポーツの外装は、フロントグリル、バンパー、ヘッドライトなどのエクステリアデザインが変更され、精悍でスポーティーなデザインとされました。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115353.jpg

リアバンパーやスポイラーも見直し、より運動性能が感じられる仕上げになっています。

 

▼新型レンジローバースポーツSVR

f:id:carislife:20180628095209j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115311.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115314.jpg

ブランドを代表するハイパフォーマンスモデルとして用意されるレンジローバースポーツSVRは、より迫力あるデザインとすることで高出力なエンジンへの空気供給や空力性能が向上しています。

 

新型レンジローバースポーツのボディサイズは?

f:id:carislife:20180628095824j:plain

▼新型レンジローバースポーツのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4855×1985×1800mm
  • ホイールベース:2920mm
  • 車重:2135kg
  • 最低地上高:213mm
  • 参考
    ・レンジローバー(標準ボディ)
     全長×全幅×全高:5005×1985×1865mm
     ホイールベース:2920mm
     車重:2340kg
     最低地上高:220mm

ランドローバー新型レンジローバースポーツのボディサイズは、上位モデルのレンジローバーから全長-150mm、全高-65mmとされています。

 

しかし、全幅やホイールベースは同サイズとなっており、車重を200kgほど軽量化しながらもプレミアムSUVらしい快適な使い勝手が確保されています。

 

新型レンジローバースポーツの内装(インテリア)デザイン

▼新型レンジローバースポーツ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115244.jpg

新型レンジローバースポーツの内装は、カットダイヤモンドパターンを施したセミアニリンレザーシートや新採用したアッパーグローブボックスなどにより、上質な室内空間がつくられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115228.jpg

インフォテインメントシステムには、2つの10インチタッチスクリーンディスプレイにより構成される「Touch Pro Duo」を採用。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115302.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115220.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115235.jpg

その他、降車時には自動で閉まり、前後への手のジェスチャーにより開閉操作できる「ジェスチャーサンブラインド」やリアエンターテイメントシステムが採用され、ドライブをより楽しむことができるようになっています。

 

新型レンジローバースポーツのパワートレインとスペックは?PHEV設定!

f:id:carislife:20180308141443j:plain

▼新型レンジローバースポーツのパワートレインとスペック

  • V型6気筒3Lディーゼル
    出力:258ps/61.2kgm
    最高速度:209km/h
    0-100km/h加速:7.7秒
  • V型6気筒3Lガソリンスーパーチャージャー
    出力(2種):340ps/45.9kgm、380ps/45.9kgm
    最高速度:210km/h
    0-100km/h加速:7.2秒(380psモデルは7.1秒)
  • V型8気筒5Lガソリンスーパーチャージャー
    出力:525ps/63.8kgm
    最高速度:250km/h
    0-100km/h加速:5.3秒
  • 【SVR】
    V型8気筒5Lガソリンスーパーチャージャー
    出力:575ps/69.4kgm
    最高速度:283km/h
    0-100km/h加速:4.5秒
  • 【新開発】直列4気筒2Lガソリンターボ+電気モータープラグインハイブリッド
    システム出力:404ps/65.3kgm
    最高速度:220km/h
    0-100km/h加速:6.7秒
    EV航続距離:51km
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

新型レンジローバースポーツのパワートレインは、3Lのガソリンとディーゼル、ハイパワーな5Lガソリンのラインナップに、新しくプラグインハイブリッドモデルが追加されました。

 

上位モデルのレンジローバーと比較して、レンジローバースポーツではボディを短縮し軽量化していることで0-100km/h加速は全モデルで0.2秒ほど短縮されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115339.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171005/20171005115333.jpg

プラグインハイブリッドモデルは、2Lの小排気量エンジンに電気モーターを組み合わせることで、3Lエンジンを超える出力を獲得。

 

EV航続距離は51kmが確保され、2000kg台中盤の車重を持つレンジローバースポーツを、日常では充電した電力のみで走行させることができるようになっています。

 

その他、新型レンジローバースポーツでは、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が開発したハイパフォーマンスモデル「レンジローバー スポーツSVR」の最高出力が550psから575psまでアップされ、専用サスペンションを装着するなどし、0-100km/h加速タイム4.5秒の高性能を楽しむことができるようになっています。

 

新型レンジローバースポーツの悪路走破性能は?

▼新型レンジローバースポーツプラグインハイブリッドの動画

▼新型レンジローバースポーツの悪路走破性能

  • 最大渡河水深:850mm
  • 標準ボディ
    アプローチアングル(オフロード/標準):33.0°/24.3°
    ランプアングル(オフロード/標準):27.2°/19.4°
    デパーチャーアングル(オフロード/標準):31.0°/24.9°

新型レンジローバースポーツの悪路走破性能は、水深が最大850mmの場所でも走行できるように設計されています。

 

対障害角度は、装備されるエアサスペンションにより車高をあげることで拡大でき、アプローチ(車体前)、デパーチャー(車体後)、タイヤと車体中心を結ぶランプアングルのすべてで高い数値を確保。 

 

電動パワートレインを搭載するレンジローバースポーツPHEVでも、同様の性能が発揮できるようになっています。

 

その他、新型レンジローバースポーツには悪路走行をサポートする下記のシステムが搭載されています。

 

▼新型レンジローバースポーツの走行システム

  • ロートラクションロンチ
    凍結路や雪道、湿った草地などの滑りやすい路面でもスムーズかつ容易に発進
  • テレインレスポンス
    走行状況を絶えずモニタリングして、エンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化
  • ヒルディセントコントロール
    急勾配の下り坂で一定の速度を維持し、各ホイールに個別にブレーキをかけることで安定した走行をアシスト

  

新型レンジローバースポーツの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼新型レンジローバースポーツの燃費

  • 2Lプラグインハイブリッド:2.8L/100km(欧州値/約35.7km/L)
  • 3Lディーゼル:12.6km/L
  • 3Lガソリン(340ps):8.4km/L
  • 3Lガソリン(380ps):8.8km/L
  • 5Lガソリン(525ps):7.3km/L
  • 5Lガソリン(565ps):7.3km/L

新型レンジローバースポーツの燃費は、これまで3Lディーゼルモデルが最高の12.6km/Lとなっていました。

 

しかし、追加設定された2Lプラグインハイブリッドモデルでは欧州値で35.7km/Lまで改善され、上級SUVの大きな車体も気軽に使うことができるようになっています。

 

新型レンジローバースポーツの安全装備は?

f:id:carislife:20180308144214j:plain

新型レンジローバースポーツの安全システムには、大きな車体での乗りやすさや安全性を確保する360度カメラシステムや駐車アシスト機能など、最新システムが採用されています。

 

▼新型レンジローバースポーツの安全機能

  • レーンキープアシスト&居眠り注意機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 自動緊急ブレーキ
  • ブラインドスポットモニター(リバーストラフィックディテクション付)
  • アドバンスドパークアシスト
  • サラウンドカメラシステム

 

新型レンジローバースポーツの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型レンジローバースポーツの価格

  • レンジローバースポーツPHEV:1185万円~
  • SE
    3Lガソリン/340ps:873万円
    3Lディーゼル/258ps:908万円
  • HSE
    3Lガソリン/340ps:1023万円
    3Lディーゼル/258ps:1053万円
  • HSEダイナミック
    3Lディーゼル/258ps:1111万円
  • オートバイオグラフィー ダイナミック
    3Lガソリン/380ps:1238万円
    5Lガソリン/525ps:1444万円
  • SVR
    5L/575ps:1681万円

新型レンジローバースポーツは、340psガソリンエンジンの873万円がエントリー価格になっています。

 

この価格は、1409万円から用意されるブランド最上位モデルのレンジローバーと比較して536万円低価格に設定されています。

 

新設定される2Lプラグインハイブリッドは1185万円と、上級スポーツグレード「オートバイオグラフィーダイナミック」に次ぐモデルに設定されています。

 

新型レンジローバースポーツの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ランドローバー新型レンジローバースポーツは、2018年6月に日本での受注が開始されました。

 

ランドローバーはPHEVモデルの導入により、高い環境性能をアピールしたい考えです。

 

ランドローバー・レンジローバースポーツを「おさらい」

▼ランドローバー・レンジローバースポーツ(初代) 

2005 Range Rover Sport front q.jpg

ランドローバー・レンジローバースポーツ(Range Rover Sport)は、初代が2005年に登場したランドローバーブランドの上級SUVです。

 

初代開発時に増加傾向にあったプレミアムブランドのスポーツSUVを意識して企画され、最上位のレンジローバーが快適性を重要視したつくりなのに対し、レンジローバースポーツはその名の通り、舗装路で高い走行パフォーマンスを発揮することを意識した設計とされています。

 

▼レンジローバースポーツSVRのニュルブルクリンクタイムアタック動画

2代目の現行型は2013年に登場。2014年に新モデルとして発表された「レンジローバースポーツSVR」では、高性能をアピールするためにドイツ・ニュルブルクリンクでのタイムアタックが行われ、当時SUV最速タイムとなる8分15秒を記録。

 

渡河水深850mm、牽引力3000kgなどの高いSUV性能と、ハイパフォーマンススポーツカー同等の速さをもったマシンとして話題になりました。

 

▼レンジローバースポーツ「インフェルノ・ダウンヒル・チャレンジ」

通常モデルでも、スイス・ミューレンで1928年から開催され世界最長で最難関と言われる伝統のスキーレース「インフェルノ・スキーレース」の、高低差2000m以上、最大斜度75度、全長14.9kmのコースをアタック。

 

ドライバーに、イギリスの自動車番組「トップ・ギア」で凄腕の覆面ドライバー「ザ・スティグ」を務めていたベン・コリンズを迎え、21分36秒を記録しました。

 

新型ランドローバー・レンジローバースポーツについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!