New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型プリウス】2023年1月10日「2Lエンジン設定!」フルモデルチェンジ日本発売!60系最新情報、PHEV、燃費、価格は?

トヨタが、ハイブリッド車「プリウス」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

新世代となり魅力を伸ばすトヨタ新型プリウスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】上質に!トヨタ「新型プリウス」フルモデルチェンジ発売!

▼新型プリウスの画像

トヨタが、フルモデルチェンジ発売を予定するハイブリッド車「プリウス」を発表しました。

 

トヨタ・プリウスは、前モデルが2015年にトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用した最新モデルとして登場。2018年には発売から3年ほどで、デザイン変更を含むマイナーチェンジが行われていました。

 

新世代となるプリウスでは、先にフルモデルチェンジした「ノア」「ヴォクシー」から採用された第5世代ハイブリッドパワートレインを採用し、組み合わせるエンジンの排気量はこれまで採用されていた1.8Lに加え、2Lをラインナップすることで走行性能を強化。

 

プラグインハイブリッドモデルは、排気量を1.8Lから2Lにアップし設定。

 

4WD車用のリアモーターは出力をアップすることで、全域で安定した走行を楽しむことができるようになっています。

 

装備には、新世代のタッチ対応12.3インチ大型インフォテインメントシステムのほか、トヨタセーフティセンスと連動するアンビエントライト「イルミネーション通知システム」をトヨタ初採用。

 

あわせて、ボディサイズを拡大することで、より上級を意識した空間がつくられています。

 

フルモデルチェンジする新型プリウスは、2022年11月16日にワールドプレミア。

 

日本発売日はハイブリッドモデルが2023年1月10日を予定。プラグインハイブリッドモデルは遅れて、2023年3月1日の発売が予定されています。

 

販売方法は、1.8Lハイブリッドモデルを法人向けとトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」で受付、2Lハイブリッドモデルは通常販売されます。

 

▼新型プリウスの動画

▼トヨタ・アルファード

【新型アルファード】フルモデルチェンジ!最新情報、サイズ、ハイブリッド燃費、価格は?

▼トヨタ・クラウン

【新型クラウンクロスオーバー】フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、価格は?

▼トヨタ・ランドクルーザー

【新型ランドクルーザー300系】フルモデルチェンジ!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

 

トヨタ新型プリウスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型プリウスの変更点

  • 新しいデザインを採用し、ボディサイズを拡大
  • 新世代の12.3インチタッチ対応大型インフォテインメントシステムを搭載
  • 第5世代ハイブリッドシステムを採用
  • ハイブリッドモデルのエンジンに1.8Lと2Lの2タイプを設定
  • 4WD車用リアモーターの出力を向上
  • プラグインハイブリッドモデルの排気量を2Lに拡大。
    充電中に外部電源を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を設定。
    電池パックをリヤシート下部に移動し、ラゲージスペースを拡大。
    第2世代「ソーラー充電システム」を設定
  • トヨタセーフティセンスと連動するアンビエントライト「イルミネーション通知システム」をトヨタ初採用
  • トヨタセーフティセンスの単眼カメラ、電子インナーミラーの後方カメラを活用した、車載型ドライブレコーダーを設定
  • アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W)を2か所に設置し、「EV給電モード」、「HV給電モード」を設定。
    給電時に室内への雨風の侵入を防ぐ外部給電アタッチメントを標準採用

 

5グレード!トヨタ新型プリウスのグレード、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型プリウスの価格、グレード

  • 【プリウス】
    ▽【法人向け】
    ・X(1.8Lハイブリッド/FF or E-Four)
    ▽【サブスクリプションKINTO販売】
    ・U(1.8Lハイブリッド/FF or E-Four)
    ▽【一般販売】
    ・G(2Lハイブリッド/FF or E-Four)
    ・Z(2Lハイブリッド/FF or E-Four)
    価格:280万円~
  • 【プリウスPHEV】
    ▽【一般販売】
    ・PHEV Z(2L PHEV/FF)
    価格:450万円

▼グレード別装備

  • 【X】グレード
    内装色:アクティブグレー
    ファブリックシート
    17インチホイール
    ディスプレイオーディオレス
    8インチDA(オプション)
  • 【U】グレード(Xに加えて)
    内装色:アクティブグレー
    8インチDA
    上級ファブリックシート(オプション)
    ▽専用パッケージオプション
     内装色:グラディエントブラック
     上級ファブリックスポーツシート
     前席シートヒーター
     後席アームレスト
  • 【G】グレード(Uに加えて)
    内装色:グラディエントブラック
    上級ファブリックスポーツシート
    前席シートヒーター
    19インチホイール
    8インチDA
    床下透過機能付きパノラミックビューモニター(オプション)
  • 【Z】グレード(Gに加えて)
    内装色:グラディエントブラック or マチュアレッド
    合成皮革スポーツシート
    前席シートヒーター&ベンチレーション
    運転席メモリー付きパワーシート
    前席パワーリクライニング
    12.3インチ DA Plus
    パノラマムーンルーフ(オプション)

トヨタ新型プリウスには、ハイブリッド4グレード、PHEV1グレードの合計5グレードが設定されます。

 

パワートレインは「X」と「U」グレードで1.8Lハイブリッド、他グレードで2Lハイブリッドとされ、スポーツシートも採用することにより、走りを楽しむことができるように。

 

販売方法は、1.8Lハイブリッドモデルが法人向けとサブスクリプションサービス「KINTO」、2Lハイブリッドモデルは通常販売されます。

 

▼参考:トヨタ・プリウス(前モデル)の価格

▽プリウス

  • E:FF 2,608,000円
  • S:FF 2,655,000円、E-Four:2,853,000円
  • S“ツーリングセレクション”:FF 2,826,000円、E-Four:3,024,000円
  • A:FF 2,910,000円、E-Four:3,108,000円
  • A“ツーリングセレクション”:FF 3,077,000円、E-Four:3,275,000円
  • Aプレミアム:FF 3,248,000円、E-Four:3,446,000円
  • Aプレミアム“ツーリングセレクション”:FF 3,359,000円、E-Four:3,557,000円

▽プリウスPHV

  • S:3,313,000円
  • S“セーフティパッケージ”:3,394,000円
  • S“ナビパッケージ”:3,805,000円
  • A:3,615,000円
  • A“ナビパッケージ”:4,047,000円
  • Aプレミアム:3,933,000円
  • Aプレミアム“ナビパッケージ”:4,392,000円
  • S“GR SPORT: 3,772,000円
    ・S“ナビパッケージ・GR SPORT” :4,258,000円

 

スポーティ!トヨタ新型プリウスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型プリウスの画像

▼参考:トヨタ・プリウス(前モデル)

f:id:carislife:20181217134253j:plain

トヨタ新型プリウスの外装は、新しいデザインを採用することで、よりスポーティなスタイルに仕上げられています。

 

フロントには、上下をライン状に接続した新世代のヘッドライトが採用され、デザイン性をアップ。

 

▼参考:トヨタ・プリウス(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181217/20181217140958.jpg

リアでは他の新世代トヨタ車にも採用されていた一文字テールランプを採用したほか、リアウィンドウの傾斜を緩やかにした4ドアクーペスタイルを採用することで空力性能を高め、環境性能を向上。

 

「エアロスタビライジングアンダーボデーステップ」や「除電スタビライジングプラスシート」を採用することで、走行安定性も高められています。

 

ルーフには、限界まで開口幅を広げ、室内に開放感をもたらす「パノラマムーンルーフ」を設定。

 

またPHEVでは、太陽光をより効率よく電気に変える第2世代の「ソーラー充電システム」を設定し、1年間で走行距離約1,250km分に相当する電力を発電。

 

駐車中は発電した電力を駆動用バッテリーに充電し、走行だけでなく、エアコンなどさまざまな機能に電力を供給。走行中は、発電した電力で補機バッテリー系統の消費を補助。

 

▼新型プリウス(ハイブリッド)

▼新型プリウスPHEV

その他、新型プリウスでは19インチ大径ホイールが設定され、足元が引き締められています。

 

全8色!新型プリウスのボディカラーは?

▼新型プリウスのボディカラー

▽Xグレード

  • スーパーホワイトⅡ
  • シルバーメタリック

▽U、G、Zグレード

  • プラチナホワイトパールマイカ
  • アッシュ【新色】
  • アティチュードブラックマイカ

▽U、Zグレード

  • エモーショナルレッドⅡ
  • ダークブルー

▽G、Zグレード

  • マスタード【新色】

新型プリウスのボディカラーは、エントリーグレード「X」で2色、「U」で5色、「G」で4色、最上級グレード「Z」で「X」グレードに設定されている2色以外の6色がラインナップされています。

 

また、新色として「アッシュ」と「マスタード」の2色が設定され、質感が高められています。

 

拡大&ダウン!トヨタ新型プリウスのボディサイズは?

▼トヨタ新型プリウス

▼参考:トヨタ プリウス(前モデル)

f:id:carislife:20181128141534j:plain

▼トヨタ新型プリウスのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4600×1780×1430mm
  • ホイールベース:2750mm
  • 最低地上高:145mm
  • 車重:1360kg
  • タイヤサイズ
    1.8Lハイブリッド:195/60R17
    2Lハイブリッド:195/50R19
  • ※参考
    ・プリウス(前モデル)
     全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm
     ホイールベース:2700mm
     車重:1320kg
    ・プリウスPHV(前モデル)
     全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
     ホイールベース:2700mm
     車重:1510kg

トヨタ新型プリウスのボディサイズは、より上級を意識し、全長と全幅を拡大することで、より広い室内空間が確保されています。

 

しかし、全高はこれまでより-40mmと大幅にダウンされ、高い空力性能とスポーティなボディスタイルを獲得。

ボディは各所に補強を施し剛性を高めたほか、静粛性も向上。

 

足回りは、改良を加えたフロント : マクファーソンストラット式/リヤ : ダブルウィッシュボーン式のサスペンションによって、高い車両応答性、ライントレースのしやすさが両立されています。

 

最新装備!トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザイン

トヨタ新型プリウスの内装は、最新の装備を採用することで質感が高められています。

 

ディスプレイには7インチトップマウントメーターに加え、インフォテインメントシステムに8インチのほか、新世代の12.3インチタッチ対応大型ディスプレイを設定し、各種オンラインサービスに対応。

 

黒を基調した室内は、インストルメントパネルとシートステッチの加飾をコーディネートし、スポーティさと新しい上質感を両立。

 

インテリアカラーには、全3色が設定されています。

 

加えて、インストルメントパネルには、トヨタ初採用の「イルミネーション通知システム」を設定。

 

アンビエントライトとして室内を彩るだけでなく、トヨタセーフティセンスと連動し、対象物を検知した際、アラームが鳴る前にイルミネーションの点滅でドライバーへ注意喚起し、より安心なドライブをサポートします。

 

また、アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W)がセンターコンソール後端とラゲージルームの2か所に設置され、エンジンを始動せずにバッテリーだけで給電する「EV給電モード」、バッテリー残量が低下するとエンジンで発電する「HV給電モード」を設定。

 

給電時に室内への虫などの侵入や雨天での雨水の侵入を防ぐ外部給電アタッチメントを標準採用し、ドアガラスを閉じたままでの外部給電が可能となっています。

 

カスタム!新型プリウス GRパーツ&モデリスタ設定!

▼新型プリウス「GR」カスタムパーツ装着車

トヨタ新型プリウスには、Gazoo RACINGとモデリスタから専用のカスタムパーツが設定され、個性をアップすることもできるようになっています。

 

▼新型プリウス「モデリスタ」カスタムパーツ装着車

モデリスタからは、より質感を高めた「エレガントアイススタイル」と、力強く魅力をアップした「ネオ・アドバンススタイル」の2タイプが設定され、好みにあわせたチョイスに対応しています。

 

3パターン!トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペックは?

▼2Lハイブリッドシステム

 ▼トヨタ新型プリウスのパワートレインとスペック

  • 【ハイブリッド】(2種)
    ▼直列4気筒1.8L+電気モーター
    システム出力:140ps
    0-100km/h加速:9.3秒
    ▼直列4気筒2L+電気モーター
    システム出力:193ps
    0-100km/h加速:7.5秒
  • 【PHEV(プラグインハイブリッド)】
    直列4気筒2L+電気モーター
    システム出力:223ps
    0-100km/h加速:6.7秒
    EV航続距離:75km
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD(PHEVはFFのみ)

トヨタ新型プリウスのパワートレインには、第5世代となった最新のハイブリッドシステムが搭載されています。

 

ハイブリッドシステムにはこれまで「THS(Toyota Hybrid System)」の名称が使用されていましたが、新世代モデルでは「THS」が1世代進化した第5世代となったことから、一般的なハイブリッド機構を現わす「シリーズパラレルハイブリッド」に名称を変更。

 

組み合わせるエンジンの排気量にはこれまでの1.8Lに加え、新たに2Lを採用することで走行性能を強化。

 

リダクションギヤ部分をコンパクト化し、高密度電池セルを採用したほか、出力をアップしたフロントとリアモーターを採用。

 

リアモーターはアシストを100km/h以上の領域まで可能とすることで、より積極的に機能するように。

 

▼2L PHEVシステム

また、充電した電力により走行ができるプラグインハイブリッドモデルもラインナップされ、排気量を2Lにアップすることでシステム出力223ps、0-100km/h加速6.7秒の高い走行性能と環境性能を両立。

 

EV走行距離は従来型から向上した75kmとなり、充電中にパワースイッチをオンにすると外部電源の電力を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を設定。

 

加えて、PHEV車では、従来ラゲージ部にあった電池パックを、リヤシート下部に搭載することで、低重心化とラゲージスペースの拡大が実現されています。

 

最新システム!トヨタ新型プリウスの安全装備は?

トヨタ新型プリウスの安全装備には、最新の「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が全車標準装備されます。

 

トヨタセーフティセンスは、体調急変などドライバーの無操作状態が継続している場合、徐々に車両を減速させ自車線内に停車。早期救命救急をサポートする「ドライバー異常時対応システム」と、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」にAI技術により前方カーブの大きさを推定しステアリングの切り始めで速度抑制を開始する“カーブ速度抑制機能”を採用。

 

また、「プリクラッシュセーフティ」には、交差点右折時の対向直進車と対向方向から横断してきた歩行者の検知と、低速時の自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する“低速時加速抑制機能”を搭載。

 

▼「アドバンストパーク(リモート機能付)」

高度運転支援システム「アドバンストパーク(リモート機能付)」も設定され、車外から専用スマートフォンアプリを操作することで、遠隔での駐車・出庫も可能に。

 

加えて、フロントはトヨタセーフティセンスの単眼カメラ、リヤは電子インナーミラーの後方カメラを活用した、車載型のドライブレコーダーを設定。

 

カメラや配線の後付け感がないすっきりとした見映えに加え、データはECUに保存することで、SDカードで起こりやすいデータ破損などのトラブルを避け、大切な撮影データが管理されます。

 

32.6km/L!トヨタ新型プリウスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型プリウスの燃費

  • 1.8Lハイブリッド:32.6km/L
  • 2Lハイブリッド:31.5km/L
  • 2L PHEV
    燃費:23.0km/L(ハイブリッド走行時)
    EV航続距離:75km

トヨタ新型プリウスの燃費は、最新のハイブリッドシステムによりアップしています。

 

前モデルは、より実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値で32.1km/Lとなっていましたが、新型プリウスでは32.6km/Lが確保されています。

 

▼参考:トヨタ・プリウス(前モデル)の燃費

  • FF:32.1km/L(Eグレード、他グレードは30.8km/L)
  • 4WD:28.3km/L
    ※WLTCモード値

  

いつ?トヨタ新型プリウスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする新型プリウスは、2022年11月16日にワールドプレミア。

 

ハイブリッドモデルが2023年1月10日の発売を予定。プラグインハイブリッドモデルは遅れて、2023年3月1日の発売が予定されています。

 

トヨタは新世代のプリウスを投入することで、ブランド力をアップしていく予定です。

 

トヨタ・プリウスを「おさらい」

▼トヨタ・プリウス(初代)

Toyota1st Prius by MEGAWEB.jpg

トヨタ・プリウス(PRIUS)は、初代が1997年に登場したハイブリッド専用車です。

 

車名のプリウスの由来は、ラテン語で「~に先駆けて」からきており、グローバルで同じ車名が使用されています。

 

初代はキャッチコピーに「21世紀に間に合いました。」が採用され、世界初の量産ハイブリッド車になりました。

  

▼トヨタ・プリウス(2代目)

Toyota Prius NHW20.jpg

ボディタイプは初代が5ナンバーの4ドアセダンでしたが、2003年に登場した2代目から3ナンバーの5ドアハッチバックに変更。

 

リアドアをなだらかに傾斜させることで、さらに空力性能に優れたデザインになりました。

 

▼トヨタ・プリウス(3代目)

2009 Toyota Prius 01.jpg

2009年に登場した3代目では、プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」が初設定され、充電した電力を使用した走行も可能となりました。

 

▼トヨタ・プリウス(4代目)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181217/20181217134218.jpg

前モデルの4代目は2015年に登場し、トヨタの新世代プラットフォームである「TNGA」を採用した1号車に。

 

ハイブリッドシステムの性能を伸ばしJC08モード値40km/Lをこえる燃費を達成したほか、プリウスで初めてとなる4WD車もラインナップ。

 

プリウスPHVは独自のデザインによりベースモデルと差別化され、海外では「プリウス・プライム」の名称で販売されています。

 

新型トヨタ・プリウスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。