New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【フィアット新型500e最新情報】2020年3月フルモデルチェンジ電気自動車化!EV、ワゴン、航続距離、サイズ、価格や発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110857.jpg

フィアットが、コンパクトカー「500e」の発売に向けて開発を進行しています。

 

新世代パワートレインにより魅力をアップする新型500eのスペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】電気自動車化!フィアット新型500eフルモデルチェンジ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110856.jpg

フィアットが、コンパクトカー「500e(チンクエチェントe)」の発売に向けて開発を進行しています。

 

フィアット500は、ブランドを代表するコンパクトカーとして設定され、SUVモデルの「500X」などとあわせ、そのデザインが人気になっています。

 

開発が進むフィアット新型500eは、現行車の改良バージョンではなく新設計の次世代モデルとして開発。

 

完全電動パワートレインを採用する、新世代のフィアット500となります。

 

▼フィアット500X

【フィアット新型500X最新情報】マイナーチェンジ日本発売!スペック、価格、燃費は?

 

フィアット新型500eの【主な特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フィアット新型500eの変更点

  • 新世代のフィアット500として、完全電気自動車化
  • 現在販売されている内燃機関モデルと併売
  • ワゴンモデルとなる「500ジャルディニエラ」を設定
  • 新世代EVプラットフォームを採用

 

フィアット新型500eの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170908/20170908115510.jpg

フィアット新型500eの外装は、人気になっているレトロモダンなデザインが維持され、「ひと目でフィアット500」とわかるスタイルになることがコメントされています。

 

しかし、新世代パワートレイン搭載をイメージしやすくするため、冷却に不要になるフロントのエアインテークを廃止し、デザインでも小型化。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170430/20170430093119.jpg

前後ライトには最新のLED技術を採用することで、より先進的な印象に仕上げられます。

 

ワゴン!フィアット新型500eジャルディニエラも設定!

f:id:carislife:20190828091028j:plain

フィアット新型500eには、ワゴンバージョンとなる「500eジャルディニエラ」の設定がコメントされています。

 

フィアット500ジャルディニエラは、以前フィアット500シリーズの1モデルとして設定され、車体を延長することによりアップした使い勝手とそのデザインが現在でも人気になっています。

 

復活する新型フィアット500eジャルディニエラは、最新パワートレインを採用する500eのボディバリエーションとして用意され、広い室内空間を求めるユーザーにアピールされます。

 

フィアット新型500eのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110902.jpg

フィアット新型500eのボディサイズは、都市部での使いやすさを重視し、内燃機関を搭載する現行モデルからほぼ維持されます。

 

ワゴンモデルとして新設定される500eジャルディニエラは、海外のみで販売されているMPVモデル「500L」からボディの拡大幅が抑えられ、全長4000mmほどになるとみられています。

 

▼参考:フィアット500シリーズのボディサイズ

  • フィアット500(コンパクトカー)
    全長×全幅×全高:3570×1625×1515mm
    ホイールベース:2300mm
  • フィアット500L(海外専売/MPV)
    全長×全幅×全高:4140×1780×1660mm
    ホイールベース:2610mm
  • フィアット500X(SUV)
    全長×全幅×全高:4280×1795×1610mm
    ホイールベース:2570mm

 

フィアット新型500eの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190412084712j:plain

f:id:carislife:20180830092922j:plain

フィアット新型500eの内装は、デザイン性と質感を高めた現行モデルのコンセプトが維持されます。

 

f:id:carislife:20180830092920j:plain

f:id:carislife:20180830093203j:plain

インフォテインメントシステムは、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応することでスマートフォンとの連携を強化するほか、インターネット接続による多彩なサービスの提供に対応。

 

電気自動車で重要になる充電スポットの検索なども、状況にあわせて行われます。

   

フィアット新型500eのパワートレインは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110905.jpg

▼フィアット新型500eのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 出力:112ps/20.3kgm
  • 駆動方式:FF

フィアット新型500eには、新開発された電動パワートレインが採用されます。

 

▼参考:フィアット500のスペック(現行モデル)

  • 直列4気筒1.2Lガソリン
    出力:69ps/10.4kgm
  • 直列2気筒0.9Lターボ「TwinAir」
    出力:85ps/14.8kgm

内燃機関モデルのフィアット500では、直列4気筒1.2Lガソリンのほか、特徴的な直列2気筒0.9Lガソリンターボエンジンが採用されていましたが、EV用パワートレインでは出力を大幅にアップ。

 

コンパクト電気自動車となるフィアット新型500eを、2Lエンジンなみのトルクでパワフルに走らせることができる電気モーターが搭載されます。

 

これにより、ボディサイズを拡大するワゴンバージョン「500eジャルディニエラ」でも軽快な走りを楽しむことができるようになります。

 

フィアット新型500eの航続距離は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼フィアット新型500eの航続距離

  • バッテリー容量:24kWh
  • EV航続距離:250km

フィアット新型500eの航続距離は、都市部での使い勝手を重視し、250kmほどに仕上げられます。

 

コンパクトな車体によりバッテリー容量を抑えても実用的な航続距離とすることにより、充電時間も短縮されます。

 

フィアット新型500eの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フィアット新型500eの価格

  • 500e:約300万円~

フィアット新型500eの価格は、約300万円になることがコメントされています。

 

フィアットは400万円ほどで販売されている競合するライバルコンパクト電気自動車より価格を抑えることで、幅広いユーザーにアピールしていく予定です。

 

▼参考:フィアット500の価格(内燃機関モデル)

  • 500 1.2 Pop:1,998,000円
  • 500 TwinAir Pop:2,350,000円
  • 500 TwinAir Lounge:2,670,000円

 

フィアット新型500eの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

 

新世代モデルとして設定されるフィアット新型500eは、2020年3月の発表が予定されています。

 

販売は2020年後半に開始され、しばらくは現在販売されている内燃機関モデルと併売されます。

 

フィアットは、ブランドを代表するコンパクトカーであるフィアット500に電動パワートレインを導入することにより厳しくなる環境規制をクリアし、最新パワートレインに移行していく予定です。

 

フィアット500を「おさらい」

▼フィアット500(初代)

Cute little Fiat 500 Topolino - Flickr - Supermac1961.jpg

フィアット500(チンクエチェント)は、初代が1936年に登場したコンパクトカーです。

 

初代は2人乗りの小型車として設計され、流線型の全鋼製ボディや油圧ブレーキに加え、当時先端技術であった前輪独立懸架、水冷エンジン、FR駆動と、コンパクトカーとして贅沢な設計を採用。

 

その軽快な走りと愛嬌のあるデザインから、ハツカネズミを意味する「トポリーノ」の愛称で呼ばれ、戦前・戦後を通して大ヒット車になりました。

 

▼フィアット500C(初代/フェイスリフト版) 

Fiat 500C Convertible 1954 2.jpg

1949年にはヘッドライトをフェンダーに埋め込むなど近代的なデザインとなった500Cも登場。

 

▼参考:フィアット600

Fiat 600 1.JPG

後継車種としてリアにエンジンを搭載する「フィアット600(セイチェント)」が登場する1955年まで、長期間販売されました。

 

▼フィアット500(2代目)

1965 black Fiat 500.jpg

2代目はフィアット600の登場から2年がたった1957年に発表され、コンセプトが初代から大幅に変更されたことからモデル名を「NUOVA 500(新フィアット500)」として登場。

 

フィアット600から多くのパーツを流用し、ドライブトレインを小さくできるリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採用。

 

フィアット600から一回り小さな車体により価格を下げ、若干窮屈ながら4人乗りが可能な設計だったことから人気になり、1977年まで約400万台を製造。

 

車体を延長したワゴンバージョンのフィアット500ジャルディニエラも設定されていました。

 

▼フィアット500(3代目)

Fiat-new-500-front.jpg

現行モデルの3代目は、2代目の登場から50年の節目となる2007年に登場。

 

エクステリアデザインは2代目をイメージするものとされましたが、駆動方式はより空間効率に優れるFFレイアウトに変更。

 

レトロなスタイルなどが評判を呼び、2008年ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーや、2009ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞。

 

当時経営状況が芳しくなかったフィアットの復活にも貢献し、世界的なヒット作となりました。

 

モデルバリエーションには、キャンバストップを採用しオープンエアを楽しむことができる「500C」、アバルトが手掛けたハイスペックモデル「アバルト595」や「アバルト695」などもラインナップ。

 

同じデザインコンセプトを採用したミニバンバージョンとなる「500L」や、SUVの「500X」なども開発され、フィアットブランドを代表するモデルになっています。

 

新型フィアット500eについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。