車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【プジョー新型208最新情報】2020年フルモデルチェンジ日本発売!電気自動車e-208/ディーゼル/GTラインの燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20190226091022j:plain

プジョーが、コンパクトモデル「208」のフルモデルチェンジ日本発売を予定しています。

 

新世代となり魅力をアップするプジョー新型208について、スペックや燃費、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】プジョー新型208にフルモデルチェンジ日本発売へ!

▼プジョー新型208の画像

f:id:carislife:20190226091030j:plain

プジョーが、フルモデルチェンジした新型208の日本発売を予定しています。

 

プジョー208は、ブランドの主力コンパクトモデルとしてラインナップされ、その軽快な走りやデザインが人気になっています。

 

フルモデルチェンジした新型208では、新世代のデザインのほか、最新のパワートレインなどを採用することで、大きく性能をアップしています。

 

▼プジョー新型208の動画

▼プジョー2008

【プジョー新型2008最新情報】フルモデルチェンジ発表!電気自動車e-2008/ディーゼルの燃費やサイズ、価格、発売日は?

▼プジョー308

【プジョー新型308最新情報】308GTi/308SW、ディーゼル燃費やサイズ、価格は?

▼プジョー508

【プジョー新型508最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!508SWやサイズ、燃費、PHEV、ディーゼルは?

 

プジョー新型208の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼プジョー新型208の変更点

  • 新世代の内外装デザインを採用
  • 車体サイズを延長しながら、車重を30kg軽量化
  • ガソリンとディーゼルエンジンのほか、電気自動車仕様「e-208」もラインナップ
  • デジタルメーター&大型インフォテイメントシステムを搭載
  • ガソリン&ディーゼルの「アクティブ」「アリュール」「GTライン」のほか、EVモデルとして「GT」を設定

 

プジョー新型208の外装(エクステリア)デザイン

▼プジョー新型208GT LINEの画像

f:id:carislife:20190226091141j:plain

f:id:carislife:20190226091137j:plain

プジョー新型208の外装は、新世代のデザインを採用することで先進的な印象に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190226091240j:plain

f:id:carislife:20190226091244j:plain

フロントとリアにはプジョーのエンブレムに採用されるライオンの爪をイメージする縦ラインの最新LEDが採用され、新型208の硬質感あるデザインをアップ。

 

f:id:carislife:20190226091248j:plain

f:id:carislife:20190226091251j:plain

グリルやリアデザインエレメントは大型化され、ワイドなスタイルになっています。

 

▼プジョー新型e-208GTの画像

f:id:carislife:20190226091057j:plain

f:id:carislife:20190226091101j:plain

f:id:carislife:20190226091053j:plain

スポーツグレードとして用意される内燃機関の「GTライン」とEVの「e-208GT」には、黒いホイールアーチを採用することで全幅を12mm拡大。

 

新型e-208GTでは、電動パワートレインを搭載するためにフロントトレッドも拡大されています。 

 

プジョー新型208を前モデルと比較!

▼プジョー208(前モデル)

f:id:carislife:20190226091942j:plain

プジョー新型208を前モデルと比較すると、デザインコンセプトが大きく変更されていることがわかります。

 

前モデルでは迫力をアップし上級を意識していましたが、新型208では新世代パワートレインを象徴するスタイルに仕上げられました。

 

プジョー新型208のボディサイズは?

f:id:carislife:20190226091144j:plain

プジョー新型208のボディサイズは全長が+40mmと延長され、室内空間が拡大されました。

 

しかし、新世代プラットフォームを採用することで車重は30kg軽量化。

 

電動パワートレインにも対応する、柔軟性もつくられています。

 

▼参考:プジョー208のボディサイズ(前モデル)

  • 全長×全幅×全高:3975×1740×1470mm
  • ホイールベース:2540mm
  • 車重:1040kg

 

プジョー新型208の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190226092823j:plain

プジョー新型208の内装は、最新のブランドデザイン「i-Cockpit」により作られています。

 

f:id:carislife:20190226092810j:plain

f:id:carislife:20190226092820j:plain

f:id:carislife:20190226092827j:plain

「i-Cockpit」は4つのコンポーネントで構成され、機敏なステアリングフィールを生む小径ステアリングホイール、ダッシュボードの最上部に前方視界と連なるようにレイアウトされたヘッドアップインストルメントパネル、質感を高めたハイセンターコンソール、ほとんどの操作系を集約したデジタルタッチスクリーンが採用されています。

 

f:id:carislife:20190226092814j:plain

新型208では、情報のわかりやすさを再考し、ディスプレイ内の情報の配置やデザインを変更。

 

f:id:carislife:20190226092817j:plain

タッチ式インフォテインメントシステムは多くのモデルで10インチ、エントリーモデルで7インチとされますが、いずれにもUSB接続が用意され、使い勝手のアップが図られています。

 

また、EVモデルには専用のスマートフォンアプリが用意され、乗り込む前からヒーターやクーラーを作動させることができるようになっています。

 

プジョー新型208のパワートレインとスペックは?

▼プジョー製1.5Lディーゼルエンジン「BLUE HDi」

f:id:carislife:20181219094002j:plain

▼プジョー新型208のパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列3気筒1.2Lガソリンターボ
    出力(3種):75ps or 100ps or 130ps
  • 【ディーゼル】
    直列4気筒1.5Lディーゼルターボ
    出力:130ps/30.6kgm
  • トランスミッション:8速AT or 6速MT
  • 駆動方式:FF

プジョー新型208のパワートレインには、1.5Lのディーゼルターボエンジン「DV5」と、改良されたガソリンエンジンが搭載されました。

 

「DV5」1.5Lディーゼルは、新設計のシリンダーヘッドや燃焼室形状、2000barの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用や、各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理によるフリクション軽減で性能を向上。

 

前モデルの1.6L「DV6」からダウンサイジング化したにもかかわらず、最高出力は10馬力アップした130馬力とされ、低回転から高回転まで従来型エンジンを上回るパワーとトルクを発揮。

 

排ガス規制についても「ユーロ6.2」をクリアし、今後のより厳しい規制にも対応できるポテンシャルを持ったエンジンになっています。

 

▼プジョー製1.2Lガソリンターボエンジン「PURE TECH」

f:id:carislife:20181219095508j:plain

また、ガソリンエンジンもユーロ6.2に対応するために各部を改良。

 

新インジェクションシステムを採用し、250barの高圧燃料噴射ポンプや2つのセンサー、ガソリン専用GFP(Gasoline Particle Filter)を搭載したほか、ターボチャージャーの制御も電子制御式に変更することできめ細やかな制御が可能になっています。

 

▼8速オートマチックトランスミッション「EAT8」

f:id:carislife:20181219100521j:plain

組み合わせる新世代電子制御8速AT「EAT8」には3つのドライブモードが設定され、「エコモード」はエアコンの最適化、フリーホイール機能により低燃費走行に貢献。

 

「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。

 

「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができるようになっています。

 

電気自動車!プジョー新型e-208GTの航続距離、充電時間は?

▼プジョー新型e-208GTの画像

f:id:carislife:20190226095709j:plain

f:id:carislife:20190226093718j:plain

▼プジョー新型e-208のパワートレイン

  • パワートレイン:電気モーター
  • 出力:138ps/26.5kgm
  • 航続距離:340km以上
  • バッテリー容量:50kWh
  • 駆動方式:FF
  • 充電時間:30分(急速充電&80%まで)

プジョー新型208には、グレード名を「GT」とした電気自動車モデル「e208GT」の設定が発表されました。

 

新型e-208GTは138ps/26.5kgmを出力する電気モーターを搭載し、世界標準のWLTPモード値で340km以上の走行距離を確保。

 

100kWの急速充電をサポートし、30分で80%の容量までバッテリーを充電できるようにすることで使い勝手がアップされています。

 

プジョーは主力コンパクトカーとなる新型208に電気自動車をラインナップすることで、高い環境性能を求めるユーザーや最新規制に対応していく考えです。

 

プジョー新型208を試乗動画でチェック!

プジョー新型208は試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった質感が評価されています。

 

プジョー新型208の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

プジョー新型208の燃費は、軽量化された車体と8速ATにより前モデルから改善します。

 

6速ATを採用する前モデルは日本検査値で最高19.0km/Lとされていましたが、新型208では20km/Lを超える数値になるとみられ、環境性能もアピールされます。

 

▼参考:プジョー208の燃費(前モデル)

  • 1.2Lガソリン:19.0km/L
  • 1.2Lガソリンターボ:18.2km/L

 

プジョー新型208の安全装備は?

f:id:carislife:20190226094707j:plain

プジョー新型208の安全装備には、ブランドの先進システムが採用されています。

 

安全システムには、ストップ&ゴーに対応するアダプティブクルーズコントロールやレーンポジショニングアシスト、フルパークアシスト、自動緊急ブレーキアシスト、アクティブレーンキーピングアシストを搭載。

 

その他、ドライバーアテンションモニタリング、制限速度認識、アクティブブラインドスポットモニタリングなどを採用することで、安全性が高められました。

 

プジョー新型208の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼プジョー新型208の価格(欧州値)

  • 1.2Lガソリン/75ps:約205万円
  • 1.2Lガソリン/100ps:約225万円
  • 1.2Lガソリン/130ps:約280万円
  • e208(電気自動車):約320万円

プジョー新型208の価格は、装備の充実により前モデルからアップしています。

 

欧州では1.2Lガソリンのエントリーモデルが約205万円となり、前モデルから10万円ほどの変更に。

 

新設定される電気自動車のe208は約320万円と価格が抑えられ、ガソリン上位グレードとも比較できるようになっています。

 

▼参考:プジョー208の価格(前モデル)

  • 208Style 5MT:1,990,000円
  • 208Allure:2,370,000円
  • 208Gti:3,220,000円

 

プジョー新型208の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたプジョー新型208は、欧州で2019年3月に予約が開始され、2019年秋に発売される予定です。

 

日本発売日はベースモデルの208と電気自動車のe-208をあわせ、2020年第3四半期を予定していることが発表されています。

 

プジョーはブランドのエントリーモデルである208に最新のデザインやパワートレインを採用することで、より幅広いユーザーにアピールしていく考えです。

 

プジョー208を「おさらい」

▼プジョー208(初代)

Peugeot 208 e-HDi FAP 115 Stop & Start Allure – Frontansicht, 23. September 2012, Hilden.jpg

プジョー208は、初代となる前モデルが2012年に登場したコンパクトハッチバック車です。

 

モデル名の「208」は、3桁目が車格、1桁目が世代を表しており、「207」の後継車として開発。同じ車格ナンバーを持つ1948年発表の「プジョー203」からは70年製造が継続されている車種になっています。

 

初代の開発は「RE-GENERATION (再生)」 をキャッチフレーズに、「207」が担当していたBセグメントで新しいプジョーを示すものとされ、4輪をボディの隅へ配置することでオーバーハングを短縮。

 

トレンドにあわせダウンサイジングされましたが、室内はニースペースを+50mm、荷室を+15Lと拡大。

 

新開発のアルミ製部品を多用することで、100kg以上もの大幅な軽量化が達成されました。

 

フルモデルチェンジが発表され2代目となる新型208は、「308」から導入された、これまで増えていた末尾の数字を維持する新しいネーミングルールを採用する車種となっています。

  

新型プジョー208については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。