New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【フィアット新型500】「装備充実&価格ダウン!」2024年3月19日改良日本発売!最新情報、スペック、燃費、価格は?

フィアットが、コンパクトカー「フィアット500」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型500のスペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】お得に!フィアット「新型500 1.2Cult」改良日本発売!

▼FIAT 500 1.2Cultの画像

フィアットが、コンパクトカー「フィアット500(チンクエチェント)」の改良日本発売を発表しました。

 

フィアット500は、ブランドを代表するコンパクトカーとして設定され、SUVモデルの「500X」とあわせ、そのデザインが人気になっています。

改良では「FIAT 500 1.2Cult」グレードで、従来の14インチスチールホイールを15インチのアルミホイールに、ミラーキャップのカラーをボディ同色からブラックに変更。

 

加えて、フィアットロゴがエンボス加工されたブラックのファブリックシートを標準装備しながら、価格は従来より3万円低い設定とされ選びやすくなっています。

 

改良された「FIAT 500 1.2Cult」は2024年3月19日に日本発売。価格は2,590,000円となっています。

 

▼フィアット500e

 【フィアット新型500e】最新情報、航続距離、価格は?

▼フィアット500X

 【フィアット新型500X】手頃!「500X Club追加!」日本発売!最新情報、スペック、価格は?

 

フィアット新型500の【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フィアット新型500の変更点

  • 「FIAT 500 1.2Cult」グレードの14インチスチールホイールを15インチのアルミホイールに、ミラーキャップのカラーをボディ同色からブラックに変更。
    フィアットロゴがエンボス加工されたブラックファブリックシートを標準装備

▽2023年10月の変更点

  • 「TwinAirエンジン」搭載モデルの生産を終了

▽2023年3月の変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「アバルト695ツーリズモ」、「アバルト695コンペティツィオーネ」を設定

▽2021年6月の変更点

  • 「1.2ポップ」「ラウンジ」グレードに代え、新グレード「カルト」「ドルチェヴィータ」を設定
  • 「500/500C 1.2カルト」に、クルーズコントロール、パドルスイッチ、スピードリミッターを標準装備
  • 「500/500C ツインエア ドルチェヴィータ」に、クルーズコントロール、トリムバッジ、2トーンシートを標準装備
  • ボディカラーに「シチリアオレンジ」と「ポンペイグレー」の2色を新設定

 

259万円から!フィアット新型500の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フィアット新型500の価格

  • 500 1.2 カルト(1.2Lエンジン):2,590,000円
  • アバルト F595(1.4Lターボ)
    5速MT/右・左ハンドル:4,480,000円
  • アバルト 695ツーリズモ(1.4Lターボ)
    ATモード付5速シーケンシャル/右ハンドル:4,700,000円
  • アバルト 695Cツーリズモ(1.4Lターボ)
    ATモード付5速シーケンシャル/右ハンドル:5,000,000円
  • アバルト 695コンペティツィオーネ(1.4Lターボ)
    5速MT/左ハンドル:4,800,000円
    ATモード付5速シーケンシャル/右ハンドル:5,000,000円

フィアット新型500の価格は、259万円からとなっています。

 

改良では、装備を充実しながら「500 1.2 カルト」で3万円価格をダウンし、選びやすくなっています。

 

レトロ!フィアット新型500の外装(エクステリア)デザイン

▼フィアット新型500の画像

フィアット新型500の外装は、レトロモダンなデザインにより、「ひと目でフィアット500」とわかるスタイルに仕上げられています。 

 

▼フィアット500C

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110901.jpg

ボディタイプにはオープンモデルとなる「500C」も設定され、好みにあわせた選択ができるようになっています。

 

コンパクト!フィアット新型500のボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110907.jpg

▼フィアット新型500のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3570×1625×1515mm
  • ホイールベース:2300mm
  • 車重:990kg
  • ※参考
    ・フィアット500X(SUV)
     全長×全幅×全高:4280×1795×1610mm
     ホイールベース:2570mm

フィアット新型500のボディサイズは、ホイールベースを2300mmとすることで、都市部での取り回しに優れた設計とされています。

 

SUVモデルの「500X」との比較では全長-710mm、全幅-160mmとされ、車重は990kgまで軽量化されています。

 

質感UP!フィアット新型500の内装(インテリア)デザイン

▼新型500/500C「カルト」

フィアット新型500の内装は、専用のデザインを採用することにより質感が高められています。

 

f:id:carislife:20210526060455j:plain

新型500では、インフォテインメントシステムに7インチタッチパネルを採用した「Uconnect」が装備され、ラジオやUSB入力に対応したメディアプレイヤー機能、Bluetoothハンズフリー通話機能のほか、Apple CarPlayやAndroid Autoを搭載し、スマートフォンとの連携が強化されています。

 

軽快!フィアット新型500のパワートレインは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150704/20150704110857.jpg

▼フィアット新型500のパワートレインとスペック

  • 【1.2Lガソリン】
    直列4気筒1.2Lガソリン
    出力:69ps/10.4kgm
  • 【アバルトF595】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ
    出力:165ps/21.4kgm
  • 【アバルト695】
    直列4気筒1.4Lガソリンターボ
    出力:180ps/23.5kgm
  • 駆動方式:FF
  • トランスミッション
    ATモード付5速シーケンシャル「デュアロジック」
    5速MT(アバルトモデル)

▽生産終了

  • 【0.9Lツインエア】
    直列2気筒0.9Lターボ「TwinAir」
    出力:85ps/14.8kgm

フィアット新型500の標準モデルには、1.2Lガソリンエンジンが搭載されています。

 

トランスミッションにはATモード付5速シーケンシャル「デュアロジック」を組み合わせることで、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

フィアット新型500を試乗動画でチェック!

 

実用的!フィアット新型500の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼フィアット新型500の燃費

  • 1.2ガソリン:18.0km/L
  • アバルトF595:14.2km/L
  • アバルト695:13.2km/L
  • 0.9Lターボ:19.2km/L【生産終了】

フィアット新型500の燃費は、軽量な車体により高められています。

 

WLTCモード値では1.2Lガソリンで18.0km/Lが確保され、コンパクトカーとしての使い勝手がアップされています。

  

いつ?フィアット新型500の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

 

改良されたフィアット新型500は、2024年3月19日に発売されました。

 

フィアットは主力車である500を改良することにより、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

フィアット500を「おさらい」

▼フィアット500(初代)

Cute little Fiat 500 Topolino - Flickr - Supermac1961.jpg

フィアット500(チンクエチェント)は、初代が1936年に登場したコンパクトカーです。

 

初代は2人乗りの小型車として設計され、流線型の全鋼製ボディや油圧ブレーキに加え、当時先端技術であった前輪独立懸架、水冷エンジン、FR駆動と、コンパクトカーとして贅沢な設計を採用。

 

その軽快な走りと愛嬌のあるデザインから、ハツカネズミを意味する「トポリーノ」の愛称で呼ばれ、戦前・戦後を通して大ヒット車になりました。

 

▼フィアット500C(初代/フェイスリフト版) 

Fiat 500C Convertible 1954 2.jpg

1949年にはヘッドライトをフェンダーに埋め込むなど近代的なデザインとなった500Cも登場。

 

▼参考:フィアット600

Fiat 600 1.JPG

後継車種としてリアにエンジンを搭載する「フィアット600(セイチェント)」が登場する1955年まで、長期間販売されました。

 

▼フィアット500(2代目)

1965 black Fiat 500.jpg

2代目はフィアット600の登場から2年がたった1957年に発表され、コンセプトが初代から大幅に変更されたことからモデル名を「NUOVA 500(新フィアット500)」として登場。

 

フィアット600から多くのパーツを流用し、ドライブトレインを小さくできるリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採用。

 

フィアット600から一回り小さな車体により価格を下げ、若干窮屈ながら4人乗りが可能な設計だったことから人気になり、1977年まで約400万台を製造。

 

車体を延長したワゴンバージョンのフィアット500ジャルディニエラも設定されていました。

 

▼フィアット500(3代目)

Fiat-new-500-front.jpg

現行モデルの3代目は、2代目の登場から50年の節目となる2007年に登場。

 

エクステリアデザインは2代目をイメージするものとされましたが、駆動方式はより空間効率に優れるFFレイアウトに変更。

 

レトロなスタイルなどが評判を呼び、2008年ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーや、2009ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞。

 

当時経営状況が芳しくなかったフィアットの復活にも貢献し、世界的なヒット作となりました。

 

モデルバリエーションには、キャンバストップを採用しオープンエアを楽しむことができる「500C」、アバルトが手掛けたハイスペックモデル「アバルト595」や「アバルト695」などもラインナップ。

 

同じデザインコンセプトを採用したミニバンバージョンとなる「500L」や、SUVの「500X」なども開発され、フィアットブランドを代表するモデルになっています。

 

新型フィアット500については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。