車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【スズキ新型エブリイワゴン最新情報】2019年マイナーチェンジ!燃費や4WD、車中泊、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190131091150j:plain

スズキが、軽ワゴン「エブリイワゴン」のマイナーチェンジを予定しています。

 

改良により魅力をアップするスズキ新型エブリイワゴンについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】スズキ新型エブリイワゴンにマイナーチェンジ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150218/20150218201340.jpg

スズキが「エブリイワゴン」のマイナーチェンジ発表を控えています。

 

スズキ・エブリイワゴンは、ブランドの軽商用車エブリイをベースにした乗用ワゴンとして制作され、大きな室内空間を利用した車中泊など、レジャーに使うユーザーに人気になっています。

 

マイナーチェンジする新型エブリイワゴンでは、安全装備を大幅に強化することで魅力をアップします。

 

▼スズキ・キャリイ

【スズキ新型キャリイ最新情報】スーパーキャリイ発売!価格や軽トラックの燃費は?

 

スズキ新型エブリイワゴンの【主な変更点・特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型エブリイワゴンの変更点・特徴

  • 安全装備にデュアルセンサーブレーキサポートを採用。
    車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を装備

 

スズキ新型エブリイワゴンの外装(エクステリア)デザイン

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150218/20150218201244.jpg

スズキ新型エブリイワゴンの外装は、室内空間を最重視した設計ながら、専用のエクステリアパーツにより質感がアップされています。

 

f:id:carislife:20190131092203j:plain

フロントには、メッキグリルやディスチャージヘッドランプを採用することで、デザイン性をアップ。

 

f:id:carislife:20190131092210j:plain

リアにはLEDテーブランプを採用し先進的な印象に仕上げられているほか、後続車からの視認性も高められています。

 

▼標準ルーフ(左)、ハイルーフ(右)

f:id:carislife:20190131092214j:plain

ルーフには、標準ルーフとハイルーフ仕様の2種類が設定され、より室内空間を重視するユーザーにも対応しています。

 

スズキ新型エブリイワゴンのボディサイズは?

f:id:carislife:20190131092752j:plain

▼スズキ新型エブリイワゴンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1815mm
    ※ハイルーフ車は全高1910mm
  • ホイールベース:2430mm
  • 車重:940kg
  • ※参考
    ・スズキ・スペーシア
     全長×全幅×全高:3395×1475×1785mm
     ホイールベース:2460mm
     車重:850kg

スズキ新型エブリイワゴンのボディサイズは、全長と全幅が軽自動車規格を一杯まで使用したものとされ、全高はブランドの軽自動車ワゴンでトップとなっています。

 

スズキ・スペーシアと比較すると、全高は標準ルーフ仕様でも+30mm、ハイルーフでは+125mmとなっており、余裕をもってレジャー用の荷物を積み込むことができます。

 

スズキ新型エブリイワゴンの内装(インテリア)デザイン、車中泊は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150218/20150218201253.jpg

f:id:carislife:20190131093624j:plain

スズキ新型エブリイワゴンの内装は、広い室内空間と質感の高い内装が両立された仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20190131093914j:plain

室内サイズは軽キャブワゴンでトップとされ、大きな荷室を持ちながらも、乗員のためのスペースにも余裕が確保されています。

 

f:id:carislife:20190131094350j:plain

シートレイアウトは、後部座席を前後に180度まで倒すことができるようになっていることで、用途にあわせて多彩な選択が可能に。

f:id:carislife:20190131094131j:plain

純正アクセサリーとして用意されているパーツを使用することで、さらに荷物が積みやすくなるほか、車中泊も快適にこなすことができるようになっています。

 

スズキ新型エブリイワゴンのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190131094639j:plain

▼スズキ新型エブリイワゴンのエンジンとスペック

  • エンジン:直列3気筒660ccターボ「R06A型」
  • 最高出力:64ps/6000rpm
  • 最大トルク:9.7kgm/3000rpm
  • トランスミッション:4速AT
  • 駆動方式:FR or フルタイム4WD

スズキ新型エブリイワゴンのエンジンには、軽自動車規格に対応するR06A型660ccターボエンジンが設定されています。

 

R06A型ターボエンジンは、3000rpmで最大トルクを発生する使いやすい特性に仕上げ。

 

エブリイワゴンでは4速ATと組み合わせることで、乗用軽自動車の多くに採用されるCVTより、荷物を積み込んだ際の大きな負荷にも対応できるようになっています。

 

駆動方式は、リアに荷重がかかった際に大きなトラクションを得られるFRベースとされ、フルタイム4WDも選択することができるようになっています。

 

スズキ新型エブリイワゴンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型エブリイワゴンの燃費

  • 【エブリイワゴン】
    FR:16.2km/L
    4WD:14.6km/L

スズキ新型エブリイワゴンの燃費は、FRモデルで16.2km/Lとなっています。

 

エブリイワゴンは大きな室内空間を重視した車体設計とされ、ターボエンジンと後輪駆動レイアウトを採用しながらも良好な数値になっています。

 

スズキ新型エブリイワゴンの安全装備は?

f:id:carislife:20190131100219j:plain

スズキ新型エブリイワゴンの安全装備には、スズキ最新の安全システムとなるデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されます。

 

スズキ・エブリイワゴンにはこれまで、30km/Lまでの速度で衝突を回避するレーダーブレーキサポートが搭載されていました。

 

デュアルセンサーブレーキサポートは単眼カメラとレーザーレーダーを使い、前方の歩行者や車、車線などを認識することで、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能など、最新の安全機能が提供されます。

 

スズキ新型エブリイワゴンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型エブリイワゴンの価格は、安全装備の改善によりアップします。

 

アップ幅は3万円ほどになるとみられ、乗用モデルとしての高い安全性がアピールされます。

 

▼参考:スズキ・エブリイワゴンの価格(現行モデル)

  • JPターボ
    標準ルーフ:FR 1,425,600円、4WD 1,555,200円
    ハイルーフ:FR 1,436,400円、4WD 1,566,000円
  • PZターボ
    標準ルーフ:FR 1,566,000円、4WD 1,695,600円
    ハイルーフ:FR 1,576,800円、4WD 1,706,400円
  • PZターボスペシャル
    標準ルーフ:FR 1,641,600円、4WD 1,771,200円
    ハイルーフ:FR 1,652,400円、4WD 1,782,200円 

 

スズキ新型エブリイワゴンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするスズキ新型エブリイワゴンの発売日は、2019年が予定されています。

 

スズキは車中泊などで人気になっている軽キャブワゴンの魅力をアップすることで、より幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

スズキ・エブリイを「おさらい」

▼スズキ・エブリイ(初代)

Suzuki Every 1st 01.jpg

スズキ・エブリイ(EVERY)は、初代が1982年に登場したワンボックス型の軽自動車です。

 

1964年から販売していた「キャリイバン」の1982年マイナーチェンジ時に上級グレードの車名がエブリイとされましたが、1993年の3代目改良時にキャリイバンがエブリイに統合されました。

 

車名の「EVERY」の由来は、英語の「どこへでも」からとされ、高い積載性と、キビキビ走る軽快さを兼ね備えたワンボックス車をイメージして命名されました。

 

カナ表記は、ベースとなった軽トラック「キャリイ」同様、最後の「イ」が大文字になっています。

 

▼エブリイ(3代目)

Suzuki Every 007.JPG

車体設計は、3代目のみ後輪車軸の前にエンジンを搭載するリアミッドシップを採用していましたが、多世代では車体前側にエンジンを搭載するFRとなっています。

 

▼エブリイワゴン(初代/4代目エブリイがベース)

Suzuki Every wagon 001.JPG

乗用タイプの「エブリイワゴン」は1999年に登場した4代目から設定され、1300ccエンジンを搭載し7人乗りとなる「エブリイプラス」も設定されていました。

 

現行モデルは、バンが6代目、ワゴンが3代目として2015年にフルモデルチェンジ。

 

荷室長・荷室幅・荷室高・荷室床面長をそれぞれ延ばして荷室を拡大し、助手席前倒し時床面長も拡大。

 

併せて、タイヤ位置とダッシュパネルを前方に移動したことで5代目と同等の前席乗員スペースが確保されました。

 

シートスライド量も運転席で65mm、助手席で60mmそれぞれ拡大。

 

バックドア開口部は高さと幅をそれぞれ拡大すると同時に荷室床面地上高を650mmに低床化するなど、使いやすく仕上げられました。

 

新型スズキ・エブリイワゴンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。