New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型レンジローバーヴェラール】「新デザイン2024年モデル!」2023年2月8日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、価格は?

ランドローバーが、SUV「レンジローバーヴェラール」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型レンジローバーヴェラールについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】PHEV導入!「新型レンジローバーヴェラール」改良日本発売!

▼新型レンジローバーヴェラールの画像

ランドローバーが、SUV「レンジローバーヴェラール」の2024年モデルマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

レンジローバーヴェラールは、ランドローバーブランドの上級SUVシリーズ「レンジローバー」の1モデルとして販売され、シリーズにはサイズの大きい順にレンジローバー、レンジローバースポーツ、レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォークがラインナップされています。

 

改良された新型レンジローバーヴェラールでは、エクステリアに新しいデザインを採用。

 

インテリアには、これまで採用していたデュアルディスプレイに代え、新たにフローティングスタイルの11.4インチ曲面タッチスクリーンを採用。

 

加えて、新型レンジローバーヴェラールでは、プラグインハイブリッドモデルを日本に導入。バッテリー容量を増加することで実用性が高められています。

 

改良されたランドローバー新型レンジローバーヴェラールは2023年2月2日に発表され、2023年2月8日に日本での受注を開始。日本価格は909万円~1266万円となっています。

 

▼新型レンジローバーヴェラールの動画

▼レンジローバースポーツ

 【新型レンジローバースポーツ】「新世代!」フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

▼レンジローバーイヴォーク

 【新型レンジローバーイヴォーク】「新デザイン&装備!」マイナーチェンジ!最新情報、スペック、価格は?

 

新型レンジローバーヴェラールの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型レンジローバーヴェラールの変更点

  • 新しいデザインを採用
  • フローティングスタイルの11.4インチ曲面タッチスクリーンを採用
  • プラグインハイブリッドモデルを日本導入。バッテリー容量を増加し、航続距離を延長

▼2022年4月の変更点

  • グレード別装備を小変更
  • 「レンジローバー ヴェラールエディション」を復活設定

▽2021年3月の変更点

  • マイルドハイブリッドシステムを搭載するディーゼルモデル「D200」を設定
  • 車内のロードノイズを低減させる新機能「アクティブロードノイズキャンセレーション」をランドローバー初採用
  • 3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを標準装備
  • インフォテインメントシステムに新世代「Pivi Pro」を採用

 

909万円から!新型レンジローバーヴェラールの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型レンジローバーヴェラールの価格

▽ディーゼル

  • S D200:9,090,000円
  • Dynamic SE D200:9,570,000円
  • Dynamic HSE D200:11,090,000円

▽ガソリン

  • S P250:9,260,000円
  • Dynamic SE P250:10,310,000円
  • Dynamic HSE P250:11,600,000円

▽プラグインハイブリッド

  • Dynamic SE P400e:12,080,000円
  • Dynamic HSE P400e:12,660,000円

新型レンジローバーヴェラールの日本価格は、909万円からとされています。

 

グレードは「S」、「Dynamic SE」、「Dynamic HSE」の3モデルとされ、プラグインハイブリッドも含めた3種類のパワートレインを選択できるようになっています。

 

精悍!新型レンジローバーヴェラールの外装(エクステリア)デザイン

▼新型レンジローバーヴェラールの画像

新型レンジローバーヴェラールの外装は、最新のデザインを採用することで質感が高められています。

 

▼新型レンジローバーヴェラールの画像

▼参考:レンジローバーヴェラール(前モデル)

フロントは、新設計のヘッドライトを採用したほか、グリルのパターンを変更。

 

▼新型レンジローバーヴェラールの画像

▼参考:レンジローバーヴェラール(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170302/20170302145656.jpg

リアは、バンパーを変更することにより、軽快なイメージがアップされています。

 

新装備!新型レンジローバーヴェラールの内装(インテリア)デザイン

新型レンジローバーヴェラールの内装は、最新の装備を採用することにより質感と使い勝手がアップされています。

 

▼新型レンジローバーヴェラールの画像

▼参考:レンジローバーヴェラール(前モデル)

f:id:carislife:20200924072246j:plain

前モデルでは、センターに上下2段のディスプレイが採用されていましたが、新型レンジローバーヴェラールでは、フローティングスタイルの11.4インチ曲面タッチスクリーンに機能を集約。

 

これにより、ユーザーはホーム画面から2回タップするだけで80%の機能を使うことができるように。

 

また、搭載されるインフォテインメントシステム「Pivi Pro」は、ワイヤレスのAndroid AutoとApple CarPlayのほか、パワートレインやシャーシ、ナビゲーションなどのワイヤレスアップデートに対応。

 

変更されたセンターコンソールでは、ストレージとワイヤレス充電システムが利用できるようになっています。

 

パワフル!新型レンジローバーヴェラールのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180308141443j:plain

▼新型レンジローバーヴェラールのパワートレインとスペック

▽日本仕様

  • 【D200】
    直列4気筒2Lディーゼル+48Vマイルドハイブリッド
     出力:204ps/43.8kgm
  • 【P250】
    直列4気筒2Lガソリン
    出力:250ps/37.2kgm
  • 【P400e】
    直列4気筒2Lガソリンターボ+電気モータープラグインハイブリッド
    システム出力:404ps/65.3kgm
    0-100km/h加速:5.2秒
    EV航続距離:64km(欧州値)
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

▽海外仕様

  • 【D300】
    直列6気筒3Lディーゼル+48Vマイルドハイブリッド
    出力:300ps/66.3kgm
  • 【P400】
    直列6気筒3Lガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド
    出力:400ps/56.1kgm

新型レンジローバーヴェラールのパワートレインには、マイルドハイブリッドシステムをあわせた新世代ディーゼルエンジンが採用されています。

 

ディーゼルモデル「D200」は、最高出力を204psに引き上げることで走行性能を向上しながら、環境性能を両立しています。

 

▼レンジローバーヴェラールPHEV

プラグインハイブリッドモデルのレンジローバーヴェラールP400eでは、改良によりバッテリー容量を13.6kWhから19.2kWhに増加。

 

これにより、EV航続距離は11km増加した64kmとされ、実用性が高められています。

 

改善!新型レンジローバーヴェラールの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼新型レンジローバーヴェラールの燃費(WLTCモード値)

  • 2Lディーゼルマイルドハイブリッド:13.6km/L
  • 2Lガソリン:9.5km/L

新型レンジローバーヴェラールの燃費は、最新パワートレインの採用により改善しています。

 

マイルドハイブリッドシステムが採用されるディーゼルモデルでは、大柄な車体ながらWLTCモード値で13.6km/Lとされ、環境性能が高められています。

 

充実!新型レンジローバーヴェラールの安全装備は?

新型レンジローバーヴェラールの安全システムは、2021年の改良により充実しています。

 

装備には、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システムが標準採用され、安全性が高められています。

  

使いやすく!新型レンジローバーヴェラールのボディサイズは?

▼新型レンジローバーヴェラールのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4797×2032×1683mm
  • ホイールベース:2874mm
  • 参考
    ・レンジローバースポーツ
     全長×全幅×全高:4855×1985×1800mm
     ホイールベース:2920mm

ランドローバー新型レンジローバーヴェラールのボディサイズは、上位モデルのレンジローバースポーツから全長-58mmと差が小さくなっています。

 

しかし全高は1683mmまで大きくダウンすることで、クーペSUVのスポーティなスタイルがつくられています。

 

いつ?新型レンジローバーヴェラールの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたランドローバー新型レンジローバーヴェラールは2023年2月2日に発表され、2023年2月8日に日本での受注が開始されました。

 

ランドローバーはレンジローバーヴェラールを改良することにより、ブランド力をアップしていきたい考えです。

  

新型ランドローバー・レンジローバーヴェラールについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。