New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型シエンタ】8月23日「新世代!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、燃費、価格は?

トヨタが、コンパクトミニバン「シエンタ」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

新世代モデルとして性能をアップする新型シエンタについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅進化!トヨタ「新型シエンタ」フルモデルチェンジ発売!

トヨタが、コンパクトカー「シエンタ」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

トヨタ・シエンタは、ブランドのコンパクトミニバンとしてラインナップされ、3列シートやハイブリッドパワートレインなどが人気になっています。

 

フルモデルチェンジする新型シエンタは、前型が2015年から販売を継続していたことから、新世代技術を採用し大幅にアップデート。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210719/20210719140608.jpg

最新のパワートレインを搭載することでハイブリッド4WD「E-Four」を設定し、ガソリン車はFF駆動のみをラインナップ。

 

内装には、10.5インチディスプレイオーディオPlusを設定することで使い勝手を向上。

 

新世代コンパクトとして先に登場した「アクア」より広い空間を持ち、使い勝手を重視した設計とすることにより、幅広いユーザーにアピールされます。

 

新型シエンタの販売は、前モデルの受注を2022年3月から順次停止し、新世代モデルの発売は2022年8月23日が予定されています。

 

▼トヨタ・アクア

 【新型アクア】「GR Sport設定!」マイナーチェンジ発売!最新情報、価格は?

▼トヨタ・ヤリス

【トヨタ新型ヤリス】「機能UP!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

 

トヨタ新型シエンタの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型シエンタの変更点

  • 最新プラットフォームTNGAを採用し、新世代パワートレインを搭載
  • 全高をアップし、ドア開口部高を拡大
  • 新世代直列3気筒1.5Lハイブリッドシステムを採用し、4WD「E-Four」を新設定
  • ガソリン4WD車を廃止
  • アクセル操作による減速に対応
  • 外部給電機能を採用
  • 10.5インチ「ディスプレイオーディオ」を設定
  • 先進安全機能「Toyota Safety Sense」に、高度駐車支援システム「Advanced Park」、交差点右折時の対向直進車、右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新システムを採用
  • スマートフォンにより乗車前にエアコンを作動させる「リモコンスタート」機能を採用
  • リヤサーキュレーターを新設定

 

3グレードに集約!トヨタ新型シエンタのグレード、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型シエンタの価格、グレード

  • シエンタ(ガソリン車):190万円~
    【X】グレード(FF&3列7人乗り)
    【G】グレード(FF&2列5人乗り/3列7人乗り)
    【Z】グレード(FF&2列5人乗り/3列7人乗り)
  • シエンタハイブリッド:235万円~
    【HYBRID X】グレード(FF/E-Four&3列シート)
    【HYBRID G】グレード(FF/E-Four&2列5人乗り/3列7人乗り)
    【HYBRID Z】グレード(FF/E-Four&2列5人乗り/3列7人乗り)

▽グレード別装備

  • 【X】グレード
    ディスプレイオーディオレス(標準)
    8インチディスプレイオーディオ+TV(オプション)
    ブラック内装(標準)
    カーキ内装(オプション)
    カーキ消臭・撥水撥油機能付き内装(オプション)
    パノラミックビューモニター(オプション)
    ブラインドスポットモニター(オプション)
    アドバンスドパーク(オプション)
  • 【G】グレード(Xグレードに加えて)
    8インチディスプレイオーディオ(標準)
    10.5インチディスプレイオーディオPlus(オプション)
    ブラインドスポットモニター(標準)
    バックガイドモニター(標準)
  • 【Z】グレード(Gグレードに加えて)
    ブラック消臭・撥水撥油機能付き内装(標準)
    フロマージュ消臭・撥水撥油機能付き内装(オプション)
    アダプティブハイビーム(標準)
    停止保持機能付きクルーズコントロール(標準)

トヨタ新型シエンタの価格は、装備を充実することでアップします。

 

ラインナップは「X」「G」「Z」の3グレードとされ、ガソリン車がFF駆動のみ、ハイブリッド車に新しく4WD「E-Four」を設定。

 

エントリーグレード「X」以外では3列シート7人乗りのほか、前モデルで「FUNBASE」として設定されていた2列シート5人乗りも選択できるようになっています。

 

▼参考:トヨタ・シエンタの価格(前モデル)

▽ガソリン車

  • X(7人乗り/FF):1,850,200円
  • G(7人乗り/FF):2,058,100円
  • G“Safety Edition”(7人乗り/FF):2,156,000円
  • G GLAMPER(7人乗り/FF):2,069,100円
  • Gクロエ(7人乗り/FF):2,213,200円
  • FUNBASE X(5人乗り/FF):1,809,500円
  • FUNBASE G(5人乗り/FF):2,017,400円
  • FUNBASEG“Safety Edition”(5人乗り/FF):2,115,300円
  • FUNBASE G GLAMPER(5人乗り/FF):2,028,400円
  • X(6人乗り/4WD):1,994,300円
  • G(6人乗り/4WD):2,202,200円
  • G“Safety Edition”(6人乗り/4WD):2,300,100円
  • G GLAMPER(6人乗り/4WD):2,213,200円
  • Gクロエ(6人乗り/4WD):2,357,300円

▽シエンタハイブリッド

  • X(7人乗り/FF):2,268,200円
  • G(7人乗り/FF):2,424,400円
  • G“Safety Edition”(7人乗り/FF):2,522,300円
  • G GLAMPER(7人乗り/FF):2,435,400円
  • Gクロエ(7人乗り/FF):2,579,500円
  • FUNBASE(5人乗り/FF):2,227,500円
  • FUNBASE G(5人乗り/FF):2,383,700円
  • FUNBASEG“Safety Edition”(5人乗り/FF):2,481,600円
  • FUNBASE G GLAMPER(5人乗り/FF):2,394,700円

 

鋭く!トヨタ新型シエンタの外装(エクステリア)デザイン

▼参考:シエンタ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200107/20200107133133.jpg

トヨタ新型シエンタの外装は、最新コンセプトを取り入れ、より親しみやすいデザインとされます。

 

前モデルは大型のグリルやバンパーサイドのアクセントラインが採用されていましたが、新型シエンタではより直線的なボディラインを強調。

 

これにより、最新プラットフォームにより拡大する室内空間の広さが外装でアピールされます。

 

▼新型シエンタのボディカラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • アーバンカーキ
  • ベージュ
  • ブラックマイカ

▽【G】【Z】グレードのみ

  • ダークグレー
  • グレイッシュブルー
  • スカーレットメタリック
  • ダークグレールーフ×グレイッシュグレー
  • ダークグレールーフ×スカーレットメタリック

ボディカラーには、モノトーン7色、2トーン2パターンが設定され、2トーンを含む5色は中間グレード「G」、上位グレード「Z」のみで選択できるようになっています。

 

広く!トヨタ新型シエンタのボディサイズは?

f:id:carislife:20200409090216j:plain

▼トヨタ新型シエンタのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4260×1695×1695mm
  • ホイールベース:2750mm
  • 乗員:5人 or 7人
  • 最小回転半径:5.0m
  • ※参考
    ・シエンタ(前モデル)
     全長×全幅×全高:4260×1695×1675mm
     ホイールベース:2750mm
     乗員:5人~7人

トヨタ新型シエンタのボディは、最新の「TNGAプラットフォーム」を採用することで高いボディ剛性による軽快な走りが可能とされ、全高を+20mmとし、室内高を1300mmまで高めることで広いキャビンがつくられます。

 

加えて、ドア開口部の高さを+40mmとすることで乗り降りをしやすく、室内空間は2列目シートのスライド機構を改良することでニースペースを80mm拡大し、リアシートの快適性を向上。

 

あわせて、取り回しの良さを重視し、最小回転半径は0.2m縮小されます。

 

新装備!トヨタ新型シエンタの内装(インテリア)デザイン

▼7人乗り

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180911/20180911133723.jpg

▼5人乗り

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180911/20180911133729.jpg

トヨタ新型シエンタの内装には、乗員を重視した3列シート7人乗り、荷室空間を拡大した2列シート5人乗りが設定されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210719/20210719140608.jpg

装備には、スマートフォン連携が可能な10.5インチと8インチのディスプレイオーディオを設定。

 

ディスプレイオーディオは、SmartDeviceLinkによりスマートフォンをBluetoothとUSBケーブルで接続することで、TCスマホナビやLINEカーナビなどのナビアプリのほか、音楽・ラジオアプリなどがディスプレイ上で利用可能に。

 

またLINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能となり、利便性を向上。

 

Apple CarPlay/Android Autoは、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをディスプレイ上で利用できるように。

 

新型シエンタではその他、空調の効率を高めるリヤサーキュレーターや、360度UV&赤外線カットガラス、巻き取り式サンシェードも新設定し、快適性が高められます。

 

4WDハイブリッドも!トヨタ新型シエンタのスペックは?

▼直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191016/20191016164010.jpg

▼トヨタ新型シエンタのパワートレインとスペック

  • 【シエンタ(ガソリン車)】
    直列3気筒1.5Lガソリン「ダイナミックフォースエンジン」
    出力:120ps/14.8kgm
    駆動方式:FF【4WD車廃止】
  • 【シエンタハイブリッド】
    直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:91ps/12.2kgm
    モーター出力:80ps/14.4kgm
    駆動方式:FF or 4WD【新設定】
  • トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」

トヨタ新型シエンタのパワートレインには、TNGAプラットフォームに対応し新開発された直列3気筒1.5Lエンジン「ダイナミックフォースエンジン」と、電気モーターを組み合わせた最新ハイブリッドシステムが搭載されます。

 

前モデルでは、直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されていましたが、1気筒あたり450ccとされる理想的な排気量より小さいことから気筒数を削減。

 

ロングストローク化やバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力が両立されます。

 

▼従来型バッテリーとバイポーラ型バッテリーの構造比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210719/20210719135907.jpg

新世代1.5Lハイブリッドシステムは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、バッテリー出力を約2倍とした新開発のバイポーラニッケル水素バッテリーを採用。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210719/20210719134124.jpg

あわせて、EV走行の最高速度を50km/hに向上し、走行モードから「POWER+モード」を選択すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、滑らかに減速することができる「快感ペダル」を採用。

 

また、外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)がオプション設定され、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるように。

 

加えて、これまでガソリン車に設定されていた4WDモデルは、前世代でユーザーからの要望が多かったハイブリッド4WD「E-Four」に置き換えられ設定されます。

  

大幅改善!トヨタ新型シエンタの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型シエンタの燃費(WLTCモード値)

  • 1.5Lガソリン:18.3km/L
  • 1.5Lハイブリッド:28.5km/L

トヨタ新型シエンタの燃費は、最新ハイブリッドパワートレインの採用により、新燃費規格WLTCモード値で28.5km/Lが見込まれています。

 

ガソリン車は、前モデルでWLTCモード値17.0km/Lとされていましたが、新型シエンタでは実燃費がアップされます。

 

▼参考:トヨタ・シエンタ(前モデル)の燃費

  • シエンタハイブリッド
    ・WLTCモード:22.8km/L
    ・JC08モード:28.8km/L
  • シエンタ(ガソリン)
    ・WLTCモード:17.0km/L
    ・JC08モード:20.2km/L

 

新採用!トヨタ新型シエンタの安全装備は?

f:id:carislife:20191016161436j:plain

新型シエンタの安全装備には、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されます。

 

「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用し、右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。

 

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能を採用。

 

自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。

 

f:id:carislife:20191016161438j:plain

高度駐車支援システム「Advanced Park」も採用され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。

 

カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする機能が採用されます。

 

その他新型シエンタには、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」、レーダークルーズコントロール使用時に同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト[LTA]」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム[AHB]」、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト[RSA]」が採用されます。

 

いつ?トヨタ新型シエンタの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするトヨタ新型シエンタは、前モデルの受注を2022年3月から順次停止し、新世代モデルの発売は2022年8月23日が予定されています。

 

トヨタはシエンタを世代交代することで、TNGAプラットフォームを採用するコンパクトカーを拡大していく予定です。

 

トヨタ・シエンタを「おさらい」

▼シエンタ(初代)

f:id:carislife:20171206123610j:plain

トヨタ シエンタ(SIENTA)は、初代が2003年に登場したコンパクトミニバンです。

 

2001年に登場したホンダ・モビリオ(後継車はフリード)の対抗車種として計画され、コンパクトカーサイズとしながらも室内には最大7人乗りに対応できる3列シートを搭載しました。

 

2010年8月に一度販売を終了していましたが、後継車として製作された「パッソセッテ」「ブーンルミナス」の売れ行きが不調だったことから、9か月後の2011年5月に製造を再開。

 

その後、2015年に前モデルの2代目が登場するまで12年間販売が継続されました。

 

前モデルでは、「アクア」と同じシステムを搭載するシエンタハイブリッドも用意され、ミドルクラスミニバンでは大きいと感じるユーザーに人気のモデルになっています。

 

新型トヨタ・シエンタについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。