New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ルノー新型トゥインゴ】「装備充実&燃費UP!」2021年5月13日改良日本発売!最新情報、燃費、価格は?

f:id:carislife:20210513132616j:plain

ルノーが、コンパクトカー「トゥインゴ(TWINGO)」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたルノー新型トゥインゴについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅装備充実!ルノー新型「トゥインゴ」マイチェン日本発売!

▼ルノー新型トゥインゴの画像

f:id:carislife:20210513132819j:plain

ルノーが、「トゥインゴ」の改良日本発売を発表しました。

 

ルノー・トゥインゴは、ブランドのスーパーコンパクトとしてラインナップされ、そのデザインや軽快な走りが人気になっています。

 

f:id:carislife:20210513133907j:plain

f:id:carislife:20210513133909j:plain

改良された新型トゥインゴでは、「インテンス」「インテンス キャンバストップ」にボディ同色のサイドモール、16インチホイール、プライバシーガラスを新しく装備。

 

f:id:carislife:20210513133924j:plain
f:id:carislife:20210513133928j:plain
f:id:carislife:20210513133933j:plain
f:id:carislife:20210513133937j:plain

また、4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーをボディカラーに応じてコーディネート。

 

加えて、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、前席シートヒーター、サブウーハーを装備することで、機能をアップしています。

 

その他、5速マニュアルトランスミッションを採用する「トゥインゴ S」では、リアカメラとプライバシーガラスを新採用したほか、燃費がこれまでの19.3km/Lから20.7km/Lへ改善しています。

 

ルノー新型トゥインゴは2021年5月13日に発売。価格は189万円~232万円となっています。

  

▼ルノー・ルーテシア

【ルノー新型ルーテシア】フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、ルーテシアRS、燃費、価格は?

▼ルノー・キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー】フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?

 

ルノー新型トゥインゴの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型トゥインゴの変更点

  • 「インテンス」「インテンス キャンバストップ」にボディ同色のサイドモール、16インチホイール、プライバシーガラス、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、前席シートヒーター、サブウーハーを採用。

    4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーをボディカラーにあわせ設定
  •  5速MT車「トゥインゴ S」に、リアカメラとプライバシーガラスを新採用。
    燃費を19.3km/Lから20.7km/Lに改善

▽2020年2月の変更点

  • 1Lエンジンと5速MTを採用する「トゥインゴS」を設定

▽2019年8月ビッグマイナーチェンジの変更点

  • 新設計されたエクステリアデザインを採用
  • ボディカラーに新色を設定
  • Apple CarPlay、Android Autoに対応した新しいインフォテイメントシステムを採用
  • 車線からはみ出しそうになった場合にアラーム音で注意を促す「車線逸脱警報(LDW)」、走行中タイヤの空気圧が低下するとドライバーに異常を知らせる「タイヤ空気圧警報」を採用

  

189万円から!ルノー新型トゥインゴの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型トゥインゴの価格

  • トゥインゴ S(1Lガソリン/5速MT):189万円
  • トゥインゴ インテンス(0.9Lターボ/6速EDC):220万円
  • トゥインゴ インテンス キャンバストップ(0.9Lターボ/6速EDC):232万円

ルノー新型トゥインゴの価格は、装備の充実によりアップしています。

 

前モデルは5速MT車の「トゥインゴS」が179万円からとされていましたが、新型トゥインゴでは10万円のアップとなっており、6速EDC車でもスタート価格が198万6000円から220万円に変更されています。

 

▼参考:ルノー・トゥインゴの価格(前モデル)

  • トゥインゴ S(1Lガソリン/5速MT):1,790,000円
  • トゥインゴ EDC(0.9Lターボ/6速EDC):1,986,000円
  • トゥインゴキャンバストップ(0.9Lターボ/6速EDC):2,106,000円

 

質感UP!ルノー新型トゥインゴの外装(エクステリア)デザイン

▼ルノー新型トゥインゴ

f:id:carislife:20210513132616j:plain

▼新型トゥインゴキャンバストップ

f:id:carislife:20210513134017j:plain

ルノー新型トゥインゴの外装は、上質感をアップしたデザインとなっています。

 

f:id:carislife:20210513134139j:plain

改良では、「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」グレードに、ボディ同色のサイドモールと16インチホイールを新採用することで、デザインを引き締め。

 

f:id:carislife:20210513132819j:plain

バンパーには新しく、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプが配置されています。

 

新装備!ルノー新型トゥインゴの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210513133937j:plain
f:id:carislife:20210513133924j:plain
f:id:carislife:20210513133933j:plain
f:id:carislife:20210513133928j:plain

ルノー新型トゥインゴの内装は、新しい装備やデザインにより魅力がアップされています。

 

改良では「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」グレードに、4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーをボディカラーに応じて組み合わせ。

 

新たに、前席シートヒーター、サブウーハーも装備することで、機能性が高められています。

  

f:id:carislife:20190822074128j:plain

f:id:carislife:20190822074130j:plain

新型トゥインゴでは、インパネにスマートフォンのミラーリング機能「EASY LINK」機能を持つ7インチタッチスクリーンを装備。

 

EASY LINKは「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応し、スマホの各種機能を使うことができるほか、「Siri」や「Googleアシスタント」を利用した音声操作にも対応しています。

 

f:id:carislife:20190822074133j:plain

その他、センターコンソールにポケットタイプの収納スペースを加え、USBポート(2か所)とAUX入力端子も採用。

 

「ECOモードスイッチ」「ストップ&スタート機能OFFスイッチ」もレイアウトして使い勝手がアップ。

 

f:id:carislife:20180201113920j:plain

室内サイズは車体設計を煮詰めることで最大限拡大され、後席の足元空間やラゲッジ容量を大きく確保。 

f:id:carislife:20180201114140j:plain

f:id:carislife:20180201114149j:plain

後席だけでなく助手席もシートアレンジに対応することで、長尺の荷物を積載することもできるようになっています。

  

力強く!ルノー新型トゥインゴのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190822085903j:plain

▼ルノー新型トゥインゴのパワートレインとスペック

  • 【トゥインゴS】
    直列3気筒1Lガソリン
    出力:73ps/9.7kgm
    トランスミッション:5速MT
  • 【トゥインゴEDC】
    直列3気筒0.9Lガソリンターボ
    出力:92ps/13.8kgm
    トランスミッション:6速EDC(デュアルクラッチ)
  • 駆動方式:RR

 ルノー新型トゥインゴには、1Lガソリンと0.9Lターボエンジンが設定されています。

 

0.9Lターボエンジンは、排気量をダウンしながらも効率の良いターボを組み合わせることで、低回転域から力強い走りを発揮。 

 

リアにエンジンを搭載し駆動するRRレイアウトにより、後部を沈めグリップ力をあげる独特の乗り味に。

 

トランスミッションは、1Lエンジンに5速MT、0.9Lターボエンジンには瞬時に変速を完了する6速デュアルクラッチ式が採用され、キビキビとした走りを楽しむことができるようになっています。

 

ルノー・トゥインゴを試乗動画でチェック!

ルノー・トゥインゴは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

軽快な走りや使い勝手の良さが、高く評価されています。

  

電気自動車!ルノー新型「トゥインゴZE」も設定へ!

▼ルノー新型トゥインゴZEの画像

f:id:carislife:20200225062836j:plain

▼ルノー新型トゥインゴZEのスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 最高出力:82ps
  • 最大トルク:16.3kgm
  • 最高速度:130km/h
  • バッテリー:22kWhリチウムイオンバッテリー
  • 航続距離:180km
  • 充電時間
    ・230Vソケット:約4時間
    ・22kW急速充電器:約60分(80%まで)

ルノー新型トゥインゴには、完全電動パワートレインを搭載する「トゥインゴZE」が発表されています。

  

f:id:carislife:20200225062841j:plain

f:id:carislife:20200225062845j:plain

新型トゥインゴZEは、「ZE」が「ゼロエミッション」を表し、22kWhのバッテリーを搭載することにより、航続距離は180kmを確保。

  

f:id:carislife:20200225062848j:plain

充電時間は、230Vのソケットで満充電まで約4時間、22kWの急速充電器で80%まで約60分とされ使いやすくなっています。 

f:id:carislife:20200225062838j:plain

改善!ルノー新型トゥインゴの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型トゥインゴの燃費(WLTCモード値)

  • 1Lガソリン:20.7km/L
  • 0.9Lターボ:17.4km/L

ルノー新型トゥインゴの燃費は改良により、6速MTを組み合わせる1Lガソリン車でWLTCモード値が前モデルの19.3km/Lから20.7km/Lに改善しています。

 

新型トゥインゴでは出力を高めた0.9Lターボエンジンでも17.4km/Lとされ、最新の小排気量ターボエンジンや効率の良いデュアルクラッチトランスミッションにより、良好な数値に仕上げられています。

 

充実!ルノー新型トゥインゴの安全装備は?

f:id:carislife:20190822083504j:plain

ルノー新型トゥインゴには、先進安全システムが採用されています。

 

システムには、フロントカメラにより車両前方の白線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合にアラーム音で注意を促す「車線逸脱警報(LDW)」を搭載。

 

また、走行中にタイヤ空気圧が低下するとメーターパネル内の点灯でドライバーに異常を知らせる「タイヤ空気圧警報」も装着することで安全性を向上。 

f:id:carislife:20190822083506j:plain

f:id:carislife:20190822083513j:plain

システムにはその他、坂道での後退を防ぐ「ヒルスタートアシスト」や、バックソナーセンサーも装着。

 

f:id:carislife:20190822083508j:plain

運転席&助手席エアバッグに加え、前席頭部保護機能付のサイドエアバッグも標準装備されています。

 

少し拡大!ルノー新型トゥインゴのボディサイズは?

f:id:carislife:20190123100510j:plain

▼ルノー新型トゥインゴのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3645×1650×1545mm
  • ホイールベース:2490mm
  • 車重:1020kg(1Lエンジン&5速MTは950kg)

ルノー新型トゥインゴのボディサイズは、2019年8月のマイナーチェンジ時に前後のバンパーデザインが変更されたことで、全長が前モデルから+25mmとされています。

 

このサイズは、全長3400mm以下とされている軽自動車より若干大きいですが、取り回しを重視したコンパクトサイズに設計。

 

新型トゥインゴではタイヤが車体端となるようにホイールベースを広げることで、広い室内空間を確保しています。

  

ルノー新型トゥインゴの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたルノー新型トゥインゴは、2021年5月13日に日本で発売されました。

 

ルノーは、エントリーモデルの新型トゥインゴの質感を引き上げることで、幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

ルノー・トゥインゴを「おさらい」

▼ルノー・トゥインゴ(初代)

Renault Twingo.jpg

▼ルノー・トゥインゴ(2代目)

Renault Twingo (II, Facelift) – Frontansicht, 3. März 2012, Ratingen.jpg

ルノー・トゥインゴ(Renault Twingo) は、1992年に初代が登場したコンパクトカーです。

 

初代と2007年に発売された2代目共に、フロントにエンジンを搭載したFFレイアウトの3ドアのみがラインナップされました。

 

しかし、本国で2014年、日本で2016年に登場した3代目の現行モデルは、RRレイアウトの5ドアモデルのみに変更。

 

現行モデルの開発はルノーが打ち出した計画にメルセデスが賛同したため、メルセデス・ベンツ傘下のスーパーコンパクトブランドであるスマートの「フォーツー」「フォーフォー」と基礎を共有。

 

ルノーが主導し、ルノー製の直列3気筒エンジンが搭載されています。

 

RRレイアウトの採用により、前モデルと比較して全長を100mm短縮しながらも室内長を130mm延長され、スーパーコンパクトモデルの使い勝手をアップしたことで人気モデルになっています。

 

新型ルノー・トゥインゴについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。